Icon search 36px

ヘアカフスやヘアアクセサリーの使い方は?

ヘアカフス・アクセサリーの使い方①ヘアカフスでゴム隠しするときの付け方

ヘアカフス・アクセサリーの使い方1つ目は、ヘアカフスを使ったゴム隠しです。画像では2段のくるりんぱを作り、2つのゴム部分にヘアカフスを挿しています。普通の髪ゴムそのままだと地味な印象ですが、ヘアカフスを被せるだけでおしゃれに見えます。違うデザインのヘアカフスを重ね付けして垢抜けた印象です。

このヘアカフスはポニーフックタイプです。ゴムの間に差し込むだけなので、使い方がわからない人でも簡単です。画像のようにカーブしているものは、ゴムの上部分以外に使うと外れやすいので気を付けてください。

ヘアカフス・アクセサリーの使い方②結び目にヘアカフス

ヘアカフス・アクセサリーの使い方2つ目は、お団子にヘアカフスを付けた例です。お団子の根元に近い部分ならゴムがない部分でも安定しているのでポニーフックを挿せます。飾り付きのゴムだと位置が気になりますよね。画像のような平らなタイプなら位置がずれにくく、ゴムの真上だけでなく真横にも付けることができます。

お団子以外の髪型にも使えますが、ヘアカフスのデザインをしっかり見せたいなら低めの位置に挿すのがおすすめです。平らなものは地面と平行に挿してしまうと見えづらくなります。

ヘアカフス・アクセサリーの使い方③ローポニーにヘアカフス

ヘアカフス・アクセサリーの使い方3つ目は、ローポニーにヘアカフスを付けた例です。ただのローポニーだとお仕事の雰囲気になってしまうので、髪をヘアアイロンで波ウェーブにしてから一つ結びにしてヘアカフスを付けています。髪に負けないよう、ヘアカフスは大きめでバランスを取ります。

ヘアカフスは少しずらして付けています。ヘアゴムが目立ってしまうので、髪を結んだ後に少し髪の毛を取り、ゴムにぐるっと巻き付けると結び目を隠せてヘアカフスも挿しやすくなります。わからないという方は真上から付けましょう。

ヘアカフス・アクセサリーの使い方④ショートアレンジにヘアクリップ

ヘアカフス・アクセサリーの使い方4つ目は、ショートヘアのアレンジにバレッタを使った例です。全体的に編み込んでから後ろの髪の毛を持ち上げてバレッタで留めます。後れ毛が残らず、すっきりした印象です。ミディアムぐらいの髪の長さだと髪の毛をピンで留められるので、ヘアコームも挿せそうです。

パールのヘアクリップなら結婚式にもぴったりですね。結婚式ではビジューなど派手すぎるものやファーなど動物性のものが禁止されています。ちなみに、ショートヘアのアップスタイルは襟足が3~4センチ以上あるとできるそうです。

ヘアカフス・アクセサリーの使い方⑤アップヘアーにカチューム逆付け

ヘアカフス・アクセサリーの使い方5つ目は、アップヘアーにカチュームを逆付けした例です。通常はゴムの部分が下にきますが、逆に使うことで後ろが目立ちます。後ろにボリュームのない髪型にするときにおすすめです。画像のようなチャーム付きのカチュームが向いています。

カチュームはギブソンタックが簡単に作れます。やり方は、まずカチュームを普通の向きに頭にセットして、髪の毛をゴム部分に入れていくだけです。最後に残った髪の毛の束をくるくる巻いてピンで固定すれば完成です。ヘアアレンジのやり方がわからない人や苦手な人におすすめです。

ヘアカフス・アクセサリーの使い方⑥編みおろしにヘアカフス

ヘアカフス・アクセサリーの使い方6つ目は、編みおろし風の髪にヘアカフスやヘアクリップを挿した例です。ゴム隠し以外にも少しずつ挿して華やかに。小さいものならたくさんつけてもうるさくなりません。髪の長い人におすすめです。ヘアクリップはおしゃれなだけでなく、髪をしっかり留めてくれます。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード