Icon search 36px

【5月生まれ】季語にちなんだ女の子の名前5選

【5月生まれ】季語にちなんだ女の子の名前①早苗(さなえ)

早苗

5月生まれの季語にちなんだ女の子の名前の1つ目は、早苗(さなえ)です。5月は田植えが始まる時期であることから、早苗は5月の季語になっています。田植えが無事に終わり、また秋にたくさんの穂がなるようにと願いが込められています。

早苗を女の子の名前にすると、誰からも感謝される優しい子に育つようにと意味を込めることが出来ます。名前の響きも柔らかく、女の子らしい印象を受けますね。

【5月生まれ】季語にちなんだ女の子の名前②若葉(わかば)

わかば

5月生まれの季語にちなんだ女の子の名前の2つ目は、若葉(わかば)です。5月の新緑のみずみずしい葉が茂っている様子をイメージすることができ、若葉は5月の季語になっています。

元気にいっぱいの女の子に育ちますように。木にたくさんの葉が付くことから、たくさんのお友達に恵まれますようにと願いを込めることが出来ます。

【5月生まれ】季語にちなんだ女の子の名前③五月(さつき)

五月

5月生まれの季語にちなんだ女の子の名前の3つ目は、五月(さつき)です。名前を見ただけで5月生まれの女の子と分かり、可愛らしい響きの名前です。5月に見ごろを迎えるさつきの花は、いたるところで見かけるほど馴染みのある花です。ピンク色の可愛い花のように、元気に育つようにと願いが込められます。

次の記事では縁起のいい漢字を使った名前を紹介しています。数ある漢字の中から大事な我が子への名前を考えるとき、縁起のいい漢字を使うと人生に幸運が訪れるような気がしますよね。素敵な意味を持つ女の子の名前も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

縁起のいい漢字を使った名前15選|素敵な意味を持つ女の子の名前は?

せっかくなら、縁起のいい漢字を使った素敵な名前を子供に名付けたいと考え

Small thub shutterstock 511778200

【5月生まれ】季語にちなんだ女の子の名前④薫(かおる)

かおる

5月生まれの季語にちなんだ女の子の名前の4つ目は、薫(かおる)です。5月に吹く風は薫風(くんぷう)と呼ばれ、5月の季語になっています。薫風は新緑の香りがするさわやかで心地良い風をイメージさせ、周りの人を癒せるような存在に、良い方向に進んで行けるようにと願いを込めることが出来ます。

「薫」という一文字でも可愛いですし、「薫子(かおるこ)」という和を感じさせる名前も素敵ですね。名前の最後によく使われる「子」は女の子の名前の象徴として使われています。また初めから終わりまでという意味も持っており、生まれてからずっと幸せが続きますようにと願う親の愛が伝わります。

【5月生まれ】季語にちなんだ女の子の名前⑤菖花(あやか)

あやか

5月生まれの季語にちなんだ女の子の名前の5つ目は、菖花(あやか)です。5月の季語であり、誕生花でもある菖蒲(あやめ)から連想した名前です。5月に咲く花の種類が多いことに加え、花のように可憐で誰からも愛されるようにと願う親御さんは多くいらっしゃいます。

あやかという名前は「あや」の響きは柔らかく、「か」はシャープなイメージがあるので優しく元気な女の子というイメージが湧きます。また使う漢字の組み合わせによって、雰囲気も変わります。赤ちゃんのイメージに合った漢字を見つけると良いでしょう。

【5月生まれ】春のつく女の子の名前5選

【5月生まれ】春のつく女の子の名前①春菜(はるな)

はるな

5月生まれの春のつく女の子の名前の1つ目は、春菜(はるな)です。どちらも春の季節を表す漢字であり、温かく可愛らしい女の子をイメージさせます。漢字を読み間違えられる心配もないので、春らしく流行り廃りのない名前をつけたい方にはおすすめです。

【5月生まれ】春のつく女の子の名前②彩春(いろは)

いろは

5月生まれの春のつく女の子の名前の2つ目は、彩春(いろは)です。春に咲く花々のように、彩り豊かな人生になるようにと願いを込めることが出来ます。また才能豊かに恵まれるイメージもあります。

古くから親しまれているいろは歌を連想させ、古風な雰囲気もありますが、使う漢字によっては今どきの女の子らしさも出すことが出来ます。幅広い世代の人に愛される名前になるでしょう。

【5月生まれ】春のつく女の子の名前③愛春(あいは)

あいは

5月生まれの春のつく女の子の名前の3つ目は、愛春(あいは)です。「愛」という漢字は女の子の名付けに毎年ランクインしており、誰からも愛される子になって欲しいという親の願いが伝わります。生まれた季節の「春」をプラスすることで可愛らしい名前になりますね。

【5月生まれ】春のつく女の子の名前④春留(はる)

はる

5月生まれの春のつく女の子の名前の4つ目は、春留(はる)です。「春(はる)」と一文字で表すことも出来る名前ですが、あえて「留」という止め字を加えて今風な名付けにしています。ひと昔前は止め字を使う名前が多かったのですが、近年は減っている傾向にあります。あえて止め字を使うことで新鮮な印象を受けますよ。

【5月生まれ】春のつく女の子の名前⑤春姫(はるき)

はるき

5月生まれの春のつく女の子の名前の5つ目は、春姫(はるき)です。「姫」という漢字は女の子らしく、名付けに人気があります。昔は身分の高い女性の総称として付けられていましたが、近年では映画や絵本などの影響で、可愛い女の子を表す漢字として使われています。

姫を「ひめ」と読むならいかにも…な印象ですが、「き」と読むなら違和感なく取り入れられる漢字ですよ。憧れのお姫様のように、美しく誰にでも優しい女の子に育って欲しいと願いを込めることが出来ます。

【5月生まれ】春っぽいイメージの女の子の名前5選

【5月生まれ】春っぽいイメージの女の子の名前①翠(みどり)

5月生まれの春っぽいイメージの女の子の名前の1つ目は、翠(みどり)です。新緑の季節にぴったりな緑色を連想させる名前です。「翠」は音読ではスイと読みます。5月の誕生石にはエメラルドとヒスイがあり、ヒスイを表す漢字でもあります。

みどりという名前は他に「緑」「碧」という漢字もあります。「緑」ですとグリーンの総称。「碧」ですと光沢のある玉の宝石を意味します。それぞれ表すみどりの意味が異なりますので、赤ちゃんのイメージに合った漢字を選んでください。

【5月生まれ】春っぽいイメージの女の子の名前②菜々(なな)

5月生まれの春っぽいイメージの女の子の名前の2つ目は、菜々(なな)です。同じ音が続く名前は可愛らしいイメージがあり、音の響きも柔らかいです。菜々に一文字プラスして「菜々美(ななみ)」「菜々子(ななこ)」「菜々緒(ななお)」なども人気のある女の子の名前です。

5月に見ごろの時期を迎える菜の花の「菜」は、女の子の名前で人気のある漢字に常にランクインしています。菜の花のように元気いっぱいに育って欲しいや、明るく前向きに人生を歩んで欲しい、元気に健やかに成長して欲しいという願いが込められています。音の響きも柔らかく、どんな漢字とも組み合わせがしやすいです。

次の記事では女の子の名前で「なな」と読む漢字を180個紹介しています。同じ「なな」という名前でも使う漢字によって雰囲気が大きく変わります。「なな」という名前が気になる方は、ぜひご覧ください。

関連記事

女の子の名前で「なな」と読む漢字TOP180|漢字の由来・意味も

赤ちゃんへの最初のプレゼントである名前。「なな」と読む女の子の名前をご

Small thub shutterstock 217534642

【5月生まれ】春っぽいイメージの女の子の名前③咲希(さき)

5月生まれの春っぽいイメージの女の子の名前の3つ目は、咲希(さき)です。「咲」には花が咲くさわやかで嬉しいイメージ、「希」には希望をもって人生を歩んで欲しいと願いを込めることが出来ます。咲希という名前は呼びやすく、読みやすくもあります。幅広い世代の方に好感をもってもらえる名前と言えるでしょう。

次の記事では「さき」と読む漢字を180個紹介しています。近年「さき」という名前は人気があり、使われる漢字も多種多様です。漢字の由来も紹介されているので、とても参考になる記事です。ぜひご覧ください。

関連記事

女の子の名前で「さき」と読む漢字TOP180|漢字の由来・意味も

「さき」と読む女の子の漢字にはどんなものがあるのでしょうか?命名する時

Small thub shutterstock 447066424

【5月生まれ】春っぽいイメージの女の子の名前④陽花里(ひかり)

ひかり

5月生まれの春っぽいイメージの女の子の名前の4つ目は、陽花里(ひかり)です。「ひかり」という名前は昔からありますが、漢字3文字にすると新鮮さがあり、親御さんがどのような願いを込めた名前なのか一目で分かります。

「陽」は春の暖かな太陽の陽のように明るい子に、「花」は花のように可愛らしく、「里」は生まれ故郷を大切に思うというイメージを受けます。5月らしい可愛い名前ですね。

【5月生まれ】春っぽいイメージの女の子の名前⑤翼芽(つばめ)

つばめ

5月生まれの春っぽいイメージの女の子の名前の5つ目は、翼芽(つばめ)です。ツバメは春の温かい風にのってやってくる鳥です。冬の寒い環境に耐えて、春の訪れを伝える日を待ちわびています。

そんなツバメのようにどんな時も強く前向きに生きて欲しいという願いと、翼を広い世界に羽ばたいて行けるようにという親御さんの思いが伝わる素敵な名前です。

5月生まれの女の子の名付けのポイントは?

5月生まれの女の子の名付けのポイント①自然を感じさせる漢字を使う

自然

5月生まれの女の子の名付けのポイントの1つ目は、自然を感じさせる漢字を使うです。5月はさわやかな気候の日が多く、木や花にとっても見ごろの時期を迎える種類が多いです。自然をイメージさせる「緑」「樹」「空」や花の名前を取り入れると、5月らしさと女の子の可愛らしさを感じられます。

5月生まれの女の子の名付けのポイント②漢字を何文字にするか考える

考える

5月生まれの女の子の名付けのポイントの2つ目は、漢字を何文字にするか考えるです。名前の文字数を1文字、2文字、3文字にするかで赤ちゃんの印象は大きく変わります。例えば「さつき」の場合「皐」「五月」「佐都樹」などがあります。苗字とのバランスも考慮して、名前の漢字を考えると良いでしょう。

5月生まれの赤ちゃんの名前の付け方は?

赤ちゃんの名前を5月の自然のイメージから名付ける

5月といえば木々の新緑の葉が茂り、気候も爽やかで過ごしやすい季節をイメージする方が多いのではないでしょうか。5月生まれの赤ちゃんに、自然から連想する名前を選んであげるのはいかがでしょうか。

5月の自然をイメージした漢字は「緑」「花」「陽」などが挙げられます。同じ読み方の名前でも使う漢字を変えると、雰囲気がガラッと変わりますので、赤ちゃんのイメージに合った漢字を見つけてあげるとよいでしょう。

赤ちゃんの名前を5月の呼び名から名付ける

呼び名

5月は旧暦で皐月(さつき)と呼ばれていました。5月は農作物の苗を植え始める時期であり、「皐」という漢字には神様に捧げる稲という意味があります。また同じ読み方の五月(さつき)は5月に咲く花「サツキツツジ」が由来とされています。また英語名の「May」から「めい」と名付けるのも人気があります。

人気アニメ映画「となりのトトロ」に出てくる2人の女の子の名前も「サツキちゃん」と「メイちゃん」で5月の呼び名から名付けられています。実際にアニメ上で2人が5月生まれという設定はされていませんが、可愛らしい名前に憧れを持った女の子は多かったです。

赤ちゃんの名前を5月に咲く花から名付ける

5月に咲く花はバラ、ポピー、ツツジにハナミズキなどたくさんの種類があります。5月の母の日の象徴ともいえるカーネーションは和名で麝香撫子(じゃこうなでしこ)と言い、そこから「撫子」と名付けるのも良いでしょう。

またジャスミンの和名から「茉莉花(まりか)」「茉莉(まり)」、ライラックの和名から「菖蒲(あやめ)」「彩芽(あやめ)」など和名にすると馴染みやすく、可愛らしく女の子らしい名前になります。

赤ちゃんの名前を5月の誕生石から名付ける

5月の誕生石はエメラルドです。ダイヤモンド・ルビー・サファイアに並ぶ世界4大宝石の1つです。エメラルドは美しさと希少価値の高さから、古代エジプトのクレオパトラ女王が好んで付けていました。「エメラルドグリーン」というように本当に美しい緑色の宝石であり、赤ちゃんの名前の由来にする方も多いです。

エメラルドからイメージする名前には「輝幸(さち)」「美緑(みみ)」「清美(きよみ)」などがあります。エメラルドの美しい緑色と併せて、エメラルドの宝石言葉である幸福・幸運・誠実という願いを込めることが出来ます。

5月生まれの女の子らしい名前をつけよう!

5月生まれの女の子の名前例をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。5月生まれの女の子には、自然や誕生石、花からイメージする可愛い名前が沢山あります。ぜひ赤ちゃんに素敵な名前をプレゼントしてあげてください!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー