Icon search 36px

男の子の珍しい名前一覧!素敵な当て字の読み方は?

男の子の珍しい名前当て字の読み方①宇宙

男の子

男の子の珍しい名前当て字の読み方1つ目は「宇宙」という名前です。宇宙と書いて「そら」と読みます。空よりももっと広い宇宙を使うことでスケールの大きさを感じる名前になります。宇と宙の漢字には両方ともに天や空という意味があり「そら」とも読めます。

「広く大きな心を持って広い世界で活躍できる人になってほしい」という想いと意味を込めて男の子の珍しい名前に使うことができます。そらは男の子の名前で人気がある名前です。下の記事で男の子の名前でそらと読む漢字を紹介しています。名づけの参考にしてみてください。

関連記事

男の子の名前で「そら」と読む漢字TOP180|漢字の由来・意味も

爽やかな印象を受ける「そら」という響きの名前は男の子、女の子ともに人気

Small thumb shutterstock 217534642

男の子の珍しい名前当て字の読み方②月

男の子

男の子の珍しい名前当て字の読み方2つ目は「月」です。月と書いて「らいと」と読みます。太陽の光をうけて空で輝いている月の光は、町や人を照らすライトの役割をしています。そのイメージから月を「らいと」という当て字で名前に使うことができます。

月(らいと)は「月の光のように穏やかで優しく温かい魅力で輝いた人生をおくってほしい」という想いと意味を込めて男の子の珍しい名前に使うことができます。

男の子の珍しい名前当て字の読み方③律澄

男の子

男の子の珍しい名前当て字の読み方3つ目は「律澄」という名前です。律澄は「りずむ」と読みます。律には音階や音楽の調子のリズムという意味があります。澄にはさえた音や透き通って清いという意味があります。澄んだ清い音階という意味で律澄を「りずむ」という当て字で名前に使うことができます。

律には「精神力が強く芸術の才能に恵まれるように」という想いがあります。澄には「純粋で透明感のあるさわやかな人に」という想いがあります。律澄(りずむ)は「強い精神力と透明感を生かして芸術の才能を発揮してほしい」という想いと意味を込めて男の子の珍しい名前に使うことができます。

男の子の珍しい名前一覧

男の子

お気に入り響きや意味がある漢字を使うと男の子の珍しい名前をたくさん考えることができます。日本語で使う漢字を英語の読み方にする。使いたい読み方に当てはまる漢字を見つける。また漢字から受けるイメージを名前の読み方にすることもできます。下の男の子の珍しい名前一覧でいくつか紹介します。

    男の子の珍しい名前一覧

  • 地球(あーす)…人に癒しを与える大きな心をもって器の大きな人になってほしい。
  • 愛翔夢(あとむ)…優しさや思いやりをもって自由に夢に向かって羽ばたいてほしい。
  • 輝(きら)…きらりと光る魅力をもって輝かしい成功をおさめてほしい。
  • 豪瑠(ごおる)…たくましく心の美しい人に・将来サッカー選手になってほしい。
  • 史宇斗(しゅうと)…才能に恵まれ広い世界で活躍してほしい。・世界で活躍するスポーツ選手になってほしい。
  • 心羽(しんば)…優しさと思いやりをもって広い世界にはばたいてほしい。ライオンキングのシンバのようにたくましく優しく育ってほしい。
  • 光希(みっきー)…類いまれな才能で希望の光となる存在になってほしい。(又はミッキーマウスが好きだという理由でつける名前)

女の子の珍しい名前一覧!素敵な当て字の読み方は?

女の子の珍しい名前当て字の読み方①彩花

女の子

女の子の珍しい名前当て字の読み方1つ目は「彩花」という名前です。彩花は「いろは」と読みます。彩には色や輝き、美しいという意味があります。「多くの魅力をもって人をひきつける存在になってほしい」という想いがあります。花は美しいものを例えるための言葉です。「華やかな美しい人に」という想いがあります。

彩花(いろは)は「華やかで美しく多くの魅力を持ち人をひきつける存在になってほしい」という想いと意味を込めて女の子の珍しい名前に使うことができます。「いろは」と読む漢字は他にもたくさんあります。下の記事で女の子の名前でいろはと読む漢字を紹介しています。女の子の名づけの参考にしてみてください。

関連記事

女の子の名前で「いろは」と読む漢字TOP110|漢字の由来・意味も

「いろは」と読む女の子の名前には「物事の始まり」の意味があります。この

Small thumb shutterstock 390216088

女の子の珍しい名前当て字の読み方②星光

女の子

女の子の珍しい名前当て字の読み方2つ目は「星光」という名前です。星光は「きらり」と読みます。夜空できらりと輝いている星の光をイメージして星光を「きらり」という当て字で名前に使うことができます。星には「スターになってほしい」という想いがあります。光には「希望の光になる存在に」という想いがあります。

きらきらと輝いているイメージのアイドルやモデルなどスターになってほしいという希望をこめて名前に使えます。星光(きらり)は「輝く才能を発揮して憧れの存在になってほしい」という想いと意味を込めて女の子の珍しい名前に使うことができます。

女の子の珍しい名前当て字の読み方③心咲

女の子

女の子の珍しい名前当て字の読み方3つ目は「心咲」という名前です。心咲は「みさき」と読みます。心はこころやしんという読み方をすることが多いですが「み」という読み方もできます。気持ちや思いやりを意味する漢字なので「思いやりを持った優しい人に」という想いがあります。

咲に花が咲くという意味以外に笑うという意味もあります。「周りの人を笑顔にする明るい魅力をもった人に」という想いがあります。心咲(みさき)は「周りの人を笑顔にする明るさと優しい魅力あふれる人に」という想いと意味を込めて女の子の珍しい名前に使うことができます。

女の子の珍しい名前一覧

女の子

女の子は可愛いイメージや元気なイメージ、お花やプリンセスのイメージなどさまざまな想いで名前を考えることができるので珍しい名前もたくさん思いつきやすいです。洋風のイメージで名前をつけたり日本の美から名前を考えることもできます。下の女の子の珍しい名前一覧でいくつか紹介します。

    女の子の珍しい名前一覧

  • 宝石(じゅえる)…ひときわ輝く存在になるように。我が家の宝物。
  • 月姫(かぐや)…上品で優しく穏やかな魅力をもった人になってほしい。
  • 聖夜(のえる)…美しく清らかな人になってほしい。(クリスマスイブに誕生したことが理由で付ける)
  • 羽愛音(はあと)…音楽の才能に恵まれたくさんの愛情を受け世界にはばたいてほしい。こころのきれいな子になってほしい。
  • 萌愛李(めあり)…たくさんの愛情を注がれ明るく実り豊かな人生がおくれますように。
  • 万葉(かずは)…元気に過ごし多くの幸せをつかんでほしい。
  • 紅空(くれあ)…人をひきつける魅力を持ち大きな世界で活躍できる人になってほしい。

珍しい名前一覧で紹介した女の子の珍しい名前以外にも可愛くて変わった名前はたくさんあります。周りにはあまりいないような可愛くて珍しい名前をつけたいけれど思いつかないという人もいると思います。下の記事で女の子の珍しい名前を紹介しています。珍しい名前を考えるための参考にしてみてください。

関連記事

女の子の珍しい名前20選|可愛い変わった一文字・二文字・三文字の名は?

女の子が生まれたら。可愛い名前を付けたいと思う人も多いでしょう。中には

Small thumb shutterstock 278161865

赤ちゃんに珍しい名前をつけたい心理は?

珍しい名前をつけたい心理①素敵だと思われたい

名付け

珍しい名前をつけたい心理1つ目は「素敵だと思われたい」という感情があります。子どもは自分にとって大切な存在であり一番の宝物でもあります。名前ひとつにしても多くの人から素敵だと思われたい、他とは違う特別な存在だと思ってもらいたいという感情があります。

珍しい名前をつけたい心理②他の人と被りたくない

名前を考える

珍しい名前をつけたい心理2つ目は「他の人と被りたくない」という感情があります。珍しい名前をつける人が一番感じていることではないでしょうか。自分にとって特別な存在である我が子の名前はどの親も想いを込めて一生懸命に考えます。

できるならば周りに何人も同じ名前がいるという状況は避けたいと思う気持ちは、多かれ少なかれどの人にもある感情です。誰とも被りたくないという強い気持ちが珍しい名前をつけるという結果に繋がっています。

赤ちゃんに変わった名前をつける理由は?

赤ちゃんに変わった名前をつける理由①覚えてもらいやすいように

家族

赤ちゃんに変わった名前をつける理由1つ目は「覚えてもらいやすいように」という理由です。何人も初対面の人がいる状況で自己紹介されると相手の名前と顔が一致しないことがあります。そのような場面で珍しい名前の人に会うと名前のインパクトですぐに覚えることができます。

特に社会人になって多くの人と出会う機会が増えると会話のきっかけにもなります。珍しい名前で上司や取引先の人にもすぐ覚えてもらえ得することも多いです。

赤ちゃんに変わった名前をつける理由②オリジナル感をだしたい

家族

赤ちゃんに変わった名前をつける理由2つ目は「オリジナル感をだしたい」という理由です。自分にとって特別な存在である子どもに他にはない独自の感性で考え出した名前をつけたい気持ちがあります。たったひとつのもの他にはないオリジナルの名前をつけたいという理由があります。

赤ちゃんに珍しい名前をつける時のポイントは?

赤ちゃんに珍しい名前をつける時のポイント①珍しい読み方にする

赤ちゃん

赤ちゃんに珍しい名前をつける時のポイント1つ目は「珍しい読み方にする」ことです。名前によく使われる漢字でも調べると普段はあまり使わない珍しい読み方があります。例えばあいと読む愛という漢字には他にも「ちか」「あき」「いと」などのような読み方があります。

そのように名前によく使われている漢字を他の人があまり使わない読み方にするだけでも珍しい読み方の名前を考えることができます。

赤ちゃんに珍しい名前をつける時のポイント②漢字の組み合わせにこだわる

赤ちゃん

赤ちゃんに珍しい名前をつける時のポイント2つ目は「漢字の組み合わせにこだわる」ことです。それぞれの漢字が持っているイメージや名前に使うときの意味からつけたいなまえを考えるとこだわりの名前が完成します。

また宇宙をそらという名前にするように本来の使い方とは違う読み方で漢字を使うことも珍しい名前をつけるポイントでもあります。柔らかいイメージの漢字を組み合わせて優しい子にという想いを込めた名前をつけたり、強いイメージがある漢字を組み合わせて強い男の子に育ってほしいという想いをこめることもできます。

赤ちゃんに珍しい名前をつける時のポイント③絶対読めない名前にはしない

赤ちゃん

赤ちゃんに珍しい名前をつける時のポイント3つ目は「絶対読めない名前にはしない」です。珍しい名前をつけることばかりを考えていると人が使わない漢字の組み合わせや読み方にどうしてもなります。説明してもピンとこないような名前は子どもが嫌がる可能性もあります。

赤ちゃんの素敵で珍しい名前を考えましょう

赤ちゃんの珍しい名前をいくつか紹介しましたが参考になりましたでしょうか。大切な存在である子どもに特別な名前を贈りたい気持ちが誰にでもある感情です。一覧で紹介したような珍しい名前には素敵な名前もあれば首をかしげるような名前もあります。

男の子女の子の珍しい名前一覧などで紹介した名前はあくまでも参考です。感じ方は人それぞれです。素敵だと思われる珍しい名前は子どもにとってお気に入りの名前になりますが、ただ珍しいだけの名前は親のエゴということも頭の片隅において素敵な名前を考えてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事