Icon search 36px

無表情な人の意味は?

無表情な人の意味は「表情に変化がない人」

横を向いた男性

『無表情な人』の意味は「表情に変化がない人」です。人間は喜怒哀楽を感じると、その感情が表情になって顔にあらわれます。ですが、喜怒哀楽を感じても、その感情が表情になって顔にあらわれない人もいます。そのような人のことを指して、「無表情な人」という言い方をします。

無表情な人の意味には「感情の起伏が少ない人」も含まれる

冷静な男性

『無表情な人』の意味には、「感情の起伏が少ない人」も含まれます。多くの人たちは、喜びや嬉しさ、悲しみや怒りを感じます。そしてそれらの感情が顔に表情となってあらわれます。ですが、この喜怒哀楽そのものをあまり感じない人もいます。感じない人は当然表情がなくなりますから、「無表情な人」と表現されます。

無表情な人の性格の特徴10選

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴①相手の顔を見ない

顔を隠す男性

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴の1つ目は、『相手の顔を見ない』です。誰かに話しかけられても、相手の顔を見ようとしません。目線が話しかけた相手の顔から外れてしまうのです。中には、身体そのものが相手に向かないというケースもあります。下を向いてしまう、という人もいるでしょう。

相手の顔を見ることが嫌なのです。相手の顔を見てしまうと、自分も何らかの表情作らないといけなくなります。無表情な人や表情が乏しい人の中には、表情を作ることが面倒くさいと感じている人もいます。なので、できるだけ相手の顔を見ないようにしているというわけです。

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴②コミュニケーションを取らない

無視する男性

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴の2つ目は、『コミュニケーションを取らない』です。誰ともコミュニケーションを取ろうとしません。挨拶をしても、その挨拶に対するお返しの挨拶さえも返さないということもあるでしょう。誰ともコミュニケーションを取りたくないのです。

誰かとコミュニケーションを取ることが面倒くさい、と感じていることもあるでしょう。コミュニケーションを取ることは、相手のことを考えたりする必要があります。それが面倒くさかったり、煩わしいと感じている為、誰ともコミュニケーションを取りろうとしません。

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴③グループ行動が苦手

タバコを吸う男性

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴の3つ目は、『グループ行動が苦手』です。たくさんの人数で何かをする、ということがあまり得意ではありません。自分以外の誰かと気持ちを一つにする、ということが好きではないのです。仕事でもグループでしなければならないことになると、ストレスを感じることがあります。

自分以外の他の誰かと気持ちを一つにする、という方法がわからないのでしょう。また、今までそのような環境から遠ざかってきたということもあります。嫌だから遠ざかってきた為、ますますグループ行動が苦手になっているのです。

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴④人混みが嫌い

背中を向けた男性

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴の4つ目は、『人混みが嫌い』です。たくさんの人がいる場所へ行くことは嫌いです。たくさんの人がいる場所へ行くと、それだけで疲れてしまうのです。たくさんの人にもまれるという環境に、とても大きなストレスを感じます。その為、人混みに行こうとはしません。

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴⑤一人でいることが多い

黒い服を着た男性

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴の5つ目は、『一人でいることが多い』です。一人でいることを好みます。一人なら、誰かに気を遣う必要はないからです。そして、自分に与えられた時間はすべて自分のものになります。その時間は自分でどんな風に使っても、誰にも迷惑をかけません。その自由さが好きなのです。

誰かと一緒にいると、それだけで苦痛を感じてしまいます。相手が自分で好きなことをしていても、やはり心のどこかで気にしているのです。その状態がストレスになります。その為、一人でいる時間を多く作ろうとします。

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴⑥自分だけの趣味が多くある

料理をする男性

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴の6つ目は、『自分だけの趣味が多くある』です。自分だけの趣味はたくさんあります。一人でいることが好きな性格の持ち主ですから、一人で過ごす為の方法はたくさん持っているのです。一人でいてもまったく退屈しないようにしています。意外と趣味が多いというのも大きな特徴です。

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴⑦友達を作りたがらない

バツ印をする男性

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴の7つ目は、『友達を作りたがらない』です。友達にも気を遣ってしまうからです。どれだけ親しい間柄であっても、自分以外の人がそばにいると、それだけでストレスになります。それなら最初から一人でいれば良いと結論付けます。その為、友達を作りたがらないのです。

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴⑧アウトドアが嫌い

テレビを見ている男性

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴の8つ目は、『アウトドアが嫌い』です。アウトドアの多くは、自分以外の誰かと一緒に楽しむことが多くなります。無表情な人や表情が乏しい人は、完全に一人になる空間を求めます。誰かと一緒にいることが多くなるアウトドアが嫌いなのは、当然と言えるでしょう。

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴⑨自己主張しない

会議をする人たち

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴の9つ目は、『自己主張しない』です。自分の意見や考えを、周囲の人たちや相手に伝えるということはあまりしません。伝える意味がないと思っているのです。伝える必要性を感じていないのですから、自己主張しない性格になるのも当然と言えるでしょう。

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴⑩努力家

努力家な男性

無表情な人や表情が乏しい人の性格の特徴の10個目は、『努力家』です。もともと一人で一つのことをコツコツ進めていくことが好きな性格の持ち主ですから、努力家なのです。特に見えない部分で努力することが好きです。目立つことは嫌いなので、誰にも気付かれないようなところで地道な努力をします。

無表情な人の原因は?

無表情な人や表情がない人の原因①人と関わることが怖い

空を見上げる男性

無表情な人や表情がない人の原因の1つ目は、『人と関わることが怖い』です。自分以外の他の誰かと関わりあいになることが怖い、と感じている場合があります。他人と関わると嫌なことに巻き込まれたりする、と思っていることが多いでしょう。また、相手に不愉快な思いをさせてしまうという思いがある場合もあります。

無表情な人や表情がない人の原因②自分が傷つくことが怖い

ひきこもる男性

無表情な人や表情がない人の原因の2つ目は、『自分が傷つくことが怖い』です。いじめられた経験がある人は、自分が傷つくことが怖いと思うでしょう。自己防衛のつもりなのです。表情を顔に表さなければ、多くの人たちは離れていきます。そうして、他人から自分が傷つけられることを守っているのです。

無表情な人や表情がない人の原因③感情を出すことが怖い

眼鏡をかけた男性

無表情な人や表情がない人の原因の3つ目は、『感情を出すことが怖い』です。上手に自分の感情をコントロールできない人は、感情を出すことが怖いと感じることがあります。感情を表に出すことで、相手を傷つけてしまうかもしれないと思っているのです。感情を出さないようにする為に無表情になっている可能性もあります。

無表情な人や表情がない人の原因④本当の自分がばれることが怖い

暗い表情の男性

無表情な人や表情がない人の原因の4つ目は、『本当の自分がばれることが怖い』です。これは自分自身に何かのコンプレックスを抱いている場合に、多く見られる原因と言えるでしょう。表情を出すことで本当の自分がばれてしまうことが怖いのです。だから、いつも無表情を保っているということがあります。

無表情な人の改善方法は?

無表情な人や表情がない人の改善方法①笑顔の練習をする

笑顔の男性

無表情な人や表情がない人の改善方法の1つ目は、『笑顔の練習をする』です。笑顔の練習は自分でできます。鏡に向かって、口角を少しだけ上げてみましょう。思い切り笑った後で、少し口角を上げる表情を作ってください。そして、少し口角を上げた表情をキープしましょう。すると、自然と笑顔になってきます。

笑顔の練習をする時、いつも笑顔の人の性格や心理を知ると練習しやすくなるかもしれません。こちらもあわせてチェックしてみてください。

関連記事

よく笑う人・いつも笑顔の人の性格5選|笑い方でわかる心理も

よく笑う人、いつも笑顔の人っていますよね。笑顔の人の周りにはいつも人が

Small thumb shutterstock 524899408

無表情な人や表情がない人の改善方法②身近な人から感情を小出しにする

カフェで話をする男女

無表情な人や表情がない人の改善方法の2つ目は、『身近な人から感情を小出しにする』です。心を許せる人から少しずつ、自分の感情を小出しにしていきましょう。感情を少しずつ小出しにすることで、感情を表すことが怖い、という思いが薄れていきます。すると、感情が戻ってきて、表情も豊かになっていくでしょう。

無表情な人や表情がない人の改善方法③鏡に向かって本音を言う

手鏡

無表情な人や表情がない人の改善方法の3つ目は、『鏡に向かって本音を言う』です。自分の本音を自分の心の中に抑えつけてしまうと、感情が表に出てこなくなります。鏡に向かって本音をぶちまけましょう。これを繰り返していると、感情が戻ってきます。すると、表情もゆっくり戻ってくるでしょう。

無表情な人や表情がない人の改善方法④好きなことをする

腕組みする男性

無表情な人や表情がない人の改善方法の4つ目は、『好きなことをする』です。表情がないのは、我慢していることが多いからかもしれません。好きなことを思い切りしましょう。好きなことをして心を満たしてください。すると、感情が戻ってきて表情も戻ってくるでしょう。

無表情な人や表情がない人は自分をケアすることから始めよう

遠くを見つめる男性

無表情な人や表情がない人は、自分にそれだけたくさん無理をさせていたということかもしれません。まずは自分のケアをすることから始めましょう。自分自身の内面をケアすると、感情が戻ってきます。感情が戻ってくれば表情も同時に戻ってきますから、無表情さも改善されていくでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事