Icon search 36px

付き合って5ヶ月とはどんな時期?

付き合って5ヶ月目のカップルは彼氏のアラを探し始める時期

もう少しで半年記念日を迎える付き合って5ヶ月目には、多少の初々しさも残りながらカップルとしての安定感も出てきて、付き合い始めのたどたどしさが薄れてくる時期です。あんなにも素敵に見えた恋人の良くない部分も目について、付き合っているのに不安な人も多いのでは?

付き合って半年が一つの節目!5ヶ月目はまだまだ前途多難

そして、筆者の恋多きモテる友人も「半年がひとつの境界線。付き合って半年越えれば交際は一年もつ」と明言していたように、半年を過ぎたカップルはその後長続きすることがとても多いのです!

幸せなカップル期間が末長く続くためにも、付き合って5ヶ月カップルに起きがちなあるあるを知って、上手にトラブル回避しながら長く濃く愛されましょう。

付き合って5ヶ月のカップルに起こるあるある12個

【ラブラブ編①】彼氏の本当に良いところが見えてきた

告白されたことに舞い上がったり、かっこいい面しか見えていなくて告白して、しばらくはその部分しか目に映っていないことも、付き合いたての頃にはよくあります。しかし冷静になってくる5ヶ月目こそ、彼氏の人間的な良さや素晴らしさが本当に見えてくる時期なのです。

子供や動物に優しかったり、いつでもレディファーストだったり。彼女の前だけで頑張っているエセ紳士は、そろそろボロを出し始める時期。だからこそ付き合って5ヶ月目になっても優しい人は、心の底からしてあげたい、恋人を喜ばせたいと思ってくれる素敵な人なのです。

【ラブラブ編②】結婚を意識し始める

付き合って3ヶ月目ではまだまだ結婚は早すぎると考えるカップルも、半年近くになってくると結婚を意識する人もいます。大好きな相手とともにいたいという気持ちがいよいよ燃え上がったカップルは、結婚を意識しやすいようです。

価値観やものの考え方、好きなものや嫌いなもの、二人でずっと一緒にいても楽しいし、辛いことも乗り越えられる。そう心から信じられる相手なら、5ヶ月もあれば結婚を決意するには十分な期間なのでしょう。

【ラブラブ編③】彼氏のことを信頼できるようになる

好きになればなるほど、相手のことが気になって、浮気や別れが怖くなることがあります。まだ付き合いが浅い頃は現実に起こっていないあらゆることを不安がったり、別れを怖がったりして思い切り恋人にぶつかることができないことも。

5ヶ月すぎると、そんな初々しさも息を潜めて本音でぶつかれるように。喧嘩もするかもしれませんが、その衝突の先に心の底からリラックスできる存在へと昇華できるようになるのです。

【ラブラブ編④】半年なんて余裕!まだまだラブラブ

結婚すれば、何年も何十年も一人の人と添い遂げることとなります。それと比べれば、付き合って5ヶ月などまだまだ付き合ったばかりのようなもの。仕事などで忙しくしていれば、1ヶ月などあっという間に過ぎていくことでしょう。

会うことが多いカップルも、少ないカップルも、5ヶ月ではまだお互いのことが大好きでラブラブでいます!という人も多数いました。恋人期間を長く楽しむ人ほど、お互いへの気遣いが際立っている調査結果に。

【ラブラブ編⑤】金銭感覚や趣味嗜好がはっきり分かる

デートする際、あなたはデートの費用をどうしていますか?彼氏に全額払ってもらう、完全折半、自分で全額払う。それぞれの経済事情や節約意識、お財布事情によって異なるでしょうが、5ヶ月もすれば「ただ奢ってもらいたいだけ」の態度はバレてきてしまいますよ。

隠しておきたい趣味なども、5ヶ月も我慢し続けられません。趣味嗜好が合わないと感じたら別れるカップルが多いのも、この時期なのです。

【トラブル編①】我慢強い恋人が溜め込んだ不満で爆発!

うまく恋人と付き合っていくためには、お互いへの気遣いが何より大切になってきます。しかし、その気遣いが我慢するレベルになったり、ストレスの元になっては付き合っていても楽しくはありませんよね。

付き合う最初にした約束をかたくなに守った結果、不満も言い出せなくなり、溜め込んだ不満で爆発してしまえば、待っているのは別れです。

【トラブル編②】デートがワンパターン

どこの場所に出かけても楽しかった付き合い始めはあっという間に過ぎ、近場の有名なデートスポットは行きつくしてしまったという人も多いのでは?

お外に出かけることが減り、お家デートが増えるカップルも。映画を見るのもテレビを見るのも飽きてしまったら、二人で温泉旅行など遠出するのも良いですね。

【トラブル編③】仕事?友達?忙しくて会えない!

いくら恋人が大切な存在とはいえ、学生の頃とは違い社会人はいつでも恋人を優先できるわけではありません。忙しい時期や慣れない仕事など、お互いに忙しくなって気付けば連絡もまともにしていない状況に、ということも。

「仕事と私、どっちが大事なの!」と怒るのはドラマの中だけにしましょう。ですがあまりにも放置するような彼氏なら、会いたいことを可愛く伝え、甘えてみましょう。仕事で疲れた彼氏も癒されることでしょう。

【トラブル編④】恋人から家族へ、ちょっと気を抜き過ぎ?

「この人はずっと一緒にいてくれる」という安心感は、かけがえのない感情です。ですが、その安心も度がすぎるとリラックスし過ぎた関係になり、家族のような、空気のような存在で、いつも一緒にいるのが当たり前になってきてしまいます。

もしかしたら、あなたのだらしないズボラな部分に冷めたり、引いてしまっているのかも。彼氏の前でムダ毛処理や大きく股を開いて座るなど、女性らしからぬ態度をとったりしていませんか?彼氏はそんな姿にこっそりため息をついているかもしれません。

【トラブル編⑤】連絡の数が明らかに減ってきた

付き合って間もない頃は、お互いへの興味がたくさんで何時間でも話していられるもの。知らないことを知るのが楽しくて、毎日電話やメールをしていても足りないくらいもっと話したい!と気持ちが盛り上がることでしょう。

けれども、交際も5ヶ月目を越えてくると彼氏の好みや考え方などが大体わかってきて、朝まで話すなんてムリ!という気持ちになるのは仕方ありません。

それは彼氏も同じこと。デートの約束をしたら、当日まで連絡がなくなってしまったカップルもよく見かけます。せめて「おはよう」などの挨拶は、毎日欠かさずするようにしましょう。彼氏からの連絡が少ないと思ったら、忙しいことも考えて気を使いつつも、挨拶くらいはしたいとお願いしてみるのもひとつの手段です。

【トラブル編⑥】彼氏から手を出されなくなった

付き合って5ヶ月目なのに、熟年した夫婦のようにまったく手を出されなくなった……これって、彼女の立場からしてもとても辛い出来事ですよね。誘うのにも大きな勇気がいるのに、断られるなんて涙が出てしまうかもしれません。

朝起きたすっぴん、ボサボサの髪が「かわいい!」と思ってくれる彼氏となら交際しやすいですが、あまりにもすっぴんとの落差があったり、女性の部分を感じなくなると恋人の時に抱いていた気持ちが薄れてきてしまいます。

いつでもエッチできると思われたら、安心感から手を出されにくくなります。たまには場所を変えてみる、着ている服やメイクを変えるなど、ドキドキ感が持続する工夫を!

【トラブル編⑦】5ヶ月経つとマンネリ化で会っても楽しくない

付き合いたての頃はどこに出かけても楽しかったのに、デートプランもワンパターンになるしいつも同じような流れで、飽きてきてしまった。そんな不満を抱いてくるのも、5ヶ月目です。

正直な話、マンネリ化、倦怠期はどのカップルにも等しく訪れます。だからこそ、最近つまらないなと思ったらデートスポットを変えてみる、二人でアクティビティに挑戦してみる、わざと会わない期間を作ってみるなど、付き合い方にも工夫が必要なのです。

付き合って半年を迎えるためにカップルが実践すべきこと

付き合って半年記念は彼氏との交際歴史を振り返る時期

付き合い始めた時の情熱も5ヶ月を迎える頃にはすっかり落ち着き、二人の関係は変化してしまいます。いくら大好きな彼氏でも、育ってきた環境や周りの人間関係の影響から、あなたとは考え方がまるで違う行動をとるでしょう。何を考えているのかわからず、受け入れられないことも増えてきます。

半年目を迎えるためには、何よりもまず彼氏と話し合い、違いを認め合い、お互いの考え方を理解した上で受け止め、問題を解決していかなければなりません。

付き合ってから半年以上続くコツは自分と相手を大切にすること

半年記念を迎えるためのプレゼントやイベントを一緒に計画する、ミニ記念日として普段からの感謝の言葉を手紙にする。5ヶ月目でも半年記念日のためにできることは色々あります。

そして不満はきちんと話し合いましょう。その際も、煽るような言葉を使って不満や喧嘩をふっかけるのではなく、「こうしてくれたら私は嬉しい」というように、彼氏のプライドを傷つけないよう穏やかに気持ちを伝えることが大切です。

関連記事

付き合って半年のカップルあるある20選|一周年記念を迎えるポイントは?

付き合って半年にもなると、付き合い始めた頃とはいろいろなことが変わって

Small thumb shutterstock 296277326

付き合って5ヶ月で彼氏は結婚を意識するもの?

付き合って5ヶ月目の交際期間は長い?短い?

インターネットでのアンケート調べでは、付き合って5ヶ月〜半年の間に結婚やプロポーズは早い!という意見がなんと8割。ちょうどいい、と答えたのは全体の15%ほどしかいませんでした。

付き合って5ヶ月目だとまだまだ結婚に消極的

結婚は一生に何度もあるわけではなく、一度結婚すれば様々な制約が生まれます。特に男性は結婚に慎重な人が多く、半年では見えてこない彼女のお金や自立心に関してのことなど、知りたいと思うことがまだまだある様子。

付き合って5ヶ月では、見極めるには少し早すぎるのかもしれません。それでも一気に燃え上がって交際数ヶ月でゴールインするカップルもいます。カップルそれぞれのペースで交際を進められるといいですね。

付き合って5ヶ月で別れる理由・別れるカップルの特徴

付き合って5ヶ月過ぎたら心は変化していきます

「半年を迎えるために」の章で、人の気持ちは変わっていくことをご紹介しました。そしてこの必ず訪れる変化が受け入れらないカップルは、残念ながら交際を諦めるしかなくなるのです。

特に、ワンナイトラブで一気に感情が燃え上がり、ジェットコースターのように気分が乱高下して相手を振り回し、楽しいことも喧嘩も派手にする花火のようなカップルだと、恋の進行が早い分別れる時も早いようです。

もしかして別れそう?彼氏の出すサインを見逃さないで!

男性は感情を隠すのが基本的に上手ではありません。もしかしたら日常生活の中で、あなたと別れるためのサインを少しずつ出しているかもしれません。

    彼が別れたくなっているかも?こんなサインにご注意!

  • メールや電話をしてもそっけない、面倒くさがられる
  • デートの日程を決めてくれない 会ってくれなくなる
  • 一緒にいても笑顔がなくなった
  • キスやハグなどのスキンシップがなくなった

付き合って5ヶ月で彼氏と別れたいときにすべきこと

付き合っていくのがムリと感じるなら気持ちに素直になって

男性は、付き合い前から付き合った直後に恋のピークが訪れるのに対して、女性は体の関係を持ってから徐々に気持ちがピークになることも。その時期のズレが、「彼氏が冷たくなった」「仕事や趣味を優先してかまってくれない」という寂しさにつながってしまいます。

それを乗り越えられるほど彼氏のことが好きだったり、話し合いで解決できればいいですが、その労力に見合わない相手だと別れを考えるのは当然のことです。

別れを決めたカップルはハッキリと理由を言おう

別れを切り出すのって、自分が悪者になった気分がして嫌なものですよね。それが嫌でいつまでもずるずる付き合っていくカップルもいるくらいです。ですが、そうしている間にも二人の不満はたまり、大事な時間はなくなっています。

できれば自然消滅で……と考える人もいるはず。けれどもそこは、5ヶ月も付き合った相手。一方的に連絡を切るなどするのではなく、はっきりと理由を添えて付き合うことが無理なことを言いましょう。理由を言ってみると、彼氏も納得して円満に別れられることが多いのです。

付き合って5ヶ月目を乗り越えたカップルの絆は強い!

半年記念を迎えられるかどうかは、5ヶ月目で訪れる「慣れ」と「違い」をどう乗り越えるかにかかってきています。恋人同士とはいえ、育ってきた環境や考え方が全く違う赤の他人です。考え方の違いを受け入れられないと、待っているのは破滅のみ。

相手の存在を、そばにいて当たり前だと認識しないこと。お互いが両想いになって付き合っていけるということは、奇跡のような幸運なのです。喧嘩や衝突を恐れないで、お互いの違いを楽しむように話し合って5ヶ月を乗り越えましょう。

そして付き合って5ヶ月目の先に待っているのは、ラブラブしていただけの付き合いたてとは違う、強固な絆を持った大人な付き合いのできる本物のカップルになっていることでしょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事