Icon search 36px


付き合って10ヶ月とはどんな時期?

「落ち着いてくる」時期であると同時に分岐点でもある交際10ヶ月目

デート

付き合って10ヶ月目はいわば2人の将来を占う節目の時期。それというのも結婚というゴールインに最終的にたどり着いたカップルのうち、20%ほどが結婚するまでにあたる交際期間が10ヶ月という調査結果が出ている為。つまり彼氏にとっても彼女にとっても実のある交際、かどうかの試金石が10ヶ月目なのです。

交際は順調で先々の結婚もちゃんと視野に入っている、と思っていても、実はそれが自分の一人合点ということはありませんか?付き合ってすぐの頃は結婚、をよく話題にしていたのにそういえば最近あまり聞いていない、と思い当たる節があるなら危険信号かもしれません。

60%以上の30代カップルが交際10ヶ月で結婚へ!

デート


それというのも、男性が交際中に結婚を口にしなくなったタイミング、は彼氏の中で「この結婚のゴール」が結婚なのかそうでないのかを見定めた時期かもしれないから。特に諸事情で同棲にまで至っていないカップルの場合は、彼氏の中では「そろそろ終わりにするべき交際」とカテゴライズされている危険性もあります。

また交際から同棲に至って現在トータル10ヶ月目を迎えるというカップルの場合も同じく「結婚」に踏み切るか否かを真剣に検討し始める頃と言えます。これは「結婚」に至った同棲カップルのうち、その同棲期間は3ヶ月以上1年6ヶ月未満というカップルが30代では実に6割近くに上るからです。

最も結婚に結びつく交際期間は付き合って3ヶ月以上1年6ヶ月未満

結婚

また別の調査結果では男女共にゴールインにつながった交際の期間は付き合って3ヶ月以上1年6ヶ月未満という数字も。さらにこの3ヶ月以上1年6ヶ月未満という期間は年代別にみてもほぼどの年代においてもトップクラスの交際期間です。これは逆に言えばこの期間外の交際はなかなか結婚に結びつかないと言えます。

つまり付き合って10ヶ月目というのは、短いように思えてもカップルにとってその後の自分達の運命を占う分岐点となるということ。例えば表面上は交際順調に思えても最近しばしば結婚式の夢を見るという人は、潜在的にこれからの2人、に不安や不満を感じている証拠かも知れません。



付き合って10ヶ月のカップルに起こるあるある8選

付き合って10ヶ月・彼氏が我がままを隠さなくなった

デート

付き合って10ヶ月目ともなれば、彼氏の一挙一動が気になっていた付き合い初めの頃のようにいかなくても当たり前です。しかし彼女が嫌がる喫煙習慣であったりパチンコなどのギャンブルに休日を費やすことに対して彼氏側の遠慮がなくなっているようでは倦怠期どころか、全く気配りしてくれなくなっている証拠。

普通なら「良く思われたい」相手の嫌がることはしないもの、少なくともそんな行為は隠すものです。それを隠さないどころか開き直ったり、自分の好きなことをして何が悪いと逆ギレするようになっていたら、もはやそれは倦怠期ではなく破局の兆しと言えるでしょう。

付き合って10ヶ月・ついつい家飲みなどの手抜きデートが増える

ビール

付き合って10ヶ月経つうちに、仕事の合間を縫っての短いデートや、ささいなカップルイベントでのプレゼントの交換といった小さな楽しみがいつの間にかスケジュールから消えてしまった。今ではデートと言えば彼氏の部屋や同棲している家での家飲みばかり、といったカップルは要注意です。

「それだけ気の置けない仲になったということ」と言えば聞こえはいいですが、緊張感や相手に対する思いやりが磨り減っていっているだけかも知れません。デートで相手の好きな場所に行ったり、記念日イベントを過ごせるようスケジュールをやりくりするのは相手を喜ばせたいという気持ちの表れ。

そうした彼氏へ、あるいは彼氏から彼女への気持ちがなくなっているのなら、お互いの心の中ではで無自覚の内に相手への恋愛感情が磨り減ってしまっている証拠です。

付き合って10ヶ月・彼氏の行動パターンが読めるようになる

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード