Icon search 36px

一泊旅行の持ち物を最小限にするには?

国内一泊旅行の持ち物を最小限にするには①持ち物・荷物をリストに書き出す

一泊旅行の持ち物を最小限にするには1つ目は、持ち物・荷物をリストに書き出すということです。思いつくままにまずは必要だと思うものをつらつらと書き出していきましょう。そして不要なところを消していくようにしましょう。書き出してみることで、本当に必要な持ち物か判断できます。

国内一泊旅行の持ち物を最小限にするには②荷物は迷ったら持っていかない

一泊旅行の持ち物を最小限にするには2つ目は、迷ったら持っていかないということです。「もしかしたらこれを使うかもしれない」や「ちょっと荷物になるけどあったら便利かもしれない」という風に、持っていくかどうか迷ったものは持っていかないようにしましょう。一泊旅行なのでなくてもなんとかなるものです。

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト7選

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト①ハンカチ・フェイスタオル

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト1つ目は「ハンカチ・フェイスタオル」です。特に夏場の国内一泊旅行であれば、ハンカチに加えてフェイスタオルも欲しいところです。旅行先にもよりますが、非常に汗をかいたりすることもあるのでフェイスタオルは欲しいところです。

またトイレに手を乾かすためのドライヤーが必ず設置されているというわけでもありません。節電が理由だったり田舎のトイレであれば、単に水道がついてあるだけであることも珍しくはありません。そのためハンドタオルは、一泊二日の国内旅行には必須です。

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト②ティッシュ

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト2つ目は「ティッシュ」です。ハンカチと並んで定番の必要な荷物です。持ち物を最小限にするにせよハンカチとティッシュは必需品です。ラーメンや温かいものを食べた後に、どうしても鼻水は出てしまうものです。そんな時にティッシュがないと大変困ります。

そのため最小限に抑えたとしてもポケットティッシュ1つくらいはカバンに忍ばせておくようにしましょう。意外なところでティッシュは力を発揮するので、持っているのといないのとでは大分違ってきます。ぜひとも持っていくようにしましょう。

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト③財布

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト3つ目は「財布」です。財布を忘れてしまっていては一泊旅行を楽しめるはずもありません。カード決済をする方が最近は増えてきていますが、食べ歩きなどをする際には現金のみの決済のお店がまだ数多くあります。

そのため交通手段はカードを使うようにして、現金もある程度持っていくようにしましょう。そうすれば、国内の一泊旅行もきっと楽しめることでしょう。また治安の悪いところですと、財布を2つに分けるのも良いでしょう。

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト④ウェットティッシュ

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト4つ目は「ウェットティッシュ」です。国内で一泊旅行をするにあたって、楽しみとなるのが食べ歩きでしょう。その時に、意外と素手を使わなければ食べられないものはあるものです。「手が汚れたらどうしよう」や「手が汚いから食べ物を触りたくない」と思うことでしょう。

そんな時に、ウェットティッシュがあれば全ての問題は解決します。手がクリームで汚れた時であっても、素手で食べ物を触るのをためらっている時でも、ウェットティッシュで手を綺麗な状態に保ちましょう。

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト⑤上着など

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト5つ目は、「上着など体温調整できるような衣類」です。一泊旅行の夏は特に、外と部屋の中との寒暖差が大きいです。部屋の中はクーラーがガンガン効いているので上着を着ていなければ寒いくらいですが、外は裸でも暑いくらいです。

そのため夏場は「暑いから絶対いらない!」と思っていても、長そでカーディガンを一枚だけ持っていくようにしてください。電車の中なども意外と寒いくらいなので、体調を崩さないためにも体温調整ができるような服を持っていってください。

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト⑥下着

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト6つ目は「下着」です。一泊旅行のファッションにはかなり気を使うけれども、ついうっかり下着にまで気が回っていなくて、ひどい場合には持ってくるのを忘れていたこともあるのではないでしょうか。

彼氏との旅行であれば忘れることもないのでしょうが、女友達との一泊旅行では忘れてしまうこともあります。最悪であればコンビニでも買えますが、そこにお金をかけるのは少し面倒ですので、持ち物として忘れないようにしましょう。

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト⑦服

【必需品】女子の一泊旅行!持ち物リスト7つ目は「服」です。旅行をするにあたって、オシャレな服を着て写真に写りたいという気持ちは分かりますが、着心地も重視するようにしましょう。旅行はたくさん歩くので、ヒールの靴はご法度です。

また季節感もきちんと押さえたファッションにするようにしましょう。おしゃれにしたいからといって、薄着をしていると冬であれば風邪をひいてしまいますし、寒さと戦うのに大きなストレスがかかってしまいます。ミニマリストでも気を付けましょう。

関連記事

彼氏と付き合って初めての旅行のコツ10選!おとまりの持ち物・ホテルも

この記事では、彼氏と初めての旅行やおとまりホテルのポイントについてまと

Small thumb shutterstock 328569470

関連記事

【100均旅行グッズ】ダイソー・セリア・キャンドゥの29個!スーツカバーも

旅行グッズを安く済ませたい方は多いかと思います。今回は、有名な100均

Small thumb shutterstock 538628437

【生活用品編】女子の一泊旅行!持ち物リスト4選

【生活用品編】女子の一泊旅行!持ち物リスト①お菓子

【生活用品編】女子の一泊旅行!持ち物リスト1つ目は「お菓子」です。移動中など小腹がすいたときに食べましょう。しかし、あまりお腹に溜まってしまうようなお菓子を持ち物にするのは厳禁です。旅行はその土地の食べ物を楽しんだりするのもひとつの醍醐味ですので、お腹いっぱいにならないようにしましょう。

【生活用品編】女子の一泊旅行!持ち物リスト②準備しとこう!お茶

【生活用品編】女子の一泊旅行!持ち物リスト2つ目は「お茶」です。夏場ですと容赦なく体は水分を欲します。そのため必要なものにお茶を入れておきましょう。また冬場であっても乾燥することがあるので、カバンに小さめのお茶を忍ばせておくようにしましょう。きっと役に立つはずです。

【生活用品編】女子の一泊旅行!持ち物リスト③モバイルバッテリー

【生活用品編】女子の一泊旅行!持ち物リスト3つ目は「モバイルバッテリー」です。国内旅行を無事終わらせるために、ケータイは必需品です。知らない土地はマップがないと迷子になってしまいますし、ケータイがなければ店の予約もままなりません。そこで大切な持ち物がモバイルバッテリーなのです。

モバイルバッテリーがあれば、携帯の充電をあまり気にすることなく国内旅行を楽しむことができます。携帯を持つことが当たり前となった現代においては、モバイルバッテリーは一泊旅行の荷物として必要なものなのです。

【生活用品編】女子の一泊旅行!持ち物リスト④虫よけスプレー

【生活用品編】女子の一泊旅行!持ち物リスト4つ目は「虫よけスプレー」です。特に自然の多い場所に国内の一泊旅行をしようと思っている方は、虫よけスプレーは必須の持ち物です。蚊にかまれた箇所のかゆみは長引きますし、ストレスになってしまいます。

特に山や森に生息している蚊は、非常に強いのであとに残ってしまうこともあります。そのため、虫にかまれる予防として虫よけスプレーを、虫にかまれた後の対処法としてかゆみ止めを持っていくようにしましょう。ミニマリストといっても荷物に入れておきましょう。

【美容編】女子の一泊旅行!持ち物リスト4選

【美容編】女子の一泊旅行!持ち物リスト①必要なもの!化粧落とし

【美容編】女子の一泊旅行!持ち物リスト1つ目は「化粧落とし」です。シャンプーやボディソープは、備え付けられているホテルが多いですが、化粧落としをピンポイントで設置しているホテルは少数です。そのため少し荷物にはなりますが、持ち物として必要なものとするようにしましょう。

特にアイメイクが濃かったりすると備え付けのソープでは落ちないので、必須の持ち物です。意外と化粧落としは忘れがちですので、荷物リストにしっかりと加えておくようにしましょう。旅行用の小瓶も販売されているので、持ち運びも楽です。

【美容編】女子の一泊旅行!持ち物リスト②必要なもの!日焼け止めクリーム

【美容編】女子の一泊旅行!持ち物リスト2つ目は「日焼け止めクリーム」です。夏場でも冬場であっても、太陽がそこに存在している限り紫外線は容赦なくお肌に降り注いできます。そのため、日焼け止めクリームなどのUVケア用品は一泊旅行の持ち物として必要なものです。

数時間で汗や皮脂などで落ちてしまうので、トイレに行く度に塗り直すのが理想的です。少し面倒かもしれませんが、アフターケアの方が大変ですので少しの手間を惜しまないようにしましょう。必要なものリストに入れておきましょう。

【美容編】女子の一泊旅行!持ち物リスト③ミニマリストも寝ぐせ直し・コテ

【美容編】女子の一泊旅行!持ち物リスト3つ目は「寝ぐせ直し・コテ」です。外見に気を使っているのであれば、一泊旅行の国内であってもこれらは必要なものです。髪の毛の毛先だけをくるんと巻くのと巻かないのとでは大違いです。写真うつりも全く変わってきます。

寝ぐせ直しウォーターも100均の小さい容器に詰め替えていけば、邪魔にならずに持ち運びができてしまいます。そのため荷物と持って行っても、全く問題はありません。

【美容編】女子の一泊旅行!持ち物リスト④ミニマリストも!雨晴れ兼用傘

【美容編】女子の一泊旅行!持ち物リスト4つ目は「雨晴れ兼用傘」です。一泊旅行においては、天気をきちんと調べていくようにしましょう。降水確率が0であっても100であっても、雨晴れ兼用傘は持っていくようにしましょう。ミニマリストであっても必要なのでミニマリストの方も持っていきましょう。

日焼け防止にも良いですし、雨であればもちろん役に立ちます。折り畳みタイプのものですと、持ち物としてもあまりかさばることがないので、必要なものとして持っていくようにしましょう。きっと役に立つはずです。

女子の一泊旅行であると便利な持ち物は?

女子の一泊旅行であると便利な持ち物①一泊二日旅行荷物リストに!トランプ

女子の一泊旅行であると便利な持ち物1つ目は「トランプ」です。夜は宿泊施設の周辺を歩き回るのも良いですが、次の日に備えてゆっくりしておくのもひとつの過ごし方です。そんな時はトランプで遊びながら、お互いについて語り合うことにしましょう。トランプには、友達との色々な遊び方があります。

七並べ、大富豪、ウノ、スピードなど2人でもできるゲームから10人程度でもできるトランプゲームはたくさんあります。特に大富豪は、地方によってルールが違うのでそういったルールを織り交ぜながら、ゲームを進めていっても楽しいかもしれません。昔を懐かしみながらトランプをするのも良いかもしれません。

女子の一泊旅行であると便利な持ち物②カメラ

女子の一泊旅行であると便利な持ち物2つ目は「カメラ」です。これはチェキや一眼レフカメラのことです。チェキは10年ほど前に流行して今また再燃しています。写真を撮ってからすぐに現像できるということと、写真の雰囲気がレトロでおしゃれであると評判が高く、特に女子高生や若い世代で流行しているのです。

また最近は「カメラ女子」も流行しており、旅行や散歩などの風景を一眼レフカメラに収めるという女子がたくさんいます。写真の雰囲気やうつりなどを変えることができるので、旅行を楽しむためには必要な荷物です。友達と写真を撮ったり、夜景を綺麗に収めたり、とても楽しい思い出になることでしょう。

一泊旅行の持ち物は厳選して身軽な旅行を楽しもう!

国内の一泊旅行に必要なものをご紹介しました。女子旅には最小限必要な持ち物だけを厳選して、荷物の準備をしていくべきなのです。旅行をするにあたって、できるだけ身軽にしておくことは大切です。電車や徒歩で移動することが旅行中は、どうしても多くなります。一泊ですとそんなに荷物は必要ないです。

普段はミニマリストでなくても、旅行の準備をするときだけは、ミニマリストを見習ってミニマリストのような身軽さになってみましょう。きっと身軽な方が旅行を楽しむことができますので、それをおすすめします。必要なものをリストに書き上げたうえで、準備を進めるようにしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事