Icon search 36px

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味7選!

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味①魂の修行

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味の1つ目は、魂の修行、というスピリチュアル的な意味です。魂はいつでも成長したがっています。成長することによって、神様がいる場所へと到達したいと願っているからです。もともと私たち人間の魂は、神様と同じ場所にいました。魂はその故郷とも言える場所へ戻りたいのです。

魂が神様のいる場所へ戻る為には、苦行と言っても過言ではないような辛く苦しい修行を乗り越えていく必要があります。それを乗り越えることによって、魂は鍛えられ、成長することができるのです。魂が成長すると、ようやく神様がいる場所へ少しだけ近づくことができます。人生が辛いのはその魂の修行の時期なのでしょう。

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味②アセンションの前触れ

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味の2つ目は、アセンションの前触れ、というスピリチュアル的な意味です。アセンションとは魂が次の次元へ上昇することを指しています。私たちの魂は次の次元へ上昇することで、神様がいる場所へ少しだけ近づくことができるようになります。アセンションは魂の修行のあとに訪れます。

ただ、魂の修行を終えたからと言って、それですぐにアセンションができるわけではありません。修行はあくまで修行です。学校でも普段の勉強や小テストなどを繰り返し、最後に大きな試験があります。アセンションの前触れとは、魂の修行の集大成である、最終試験のことです。これを乗り越えると楽しい毎日が待っています。

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味③人間関係の浄化

人間関係の浄化

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味の3つ目は、人間関係の浄化、というスピリチュアル的な意味です。一度築き上げた人間関係はなかなか手放せないものです。仮にそれが、自分にとって良くない人間関係だとわかっていても、ご縁が長ければ長いほど、手放したり距離を置いたりするのは、難しいと感じられるでしょう。

人間関係における人生での影響は大変大きいものがあります。そして、人間関係は定期的に入れ替えて、同時にエネルギーの入れ替えもする必要があります。あなたにとって不利益になっているような人間関係があるなら、それの浄化が始まっているのかもしれません。手放すことを決心することで、明るい未来が見えるでしょう。

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味④感情の浄化

感情の浄化

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味の4つ目は、感情の浄化、というスピリチュアル的な意味です。私たちは日常生活の中で様々な感情を感じています。その中には無意識に抑え込んだ感情もあります。多くは怒りや不満、悲しみといった良くない感情です。これらは多くの場合、眠っている間にある程度は浄化されていきます。

ただ、すべてが眠っている間に浄化されるわけではありません。浄化されずにあなたの中に残った負の感情は、ある程度溜まると一気に浄化する機会が訪れます。それが人生における辛い時期です。多くの辛い経験をする事で、あなたの中に溜まっていた浄化し切れなかった負の感情があなたの中から飛び出し、浄化されていきます。

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味⑤使命への転職

使命への転職

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味の5つ目は、使命への転職、というスピリチュアル的な意味です。すべての人間は自分なりの使命を持っています。使命とは地球へやってくる前に、自分が地球でやりたいと願って決めてきたことです。ですが、多くの人たちは地球へやってきた時、自分の使命の内容を忘れてしまっています。

使命を思い出す事も使命を果たす上での条件に入っているからです。ただ、すべての人たちがその生で自分の使命を思い出せるわけではありません。その場合、人生での辛い時期が訪れます。多くの人たちは人生が辛くなった時、初めて自分のこれまでの人生を振り返り、地球に来る前に決めてきた使命を思い出す事ができるのです。

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味⑥自分自身の覚醒

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味の6つ目は、自分自身の覚醒、というスピリチュアル的な意味です。人間は窮地に立たされた時に本当の力を最大限まで引き出すことができます。また、それに伴って、今まで眠っていた新たな才能や能力も、一気に開花します。開花させることで辛い時期が、乗り越えやすくなるからです。

もしかするとあなたにはまだ、隠れた才能や能力があるのかも知れません。それらはきっとあなたの中で目覚めるタイミングを待っているのでしょう。人生での辛い時期が訪れているということは、あなたの中に眠っている才能や能力が開花するサインかもしれません。自分の可能性を信じて、辛い時期を乗り越えていきましょう。

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味⑦困難の前払い

困難の前払い

人生が辛い時期のスピリチュアル的意味の7つ目は、困難の前払い、というスピリチュアル的な意味です。人生には幸運期の前に、困難期というものが訪れます。楽しい時期と学びの時期とを交互に設定する事で、乗り越えやすくしているのです。スピリチュアルではこれを「困難の前払い」と言います。幸運が訪れる前兆なのです。

スピリチュアル的に人生が辛い時期にある時の乗り越える方法5選!

苦労や試練を乗り越える方法①睡眠をしっかり取る

睡眠をしっかり取る

苦労や試練を乗り越える方法の1つ目は、睡眠をしっかり取る、という方法です。苦労や試練を乗り越えている時は、あなたが思って以上に肉体的にも精神的にもエネルギーをたくさん消耗しています。消耗したエネルギーを補充するには、睡眠が欠かせません。いつもよりも多くの睡眠時間を取るように心がけると良いでしょう。

苦労や試練を乗り越える方法②野菜を多く食べる

野菜を多く食べる

苦労や試練を乗り越える方法の2つ目は、野菜を多く食べる、という方法です。これは「菜食主義者になってください」という事ではありません。普段よりも多く野菜を食べるように心がけてください、という事です。野菜には日常生活の中で溜まった悪いエネルギーを浄化する力があります。デトックスをしっかり行ないましょう。

苦労や試練を乗り越える方法③自然に溶け込む

自然に溶け込む

苦労や試練を乗り越える方法の3つ目は、自然の中に溶け込む、という方法です。特に都会に住んでいる人や職場がオフィスビル街にある人は、通勤途中や休日には自然と触れ合うようにしましょう。自然と触れ合う事によって、あなたの中にある悪い感情や良くないエネルギーが浄化され、心身共にバランスが取りやすくなります。

苦労や試練を乗り越える方法④無理をしない

無理をしない

苦労や試練を乗り越える方法の4つ目は、無理をしない、という方法です。苦労や試練が多い時は、それを乗り越えるだけで体力も精神力も想像以上に消耗しています。そんな時に無理をしても、心身共に大きな負担になるだけで、思うような成果は得られません。無理をせず、休息をしっかり取ることを意識するようにしましょう。

苦労や試練を乗り越える方法⑤泣く

泣く

苦労や試練を乗り越える方法の5つ目は、泣く、という方法です。涙を流すことは心身ともにデトックス効果があります。特に苦労や試練を乗り越えている時には、負の感情や悪いエネルギーが溜まりやすくなっています。悲しい映画やドラマを見たり、または悲しい本を読んだり、悲しい音楽を聞いたりして、涙を流しましょう。

辛い時期を乗り越える支えになる言葉は?

辛い時期を乗り越える支えになる言葉①自分次第

辛い時期を乗り越える支えになる言葉の1つ目は、『全部のことが自分次第でなんとかなると思い込んでみよう。自分次第なんだよ』という言葉です。あなたの人生はあなたが自分で作り出しています。本当に『自分次第』なのです。辛い時期を乗り越えたいなら、乗り越えたと思い込んでみると良いでしょう。

辛い時期を乗り越える支えになる言葉②イギリスのことわざ

辛い時期を乗り越える支えになる言葉の2つ目は、『緩やかすぎる海は、船乗りを成長させることが出来ない』という言葉です。これはイギリスことわざです。山があったり谷があったりすることで、人間は初めて成長できるのです。なだらかな道が続いていても、成長は望めません。あなたは今、成長過程にあるのでしょう。

辛い時期を乗り越える支えになる言葉③マルコム・マッグリッジ

辛い時期を乗り越える支えになる言葉の3つ目は『忘れてはいけないことは、流れに任せて漂っている魚は死んでいる魚だけだということです』という言葉です。ジャーナリストのマルコム・マグリッジが言った言葉です。辛い時期が嫌なら、そこから抜け出す方法を考えて、行動してみるのも一つの方法です。

人生の辛い時期にしないよう気をつけることは?

人生の辛い時期に気をつけること①愚痴を言わない

愚痴を言わない

人生の辛い時期に気をつけることの1つ目は、愚痴を言わない、ということです。人生の辛い時期にはイライラしたり、不満や怒りが溜まりやすくなります。ついつい、愚痴のひとつもこぼしたくなるでしょう。ですが、言葉に出してしまうと、それが現実の形になります。愚痴は辛い時期を延長させてしまうので、控えましょう。

男性が仕事上での悩みや愚痴を話す際の心理について、ご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

関連記事

仕事の話をする男性の心理5選|悩み・愚痴を話すのは好意があるから?

仕事の話をする男性っていませんか?ここではそんな男性や上司の心理につい

Small thumb shutterstock 229621111

人生の辛い時期に気をつけること②誰かのせいにしない

誰かのせいにしない

人生の辛い時期に気をつけることの2つ目は、誰かの生にしない、ということです。人生の辛い時期は、あなた自身と向き合う為の時期でもあります。そんな時に、すべてを誰かのせいにしてしまうと、あなたは自分と向き合えていないということになり、人生の辛い時期が延長されてしまいます。学びの期間だと受け止めましょう。

人生の辛い時期に気をつけること③自分を責めない

自分を責めない

人生の辛い時期に気をつけることの3つ目は、自分を責めない、という事です。辛い時期だからこそ、自分の頑張りを褒める時期でもあるのです。また、自分の努力や頑張りを認めて褒める事を学ぶ時期でもあります。自分を責めてしまうと、学びきれていないという事になり、辛い時期が続いてしまいますから、気をつけましょう。

辛い時期はスピリチュアルでは人生の大きな成長の転機

人生の大きな成長の転機

辛い時期は誰でも訪れますし、また何度でも訪れます。これはスピリチュアルでは人生の大きな成長の転機だからです。辛い時期が来たということは、あなたが大きな成長を遂げる前触れのサインなのです。しっかり休息を取り、自分自身を労わりながら、乗り越えていきましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事