Icon search 36px

【壁紙アレンジ】賃貸にもOK!マスキングテープの特徴は?

【壁紙アレンジ】マスキングテープの特徴①簡単に貼れて跡が残りにくい

壁紙アレンジにもぴったりなマスキングテープの特徴1つ目は「簡単に貼れて跡が残りにくい」というところです。賃貸のお部屋の壁紙をアレンジしたくても「壁に汚れや傷が付かないか気になって諦めてしまう」なんていうことはよくありますよね。

マスキングテープの場合いくつかの注意点はありますが、適切な使い方をすれば壁へのダメージを比較的少なく抑えることができます。ただし、壁の種類によってはまったく適さない場合もあるので、本格的に壁紙アレンジをする前に、まずは目立たない箇所で試してみるのがおすすめです。

【壁紙アレンジ】マスキングテープの特徴②失敗しても貼り直しができる

壁紙アレンジにもぴったりなマスキングテープの特徴2つ目は「失敗しても貼り直しができる」というところです。通常はお部屋に壁紙を貼るとなると、まず糊を付けて貼って、空気を抜いて密着させて乾燥させて、とたくさんの工程が必要で、さらに失敗すると貼り直しがきかないというのが難点です。

ですが、マスキングテープの場合、柔軟な粘着力と耐久性のおかげで「貼ってはがして」ということを繰り返し行えるので「あ、なんかズレてる」となったときも、すぐにペロッとはがしてまた貼り直すことができます。ぶきっちょさんにも嬉しいですよね。

【壁紙アレンジ】マスキングテープの特徴③おしゃれなデザインがいっぱい

壁紙アレンジにもぴったりなマスキングテープの特徴3つ目は「おしゃれなデザインがいっぱい」というところで、これこそがもうマスキングテープの醍醐味ですよね!どれにしようか迷ってしまうほど本当にたくさんの種類があります。

とにかくデザインが豊富なので、もともとの絵柄を活かして単体で使うのはもちろん、たくさんのマスキングテープを組み合わせれば自分でウォールアートを作って楽しむこともできます。簡単に貼ってきれいにはがせるので、クリスマスやハロウィンなどのイベント用の飾り付けにもぴったりです。

【壁紙アレンジ】マスキングテープの特徴④サイズも豊富

壁紙アレンジにもぴったりなマスキングテープの特徴4つ目は「サイズも豊富」というところです。お店でよく見かけるマスキングテープはいわゆる「普通の文房具サイズ」の細いタイプのものが多いですが実はもっとたくさんの種類があり、幅20cm以上のビッグサイズのものなど最初から壁紙用として作られたものもあります。

便利で優秀なマスキングテープですが、最近は100均にもおしゃれでかわいいものが揃っていますよね。プチプラで心置きなく使えるところも素敵な100均のマスキングテープ、以下の記事でもたっぷり27種類ご紹介していますので、こちらもぜひチェックしてみて下さいね!

関連記事

【100均マスキングテープ】ダイソー・セリアの27個!幅広/マステ/新作

100均(ダイソー・セリア)もマスキングテープの種類をたっぷりとご紹介

Small thub shutterstock 570268582

【賃貸にもOK】マスキングテープを貼るときのポイント・注意点は?

【賃貸OK】マステを壁に貼るときの注意点①まずは目立たない箇所で

マステを壁に貼るときの注意点1つ目は「まずは目立たない箇所で試してみる」ということで、先ほども少しお話ししましたが壁の種類によってはマスキングテープを貼ると表面が剥げてしまったり、またマスキングテープにも粘着力の差があったりします。賃貸のお部屋の場合は、特に事前にしっかりチェックすることが大事です。

【賃貸OK】マステを壁に貼るときの注意点②壁への色移りに注意する

マステを壁に貼るときの注意点2つ目は「壁への色移りに注意する」ということです。マスキングテープを長期間貼った場合、ものによっては色が壁に移ってしまうことがあります。もちろん、色移りしないしっかりとしたものもありますが、メーカーや種類によってまちまちです。

これを防ぐためには「色移りしないタイプの壁紙用マスキングテープを使う」もしくは「下地として白無地のマスキングテープを貼り、その上から色柄物のマスキングテープを貼る」といった方法があります。1週間ほどの短期間だけ楽しむ場合はそこまで心配ありませんが、1ヶ月以上貼っておきたい場合には少し注意が必要です。

【賃貸OK】マステを壁に貼るときの注意点③高温多湿を避ける

マステを壁に貼るときの注意点3つ目は「高温多湿を避ける」ということで、これはマスキングテープの粘着性に関係しています。普段は問題なく使えているマスキングテープでも、夏場や梅雨時になると暑さや湿気などで糊が溶けてベタベタになってしまうことがあります。

これは壁が傷む大きな原因となってしまうので、できるだけ暑いときやジメジメした時期にはマスキングテープを壁に貼らない、そして既に貼ってしまっている場合には、その時期だけははがすようにしておくのがおすすめです。

【賃貸OK】マステを壁に貼るときの注意点④定期的に貼り替える

マステを壁に貼るときの注意点4つ目は「定期的に貼り替える」ということです。これは「長期間、壁にマスキングテープを貼っておきたい」場合の対処法ですが、どんなに優れた壁紙であっても時間と共に劣化していきます。

そのため、少なくとも1ヶ月に1回は壁の状態をチェックし、必要であれば新しいマスキングテープに貼り替えるのがおすすめです。これを意識しておけば「知らないうちに壁紙が大変なことに!」というリスクを少なくすることができます。

【賃貸OK】マステを壁に貼るときの注意点⑤細かい箇所にはカッターを使う

マステを壁に貼るときの注意点5つ目は「細かい箇所にはカッターを使う」ということです。マスキングテープは手やハサミで簡単に切れますが、壁紙アレンジをするときの、たとえばコンセントプラグの周りなどちょっと複雑なところなどは、テープがきちんと沿うようにカッター切って使うのがおすすめです。

マスキングテープの壁紙アレンジ10選

マスキングテープの壁紙アレンジ①簡単おしゃれなクリスマスウォールアート

マスキングテープの壁紙アレンジ1例目は、マスキングテープと毛糸で作られたクリスマスツリーです。今年はちょっと雰囲気を変えて、壁にツリーを作ってみませんか?テープを貼るだけで簡単にできて、これならペットがツリーにかじりつく心配もありませんね。

マスキングテープの壁紙アレンジ②キュートなピンクストライプ

マスキングテープの壁紙アレンジ2例目は、キュートなピンクストライプが目を引くデザインです。幅の違うテープを組み合わせれば、シンプルなのに遊び心のある仕上がりに。毎日が楽しくなりそうな、とってもおしゃれなアレンジです。

マスキングテープの壁紙アレンジ③シックなフレームデザイン

マスキングテープの壁紙アレンジ3例目は、黒板カラーの壁に映えるシックなフレームデザインです。無地のマスキングテープを組み合わせて、いろいろな種類の額縁を作ったユニークでインパクト大なアレンジです。中に文字を書いて、メッセージボードの代わりとしても使えそうです。

マスキングテープの壁紙アレンジ④ちょっとした場所にも

マスキングテープの壁紙アレンジ4例目は、お部屋のちょっとした場所にマスキングテープを貼ったデザインです。トイレや洗面所のちょっとした空間やペット用スペースなど、小さな空間に部分的に使うのもおすすめです。立体感が出ていてとってもおしゃれ、優しい色合いも素敵ですね。

マスキングテープの壁紙アレンジ⑤子ども部屋も楽しくイメチェン

マスキングテープの壁紙アレンジ5例目は、子ども部屋を楽しくアレンジしたデザインです。パステルカラーの丸形マステで作ったおうちがとってもキュートですね。簡単に貼ってはがせるので、子どもと一緒に遊びながら作ってみるのもおすすめです。

マスキングテープの壁紙アレンジ⑥写真デコでウォールアート

マスキングテープの壁紙アレンジ6例目は、マスキングテープを使った写真デコレーションです。ピンで留めると壁に穴が空いてしまいますがこれなら安心。簡単にペタペタ貼れて、貼り替えもラクラクです。思い出が詰まった素敵なウォールアートです。

マスキングテープの壁紙アレンジ⑦リュクスなフラワーウォールアート

マスキングテープの壁紙アレンジ7例目は、マスキングテープでお花を壁に飾ったフラワーウォールアートです。色鮮やかなお花がとってもボタニカルでゴージャスですね。生花を使うのも素敵ですが、リアルレプリカの方が便利かもしれません。テープを少しだけ使ったウォールアートなら、賃貸でも気兼ねなく楽しめます。

マスキングテープの壁紙アレンジ⑧アクセントウォールでお部屋をイメチェン

マスキングテープの壁紙アレンジ8例目は、お部屋を簡単にイメチェンできるアクセントウォールのデザインです。賃貸の味気ない白壁のお部屋でも、マスキングテープをたった一カ所の壁に貼るだけでガラッと印象が変わります。

マスキングテープの壁紙アレンジ⑨キッチンの壁も簡単チェンジ

マスキングテープの壁紙アレンジ9例目は、キッチンの壁をおしゃれなレンガ風にしたデザインです。こちらは、白い壁に黒無地のマスキングテープをレンガのように貼っていったという、まさにアイディア賞。キッチンの小スペースなら「賃貸だから部屋の壁をいじるのはちょっと」という人にもおすすめです。

マスキングテープの壁紙アレンジ⑩玄関のアクセントに

マスキングテープの壁紙アレンジ10例目は、ヨーロッパ風のおしゃれなタイル貼りデザインです。いつもこんな素敵な玄関に迎えられたら嬉しくなってしまいますよね。こちらはサイドの壁一面に貼っていますが、タペストリーのように部分的に貼るのもおすすめです。

マスキングテープで壁紙をおしゃれにアレンジ!

さて今回はマスキングテープを使った壁紙アレンジをご紹介してきました。いろいろなアレンジ方法がありましたが、壁の一部分に貼るだけのウォールアートなら賃貸のお部屋でも気軽に楽しめそうですよね。簡単に壁紙のイメチェンができるマスキングテープ、あなたもぜひ活用してみて下さいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー