Icon search 36px

黒髪に近い茶髪「暗髪」の特徴・魅力とは?

暗髪の特徴・魅力①日本人に似合う暗めの茶髪

アジア系女性

暗髪の特徴・魅力の1つ目は、日本人に似合う髪色という点です。暗髪は基本的には黒の主張が強い茶髪なので、アジア系の顔立ちにもとてもマッチします。茶髪の赤さもあるので、赤みが強いと言われる日本人の髪質にも最適なヘアカラーです。

暗髪の特徴・魅力②明るいトーンでも違和感が出にくい髪色

明るい茶髪

暗髪の特徴・魅力の2つ目は、明るいトーンでも違和感が出にくい点です。暗髪は、トーンが6以上の明るい髪色でも、他の髪色に比べると落ち着いているので、様々な顔立ちに馴染みやすいのが特徴です。そのため、髪を染めても失敗するということが少ないです。

暗髪の特徴・魅力③おしゃれな髪型が作りやすい髪色

茶髪の女性

暗髪の特徴・魅力の3つ目は、おしゃれな髪型が作りやすいという点です。先ほど言ったように、暗髪はトーンが6や8などの明るい髪色でも違和感が出にくい特徴があります。そのため、髪型を選ばず、基本的にはどんなヘアスタイルでもしっかりキマるのが魅力の一つです。

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン1~8

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン:黒髮好きはトーン1~3

黒髪に近い茶髪「暗髪のトーン1~3は、黒髪好きにおすすめの髪色です。暗髪のトーン3以下は、限りなく黒髪に近い髪色です。しかし、真っ黒ではないので重たく暗い印象にはなりません。

暗髪でトーン3以下にする人は少数かもしれませんが、髪色が元から茶髪寄りで明るめな人がトーンダウンさせるのにぴったりな髪色です。また、黒髪がいいけど軽さが欲しいという場合にも適しています。

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン:就活の黒染めにおすすめトーン4

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン4は、就活の黒染めにおすすめな髪色です。暗髪のトーン4も、茶髪ではなくほぼ黒髪なので、就活や髪色規則が厳しい会社でも不自然にならない色の濃さになります。

しかし、光に当たると茶髪がさり気なく見えるので、完全な黒髪にはならず軽さが出るのが特徴です。真っ黒にはしたくないという人や、元の髪色が明るくて真っ黒だと違和感が出るという人は、トーン4がおすすめです。

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン:赤みが可愛いトーン5

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン5は、チラ見えする赤みが可愛い髪色です。トーン5もトーン4と同じくほぼ黒髪と言える茶髪ですが、トーン4よりもより茶髪の赤みが目立つ髪色です。

トーン5は光に当たると、トーン4よりもわずかに茶髪感が増します。そのため、就活には向きませんが、ダークブラウンに仕上げたい大人女子におすすめです。

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン:暗めの茶髪がおしゃれなトーン6

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン6は、暗めの茶髪がおしゃれな髪色です。トーン5よりも、茶髪に近いヘアカラーになるトーン6は、光の下ではなくてもほのかにブラウンが感じられる色の濃さになります。

実は、暗髪の基準はトーン6くらいからと言われることもあり、トーン5よりもダークブラウン感が一気に増します。しかし、トーン6はまだ下地の黒が残っているので、落ち着いたヘアカラーに見えますよ。

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン:明るすぎないトーン7

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン7は、明るすぎない茶髪が魅力の髪色です。トーン7くらいの髪色だと、ぐんと茶髪に近くなります。ダークブラウンよりも、ブリーチなしのモカブラウン系のヘアカラーです。

トーン6までの髪色よりは茶髪寄りになるので、特に髪色に厳しくない会社などで、きっちりした大人に見せたい時におすすめです。明るめなので髪も重く見えませんよ。

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン:色落ち後もおしゃれなトーン8

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーン8は、色落ちしてもおしゃれに見える髪色です。トーン8はトーン7よりも茶色が際立っているので、色落ちして髪色が明るくなってしまっても、その部分が目立ちにくいのが特徴です。

そのため、何度も染め直したくないという人や、暗髪を長い時間楽しみたいという人におすすめです。しかし、トーン8は暗髪の中では明るめなので、就活など厳粛な場には合いません。

黒髪に近い茶髪「暗髪」に似合う髪型4選

黒髪に近い茶髪「暗髪」の髪型①丸みがおしゃれなひし形ショート

暗髪に似合う髪型の1つ目は、ひし形ショートです。後頭部がラウンドカットのようになるひし形ショートヘアは、トーン4やトーン5など、暗めのトーンの茶髪でも軽く見える髪型です。また、きっちりしすぎず適度に抜け感が出せるのも特徴の一つです。

マッシュ型になると逆に低めのトーンだと重く見えてしまう可能性があるので、トップが盛り上がり過ぎないように注意しましょう。どうしても重くなる場合は、パーマをかけるのがおすすめです。

黒髪に近い茶髪「暗髪」の髪型②暗めの茶髪が似合う前下がりボブ

暗髪に似合う髪型の2つ目は、前下がりボブです。前下がりボブも上記のひし形ショートと同様に、丸みのあるシルエットで軽さを出すことができます。そのため、ワンレンボブでもズシッと重量感が出ることはありません。

色落ちしやすいトーン6以上の明るめのカラーの場合は、パーマをかけてゆるふわに仕上げると可愛らしい髪型になります。また、色落ちの違和感も目立ちにくいのでおすすめです。

黒髪に近い茶髪「暗髪」の髪型③暗めの髪色なら外ハネミディアム

暗髪に似合う髪型の3つ目は、外ハネミディアムです。暗髪のトーンが4や5の場合は特に、外ハネにすることで毛量を少なく見せることができます。また、全体にややウェーブをつけることで、外ハネを上品に見せることもできます。

ミディアムはモサッと見えがちなので、トーンが8以上の明るい髪色でもおすすめですが、毛先が傷んで見えやすいのでオイルを付けてウェットに見せましょう。

黒髪に近い茶髪「暗髪」の髪型④ロングヘアならハーフアップ

暗髪に似合う髪型の4つ目は、ハーフアップです。暗髪のロングヘアは、トーンによっては重く古風に見えてしまう場合があります。よりおしゃれに見せるには、ハーフアップで個性的に仕上げるのがおすすめです。

ハーフアップなら、色落ちした髪色や黒染めしたような光沢のある髪色でも、ヘアカラーを選ばずおしゃれが可能です。ハーフアップの詳しい髪型・やり方は、以下の記事を参考にしましょう。

関連記事

おすすめのハーフアップアレンジ!簡単/大人/ロング/ショート

ロングだけでなくショートやボブにも取り入れやすい人気のヘアアレンジ「ハ

Small thumb shutterstock 243797539 1

黒髪に近い茶髪「暗髪」のトーンの選び方

暗髪のトーンの選び方①黒染めはトーンを低くする

髪を染める人

暗髪のトーンの選び方の1つ目は、黒染めをする場合は低めのトーンを選ぶことです。就活や仕事関係で黒染めをしなくてはいけないという人は、なるべく低めのトーンを選ぶのがポイントです。トーン3以下の黒髪を主張する髪色でも良いですし、嫌な場合はトーン4~6程度がおすすめです。

暗髪のトーンの選び方②地毛の明るさでトーンを選ぶ

髪色

暗髪のトーンの選び方の2つ目は、地毛の明るさで選ぶことです。同じトーンでも、地毛が明るい人と暗い人では仕上がりに差が出てきます。思ったように明るくならない、もしくは黒染めできないという場合が出てくるので、美容院で地毛の明るさを見てもらってからトーンを決めるのがおすすめです。

暗髪のトーンの選び方③髪が細い人は暗めのトーンを選ぶ

巻き髪

暗髪のトーンの選び方の3つ目は、髪が細い人は暗めのトーンを選ぶことです。髪の毛が細い人は、髪を染めると色落ちしやすく普通の人よりも明るくなるのが早いです。そのため、トーン7や8では明るくなりすぎてしまう可能性があります。

できればトーン6以下の暗めの髪色を選ぶのがおすすめですが、どうしてもトーン8くらいの明るさを保ちたいというのであれば、しっかりヘアケアを欠かさないようにしましょう。おすすめのヘアケアグッズは、以下の記事に詳しく載っています。

関連記事

ヘアケアのおすすめブランド13選!シャンプー/ヘアオイル/ギフト/髪

今回はヘアケアにおすすめのシャンプー、ギフトにおすすめの人気ヘアケアブ

Small thumb shutterstock 281827754

暗髪のトーンの選び方④肌の色で決める

黒髪の女性

暗髪のトーンの選び方の4つ目は、自分の肌の色で決めることです。すべての人に当てはまるわけではありませんが、一般的に肌がイエローベースの人はブラウン系の色、ブルーベースの人はダーク系の色が似合うと言われいます。

そのため、イエローベースの人はトーンが6以上の明るめの髪色に、ブルーベースの人はトーンが5以下の暗めの暗髪にするのがおすすめです。化粧の仕方などでも変わるので、鏡を見ながら決めましょう。

「暗髪」が作れる市販のヘアカラー剤

暗髪が作れる市販のヘアカラー剤①自然な髪色ならリーゼ

暗髪が作れる市販のヘアカラー剤の1つ目は、リーゼの泡カラーです。画像の泡カラーは髪色戻しなので、明るい髪を暗くするヘアカラー剤です。ナチュラルブラウンの仕上がりになるので、髪が傷んでいたり髪色が明るすぎる場合以外は、暗くなり過ぎない自然な色合いになります。

暗髪が作れる市販のヘアカラー剤②黒染めにはビューティーン

暗髪が作れる市販のヘアカラー剤の2つ目は、ホーユーのビューティーンです。黒染めと書いてある通り、髪色を黒く染める目的のヘアカラー剤です。しかし、完全に真っ黒になることはありません。髪色が明るめの人ならば、ダークブラウンのような仕上がりになります。

黒く染めたいという人以外にも、髪色をトーンダウンさせたいという人にも向いています。トーン7や8くらいの明るめの髪色を少し暗くさせたいという人は、このヘアカラー剤を使ってみましょう。

暗髪が作れる市販のヘアカラー剤③暗めの茶髪はミルクジャムヘアカラー

暗髪が作れる市販のヘアカラー剤の3つ目は、ルシードエルのミルクジャムヘアカラーです。ミルクジャムヘアカラーの生チョコガナッシュカラーは、明るい髪色を暗くしたい人はもちろん、トーンが暗めの人が少しブラウンを入れたいときにもおすすめです。ダークブラウン系なので、色落ちも目立ちにくいです。

自分に合った暗髪のトーンを見つけてみよう!

黒髪に近い暗めの茶髪「暗髪」のトーンをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。一口に「暗髪」と言っても、トーンによってイメージがガラリと変わります。また、地毛の明るさによっても、染めた時の仕上がりに差が出てきます。

落ち着いた印象にしたい人はトーンを低めに、ブラウンを強調したいという人は、トーンを高めにすると良いでしょう。注目の髪色「暗髪」で、大人なおしゃれを楽しみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事