Icon search 36px

洗えるマスクの選び方

選び方①洗濯方法

洗濯機のある部屋

洗えるマスクの選び方は、まず洗濯方法で選ぶことがポイントになります。洗えるマスクの洗濯方法は、「洗濯機」と「手洗い」の2種類です。洗濯機でガラガラと洗えるマスクもあれば、丁寧に手洗いする必要のあるマスクも。繰り返し使用するものなので、お手入れしやすい洗濯方法で選ぶと良いでしょう。

選び方②洗濯できる回数

洗濯物を持つ女性

洗えるマスクを選ぶ際は、洗濯できる回数を確認することも大切なポイント。洗えるマスクは商品によって洗濯できる回数が異なるため、パッケージや取扱説明書に記載されている「洗える回数」をチェックして選びましょう。記載されている回数を超えて洗濯すると、マスクのフィルター性能が弱まってしまうため要注意です。

中には洗濯できる回数が記載されていない商品もありますが、その場合はマスクが変色してきたり、耳のゴムが伸びてきた時が交換する目安になります。マスク内のフィルターを交換して繰り返し使えるタイプもあるので、できるだけ長く使い続けたい人におすすめです。

選び方③素材

白いタオル

洗えるマスクの選び方は、マスクの素材で選ぶことも重要な点です。洗えるマスクに使われる素材は、不織布やコットン、ガーゼ、シルク、ポリウレタン、タオル生地など様々な素材があります。

不織布は使い捨てマスクにも使われている素材で、敏感肌の人は肌荒れしやすいのが難点。肌の弱い人は、不織布ではなくガーゼ生地やタオル生地など肌当たりの優しい素材で選ぶのがおすすめです。

シルク製のマスクは通気性が良く、マスクをしても蒸れにくいのが特徴。ポリウレタン製のマスクはつけ心地が軽く、息苦しさを感じにくいというメリットがありますよ。自分に合った素材で選ぶようにしましょう◎

選び方④サイズ

マスクを付けた女性

洗えるマスクを選ぶ際は、自分の顔のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。洗えるマスクのサイズの選び方は、耳の付け根の一番高いところから、鼻の付け根の1cm下までの長さを計測して選びます。これは、日本衛生材料工業連合会(日衛連)が推奨しているマスクのサイズの測り方です。

計測した長さが、10.5cm~12.5cmであれば小さめのサイズを、12cm~14.5cmであれば普通サイズのマスクを、そして14cmであれば大きめのサイズを選ぶのがおすすめ。自分の顔にしっかりフィットするマスクを選んでくださいね♪

選び方⑤デザイン

デニム生地

洗えるマスクを選ぶ時に重視したいのが、マスクのデザインです。繰り返し使用するマスクは、できるだけおしゃれなデザインのものを使いたいですよね。

洗えるマスクは様々なデザインがあり、レースやリボンが付いた可愛いデザインもあれば、デニム調のスタイリッシュなデザインも。使い捨てマスクのようにシンプルなデザインのものもあるので、自分にとって使いやすいデザインのマスクを選ぶのがおすすめです◎

【2020最新】洗えるマスクおすすめ8選!

①アラクス「ピッタマスク」

61gf0rzyppl. sl1358

アラクス

ピッタマスク レギュラーサイズ

Amazonで詳細を見る

アラクス「ピッタマスク」は、柔らかな素材のポリウレタンでできた洗えるマスクです。顔とマスクの間に隙間ができにくく、花粉を99%カットするフィルター性能を搭載しています。

豊富なカラーバリエーションが魅力で、定番の白や黒の他に、グレー、ピンク、ラベンダー、ネイビーなどおしゃれなカラーが充実。見た目がおしゃれで、機能性も優秀な洗えるマスクです♪

アラクス「ピッタマスク」

容量 3枚入
参考価格 521円(税込)

②ケイミ「洗えるマスク」

61bul1amxnl. ul1345

ケイミ

洗えるマスク

Amazonで詳細を見る

ケイミ「洗えるマスク」は、綿とポリウレタン素材でできた布製の洗えるマスクです。柔らかで肌触りが良く、肌が敏感な人にもおすすめ◎ぬくもりを感じるアイボリーカラーがおしゃれで、マスクをしていても優しげな印象を与えます♪

ケイミ「洗えるマスク」

容量 3枚入
参考価格 790円(税込)

③Lively life「洗えるポリウレタンマスク」

Livelylife a301571

Lively life

洗えるポリウレタンマスク

楽天で詳細を見る

Lively life「洗えるポリウレタンマスク」は、ポリウレタン素材を使用した洗える布マスクです。弾力のある柔らかな素材で、伸縮性が良く男女問わず使用できます。息苦しさを解消する立体構造で、見た目もスタイリッシュでおしゃれ◎グレーやピンク、ブルーなどカラーバリエーションも豊富です♪

Lively life「洗えるポリウレタンマスク」

容量 3枚入
参考価格 1,380円(税込)

④「洗って使えるポリウレタンマスク」

Matrixs 11010041

洗って使えるポリウレタンマスク

楽天で詳細を見る

「洗って使えるポリウレタンマスク」は、ポリウレタン素材を使用した洗えるマスクです。顔にピタッと密着して、隙間から花粉が入るのを防ぎます。シックなモノトーンカラーの他には、ライトグリーンやピンクなどおしゃれで可愛いカラーも♪ファッションに合わせてカラーを選んでみるのもおすすめです◎

「洗って使えるポリウレタンマスク」

容量 3枚入
参考価格 970円(税込)

⑤aimoha「softfit」

Msk4a sam0310

aimoha

softfit

楽天で詳細を見る

aimoha「softfit」は、伸縮性のあるポリウレタン素材を使用した洗えるマスクです。鼻の形に合わせた立体設計により、顔のラインに合わせやすくピタッとフィットします。

ふんわりとした着用感で、耳が痛くならないのもおすすめポイント◎4枚入りでお得感があり、カラーはライトグレーやピンクといった女性らしいカラーもありますよ♪

aimoha「softfit」

容量 4枚入
参考価格 990円(税込)

⑥「ふんわりダブルガーゼマスク」

1590275797.g 400 w st g

ふんわりダブルガーゼマスク

楽天で詳細を見る

「ふんわりダブルガーゼマスク」は、ダブルガーゼ生地を使用した洗える布マスクです。ソフトで優しいつけ心地のマスクで、長時間快適に使用できます。

鼻部分には形状記憶樹脂が入っているので、しっかりフィットして顔とマスクの間に隙間ができません♪カラーは肌なじみの良いライトグレーで、化粧移りを気にせず繰り返し使えるのが嬉しいポイントです。

「ふんわりダブルガーゼマスク」

容量 1枚入
参考価格 1,200円(税込)

⑦バイオフェイス「ナノプラチナマスク」

Mstore 220556npm

バイオフェイス

ナノプラチナマスク

楽天で詳細を見る

バイオフェイス「ナノプラチナマスク」は、抗菌・消臭効果のあるナノプラチナを繊維に付着させた洗える布マスクです。繰り返し洗濯しても抗菌・消臭効果が持続するので、長く使えるマスクとしておすすめ◎本体も紐も綿100%使用で、肌に優しいつけ心地も魅力です♪

バイオフェイス「ナノプラチナマスク」

容量 1枚入
参考価格 1,428円(税込)

⑧「まほうのプロテクションマスク」

As1792 3

まほうのプロテクションマスク

楽天で詳細を見る

「まほうのプロテクションマスク」は、抗菌・抗ウイルス素材を使用した洗える布マスクです。柔らかな布マスクですが、ノーズワイヤー入りで鼻周りもしっかりフィット。安心感のある日本製マスクで、3層構造により花粉をブロックします。

1枚の値段が約5,000円と高いのはデメリットですが、洗濯して繰り返し使ってもフィルター性能が落ちにくいのが魅力。フィエスラインがスッキリと見えるおしゃれなデザインで、小顔効果も狙えますよ◎ピンクやブルーなどおしゃれなカラーも!

「まほうのプロテクションマスク」

容量 1枚入
参考価格 4,950円(税込)

洗えるマスクのメリットは?

メリット①コスパが良い

白いノースリーブの女性

洗えるマスクのメリットは、繰り返し使えるためコスパが良いことです。使い捨てマスクは数時間~1日使用したら処分するものなので、毎日のように使うとなるとコストがかかります。

一方で、洗えるマスクは数十回と繰り返し使うことができ、使い捨てマスクと比べると経済的◎マスクを使用する機会が多い人ほど、洗えるマスクのコスパの良さを実感できますよ♪

メリット②ゴミの量が減る

木のある景色

洗えるマスクのメリットとして、ゴミの量が減ることも挙げられます。使い捨てマスクを毎日使用した場合は、毎日マスクのゴミが出ることになりますよね。洗えるマスクを使えば、使い捨てマスクに比べてかなりゴミの量を減らすことができます。環境に優しいのも洗えるマスクの良い点ですね♪

洗えるマスクのデメリットは?

デメリット①お手入れに手間がかかる

白い洗濯機のある部屋

洗えるマスクのデメリットは、お手入れに手間がかかるということです。清潔に使うためにはきちんと洗濯しなければいけませんし、洗った後に乾かすという手間もあります。

洗えるマスクは乾燥機が使えるものはほとんどないため、天日干しもしくは室内干しで乾かす必要があります。使い捨てマスクと比べると、お手入れが大変なのは洗えるマスクのデメリットです。

デメリット②1つあたりの値段が高い

小銭入れとコイン

洗えるマスクのデメリットとして、マスク1つあたりの値段が高いということも挙げられます。洗えるマスクは繰り返し使えるので経済的ですが、使い捨てマスクと比べると1つあたりの値段は高めです。

特に、マスクをあまり使う機会がないという人にとっては、洗えるマスクの値段が高く感じられるでしょう。長く使えることを考えればコスパの良いアイテムですが、購入時の値段が高めなのはデメリットだと言えます。

洗えるマスクの使い方

①マスクの上下を確認して広げる

鏡を見る女性

洗えるマスクの使い方は、まずマスクの上下を確認します。鼻筋にフィットする部分が上で、顎を覆う部分が下です。パッケージや取扱説明書にもマスクの上下が分かるようなイラスト・図が記載されているので、確認して使いましょう。マスクの上下を確認したら、マスクを左右に広げます。

②マスクを両耳にかけて密着させる

鏡を見て肌に触れる女性

マスクを広げたら、耳かけ部分を引っ張り両耳にかけます。両耳にかけたら、マスクの上から軽く押さえて顔に密着させてください。顔とマスクの間に隙間があるとマスク本来の機能が果たされないので、隙間なくピタッと装着するようにしましょう◎

おしゃれな洗えるマスクを活用しよう!

洗えるマスクは、洗濯して繰り返し使える便利アイテム!お手入れに手間がかかるなどデメリットもありますが、使い捨てマスクよりもコスパが良く経済的なのが魅力です♪ファッション感覚で使えるおしゃれな商品が沢山あるので、ぜひお気に入りの洗えるマスクを見つけてみてくださいね。

洗えるマスクをつける時に、メイクが落ちるのが気になるという人は多いのではないでしょうか?以下の関連記事では、マスクにメイクがつかない対策方法を紹介しています。ぜひ参考にして、マスク美人を目指してください♪

関連記事

【メイク×マスク】落ちない・つかない対策はコレ!賢い方法でマスク美人♡

マスクをつけるとメイクが落ちてしまう、という悩みを持っている女性はかな

Small thumb shutterstock 618265361

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事