Icon search 36px

ダイエット中でもケーキが食べたい時の太らない食べ方|基本編

①無糖のホットドリンクと一緒に摂る

ハート型のカップに入ったカフェラテ

ケーキを食べたいときは、体を温めて代謝を上げてくれる、ホットドリンクと摂るのが太らないポイントです。甘い生クリームのケーキは勿論、シフォンケーキのような甘さ控えめのケーキでも、飲み物は無糖にしましょう。また、冷たい飲み物よりも満腹感が得られやすいので、ケーキと交互にゆっくりいただくのが良いでしょう。

中でも、ココアは空腹のコントロールや代謝の活性化に期待できます。食物繊維やミネラルが豊富に含まれるのも、ダイエットには非常に効果的です。また、コーヒーに含まれるカフェインも脂肪燃焼に効果があり、「コーヒーダイエット」と話題になるほどダイエット効果が期待できます。

ハーブティーは余分な水分を排出してくれるので、むくみ改善に繋がり、ダイエット効果を高めてくれます。中でもフェンネルというハーブティーは食欲を抑える働きがあり、ダイエットに最も良いとされています。更に、ハーブティーにはリラックス効果もあるので、イライラしがちなダイエット中にはとてもオススメです。

②フルーツと一緒に食べる

色々な種類のフルーツ

フルーツには食物繊維が含まれているので、バターや生クリームなどといった、ケーキに含まれる脂質を効率よく消化してくれます。更に満腹感が長く続くので、ダイエットにも繋がります。特にラズベリーには食物繊維が多く含まれていますし、脂肪燃焼効果や、香りによって食欲の抑制効果も得られるので、非常にオススメです。

ケーキと一緒にフルーツを食べることによって、その分のカロリーは上がりますが、ダイエット中に不足しがちな豊富な栄養素は、逆にダイエット効果を高めてくれるので安心して摂取することができます。生クリームたっぷりのケーキにトッピングしても安心ですし、シンプルなシフォンケーキなどにトッピングしても良いですね。

③ながら食べをしない

ソファーでお菓子を食べる男性

ながら食べは食事に集中できないので、自分の食べた量や味を忘れてしまいがちです。つまり、せっかく食べたいスイーツを食べていても、食べた実感が湧かず満足感が得られにくいのです。また、早食いになり満腹感も曖昧になる為、結果的に気付いたら食べ過ぎてしまい、カロリーオーバーに繋がりやすくなります。

ダイエット中は食べるものや量だけでなく、食べることにもしっかり意識を向けることで、少量でも満足感・満腹感が長く続きます。味わいながら食べることで、より消化を促し代謝アップにも繋がります。スイーツを食べる際、テーブルの上には何も置かないというのも、食事に集中する一つの手です。

④ケーキを食事に置き換えない

ナイフとフォークを握る人

太らない食べ方に気を付けていれば、食事を置き換える必要はありません。ダイエット成功の鍵は、必要な栄養素をできるだけ満遍なく摂取することです。そうすることで体が満足するので、スイーツを食べすぎてしまったり無性に我慢できない、ということがなくなるのです。

少し食べ過ぎてしまったときも無理に置き換えるのではなく、栄養素に着目して食事に気を付けるのが良いでしょう。例えばこんにゃくを多めに使った食事にすることで、全体的なカロリーを抑えることができます。更にはこんにゃくに含まれる食物繊維が、ケーキの脂質を効率よく排出してくれます。

ダイエット中でもケーキが食べたい時の太らない食べ方|時間帯編

①15時までに食べ終える

あと少しで15時になる時計

スイーツを食べたい時には「3時のおやつ」が良いでしょう。15時は最も脂肪が蓄積されにくい時間と言われています。更には15時までに食べ終えることで、体が脂肪を溜め込みにくくなりますし、食べたものを消化しやすくなります。ですから太りやすいといわれるスイーツも、この時間帯に食べることをオススメします。

反対に夜の時間帯は脂肪を溜め込みやすくなるので、注意が必要です。夜は活動量が少ないので、摂取したカロリーを消費できずにそのまま寝ることになってしまいます。そうなると太ることが明白ですね。同じものを食べていても、食べる時間に気を付けることによって太らない食べ方ができます。

②オススメはランチの2時間後

食事をする人

食後のデザートよりも間食として食べることによって、次の食事までの空腹をやわらげ食べ過ぎを防ぐことができます。特にランチの2時間後は、前述した「3時のおやつ」の食べ方と合わせると、非常に効率の良いタイミングです。夕食も空腹で食べ過ぎてしまうということがなくなる為、ヘルシーな食事を選びやすくなります。

食べる回数を増やすということも、実は太らない食べ方といえます。一度に沢山食べるよりも、食べる回数を増やすことによって、体が体脂肪を溜め込みにくくなるからです。しかし、だからといって食べ過ぎてしまうと太る原因になるので、食べる量には気を付けてくださいね。

ダイエット中でもケーキが食べたい時の太らない食べ方|栄養素編

①炭水化物の量が多いケーキを選ばない

重なったパンケーキ

ケーキが太るとされているのは、栄養バランスがとても偏っているからです。最も太りやすいとされている「糖質×脂質」の組み合わせのものが多く、身体の代謝に関わる「タンパク質・ビタミン・ミネラル」が不足しているからなのです。しかし、一括りにケーキといっても、使われている材料で栄養素はとても変わってきます。

ケーキの炭水化物はご飯の炭水化物に比べ、吸収されやすく、脂肪として蓄積されやすいと言われています。吸収されやすいということは、満腹感が続きにくく空腹を感じやすいということです。ですから、炭水化物を多く含むケーキは、ダイエット中は量や食べ方に気を付けることをオススメします。

②タンパク質が多いものを選ぶ

卵と泡だて器

卵やチーズなどといったタンパク質が多く使われているケーキは、ダイエット中にオススメです。タンパク質は身体の代謝を高めてくれますし、リバウンド予防にもなります。中でもチーズケーキに使われるチーズは「タンパク質の王様」と呼ばれ、良質なタンパク質を摂取することができます。

また、タンパク質には食べ過ぎを防いでくれる効果もあります。栄養価が高いので体の満足感が高く、過剰な食欲が抑えられます。シフォンケーキに多く使われている卵も、タンパク質が豊富に含まれ、更には脂肪燃焼効果もあるのでダイエット中には進んで摂取したい栄養素です。

ダイエット中にオススメのケーキは?

①シフォンケーキ

シフォンケーキ

シフォンケーキは太らないケーキの代表格ともいえます。生地自体にバターを使用していないので、脂肪分が少なく太りにくいのです。更に、卵がメインで使われているので、タンパク質などの栄養が補えてダイエット中には一石二鳥です。

カロリーも、生クリームたっぷりのショートケーキ1個360kcalに対し、シフォンケーキは150kcalとなんと半分以下です。シンプルゆえに優しい味わいが楽しめるシフォンケーキですが、このカロリーなら、少量であれば生クリームやチョコレートソースなどをトッピングしても太らないところが嬉しいですね。

味もプレーンは勿論、紅茶、ドライフルーツなど種類が豊富な所も、シフォンケーキの嬉しいポイントです。その日の気分で味を決められるので、食べ飽きることがなく選びやすいですね。ボリューミーで食べ応えのあるスイーツが食べたい時にオススメです。

②チーズケーキ

チーズケーキ

チーズケーキに含まれるたんぱく質は、腹持ちが良く体の代謝アップに繋がります。特にチーズに含まれる脂肪分は体に蓄積されにくいとも言われているので、まさにダイエット中の味方なのです。ダイエット中、どうしても甘いものが食べたいときに、気軽に食べられるスイーツです。

チーズケーキが食べたいときは、スフレチーズケーキがオススメです。それぞれベイクドチーズケーキとスフレチーズケーキのカロリーは1個当たり250kcalに対し、レアチーズケーキは350kcalと100kcalもの差があります。スフレチーズケーキなら、ボリューミーで食べ応えがあり、満足感もアップします。

ダイエット中は注意すべきケーキは?

①チョコレートケーキ

チョコレートケーキ

甘くて濃厚なチョコレートに生クリームが合わさったチョコレートケーキは、食べ方にも注意が必要です。「糖質たっぷりのチョコレート」と「脂質たっぷりの生クリーム」の組み合わせなので、ケーキの中でもカロリーが高い部類です。食べる時には小さめのものをチョイスするなど、工夫をしましょう。

しかしチョコレートに含まれるカカオバターの脂肪分は、吸収されずに排出されやすいので、体脂肪になりにくいです。チョコレートの食物繊維も便通を良くする働きがあるので、ダイエット中は進んで摂取したい栄養素です。生クリームたっぷりのチョコレートケーキも、食べ過ぎなければ、非常に心強いダイエットの味方です。

②モンブラン

モンブラン

モンブランも、ケーキの中では非常に太りやすいスイーツです。砂糖やバターの糖質・脂質に加え、高糖質な栗が含まれるため、ケーキの中でも特に太りやすいとされています。生クリームを使用していない点は、太りにくいチーズケーキやシフォンケーキと同様ですが、カロリー・糖質は共にチョコレートケーキを上回ります。

しかし、栗に含まれる食物繊維は糖質・脂質の消化を効率よく促してくれます。更にビタミンB1も豊富に含まれていて、糖質の代謝に深く関わっています。つまり、栗はケーキとの食べ合わせが非常に良いスイーツなのです。

とはいえ、重要なのは何といっても食べる量です。美味しくてダイエット効果が高い!というのはとてもお得ですが、食べ過ぎると当然カロリーオーバーになってしまいます。食べる際には小さ目のものを選んで、栗のダイエット効果を高めてみてくださいね。

ダイエット中でもケーキを賢く食べよう!

我慢しなくても、食べ方を少し変えるだけで太らない工夫ができます。食べたいものと上手に付き合って、ケーキもダイエットの味方にできたら理想的ですね。今回は太らないケーキの食べ方に着目しましたが、以下の記事では豆腐を使ったヘルシーなスイーツレシピがたくさん紹介されています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事

豆腐を使ったデザートは?ダイエット中にも安心の簡単スイーツレシピ11選

甘いデザートやお菓子を食べると幸せな気分になりませんか?デザートは別腹

Small thumb shutterstock 682139380

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事