Icon search 36px

ピンクのインナーカラー【明るめの色4選】

明るめピンクのインナーカラー①鮮やかなショッキングピンク

明るめピンクのインナーカラー、1つ目は鮮やかなショッキングピンクです。とにかくピンク色を全面的に出したい方は、このようにはっきりとしたピンクがおすすめです。

ブリーチ必須ですが、濁りのないピンク色が楽しめます。ピンクは女性らしいカラーなので、可愛いヘアアレンジやコーディネートにも合わせやすいでしょう。

明るめピンクのインナーカラー②シャンパンロゼインナーカラー

明るめピンクのインナーカラー、2つ目はシャンパンロゼインナーカラーです。シャンパンロゼとはシャンパンのように淡く軽い色合いのヘアカラーです。

色素の薄いピンク系は、大人女子にも人気の使いやすいカラーです。大人っぽくピンクのインナーカラーを楽しみたい方は、これくらいの淡い色がおすすめです。

明るめピンクのインナーカラー③ビビットなオレンジピンク

明るめピンクのインナーカラー、3つ目はビビットなオレンジピンクです。こちらはピンクにオレンジを混ぜた色で、はっきりとした明るい色が人気です。

ピンク系でもガーリーで甘いイメージにしたくない方は、オレンジピンクがおすすめです。ショートヘアやボーイッシュなコーディネートにも合わせやすいでしょう。

明るめピンクのインナーカラー④明るいサーモンピンク

明るめピンクのインナーカラー、4つ目は明るいサーモンピンクです。こちらもオレンジ色が混ざったような色味の、サーモンピンクです。

ピンクは青みが強いか黄みが強いかによって印象が変わるので、好きな色を選べます。サーモンピンクは暖かい印象なので、イエローベースの方にも合わせやすいでしょう。

ピンクのインナーカラー【暗めの色4選】

暗めピンクのインナーカラー①大人っぽいベリー系ピンク

暗めピンクのインナーカラー、1つ目は大人っぽいベリー系ピンクです。インナーカラーの色味を抑えればベースが暗めの色でも馴染みやすいでしょう。

赤みの強いピンクに青みを加えることで、ベリー系の色合いに仕上がります。初めてインナーカラーを入れる人にも人気の、落ち着きがあるカラーです。

暗めピンクのインナーカラー②黒髪にも合う人気の暗めピンク

暗めピンクのインナーカラー、2つ目は黒髪にも合う人気の暗めピンクです。インナーカラーはベースとの合わせ方が重要なので、黒髪には合わせづらいと悩む方も多いでしょう。

しかし、暗めのピンクならベースが黒髪でも合わせやすくなります。髪色のトーンを上げたくないけどインナーカラーを入れたい方は、暗めピンクがおすすめです。

暗めピンクのインナーカラー③青み強めのベリーピンク

暗めピンクのインナーカラー、3つ目は青み強めのベリーピンクです。こちらはピンクの中でもパープルに近い青みの強いカラーとなっています。

暖色系のピンクも寒色系に近づけることで、暗めのベースカラーに馴染みやすくなります。ベリー系のピンクは夏に人気のカラーなので、季節に合わせて選ぶのもおすすめです。

暗めピンクのインナーカラー④渋みのあるアッシュピンク

暗めピンクのインナーカラー、4つ目は渋みのあるアッシュピンクです。こちらはグレーやシルバー系のアッシュとピンクを混ぜた色です。

赤みを抑えたアッシュ系は、ピンクの色浮きも控えめにしてくれます。その為インナーカラーも目立ちにくく、自然な色に見えるでしょう。

ピンクのインナーカラー【目立たない色3選】

目立たないピンクのインナーカラー①ミルクティーベージュ&ベビーピンク

目立たないピンクのインナーカラー、1つ目はミルクティーベージュのベースにベビーピンクを合わせたスタイルです。インナーカラーを目立たなくするには、ベースを明るくするのがおすすめです。

ベースとの差が出るほど目立ちやすくなるので、ミルクティーベージュなど明るい色に染めるといいでしょう。マイルドな色合いはベビーピンクともよく合います。

目立たないピンクのインナーカラー②ベースと馴染みやすいインナーカラー

目立たないピンクのインナーカラー、2つ目はベースと馴染みやすいピンクのインナーカラーです。ピンク色ですが彩度が低い為大人っぽい色になっています。

その為インナーカラーばかりが悪目立ちせず、自然に馴染んで目立たない色になっています。さり気ないインナーカラーが楽しめるでしょう。

目立たないピンクのインナーカラー③グレージュ&ピンクベージュ

目立たないピンクのインナーカラー、3つ目はグレージュ&ピンクベージュの組み合わせです。グレーとベージュを合わせたグレージュは、人気のカラーですよね。

インナーのピンクもベージュ系にすれば、馴染みがよく目立ちにくくなります。なお、ピンクのインナーカラーに合わせやすいピンクグレージュの髪色については、こちらも記事もどうぞ!

関連記事

ピンクグレージュの髪色16選!ブリーチ無しで出来るヘアカラー画像も!明るい&暗い

今、人気急上昇中のヘアカラー「ピンクグレージュ」とは、一体どのような髪

Small thumb shutterstock 603919916

ピンクのインナーカラー【ナチュラルな色3選】

ナチュラルなピンクのインナーカラー①明るめブラウン&ピンク

ナチュラルなピンクのインナーカラー、1つ目は明るめブラウン&ピンクのインナーカラーです。ナチュラルに仕上げるなら、ベースをブラウン系にするのがおすすめです。

明るいブラウンのベースカラーにすれば、インナーをピンクにしても明るい色同士自然な色合いに見えます。ヘアアレンジをした際の馴染み具合も良くなります。

ナチュラルなピンクのインナーカラー②薄めオレンジピンク

ナチュラルなピンクのインナーカラー、2つ目は薄めオレンジピンクのインナーカラーです。ナチュラルにしたい方は、はっきりとしたビビットなピンクより薄めのピンクの方がおすすめです。

色素の薄い柔らかなピンクは、明るいブラウンやベージュ系の髪色にも合わせやすいでしょう。境目も自然になるので、ナチュラルにインナーカラーを楽しめます。

ナチュラルなピンクのインナーカラー③自然なブラウン系ピンク

ナチュラルなピンクのインナーカラー、3つ目は自然なブラウン系ピンクです。こちらはピンクの中でもブラウン色素の強いナチュラルなカラーです。

インナーカラーを入れにくい大人女子でも、これくらい自然な色なら試しやすいですね。派手過ぎる髪色にできない方にも人気のインナーカラーです。

ピンクのインナーカラーを活かしたヘアアレンジとは?

ピンクのインナーカラーを活かしたヘアアレンジ①大人っぽい三つ編み

ピンクのインナーカラーを活かしたヘアアレンジ、1つ目は大人っぽい三つ編みです。インナーカラーを引き立てるヘアアレンジをするなら、三つ編みがおすすめです。

三つ編みをするとインナーカラーに染めた部分とベースカラーが混ざり、二つの色が混ざり合ったスタイルになります。両方の髪色を表に出してアピールできます。

三つ編みと言うと子供っぽい印象を持つかもしれませんが、一本で三つ編みにすれば大人っぽいアレンジになります。編む長さはお好みで調節してくださいね。

    三つ編みのやり方

  1. 1髪全体を後ろに流すようにとかします。
  2. 2後ろで一本になるよう、三つ編みを作ります。
  3. 3ヘアゴムで結んだら、ゴムを隠すようにゴムの周りに毛束を巻き付けて完成です。

ピンクのインナーカラーを活かしたヘアアレンジ②無造作風まとめ髪

ピンクのインナーカラーを活かしたヘアアレンジ、2つ目は無造作風まとめ髪です。パーマをかけた髪を無造作になるようにまとめています。

ハーフアップにするとインナーカラーも表面に出るので、より色をアピールできます。無造作風のアレンジなので、毛束がこぼれたりトップの髪が膨らんだりしても問題ありません。

くるりんぱを使う事で、手軽に簡単なアレンジができます。くるりんぱのやり方が難しいという方は、別の記事で詳しく解説しているのでそちらを参考にしてくださいね。

    無造作風まとめ髪のやり方

  1. 1トップの髪を手櫛でまとめ、ハーフアップにするように結びます。
  2. 2まとめた髪で輪を作り、くるりんぱをします。
  3. 3毛先が自然になるよう指でほぐしたら完成です。

関連記事

くるりんぱのやり方は?うまくできない髪質や剛毛でもうまくいくコツも

くるりんぱがうまくできない…という方必見です!髪質や剛毛でも失敗しない

Small thumb shutterstock 380387038

ピンクのインナーカラーを活かしたヘアアレンジ③お手軽ハーフアップ

ピンクのインナーカラーを活かしたヘアアレンジ、3つ目はお手軽ハーフアップです。難しいヘアアレンジが苦手という方は、お団子を使ったハーフアップがおすすめです。

髪の毛の上半分を結んだハーフアップは、下半分の髪の毛が見えるのでインナーカラーがよく目立ちます。お団子にすることで、簡単でも可愛いヘアアレンジになります。

ヘアゴムで結ぶだけの簡単なアレンジですが、結び目にシュシュを付けるなどヘアアクセサリーを使うと、より可愛くなります。お好みのアクセサリーで飾ってみてくださいね。

    お手軽ハーフアップのやり方

  1. 1髪の上半分を後ろに流すようにとかします。
  2. 2上半分の髪をヘアゴムで結び、お団子になるようにします。
  3. 3毛先が見えなくなるように調節して完成です。

ピンクのインナーカラーを活かしたヘアアレンジ④髪で縛った個性派スタイル

ピンクのインナーカラーを活かしたヘアアレンジ、4つ目は髪で縛った個性派スタイルです。こちらはインナーカラーに染めた髪の毛そのものをアレンジに使っています。

髪の毛をヘアアクセサリーのように使う方法は、インナーカラーならではのアレンジですね。特にベースとインナーカラーの色がはっきりと分かれた色ほど、ヘアアレンジもしやすくなります。

今回はロングヘアのアレンジですが、一本に結べるほどの長さがあればロングヘアほど長くなくても大丈夫です。見た目より簡単なアレンジなので試してみてくださいね。

    髪で縛った個性派スタイルのやり方

  1. 1耳の下のインナーカラー部分だけを取り除き、それ以外の髪を後ろで一本に結びます。
  2. 2最初に取り除いたインナーカラーの髪を、交差させるように結んだ髪に巻き付けます。
  3. 3ヘアゴムの結び目を隠すようにインナーカラーの髪を巻き付け、完成です。

ピンクのインナーカラーを楽しもう!

ピンクのインナーカラーは女性らしい印象以外に、大人っぽい印象やかっこいい印象にも仕上げられます。好みのピンクで素敵なアレンジをしましょう!

インナーカラーを入れるとそれだけでもおしゃれになりますが、ヘアアレンジをするとよりインナーカラーが目立ちます。ヘアアレンジのやり方も参考にしてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事