Icon search 36px

自分の肌色に合うファンデの選び方

①肌の色味を補正した後にファンデを選ぶ

コントロールカラ―画像

肌の色味を補正した後に、ファンデの色を選ぶようにしましょう。肌に色ムラがある状態で選んだファンデは、下地で整えてメイクをする時に色味が合わないことがあります。小鼻の横の赤みや目の下のクマなどは、お顔全体の色味に影響します。

そのため、クマや小鼻の赤みをカバーするだけで、お顔の色味がワントーン明るく見えます。色味補正ができていない素の状態でファンデを選ぶと、失敗してしまいます。化粧下地やコントロールカラーを塗り、赤みやくすみをカバーした後にファンデを選ぶことが大切です。

自分に合うファンデの選び方をするためには、必ず先にお顔の色ムラを整えてください。こちらの記事では、色別でおすすめの下地をランキング形式でご紹介しています。赤みやくすみなど、お肌の悩みをカバーする下地の色を知ることができますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

憧れの透明感がGETできる!《色別》おすすめ下地ランキングTOP15!

透明感を手に入れることができる化粧下地をご存知ですか?実は、色のついた

Small thumb %e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc

②肌の色味と明るさで選ぶ

3色のリキッドファンデ画像

自分に合ったファンデは、肌の色味と明るさで選ぶようにしましょう。色味だけや明るさだけでは、肌の色味にフィットせず浮いたり顔色が悪く見えたりします。色味と明るさの両方が、肌にマッチすることが大切です。肌の色味は、お顔全体の印象に繋がります。

肌の色味に合っていないファンデを使うと、毛穴の黒ずみやくまなどのお肌の悩みが悪目立ちすることがあります。また、お肌の明るさに合っていないファンデを使うと、老けて見られたり薄く塗っているのに厚化粧に見えてしまうこともあります。

ファンデの色や明るさが合っていないと、白浮きの原因にもなるので注意が必要です。こちらの記事では、ファンデが白浮きする原因や対策についてご紹介しています。ベースメイクの選び方やメイクテクニックについても知ることができますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

ファンデの"白浮き"とは?あなたは大丈夫?白くなる原因と対策はコレ!

ファンデが白浮きしてしまうことに悩んでいませんか?いつものメイクで白浮

Small thumb shutterstock 1020650851

【色味の選び方】自分の肌色に合うファンデ

①肌の色味がオークル系かベージュ系か確認する

手の甲に数色のリキッドファンデをつけた画像

自分に合うファンデを選ぶには、肌の色味がオークル系かベージュ系か確認することが大切です。オークル系とは、ややピンクがかった肌色のことです。ベージュ系とは、やや黄みがかった肌色のことです。メーカーやブランドにより、ファンデの色味やネーミングが違い細かなカラーバリエーションがあります。

沢山カラーがある中から自分の肌色に一番近い色味を選ぶには、まずオークル系かベージュ系かのどちらかを見極めましょう。ファンデを手の甲や手首につけて、浮いて見えない方が自分に合う色味です。オークル系とベージュ系を隣同士でつけてみて、どちらの色味が肌に馴染んているのか見比べてみましょう。

浮いて見えたりトーンダウンして見えたりせずに、馴染んでいる色味が肌に合うファンデーションです。こちらの記事では、オークルとベージュのファンデの色の違いや選び方についてご紹介しています。ファンデの選び方のコツについても知ることができますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

ファンデーションの色・オークルとは?ベージュとの違いや選び方も

ファンデーションの色選びの際によく目にする「オークル」とはどういう意味

Small thumb shutterstock 401799376

②肌の色味に近いファンデを頬の下からフェイスラインに向けて伸ばす

頬にメイクブラシでリキッドファンデを塗る女性画像

ベージュ系かオークル系か見極めた後、肌の色味に近い3色をピックアップします。そして、3色のファンデを頬の下からフェイスラインに向けて伸ばします。先ほどは、自分の肌に合う色味を大まかに確認するために、ファンデを手の甲や手首に塗りました。

今回は、ピックアップした3色からお肌にぴったり合う色味を選ぶ必要があるので、お顔に直接塗ります。頬だけに塗ると、明るい色味を選んでしまう可能性があります。また、フェイスラインだけ塗ると、暗めの色味を選んでしまうこともあります。顔には凹凸があり、陰影ができるからです。

そのため、頬の下からフェイスラインにかけて伸ばすと、ファンデを塗った時に一番フィットする色味を確認することができます。顔の色より明るい色味は、浮いてしまい顔が大きく見えます。顔の色より暗い色味は、くすみ肌に見えてしまいます。明る過ぎず暗過ぎず、一番肌色に近い馴染む色味を選びましょう。

【明るさの選び方】自分の肌色に合うファンデ

①フェイスラインの影と比べて確認する

黒い背景の前にある女性アップ画像

ファンデの明るさは、フェイスラインの影と比べて確認する選び方をしましょう。首の色と同じ色味のファンデにすると、お顔につけた時にくすみ肌に見えてしまいます。顔は、首よりも前に出ているので光の当たり方も違うのです。

頬の下からフェイスラインに向けて塗ったファンデは、首とフェイスラインの境目にある影の色味と合っているかチェックしましょう。顔の色にフィットした色味は、首よりも明るく浮いて見えます。首とフェイスラインの境目にある影の色味とファンデの色を合わせると、綺麗に馴染んで見えます。

②離れた位置から見て顔の明るさが浮いていなければOK

斜め上を振り返るボブヘアの女性画像

首とフェイスラインの境目にある影の色味とファンデが合っているか確認したら、離れた位置から見てみましょう。離れた位置から見て、顔の明るさが浮いていなければOKです。顔がくすんで見えたり、浮いて見えたら違う色味を選びましょう。

照明の種類や太陽の明るさによっても、色味の見え方が違います。ファンデの色味が自分に合っているか確認する時は、室内だけでなく外に出てチェックすることも大切です。「室内で見た時は馴染んでいたのに、外に出たら浮いて見える!」ということにならないように気をつけましょう。

【パーソナルカラー別】自分に合ったファンデの色は何色?

①イエローベースはベージュ系がおすすめ

ブラシでメイクをしてもらう女性画像

パーソナルカラーがイエローベースの人は、ベージュ系のファンデがおすすめです。ベージュ系のファンデは、黄みがかっているので肌色によく馴染みます。パーソナルカラーは、お肌の色を美しく魅せるファンデの色味を選ぶのに最適です。

自分のパーソナルカラーがわからない方は、手首の血管を見てみましょう。緑色っぽい血管だと、イエローベースの可能性が高いです。青色や赤みがかった血管の色をしている人は、ブルーベースの可能性があります。

こちらの記事では、イエローベースの方におすすめのファンデについてご紹介しています。イエローベースの春と秋に合う、プチプラやデコパスのファンデを知ることができますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

【最強の透明感】イエベさんにおすすめのファンデ12選♡プチプラからデパコスまで

イエベさんにおすすめのファンデを、春タイプ・秋タイプ別にプチプラからデ

Small thumb shutterstock 416072089

②ブルーベースはオークル系がおすすめ

コンパクトを見てメイクブラシを頬にあてる女性画像

パーソナルカラーがブルーベースの方は、オークル系のファンデがおすすめです。ブルーベースの方は色白な人が多く、ピンクがかったオークル系のファンデとの相性が抜群です。ブルーベースのくすみ肌がオークル系のファンデを使うと、血色がアップし顔色が良く見えます。

自分のパーソナルカラーがわからない方は、日焼けした後の肌で判断できます。日焼けして小麦肌になる人は、イエローベースの可能性が高いです。日焼けした後、肌が赤くなる人はブルーベースの可能性があります。

こちらの記事では、ブルーベースの方におすすめのファンデーションについてご紹介しています。ブルーベースの夏と春に合う、プチプラやハイブランドのファンデを知ることができますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事

ブルベおすすめファンデ12選!夏タイプに合うプチプラとハイブランドは?

色白が多い夏タイプのブルベに合うファンデってピンク系やオークル系、何が

Small thumb shutterstock 401799376

【肌タイプ別】自分に合ったファンデの色は何色?

①赤み肌には濃いめのベージュ系がおすすめ

白いトップスを着て微笑む女性画像

赤み肌の方のファンデの選び方は、濃いめのベージュ系がおすすめです。赤み肌をカバーするには、イエロー系が最適です。ベージュ系のファンデは黄みがかっているので、赤みを抑えやすくなっています。赤みが酷い時には、濃いめのベージュ系のファンデを選ぶと綺麗にカバーできますよ。

色白の方で赤みが気になる時の選び方は、明るいベージュ系がおすすめです。濃いめのベージュ系だと、色白肌がトーンダウンしてしまいくすんで見えます。元の肌色によって選ぶ色が違ってくるので、自分の肌色をしっかりチェックしましょう。

②くすみ肌にはオークル系がおすすめ

ピンクの背景前のフードをかぶった女性画像

くすみ肌のファンデの選び方は、オークル系がおすすめです。オークル系はピンクがかっているので、くすんだ肌の色艶をアップさせることができます。くすみが酷い時は、ピンクオークル系の色味を選ぶと良いでしょう。オークル系よりも、色艶がアップするのでおすすめです。

色白の方で肌がくすんでいる時は、明るいオークル系を選んでください。色白肌の方が普通肌に馴染むオークル系を使うと、肌がトーンダウンしてしまいます。そのため、カバーするはずのくすみが逆に目立ってしまうので注意が必要です。

③色白肌には薄付きのライト系がおすすめ

パープルヘアの色白肌の女性画像

色白肌の方は、薄付きのライト系のファンデがおすすめです。色白の方は、普通肌や落ち着いたトーンの肌の方に比べ、色味がダイレクトに出やすくなっています。そのため、しっかり色づくタイプのファンデを選ぶとお肌の状態が悪目立ちすることがあります。

そのため、色白の方は薄付きタイプのファンデの方がお肌を綺麗に魅せることができます。カバーしたい箇所がある時は、薄付きタイプのファンデを重ねづけしましょう。そうすることで、色浮きすることなくお肌の悩みをカバーできます。

自分の肌色に合うファンデの選び方を知って美肌メイクをしよう!

ファンデの色選びは、とても大切です。くすみや赤みなど、肌トラブルをカバーできる色味のファンデを使うとメイクの仕上がりが格段に良くなります。メイクの印象の80%は、お肌の状態によって左右します。たとえポイントメイクがばっちりでも、ファンデの色味が合っていないと台無しです。

自分の肌色に合うファンデを選ぶには、まず自分の肌について知ることが大切です。色白なのか、落ち着いたトーンなのか客観的に肌色をチェックしてください。頬や首の色ではなく、フェイスラインの影の色と合うファンデを選ぶとメイクが綺麗に仕上がります。

照明の種類や太陽光の状態によって、ファンデの色の見え方が変わってくるので注意してくださいね。自分の肌色に合うファンデの選び方を知って、美肌メイクをしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事