Icon search 36px

足の爪垢の臭いや汚れの原因は?

足の爪垢の臭いや汚れの原因は汗

運動

足の爪垢の臭いや汚れの原因は汗です。人間は汗をかくものですが、特に足は気づいていないようで結構な量の汗をかいているものです。額や脇から出てくる汗は目に見えて実感できますが、靴の中でかいている足の汗はなかなか実感できないですよね。

特にずっと靴を履いているとその汗がむれて、靴の中で雑菌が繁殖していきます。結果としてそれが足の爪垢の臭いや汚れの原因となってしまうのです。ただ注意したいのが、通気性の良いサンダルなどなら汗をかいても足の爪垢の臭いや汚れの原因にならないわけではないという点です。

足の爪垢の臭いや汚れは、通気性の良いサンダルなどをはいていても結局起ってしまうものです。そのため、なるべく普段から手入れや掃除をしてゴミや汚れを取り除き、ケアをする必要があるのです。

足の爪垢の臭いや汚れの原因はゴミや古い角質

マニキュア

足の爪垢の臭いや汚れの原因は、ゴミや古い角質です。足は角質が溜まりやすい部位でもあります。よく、かかとの硬くなった角質を除去する器械などが売られているかと思いますが、足は古くなった角質を溜めこむ傾向にあるのです。

また、靴下などを履くため足にはゴミが付着しやすいです。靴下の繊維が足の爪の間に入ると爪の汚れやゴミの原因となってしまいます。意外ですよね!でも確かに靴下を脱ぐと糸くずや繊維が足の裏に付着している事を見かけませんか?

足の爪垢には、このように古くなって蓄積した角質や、靴下などの繊維が原因となっています。これが足の爪の間に挟まると、臭いや汚れ、ゴミの原因となってしまいます。そのため定期的に掃除する必要があるのです。

足の爪垢の臭いや汚れの原因はイソ吉草酸

成分

足の爪垢の臭いや汚れの原因は、イソ吉草酸です。聞き慣れない言葉かと思います。足の爪垢は臭いがハッキリ言って臭いですよね。発酵したチーズや銀杏のような臭いがすると言えば共感する方が多いかと思います。

ではなぜ、足の爪垢だけあのように強烈な臭いがするのでしょうか?その原因となっているのが「イソ吉草酸」です。これは足の裏の皮膚常在菌なのですが、これが角質や汗に反応して酸化・分解をしてしまうと独特な臭いを発するのです。

イソ吉草酸は、足の角質や汗などに反応するため、対策としては常に足の裏を清潔にしておくことや、角質を頻繁に取ってつるつるの足にしておくことが効果的だとされています。

足の爪垢の取り方とポイントは?

足の爪垢の取り方とポイントは入浴後に爪を切る

お風呂

足の爪垢の取り方とポイント、1つ目にご紹介するのは入浴後に爪を切るというポイントです。お風呂に入った後は皮膚や角質がふやけて柔らかくなっている状態です。硬くなっている皮膚や角質はなかなか取り難いものです。

入浴して、なるべく古い角質や皮膚を柔らかくすることによって、爪切りだけでもだいぶ足の爪の間にある爪垢が取れて行くようになります。また、入浴後は皮膚が柔らかくなっているため、爪切りによって爪の間の皮膚を傷つけてしまうリスクも低くなりますから正しい取り方としておすすめですよ。

入浴中はリッラクスタイムとして様々な工夫をしている方は多いかと思います。中でも入浴剤にこだわっている方はおおいのではないでしょうか?そんな入浴剤ですが、ちょっとリッチに泡風呂にするのもおすすめです。以下の記事ではおすすめの市販バブルバスを紹介しているので是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

おすすめバブルバスランキングTOP5|人気の市販泡風呂入浴剤は?

泡のお風呂が作れるバブルバスは、若い女性を中心にとても人気の高い入浴剤

Small thumb shutterstock 384225742

足の爪垢の取り方とポイントは優しく取る事

足の爪

足の爪垢の取り方とポイントとして優しく取る取り方は重要です。強烈なにおいを発する爪垢ですから、強引な取り方にしてでも取ってしまいたい!と思っている方は多いかもしれません。しかし、それはかえってNGです!

足の爪垢を強引に取ってしまうと爪や皮膚を傷つけてしまいます。そうなるとそこから菌が繁殖してさらに臭いのもとになったり、最悪は膿んでしまったりします。足は汗をかきやすいですし、ずっと靴を履いている人が多いですから蒸れやすく、菌が繁殖しやすい環境にあります。

足の爪垢を取る際は、強引にひっかいたりゴリゴリと取るのではなく、優しくとるようにしましょう。また、つまようじで爪垢を取る人がいますが、つまようじのように鋭利な先端だとこれも傷つけてしまいかねませんから注意するようにしましょう。

足の爪垢の取り方とポイントは深爪にしないこと

ストップ

足の爪垢の取り方とポイントとして、深爪にしない事は重要です。足の爪垢や汚れ、ゴミというのは比較的足の爪の端に溜まりやすいものですよね。足の爪を切る際に「ならば足の爪の端を深く切ればいいのでは?」と思って、深爪にしてしまう方もいっらしゃるのではないでしょうか?

しかし、これはNGなのです!そもそも深爪というのは手であっても足であってもあまり良くないのです。深爪は切っている最中に爪の間の皮膚を傷つけてしまう可能性があるからです。また、足の爪を深爪にすると伸びてきた爪が巻き爪になっていく可能性が高くなります。

巻き爪は痛みが強いですし、伸びていきながら皮膚を傷つけてしまい、結果として傷口から細菌が繁殖したり雑菌によって炎症を起こしてしまう可能性もありますから注意が必要です。足の爪垢を対処しようとして深爪にしても、本末転倒となってしまいますから、絶対にやめましょう。

足の爪垢の掃除や手入れにおすすめのアイテムは?

足の爪垢の掃除や手入れにおすすめのアイテムはエタノール

薬品

足の爪垢の掃除や手入れにおすすめのアイテムはエタノールです。エタノールと聞くと薬品だから危険なのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。エタノールは薬品と言っても私達の生活に身近な薬品ですし、害はありません。消毒液などに多く含まれており、殺菌作用があります。

エタノールを使って足の爪垢を掃除したり、手入れしたりする場合は、綿棒にエタノールを染み込ませて爪の間や際の部分を擦るようにしましょう。また、エタノールは足の指の間の掃除や手入れにも効果的です。ティッシュやコットンによく染み込ませて足の指の間を掃除しましょう。

足の爪の間だけでなく、足の指の間を掃除することは非常に効果的です。足の指の間も角質や汚れ、汗が溜まりやすいので雑菌の原因となってしまうのです。また、その割には足の指の間は気づきにくく、掃除していない人が多いです。忘れないように足の指の間もケアするようにしましょう。

足の爪垢の掃除や手入れにおすすめのアイテムは爪の垢とり

クリーム

足の爪垢の掃除や手入れにおすすめのアイテムは爪の垢取りです。これは、足の爪垢を取ることに特化されている専用のアイテムとなっています。耳かきのような形状をしているため、爪の間に食い込んでいる爪垢や汚れを丁寧に除去する事が出来ます。

ただ、奥まで取ろうとしてこの爪の垢とりを突っ込んでしまうと危険ですし、傷つけてしまっては元も子もありませんから注意するようにしましょう。専用の器具はやはりそれ用に作られているため信頼できますし、効果も抜群ですよ!

足の爪垢の掃除や手入れにおすすめのアイテムは100均の爪ブラシ

ブラシ

足の爪垢の掃除や手入れにおすすめのアイテムは、100均の爪ブラシです。爪ブラシとは柔らかいブラシがたくさんついている大きめの歯ブラシのような器具です。それを手洗いの際に爪の間にあてて擦るように掃除をするのですが、手だけでなく足にも活用する事が出来ます。

この爪ブラシですが、100均にも販売しているので100均のものを使う事をおすすめします。安価で手に入りますし、例え壊れてしまったり、好みじゃなかったとしても100円ならあまり惜しくない気がしますよね!また、歯ブラシで爪ブラシの代用をする方もいますが、繊維が硬いのでおすすめできません。

爪というのは案外丈夫ではないものです。足や手に関わらず、爪が割れてしまったり折れてしまうことは誰しも一度は経験したことがあるでしょう。またつ目が割れることに悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。以下の記事では爪が割れた時の対処ほいや治し方を紹介しているので参考にしてみてくださいね!

関連記事

爪が割れた時や折れた時の対処法・治し方10選|割れ爪の対策も

爪が割れた時、みなさんはどう処置していますか?普段から間違ったお手入れ

Small thumb shutterstock 341036996

足の爪ブラシの使い方は?

足の爪ブラシの使い方①入浴中に使う

お風呂

足の爪ブラシの使い方、1つ目にご紹介するのは入浴中に使う使い方です。入浴中に足の爪ブラシを使う事は非常に効果的なのです。爪ブラシをそのまま爪にこすっても、実はあまり汚れは取れません。水でぬらして使わないと意味が無いのです。そのため入浴中に使う事をおすすめします。

また、さらにおすすめしたいのが、石けんやボディーソープなどを使って爪ブラシを使用する使い方です。水だけでなく石けんやボディーソープを使う事によってさらに効果的に足の爪の間に溜まったゴミや汚れ、爪垢などを除去することができます。

足の爪ブラシの使い方②優しくなでるように

素足

足の爪ブラシの使い方、2つ目にご紹介するのは優しくなでるように使う使い方です。足の爪ブラシは歯ブラシのように形をしているので、ついついゴシゴシと擦ってしまうかもしれません。また、足の爪垢に悩まされている方は少しでも多く爪垢を取ろうと強く擦ってしまうかもしれませんよね。

しかしそれはNGです。先ほども申し上げたように、足の爪垢を取る場合には優しく取るのが一番です。爪ブラシも柔らかい材質で出来ているからと言って強い力やスピードで擦ってしまえば皮膚を傷つけますし、怪我の原因にもなってしまいます。そのためなるべく優しくなでるように使いましょう。

足の爪垢は掃除して清潔に保とう

いかがでしたか?足は汗をかきやすく、さらに角質が固まりやすいので、汚くなりがちな部位でもあります。そしてそれらが原因となって足の爪垢が溜まってしまったり、臭いや汚れの原因となってしまいます。、そのため、足の爪垢は綺麗に掃除して清潔に保っておく事が重要となってきます。正しい方法で綺麗にしましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事