Icon search 36px

頭皮の日焼けで受けるダメージとは?

①痛み・赤み・かゆみ

額

日焼け後の頭皮は、火傷と同じ症状を引き起こしています。紫外線を多く浴びた影響で頭皮が炎症を起こし、ヒリヒリした痛みや赤みのある腫れなどの症状が起きる危険性があります。炎症が治まった後は、かゆみを感じることもあります。

②フケ・乾燥

頭の頭頂部

頭皮が日焼けすると、フケや乾燥など頭皮の環境が悪化してしまいます。熱を持った頭皮は水分が蒸発しやすくなるため、乾燥しやすくなります。乾燥した頭皮は皮むけで剥がれ落ち、フケのように見える原因にもなります。

③抜け毛

鏡でチェック

頭皮の日焼けは、抜け毛の原因になることも考えられます。紫外線によるダメージを受けた頭皮を守るために分泌された皮脂は、毛穴に詰まることや角層が厚くなってしまうことがあります。頭皮の育毛環境が悪化することにより、抜け毛の原因になる可能性もあります。

頭皮の日焼けにおすすめの予防方法4選

①日焼け止めスプレー

ライム

頭皮の日焼けを防ぐには、日焼け止めスプレーを使用する方法があります。手軽に対処できる上に、頭皮や髪にまんべんなく塗布できます。塗り直しも簡単なので、外出先で気になった時にすぐに対処できます。UVカット効果が高いタイプ・冷感タイプ・全身に使えるタイプなど、好みや目的に合ったものを選びましょう。

頭皮の日焼けを防ぐための日焼け止めは、スプレー以外のタイプも市販されています。下記の記事では、髪や頭皮にも使える日焼け止めを、スプレー・ジェル・オイル・クリームなどのタイプ別に紹介されていますので、興味のある方は併せてご覧ください。

関連記事

【頭皮もOK】な日焼け止めおすすめ14選!頭皮と髪をダメージから守ろう♡

日差しが強い季節は、頭皮や髪の日焼けが気になりますよね。今回は、頭皮や

Small thumb %e9%9d%92%e7%a9%ba %e5%a4%aa%e9%99%bd

②帽子

つばのひろい帽子

頭皮の日焼けを防ぐためには、帽子で対処する方法がおすすめです。大きなつばのある帽子ならば、頭皮だけでなく顔も紫外線から守れます。また繊維や生地にUVカット加工されている帽子や、黒や濃紺などの濃い色の帽子は、日焼けを防ぐ方法として効果的です。

③日傘

パラソル

紫外線を防ぐためには、日傘を使用する対処方法もおすすめです。頭皮の日焼けを防ぐだけでなく、顔や髪などの日焼けを防ぐ効果も期待できます。UVカット素材や黒色の日傘を選んで、紫外線の透過を防ぎ、日焼けを防止しましょう。

④分け目を変える

かきあげる

頭皮の日焼けは、分け目を変えるだけでも予防になります。同じ分け目を続けていると同じ箇所がダメージを受け続けてしまいますが、分け目を変えることでダメージの蓄積を防ぐだけでなく、髪で隠して守るという対処方法にもなります。

頭皮の日焼けを防ぐ紫外線対策には、UVカット効果はもちろん、見た目の可愛さも重要ですよね。下記の記事では、夏の日焼けも防げる可愛い紫外線対策グッズが紹介されています。頭皮を隠す帽子以外にも、首回りや腕回りの対策グッズも紹介されていますので、併せてご覧ください。

関連記事

【2020年最新】紫外線対策グッズおすすめ15選!日焼け対策も可愛いがイイ!

シミやそばかすの原因となる紫外線は、何としてでも対策しておきたいですよ

Small thumb shutterstock 679783102

頭皮の日焼けにおすすめのアフターケア6選

①冷やす

丸めたタオル

頭皮の日焼け後のケアは、まず冷やすことが大切です。保冷剤などを使い、熱を持った頭皮を冷やすようにしましょう。赤みやヒリヒリした痛みのある箇所に直接当てると刺激が強すぎるため、タオルなどに巻いて冷やすことが大切です。また水で濡らしたタオルを頭皮にのせるだけでも、赤みを治す効果が期待できます。

②ぬるま湯で流す

シャワーヘッド

頭皮のヒリヒリする痛みや赤みを治す対処方法は、シャンプーを使わずにぬるま湯で洗い流すことです。日焼けのダメージケアとして、頭皮に負担をかけないことが大切です。ぬるま湯を使用して、擦らずにじっくり洗い流すことで、日焼けダメージを治す効果に繋がります。

③保水

コットンにとる

きれいになった頭皮に、ローションで保水しましょう。頭皮用ローションをコットンに含ませて塗布することで、乾燥した頭皮に水分を与える効果や熱を持った頭皮を冷やす効果が期待できます。頭皮用がなければ、普段のスキンケアに使用している化粧水でも大丈夫です。

④保湿

ヘアオイル

日焼け後の頭皮の対処方法として、保湿ケアもおすすめです。冷やすことでヒリヒリした痛みや赤みを治す効果は期待できますが乾燥を防ぐ効果はないため、赤みや痛みがなくなったら、しっかりした保湿ケアをしましょう。頭皮用オイルや乳液などで保湿して、乾燥しにくい頭皮に導きましょう。

⑤蒸しタオルパック

頭に巻く

日焼け後の頭皮には、蒸しタオルパックのケアもおすすめです。蒸しタオルパックは、乾燥している頭皮に保湿を与える効果や血行を促進する効果が期待できます。手で持つと熱いと感じるくらいの温度にしたタオルで、頭全体を包み込み、タオルが冷めるまで放置します。時間があれば、タオルを2~3枚交換すると効果的です。

⑥オイルパック

OIL

乾燥した頭皮には、オイルパックケアもおすすめです。オイルパックは保湿効果の他にもクレンジング効果があり、頭皮のケアにはとてもおすすめです。500円玉くらいの量のオイルを、頭皮全体に薄く塗り込み、タオルターバンをして10~15分放置します。乾いた状態で行い、時間が経過したら洗い流しましょう。

頭皮の日焼けをケアする時の注意点は?

①爪を立てない

くしでとかす

日焼け後の頭皮をシャンプーする時には、爪を立てないように注意しましょう。ダメージを受けた頭皮は敏感になっているため、爪を立ててゴシゴシ洗うと、頭皮を傷付けてヒリヒリした痛みを感じることがあります。ダメージを治すためにも、力を入れずに優しく触れることが大切です。

②洗浄力の強いシャンプーを使わない

ビーカー

日焼け後の頭皮には、洗浄力の強いシャンプーを使用しないようにしましょう。ダメージを受けた頭皮に刺激を与えて、ヒリヒリとした痛みを感じることもあります。ダメージを治すためにも、洗浄力が弱めで肌に優しいシャンプーを使用しましょう。

③熱いお湯は使わない

シャワーヘッド

ダメージを受けた頭皮に、熱いお湯を使用するのは避けましょう。シャワーの温度は低すぎると、シャンプーや皮脂がしっかり洗い流せず肌トラブルが起きる可能性があります。しかし温度が高すぎると、頭皮への刺激が強すぎて、必要な皮脂まで落とし乾燥しやすくなってしまいます。

④自然乾燥はNG

長い髪の毛

シャンプー後は、自然乾燥を避けましょう。自然乾燥は濡れたままの時間が長く、頭皮に細菌が繁殖する可能性があります。ドライヤーでしっかり乾燥させることで、細菌の繁殖を防いでダメージを早く治すことに繋がります。ドライヤーの熱で刺激を感じるという場合は、冷風を使用するのもおすすめです。

⑤不用意に掻かない

触る

頭皮の保湿が足りずに乾燥すると、かゆみが出る時がありますが、不用意に掻かないように注意しましょう。我慢できずに掻いてしまうと、頭皮を傷付きダメージが悪化します。かゆみを緩和させるためには、頭皮を冷やすことやしっかり保湿することが効果的です。

頭皮の日焼けをケアするシャンプー方法

頭皮の日焼けは炎症や赤みが治まると、乾燥しやすい状態になります。乾燥した頭皮はかゆみや皮むけなどが起こりやすくなるため、頭皮に負担をかけずに優しくシャンプーすることが大切です。下記に日焼け後のシャンプー方法を紹介しますので、参考にしてください。

①低刺激性シャンプーを使う

石鹸

日焼け後の頭皮には、低刺激性のシャンプーを使用しましょう。ヒリヒリする痛みや赤みがなくなったら、低刺激性のシャンプーで優しくケアするのがおすすめです。ダメージを受けた頭皮は敏感になっているため、洗浄力が弱めで、肌に優しいアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

低刺激性シャンプーはアミノ酸以外にも、オーガニックや無添加などの種類もおすすめです。下記の記事では、低刺激性のシャンプーをランキング形式で紹介しています。保湿効果のあるシャンプーも紹介されていますので、参考にしてください。

関連記事

頭皮に優しい低刺激シャンプーは?市販のおすすめTOP13|アミノ酸系も

最近はスカルプケアが注目され、アミノ酸シャンプーなど頭皮に優しいものが

Small thumb shutterstock 552110158

②よく泡立てる

ホイップ

シャンプーはよく泡立てて、優しく洗うようにしましょう。泡立てが足りないと、髪で擦れたり頭皮が詰まったりする原因になります。頭皮にのせる前に先に泡立てるようにすると、頭皮に負担をかけずに優しく洗えます。

③シャワーの温度は38度程度

湯

シャンプーを洗い流すシャワーの温度は、38度くらいが良いでしょう。温度が低すぎたり高すぎたりすると、肌トラブルが起きる可能性があります。日焼け後の頭皮へ刺激を与えない、38度程度の温度を目安にしましょう。

④仕上げに冷水

はじく

シャンプーをきれいにすすいだ後は、仕上げに冷水で頭皮を冷やしましょう。頭皮が熱を持っている場合の対処方法として、水をかけることで熱を冷やす効果が期待できます。赤みやヒリヒリする痛みを治す時の対処としても、おすすめの方法です。

⑤優しくタオルドライ

カゴ入り

シャンプー後のタオルドライも、日焼けダメージのある頭皮には注意が必要です。頭皮をゴシゴシ拭いてしまうと、ヒリヒリする痛みや赤みがぶり返す危険性があります。悪化を防いでダメージを早く治すためにも、タオルドライする時は摩擦を防ぐように、優しく丁寧にタッピングして水分を吸い取りましょう。

⑥ドライヤーは30cm以上離す

髪に風を当てる

ドライヤーを使用する時は、30cm以上離すようにしましょう。ドライヤーの温風は頭皮の刺激に繋がるため、30cm以上離すことはもちろん、同じ箇所に長時間当てないようにして乾かします。またいつもより低い温度に設定するように、心掛けることも大切です。

日焼け予防とアフターケアで頭皮を健康に保とう

海辺の女性

頭皮の日焼けは、予防がとても大切です。頭皮のダメージは髪のダメージにも繋がるため、帽子や日傘で、直射日光を浴びないようにしましょう。しかしケアしていても、紫外線をゼロにすることはできないため、日焼けしてしまった時には、冷やす・保湿するなどのしっかりしたアフターケアで、健康な頭皮を取り戻しましょう。

日焼け後の乾燥した頭皮には、肌に優しい低刺激シャンプーを使用しましょう。下記の記事では、乾燥肌の頭皮におすすめのシャンプーを紹介しています。低刺激タイプ以外にも、ノンシリコンやしっとりさせるタイプも紹介されていますので、シャンプー選びの参考にしましょう。

関連記事

乾燥肌な頭皮には低刺激ケアを♡肌に優しいおすすめシャンプーランキングTOP16!

乾燥肌でも肌に優しいシャンプーをご存知ですか?今回は、乾燥肌な頭皮でも

Small thumb shutterstock 552110158

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事

RANKING

人気の記事