Icon search 36px

占いを信じる人の心理5選

手相や星座占いを信じる人の心理①不安が多い

不安が多い

手相や星座占いを信じる人の心理の1つ目は、不安が多い、という心理です。すべてにおいて不安だらけです。「こうだったらどうしよう」という不安や「こんな風に思われていたらどうしよう」という不安も抱いていたりします。毎日が不安だらけなので、それが苦しくて仕方がないのです。その苦しさから解放されたいのです。

不安だらけの毎日は、誰でも嫌になります。「どうなんだろう」という思いが大きくなりすぎると、自分ではどうしようもなくなります。特定の相手に抱いた不安の場合なら、本人に直接聞く勇気も削がれてしまうでしょう。その勇気を与えてくれたり、自分の中にある不安を取り除いてくれるのが占いなので、信じているのです。

手相や星座占いを信じる人の心理②悩み事が多い

悩み事が多い

手相や星座占いを信じる人の心理の2つ目は、悩み事が多いという心理です。占いを信じる人が抱えている悩みは、一つや二つではありません。たくさんの悩みを抱えています。それらのたくさんの悩みに、押しつぶされそうになっているのです。どれをどんな風に解決していけば良いのか、本人もわからなくなっているのでしょう。

占いではアドバイスが得られます。他の人が聞いたり読んだりすると、「当たり前のこと」と感じられるような内容でも、たくさんの悩み事を抱えている人にとったら、その「当たり前のこと」さえも浮かばない状態なのです。その簡単なアドバイスで心が救われることがある為、占いを信じているのでしょう。

手相や星座占いを信じる人の心理③自信がない

自信がない

手相や星座占いを信じる人の心理の3つ目は、自信がない、という心理です。占いを信じる人は自分に自信がありません。中には、自分のことを否定している人もいるかもしれません。ですが、本心では自分のことを肯定して欲しいと思っています。良いところを誰かに見つけて欲しいという欲求に似た、強い思いも持っています。

占いでは、大変肯定的な言葉が使われています。その肯定的な言葉が、自分を褒めてもらっているように感じるのでしょう。自分以外の人から認めて貰えた、という喜びに似た感情が湧いてくるのかもしれません。また、対面式の占いの場合には、占い師の方は褒めてくれます。それが嬉しくて、占いを信じるのでしょう。

ミミズの夢を見たら、それは自信喪失のサインと言われています。ミミズの夢占いについての関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

関連記事

【ミミズの夢占い】意味15選!ミミズの夢は自信を喪失のサイン?

ミミズの夢占いをご存知ですか? 夢の中に出てくる物にはそれぞれ意味が

Small thub shutterstock 151960769

手相や星座占いを信じる人の心理④わからないことへの恐怖

わからないことへの恐怖

手相や星座占いを信じる人の心理の4つ目は、わからないことへの恐怖、という心理です。人間は「わからない」ということに恐怖を感じます。恐怖の度合いは人によってそれぞれですが、不安を感じたり恐怖心を感じたりします。占いを信じる人は、その恐怖の度合いが大変大きいのです。また、その恐怖を自分で解決できません。

多くの人たちは、「なんとかなる」と考えたり、「取り越し苦労だ」と否定したりして、自己解決をします。ですが、わからないことへの恐怖がずっと付きまとう人もいるのです。占いは未来を紐解いて見せてくれますから、わからないことへの不安が取り除かれます。自分で不安を解消することができない為、占いを信じるのです。

手相や星座占いを信じる人の心理⑤早く結果を知りたい

早く結果を知りたい

手相や星座占いを信じる人の心理の5つ目は、早く結果を知りたい、という心理です。結果というものはそのタイミングが来ないとわかりません。また、その結果を少しでも良くしようとして、一生懸命努力する人たちもたくさんいます。ですが、中には、その結果が出るタイミングまで待つことが難しいと感じる人もいます。

占いは未来を紐解いて見せてくれます。早く結果が知りたいと思っている人には、うってつけと言えるでしょう。結果に不安を抱いているなら、なおさらです。その不安から逃れたくて結果を早く知りたいという気持ちが強くなり、占いに頼る人は多くいます。結果が待ちきれない、という人は占いを信じやすいタイプの人です。

占いを信じない人の心理5選

手相や星座占いを信じない人の心理①根拠がない

根拠がない

手相や星座占いを信じない人の心理の1つ目は、根拠がない、という心理です。確かに、根拠がありません。その通りなのです。未来は現在から創り出されていきますから、何も決まっていない不安定な状態です。その未来を占いで見るという事は、確かに根拠がないのです。根拠がないという心理は、決して間違いではありません。

大変理屈っぽい性格の持ち主と言えるかもしれません。すべてにおいて理論が成り立っていないと気がすまない性格とも言えるでしょう。このタイプの人は、周囲の人たちが雑談として手相占いや星座占いをしようとすると、拒否する可能性があります。根拠のないものに付き合うつもりはない、という思いがあるのでしょう。

手相や星座占いを信じない人の心理②知らない方が面白い

知らない方が面白い

手相や星座占いを信じない人の心理の2つ目は、知らない方が面白い、という心理です。自分の未来は何が起こるのかわからない方が面白い、と感じているタイプの人です。わからないことへの恐怖心や不安は一切ありません。むしろ、「わからない」という事にスリルを感じているかもしれません。そのスリルを楽しみたいのです。

このタイプの人は、「出たとこ勝負」が大好きな人と言えるかもしれません。自分を楽しませる方法を知っているタイプの人とも言えます。ただ、安全を重んじる人にとったら、トラブルメーカーになりかねない人です。考えるより行動が先に出るタイプの人なので、周囲の人たちを巻き込んだり、振り回したりするかもしれません。

手相や星座占いを信じない人の心理③自分の力を信じている

自分の力を信じている

手相や星座占いを信じない人の心理の3つ目は、自分の力を信じている、という心理です。自己分析がしっかりできていて、自分はどんな性格で、何が得意で、どんなことが不得意なのか、などのようなことが、きちんと把握できているタイプの人は、自分の力を信じることができる人です。それだけ自分の事を知っているからです。

自分の力を信じているなら、占いに頼る必要はありません。良いことが起こった時は自分のおかげですし、悪いことが起こった時は自分のせい、という受け止め方ができるからです。占いに頼る必要がないのですから、占いを信じない、というのは当然と言えるでしょう。占いよりも自分を信じた方が良い、と感じています。

手相や星座占いを信じない人の心理④今まで何とかなって来た

今まで何とかなって来た

手相や星座占いを信じない人の心理の4つ目は、今まで何とかなって来た、という心理です。これまで占いを信じないでも、何とかなって来た、という心理がある人は、占いを信じない、という事になるでしょう。信じなくても今まで何とかなって来たのですから、これからも占いを信じることはないと言えるでしょう。

手相や星座占いを信じない人の心理⑤根拠のない自信

根拠のない自信

手相や星座占いを信じない人の心理の5つ目は、根拠のない自信、という心理です。根拠のない自信を持っている人は、とても強い人です。そこに根拠がなくても、「自分には絶対にできる」という自信があるのです。自信を持つことは未来を切り開く為の力となります。信じる心が未来を創り出し、望みを叶えることができます。

占いを信じて幸せになる方法は?

占いを信じて幸せになる方法①良いことだけ信じる

占いを信じて幸せになる方法の1つ目は、良いことだけ信じる、という方法です。占いには、良い結果もあれば悪い結果もあります。同じ信じるなら、良い結果だけ信じるようにしましょう。あなたの未来はあなたの思考で作られているからです。良い結果だけを信じれば、未来には良いことだけが起こるようになります。

占いを信じて幸せになる方法②結果をもとに行動を起こす

占いを信じて幸せになる方法の2つ目は、結果をもとに行動を起こす、という方法です。占いを信じるだけでは、幸せにはなれません。結果には行動を起こすような指示が必ずあるはずです。その行動を起こしましょう。幸せは行動を起こすことで引き寄せられてくるのです。

占いを信じて幸せになる方法③笑って過ごす

占いを信じて幸せになる方法の3つ目は、笑って過ごす、という方法です。幸せは楽しそうな人のもとに集まってきます。あなたがにこにこ笑って楽しそうにしていれば、幸せはたくさん引き寄せられてきます。毎日笑って過ごせるように努力しましょう。口角を少し上げるだけでも、充分効果が得られます。

占いにハマりすぎない方法は?

占いにはまることを防ぐ方法①本気にならない

占いにはまることを防ぐ方法の1つ目は、本気にならない、という方法です。占いはあくまで占いです。根拠は何もありません。どんな風にでも解釈できる不確かなものです。本気にならないで、「そういうことがあるかもしれない」くらいにとどめておくようにしましょう。

占いにはまることを防ぐ方法②結果を急がない

結果を急がない

占いにはまることを防ぐ方法の2つ目は、結果を急がない、という方法です。どんなことにでも、結果が出るタイミングというものがあります。そのタイミングが来るまでは結果はわかりません。占いで結果がわかるようなものではないのです。一つの可能性として受け止め、弛まない努力を続けましょう。

占いにはまることを防ぐ方法③必死にならない

占いにはまることを防ぐ方法の3つ目は、必死にならない、という方法です。特に大きな悩みや問題を抱えている時には、藁にも縋る思いで占いに頼ることもあるかもしれません。ですが、必死にならないでください。必死になると、心にゆとりがなくなり、どんどん占いに依存してしまうことになりかねません。

占いはあくまで占いとして受け止めた方が人生は楽しい

占いはあくまで占いです。あなたの未来はあなたが自分で創り出していくものです。望む結果があるなら、占いに頼る前に、望む結果が得られるように全力で努力をしましょう。その努力さえも楽しむ努力をしてください。占いは娯楽として楽しむ程度にしておくと、より人生にゆとりができて、楽しくなるでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー