Icon search 36px

あだ名で呼ぶ男性の心理5選

名前やあだ名で呼ぶ男性の心理①好意がある

好意がある

名前やあだ名で呼ぶ男性の心理の1つ目は、好意があるという心理です。これは相手が女性の場合に見られる心理です。その女性に対して、自分が好意を持っていることを相手に知って欲しいのですが、その気持ちを明確に伝えることが難しいのでしょう。その為、名前やあだ名で呼ぶことで、気持ちを知ってもらおうとしています。

相手の女性も自分のことをあだ名や名前で呼んでくれたら、相手も自分に好意があると思ってもらえるでしょう。もし、あなたもその男性に好意を寄せているなら、呼び方を合わせてみましょう。この時、「私もあだ名で呼んでいいですか?」とさりげなく聞いてみると、更に男性のあなたへの好感度はアップするでしょう。

名前やあだ名で呼ぶ男性の心理②チームワークを大切にしたい

チームワークを大切にしたい

名前やあだ名で呼ぶ男性の心理の2つ目は、チームワークを大切にしたい、という心理です。仕事上で重要なプロジェクトに参加している場合、チームワークがとても大切になります。チームワークは名前の呼び方ひとつでも強くなります。どうしてもそのプロジェクトを成功させたい場合には、名前やあだ名で呼ぶ場合があります。

呼び方がよそよそしくなくなれば、お互いに思っていることや意見をぶつけ合うことができます。本気で成功させたいのであれば、イエスマンの集まりでは難しいでしょう。お互いの意見をぶつけ合うくらいのことをした方が、より成功に近づけることができます。その為には、チームワークが大切なのです。

名前やあだ名で呼ぶ男性の心理③距離感を縮めたい

距離感を縮めたい

名前やあだ名で呼ぶ男性の心理の3つ目は、距離感を縮めたい、という心理です。何となく相手との距離感を感じている場合、名前やあだ名で呼ぶことがあります。職場でも距離間があると仕事がやりにくくなったりすることがあります。そのような場合は、名字での呼び方を変えることで心理的な距離間を縮め、環境を改善します。

距離感が縮まると、お願いもしやすくなります。これは一方的なお願いではありません。助けて貰ったら、こちらもお礼に助けてあげる、というフェアな関係のことです。お互いに距離間が遠い状態では、助け合いの関係も築きにくくなります。良い人間関係を築く為には、呼び方を変えることも一つの方法です。

名前やあだ名で呼ぶ男性の心理④職場に慣れて欲しい

職場に慣れて欲しい

名前やあだ名で呼ぶ男性の心理の4つ目は、職場に慣れて欲しい、という心理です。これは上司が新しく入ってきた新人や、新入社員に対して抱く心理と言えるでしょう。特に、なかなか会社や部署になじめていないと感じられた人に対して、名前やあだ名で呼ぶことが多くなります。早く馴染んで欲しいという心理があります。

特にお互いが親しく呼び合っているような職場や部署は、なかなか入り込みにくいものです。自分だけが部外者のような気持ちになることもあるでしょう。そんな気持ちを察してあなたの名前の呼び方を変えてくれる上司は、とても頼りになる上司と言えるでしょう。

名前やあだ名で呼ぶ男性の心理⑤学生感覚

学生感覚

名前やあだ名で呼ぶ男性の心理の5つ目は、学生感覚という心理です。これは特に男性に多く見られる心理です。男性は社会人として会社勤めを始めても、いつまでも学生気分が抜けない人がいます。そのような人は、相手を名字で呼ぶという習慣が身につくまで少々時間がかかります。すると、名前やあだ名で呼ぶようになります。

これは女性ではあまり見られない心理です。女性は学生から社会人になると、気持ちも意識も社会人としてのものに変わります。切り替えが早いという理由と、現実的な考え方の持ち主である、ということが言えるでしょう。男性は子供っぽいのかもしれません。

女性をあだ名で呼ぶ男性の心理や、呼び方を変える・「あなた」と呼ぶ心理をご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、ご覧ください。

関連記事

女性をあだ名で呼ぶ男性心理15選|呼び方を変える心理・あなたと呼ぶ心理も

男性の中には女性をあだ名で呼ぶ人がいます。女性に好意を持ってあだ名で呼

Small thumb shutterstock 255820630

あだ名で呼ぶ女性の心理5選

名前やあだ名で呼ぶ女性の心理①自分を見て欲しい

自分を見て欲しい

名前やあだ名で呼ぶ女性の心理の1つ目は、自分を見て欲しい、という心理です。これは相手が男性の場合に多く見られる心理です。周囲の人たちと呼び方を変えることで、男性に自分を見て欲しいという心理が働いています。男性に自分のことを意識して欲しいのです。よほど鈍い男性でない限り、その女性に注目するでしょう。

ただ、これは好意を寄せている男性とばかりは言えません。多くの男性に注目して欲しい時にも、女性は男性を他の人たちとは違った呼び方で呼ぶ時があります。「自分だけが、違う呼び方で呼ばれている」と明確にわかる場合は、あなたに好意を寄せているサインです。

名前やあだ名で呼ぶ女性の心理②好意を周囲に示している

好意を周囲に示している

名前やあだ名で呼ぶ女性の心理の2つ目は、特定の男性に好意を寄せている事を周囲の人たちに示しているという心理です。これは言い換えるなら、「この男性は私が狙っているから、絶対に誰も取らないでね」という無言のサインです。お目当ての男性を、周囲にいる他の女性に取られたり、アプローチされたりしたくないのです。

もちろん、お目当ての男性に、自分の気持ちに気づいて欲しい、という心理も働いています。ですが、このタイプの女性は大変積極的な性格の持ち主ですから、お目当ての男性にもっと積極的なアプローチをしているでしょう。周囲の女性たちへの牽制の意味合いの方が強く出ています。

名前やあだ名で呼ぶ女性の心理③子供だと思っている

子供だと思っている

名前やあだ名で呼ぶ女性の心理の3つ目は、相手を子供だと思っている、という心理です。これは仕事ができるキャリアウーマンタイプの女性が、新入社員や年下の人に抱く心理です。多くの場合は、相手が男性になります。年齢もそうですが、仕事の面での経験はもちろん、仕事に関する能力値でも、かなり下に見ています。

まだまだ自分が認めるレベルには達していない、という心理があります。本人は決してバカにしているわけではありません。どちらかというと、成長過程にある子供を見守っているような、そんな心理に近いものです。ただ、男性からすると「男」として見てくれているわけではないので、複雑な心境になるかもしれません。

名前やあだ名で呼ぶ女性の心理④仲間だと思っている

仲間だと思っている

名前やあだ名で呼ぶ女性の心理の4つ目は、仲間だと思っている、という心理です。これは自分と同じ年齢の男性女性、若しくは同じプロジェクトに携わっている人たちに対して抱くことが多くなる心理です。絆や繋がりが大変強いと感じた人たちに対して、名前やあだ名で呼ぶようになります。それだけ信頼しているのです。

プロジェクトを成功させたい、という思いよりも、精神的なつながりを強く感じていることが多いでしょう。女性は特に心のつながりを大変重視します。「この人とは一心同体」と感じると、これまでの堅苦しい呼び方から、親しみを込めた呼び方に変わります。

名前やあだ名で呼ぶ女性の心理⑤周りが呼んでいるから

周りが呼んでいるから

名前やあだ名で呼ぶ女性の心理の5つ目は、周りが呼んでいるから、という心理です。これは特に本人には意味がありません。周囲の人たちがそのように呼んでいるので、自分も周囲の人たちに合わせた方が良いのかも、と思ってみんなに合わせています。一人だけ堅苦しい呼び方をして、その場の雰囲気を壊したくないのです。

女性は空気を読むことが多くなります。また、周囲の人たちは堅苦しい呼び方をしていないのに、自分だけが堅苦しい呼び方をしている、と気づくと、その状況に落ち着きのなさを感じる人も多くいます。周囲の人たちと同じである方が、安心感が得られるのです。

相手をあだ名で呼ぶことによるメリット3選

名前やあだ名で呼ぶメリット①名字よりも距離が縮まる

名字よりも距離が縮まる

名前やあだ名で呼ぶメリットの1つ目は、名字で呼ぶよりも距離間が縮まる、というメリットです。名字で呼ぶと、どうしてもお互いに堅苦しくなります。堅苦しい関係は、心理的な距離間も離れている状態です。心理的な距離間は、遠いよりの近い方が信頼関係も築きやすく、お互いに気持ち的に楽になれるでしょう。

名前やあだ名で呼ぶメリット②チームワークが強くなる

チームワークが強くなる

名前やあだ名で呼ぶメリットの2つ目は、チームワークが強くなる、というメリットです。何か大きなプロジェクトなどを成功させる時には、最も重要になるのがチームワークです。心を一つにして足並みをそろえることが、とても大切になります。そんな時は、お互いに名字で呼び合う堅苦しい関係では、難しいかもしれません。

名前やあだ名で呼ぶメリット③お願いしやすい

お願いしやすい

名前やあだ名で呼ぶメリットの3つ目は、お願い事をしやすい、というメリットです。助け合いの関係が築きやすくなります。お願いする側もお願いがしやすくなりますし、お願いされる側は、引き受けることが難しい場合には断りやすくなる、というメリットがあります。

呼び方をさん付けからあだ名・名前呼びに変えるタイミングは?

さん付けから呼び方を変えるタイミング①相手が了承したら

相手が了承したら

さん付けから呼び方を変えるタイミングの1つ目は、相手が了承したら、というタイミングです。休憩中や雑談の合間に、呼び方を変えても良いかどうか、確認してみましょう。相手が了承してくれれば、次からその人の呼び方を変えると良いでしょう。

さん付けから呼び方を変えるタイミング②相手が呼び方を変えたら

相手が呼び方を変えたら

さん付けから呼び方を変えるタイミングの2つ目は、相手が呼び方を変えてきたら、というタイミングです。気が付くと、相手が自分の呼び方を変えていた、という場合があります。その場合は、あなたもその人の呼び方を変えてあげましょう。相手に合わせることも大切です。

さん付けから呼び方を変えるタイミング③相手から言われたら

相手から言われたら

さん付けから呼び方を変えるタイミングの3つ目は、相手から言われたら、というタイミングです。相手から自分のことを「〇〇と呼んでください」と言われたら、その通りに呼んであげましょう。その際、あなたも自分のことをこんな風に呼んで欲しいと提案すると良いでしょう。

あだ名で呼ぶ男性と女性の心理は少し異なる

あだ名で呼ぶ男性と女性の心理は少し異なる

あだ名で呼ぶ男性と女性の心理は少し異なります。男性は親しみを込めた心理が多くなります。ですが、女性は場合によっては、相手を少し上から目線のような心理が働いている場合があります。女性の場合には、その人の態度や言動にも注目してみると良いでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事