Icon search 36px


【ワンルーム編】狭い部屋の収納術5選

狭い部屋の収納術①すき間に収納棚

狭い部屋の収納術1つ目は、すき間に収納棚を設置したものです。ワンルームは使えるスペースに限りがあるので、すき間をそのままにしておくのはもったいないことです。すき間ぴったりサイズの棚を置けばそれだけ収納スペースが増えます。壁沿いなら背が高いものも置けますね。

既製品がなければDIYしましょう。2×6材をカットして棚板に、1×4材で側板となる枠を作り側板と棚板をビスで留めれば画像のような収納棚ができます。枠なしなら2×4材だけでも作れます。底にはキャスターを付けて引っ張り出せるようにします。

狭い部屋の収納術②ベッドサイドにDIY棚



狭い部屋の収納術2つ目は、ベッドサイドにDIYした棚を置くことです。棚の隣にはディアウォールの柱が立ち、壁とのすき間ができたことで収納スペースになりました。幅は10cmですが、充電ステーションやティッシュ置きには充分です。下には細い板材を横に設置し、ヘッドホンなどを吊り下げて収納しています。

サイドテーブルのような役割もあるこの棚、すのこベッドを工夫して作られています。ベッドを横にして10cm幅にカットし、一部のすのこを剥がして壁とベッドの間に挟んで固定します。

狭い部屋の収納術③はしごで壁面収納

狭い部屋の収納術3つ目は、見せる収納です。ラックに掛けて畳んで見せる収納にすれば、服が取り出しやすく、どんな服があるか認識することができます。同じような服を買ってしまうことがなくなり、服を増やしすぎないことにもつながります。

バッグ類は棚に引っ掛けて収納しますが、ハンガーにぶら下げてラックに掛けることもできます。使うハンガーは重ね掛けできるものやマワハンガーを使えば収納力がアップします。ラック下には季節外れの服をボックスに入れて収納します。



狭い部屋の収納術④ディアウォールでDIYクローゼット

狭い部屋の収納術4つ目は、ディアウォールでDIYしたクローゼットです。ワンルームでは収納がない物件もあります。ディアウォールなら賃貸でも使えて柱が立てられるので、棚やパイプを設置できるようになります。一気に収納スペースが増えますね。

作り方は、柱にブライワックスを塗ってダボレールをビスで留めた後、ディアウォールを使って柱を立てて棚板やポールを設置します。可動棚になっているので乗せるもののサイズに合わせて動かせます。使い勝手の良いクローゼットは片付けも楽ちんです。

狭い部屋の収納術⑤省スペース収納

狭い部屋の収納術5つ目は、省スペースの収納です。壁に板を貼って服やドライフラワーを吊り下げ、窓横の狭いスペースには細い棚を設置しています。棚の背は高いですが、白いので圧迫感はなく、部屋が狭く見えません。細い棚は倒れやすいので、突っ張り棒を2本使って天井に固定しています。

板材は壁美人を使うと壁を傷つけず留められます。壁美人はホッチキスで壁に留められる固定部品のことで、耐荷重は3キロから24キロの間のものがあります。サイトでは固定部品以外に小さなシェルフも販売されています。

【キッチン編】狭い部屋の収納術5選

狭い部屋の収納方法①100均商品で壁面収納

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード