Icon search 36px

ヘアバンドが似合わない面長におすすめのアレンジ3選

面長の人は髪型にも工夫が必要

メイクをする女性

面長の顔は大人っぽいセクシーな女性に多い顔の形ですが、ヘアバンドが似合わない顔の形とされています。どちらかといえば丸顔に近づけるとよいでしょう。髪型をコロンとしたボブにしてみる、前髪の長さを調整をするなど、キレイよりは可愛い顔立ちに近づける努力が必要です。

骨格を変えることはできないので、面長さんはヘアアレンジやヘアバンドの付け方を工夫してみましょう。ちょっとの工夫でヘアバンドが似合うようになります。

①サイドの編み込みアレンジ

顔のシルエットが縦長にみえる原因は、横幅がないことです。ロングヘアーの面長さんはサイドの髪を編み込みにしてみるとよいでしょう。ボリュームのある編み込みにすることによって髪の毛で顔のシルエットを丸くし、丸顔さんのシルエットに近づくことができます。幅広のターバンをつけても似合うヘアアレンジです。

②ヘアバンドを少し横にずらして付ける

ヘアバンドをつける女性

面長さんがリボン付きのヘアバンドを真っ直ぐつけることはタブーです。縦に長いシルエットをさらに長く見せてしまいます。リボン付きのヘアバンドは武器にもなります。左右どちらかにずらして付けることで縦長ではなく、横幅を盛ることができます。大きなリボンがついた可愛いヘアバンドを活用しましょう。

③サイドの髪はくるくる巻く

サイドの髪を引き出すこともポイントですが、ただ垂らすのではなく、ヘアアイロンで巻きましょう。サイドの髪の長さは短いほうが顔の長さを際立たせません。巻くことで短く可愛く見せましょう。前髪なしで普段大人っぽい顔立ちの面長さんはギャップを出すと周りから褒められるアレンジになるでしょう。

④大きめデザインのヘアバンドを使いこなす

71hh zvgjvl. ac ul1280

M.H.A.style

リボンモチーフヘアバンド

Amazonで詳細を見る

大人顔の面長さんはあえて大きめデザインのヘアバンドを選ぶことをおすすめします。ヘアバンドに注目を集めることによって、顔の長さを隠すことができます。ターバンのような幅のあるヘアバンドもおすすめです。頭の頂上にボリュームを持たせないように注意してつけましょう。

ヘアバンドが似合わないショートヘアにおすすめのアレンジ4選

①大きなリボンアレンジ

ボーイッシュなショートヘアでヘアバンドが似合わない、と感じている方におすすめしたいのが、可愛い大きなリボンがついたヘアバンドです。写真ではポニテのアレンジですが、ショートヘアにも似合います。

ショートヘアは後頭部の形が目立ちやすく、頭全体のボリュームがスッキリ見えてしまいます。ヘアバンドをする上でボリューム感のないシルエットは避けたいところです。小顔さんや絶壁さんは特に気をつけましょう。大きなリボンをつけて見る人の視線をリボンに集中させることがポイントです。

②センター分けですっきりまとめる

子供らしい丸顔にヘアバンドが似合うからといって、普段の自分のキャラとかけ離れていて恥ずかしい、と感じる人は前髪なしのセンターわけのヘアスタイルをおすすめします。幅広のターバンを着ければ男前なカッコよさがでますし、ダークカラーの細身のヘアバンドなら大人の女性らしさを表現することができます。

③後頭部の丸みを強調する

ヘアバンドは後頭部のシルエットも重要です。スッキリしたシルエットよりもボリューム感のあるシルエットを目指しましょう。特に前髪なしのヘアスタイルの場合、後頭部にボリュームを持たせてあげると良いでしょう。刈り上げるタイプのショートヘアよりショートボブのほうが、ヘアバンドには合わせやすい髪型です。

④前髪を短くして上品な魅力を出す

美人タレントさんの中には眉毛より上の短い前髪の方もたくさんいます。前髪は子供っぽく可愛い印象ですが、長さやボリュームの使い分けによっては大人の上品さを出すこともできます。髪色にあった品の良いヘアバンドやターバンを選ぶとよいでしょう。

ヘアバンドが似合わない原因5選

①顔の大きさとヘアバンドのバランスが悪い

ボリュームのある花飾りを頭にのせる女性

顔の大きさとヘアバンドのバランスはとても重要です。ヘアバンドが似合わない原因のほとんどはバランスが崩壊していることです。面長の顔に縦にボリュームがあるヘアバンドをあわせるとさらに顔のシルエットが長くなってしまいます。ヘアバンドが似合わないと感じたら、鏡を見てバランスをチェックしてみましょう。

顔とヘアバンドのバランスをとるために、前髪を活用しましょう。コロンとした感じを出したいなら、前髪なしより、前髪ありにしたほうがよいでしょう。前髪もストレートのままにするのではなく、軽く巻くとさらにグッドです。前髪なしの場合はサイドの毛を引き出しましょう。

②エラが目立つ顔立ち

顔の形を気にする女性

丸顔でもエラが張っていることを気にしている女性は多いかもしれません。ヘアバンドをするときにはエラが目立たない工夫をすることをおすすめします。例えば周りの髪の毛で顔を隠して小顔に見せることができます。丸顔さんも面長さんもヘアアレンジに気を付けるとよいでしょう。サイドが長めのボブが手軽でおすすめです。

③似合わないヘアスタイル

ロングヘアの女性

つややかで美しいストレートヘアですが、ヘアバンドに似合う髪型ではありません。ヘアバンドは幅があるものがおおく、きれいなストレートヘアだと後頭部のあたりの髪がポコッと浮き上がってしまいます。パーマやアイロンで巻いた髪によく似合うのでヘアスタイルに工夫をしましょう。

縮毛矯正をしてしまって、ヘアアイロンでカールを作れない場合は、まとめ髪にするとよいでしょう。アレンジが面倒な場合は、ボブにしてスッキリさせてしまうと一気にヘアバンドが似合う髪型に近づきます。

④似合わない服装

スーツ姿の女性

ヘアバンドはカジュアルなヘアアクセサリーなので、コーディネートに上手に取り入れたいものです。スーツやフォーマルな服装には合わせにくいアクセサリーといえるでしょう。ヘアバンドをつけるときはカジュアルな服装にしましょう。ヘアバンドの柄によって着る服の色や雰囲気をあわせられるとおしゃれです。

⑤ヘアバンドの色やデザイン

頭にカラフルなスカーフを巻く女性

丸顔や面長も個性であるように、どんな色が似合うのか、どんなデザインが似合わないのか、それは個人の個性です。おとなし人がいきなり蛍光色のヘアバンドをしたら周りの人がびっくりするでしょう。自分の肌の色や髪の色、個性に合わせてヘアバンドの色やデザインを選ぶことが大切です。

自分にどんな色が似あうのか気になる人はパーソナルカラー診断をしてみることも一つの手段です。ぜひ関連記事を参考になさってください。

関連記事

パーソナルカラーを16分割した際の種類16選!サマー/スプリング/オータム/ウィンター

かつてのパーソナルカラー4タイプに分類して診断していましたが、近年は応

Small thumb 43280971624 49bf366aa1 o

ヘアバンドが似合わない女性を卒業するコツ3選

①似合う女子の特徴を押さえる

ターバンをした女性

自分にはどうしてヘアバンドが似合わないんだろう?とお悩みのみなさん、顔の大きさや形などヘアバンドが似合わない原因があります。まずは自分がなぜヘアバンドが似合わないのか、原因を探ってみましょう。

子供っぽく見える丸顔や顔が大きいことはコンプレックスになることもありますが、ヘアバンドをつける上では強みになります。生まれつきの骨格が原因だからしかたない、とあきらめることはありません。アレンジ次第でヘアバンドのおしゃれを楽しむことができます。

    ヘアバンドが似合う女子はこんな女子!

  • コロンとした丸顔
  • 後頭部が絶壁じゃない
  • 顔が大きい

②顔とヘアバンドの雰囲気をあわせる

ヘアバンドをする女性

ヘアバンドにはいろいろな種類があります。2センチ程度の細めの幅のものから、ターバンタイプで髪の毛をしっかり包み込むものまで種類が豊富です。ターバンはただつけただけではお風呂上りのようになってしまうので上級者向けのアイテムですが、ショートヘアにおすすめです。

キュートなメイクが似合うお顔にはキュートな色合いや形のヘアバンドを、クールなお顔立ちならクールなヘアバンドを選びましょう。これだけでもヘアバンドの違和感を少なくすることができます。似合わないヘアバンドを自分で選んでいたらそれがヘアバンドが似合わない原因です。

顔の雰囲気は前髪ありか前髪なしかでずいぶん変わります。キュートな雰囲気を目指すなら前髪ありを選ぶとよいでしょう。前髪なしはすっきりとした大人の印象に仕上がります。メイクと同じく、自分に合う前髪を選びましょう。

③髪の毛は真っ直ぐよりふわふわ

ふわふわの髪の女性

幅広のものが多いヘアバンドをつけると後ろ髪がくしゅっとなることがよくあります。ヘアバンドに似合うのはふわふわの髪です。ヘアアイロンでくるくるにすると良いでしょう。

特にショートヘアやミディアムヘアのヘアスタイルには、ふわふわの髪のほうがヘアバンドを合わせやすくなります。ストンとしたストレートにはヘアバンドよりも細身のカチューシャを合わせるか、アップスタイルでまとめると良いでしょう。

ヘアバンドが似合わない人におすすめの付け方

①耳の後ろにかけない

せっかく可愛く見えるようにつけたヘアバンドも一日過ごすうちにずれてしまい、付け直したらなんだか可愛くない…というトラブルもあります。ヘアバンドが引っかかる場所がないショートヘアやボブの方は特にズレやすく、鏡がない場所での付け直しは大変です。

ヘアバンドのズレを防ぐために、耳の後ろにヘアバンドやターバンをかけないようにしましょう。耳にヘアバンドやターバンをかけてしまうと後頭部の方向へ押し出している状態になります。ショートヘアやボブの場合は、耳を覆うように被るとよいでしょう。朝ばっちりキメたスタイルを少しでも長い時間キープしましょう。

②後ろ髪をまとめる

後ろに長く伸びたロングヘアーは可愛いヘアバンドの天敵です。髪の毛が長い場合は後ろで一つにまとめましょう。ロングヘアーといいうだけで、丸顔のシルエットから遠ざかります。このお手本アレンジはヘアスタイルに丸いシルエットをたくさん取り入れたおすすめアレンジです。

ただ結ぶだけでなく、結んだ髪の毛から毛束を指でつまみ引き出してみましょう。すると、ペッタンコだった後頭部がフワフワになります。髪の毛がかなり長い方は写真のように、玉ねぎのような球を作って、毛束を指で引っ張って丸くするとよいでしょう。丸いシルエットが可愛いおすすめアレンジです。

髪の毛をサイドわけした前髪なしさんにも似合うスタイルです。前髪なしにすることでころんとしたおでこをが可愛い明るい女子を演出できます。ぜひ試してみてください。

③ヘアピンで留める

カラフルなピン

頭の形が原因でヘアバンドが浮くことをお悩みの方もいるでしょう。浮かないようにヘアピンで留めてしまいましょう。特にボブで髪の毛を結べない人はヘアピンを活用してください。ヘアバンドの色とあうヘアピンや、デザインの可愛いヘアピンを使って、ヘアピンもおしゃれの一部として楽しむと素敵です。

ヘアピンは髪の毛の長さに関係なく使うことができます。ボブでもミディアムでもロングでも使えます。ターバンやヘアバンドに華を添えるために自分の個性にあうヘアピンをつけると可愛いアレンジになります。

コツを押さえてヘアバンドが似合わない女子を卒業しよう

ヘアバンドが似合う可愛い女子には特徴があります。おすすめの髪型はボブやヘアアレンジしやすいロングヘアです。顔のシルエットは丸顔を意識、後頭部にボリュームを持たせることが大切です。前髪ありでも前髪なしでも、ヘアバンドが似合わない原因をなくすアレンジを意識して、ヘアバンドが似合う女子になりましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事