Icon search 36px

悟りを開くの意味とは?

宗教的な「悟りを開く」とは己の迷うを捨てて真理を体得するという意味

宗教

日本では主に仏教で使われる言葉として浸透されていますが、ヒンドゥー教やジャイナ教にといった宗教にも使われている言葉です。己の迷うを捨てて真理を体得するという意味を持ち、仏教では煩悩を取り去った境地に至る「涅槃」や、煩悩から解放されて自由の境地到達した状態の「解脱」と同義とされています。

ヒンドゥー教には悟りに対して深く追求した歴史を持っており、意識の状態で人が到達できる状態のことを指しています。悟りを得た時に光に包まれることから、この行為を「光明」と呼ばれています。また、悟りを得た魂が肉体を離れる時には、死んだと表現せずに、涅槃に入ったと表現されます。

ジャイナ教では修行によってカルマの束縛が滅び、霊魂が完全に浄化されることで悟りを得られ、生死や来世を超越して苦痛を耐え忍ぶ境地に至るとされています。これをジャイナ教では「モクーシャ(寂静)」や「ニルヴァーナ(涅槃)」と呼びます。

日常的な「悟りを開く」には表面では飾られたものの本質を見抜くという意味

日常

宗教から離れた、日常的な使われ方としては、物事に対して理解する・気づくといった、表面では飾られたものの本質を見抜くといった使われ方があります。真理を理解しているために、思い込みや偏見といった症状に見舞われることがなく、不本意な物事に動じません。

こちらの記事では、理解力がない人の特徴についてまとめられています。理解力がないと物事の本質を見抜けないところか、仕事の評判が落ちてしまったり、詐欺師や嘘つきの知人に騙されてカモとして扱われたりと、良いことがありません。こちらの記事を読んで、物事に対する理解力を高めて、仕事や人生で成功を収めましょう。

関連記事

理解力がない人の特徴10選!理解力を鍛える方法・トレーニングとは?

今回ご紹介するのは、理解力がない人の特徴です。職場に理解力がない人がい

Small thub shutterstock 67128502

悟りを開いた人が得られるものとは?

悟りを開いた人が得られるもの・どうなるか①人生の苦しみから解放される

解放

悟りを開いた人が得られるもの・どうなるかその1は、人生の苦しみから解放されることです。人が生きる中で衝突する苦しみは、生きる・老いる・病にかかる・死ぬといった苦悩が存在します。これらを四字熟語で「生老病死(しょうろうびょうし)」と呼びます。

    生老病死の詳細

  • 生苦:才能や容貌・親・生まれる瞬間を選べないことへの苦しみ
  • 老苦:年を取るにつれて醜く朽ちていくことへの苦しみ
  • 病苦:病気にかかって痛みや辛さを抱える苦しみ
  • 死苦:生きる上で逃れられない死に対する苦しみ

悟りを開くことで、「生まれた命は成長し、時には病にかかりながらも最後は死を迎える」という現実を直視できるため、生老病死に対する恐怖や苦痛を受け止め、今を生きることの覚悟が誕生します。そのため、苦しいと感じることも無くなります。

悟りを開いた人が得られるもの・どうなるか②物事をありのままに感じ取れる

感じる

悟りを開いた人が得られるもの・どうなるかその2は、物事をありのままに感じ取れることです。見る・触る・聞くといった体に触れる出来事に対して、疑問を持たずに受け入れられます。

悟りを開くことで、今ある苦難に対して過去や未来にこだわることなく、ここにあるものとして認識します。なので、後悔や苦悩に対して、過去から引き摺ることも、未来に受け継ぐこともありません。今・現在に対する出来事を今・現在だけのものとして捉えます。

悟りを開いた人の特徴10選

悟りを開いた人の特徴①物事に対する執着がない

執着

悟りを開いた人の特徴その1は、物事に対する執着がないことです。お金や人に対して独占欲や、失うことへの恐怖心がないため、必要ないと考えたらどんなに大切なものでも簡単に手放します。

また、高価なものや便利なものであっても全く欲しがらないという性質もあるため、贅沢をしない、最小限の生活用品で過ごすという特徴も持ちます。

悟りを開いた人の特徴②トラブルが発生しても理性的に行動できる

トラブル

悟りを開いた人の特徴その2は、トラブルが発生しても理性的に行動できることです。常に冷静沈着な物腰で立ち振る舞っているため、周囲でトラブルが発生しても本能や感情で動かず、冷静に状況判断します。

人は誰しもが喜怒哀楽という感情に支配されがちで、特に怒ったり悲しんだりといった感情は自他共に悪影響を与えがちです。ですが、悟りを開くと、怒りや悲しみといったマイナス要素が含まれている感情に囚われていても無駄とわかっているため、揺さぶられることなく理性を保てます。

悟りを開いた人の特徴③他人に関心がない・比較対象にしない

比較

悟りを開いた人の特徴その3は、他人に関心がない・比較対象にしないことです。人は相手に対して劣等感や優越感を持ったりと、自分と相手を比較しがちです。しかし、人生は自分と他人で違うことを理解しているため、自分は自分、相手は相手といったように好きに生きれば良いと考えています。

人に関心がないといっても、常識的な人間関係を築き上げられますし、他人とのコミュニケーションを取れます。あくまで相手の人生にあまり関与しない、個々を尊重した関係性を保ちます。

悟りを開いた人の特徴④物事を損得で決めない

損得

悟りを開いた人の特徴その4は、物事を損得で決めないことです。資本主義者は人生を生きていく上で、名誉や出世といったメリットになることは他を捨ててでも勝ち取ろうとしますが、悟りを開いている人はそういった損得勘定を捨てているので、打算的な行為はしません。

相手から求められたら見返りを期待して行動するのではなく、無償の愛で行動するため、周囲の人に頼られます。ですが、なんでも承諾する訳ではなく、結果的に相手に対して不利益になる頼みは断る一面も持ちます。

悟りを開いた人の特徴⑤人生に対する野望がない

野望

悟りを開いた人の特徴その5は、人生に対する野望がないことです。睡眠欲のような三大欲求だけでなく、出世欲や有名になりたいといった渇望を持ちません。なぜなら、自分に足りないものはない、今あるもので十分だと考えているからです。

悟りを開いた人の特徴⑥自問自答ができる

自問自答

悟りを開いた人の特徴その6は、自問自答ができることです。物事に対して相手の意見に流されず、自分の心と体に耳を傾けてどうなるべきかという答えを導き出せます。

一人で考えて答えを導き出せるので、どんな状況であっても、自分が正しいと思ったことを実行できます。また、相手から相談された時に、本質を見抜いて相手が求める答えを導き出すことも可能です。

悟りを開いた人の特徴⑦自分の限界を決めない

努力

悟りを開いた人の特徴その7は、自分の限界を決めないことです。目標に向かって進む時、ネガティブ思考に至らずにポジティブに歩き出します。チャレンジする前から無理・限界を儲けることはありません。

人が限界を決めてしまう理由は、失敗のリスクを恐れるからだと言われています。しかし、恐れるという感情を持たないため、リスクを恐れずに淡々と進んでいきます。

悟りを開いた人の特徴⑧信念を持っていることが顔に出る

信念

悟りを開いた人の特徴その8は、信念を持っていることが顔に出ることです。自分自身がどんな人かを理解し、信じているので、周囲からは芯のある人として見られます。また、人生は全て自分次第ということも理解しているので、進路に悩んでどうなるべきか相談することもありません。

信念が顔に出るだけでなく、一見近寄り違い雰囲気を持ち合わせています。なぜなら、悟りを開いた人は冷静さと穏やかさを持ちながらも、威厳を感じ取れるからです。

悟りを開いた人の特徴⑨日々を感謝しながら過ごしている

人

悟りを開いた人の特徴その9は、日々を感謝しながら過ごしていることです。今の環境や自然があるのは、昔から育んでくれたからと考えているため、この世が憎いといった感情がなく、むしろ先祖や周囲の人たちに全てに感謝しています。

全てのものに感謝しているため、あらゆるものを大事にできる一面も持ちます。食事の時に「いただきます」と「ごちそうさま」と言って食べ物と調理した人に感謝したり、会計時には店員に「ありがとうございます」と言ったりと、一瞬の関わりの中でも接してくれたこと・自分のために行ってくれたことに感謝しています。

悟りを開いた人の特徴⑩私利私欲が無い

欲

悟りを開いた人の特徴その10は、私利私欲が無いことです。人類は地球上で生き残る方法として、過酷な環境の中で戦ってきました。中には自然破壊や、動物を絶滅に追い込むなど、取り返しのつかないこともしてきました。

しかし、悟りを開いた人はこのような私利私欲のために生きる方法を無意味だと理解しているため、競争社会から離れてあるがままに生きています。たとえ自分が消滅していく運命にあったとしても、受け入れて肉体的活動を終えるでしょう。

悟りを開いた人になる方法は?

悟りを開く方法・開き方①固定観念や価値観を捨てる

価値観

悟りを開く方法・開き方その1は、固定観念や価値観を捨てる方法です。私はこうであらねばならない、社会はこのように動くべきだという考えは、自分を縛る鎖となって自由意志を解放させてくれません。

このような鎖を外すためには、規律や当たり前に対して疑問を投げかける必要があります。物事には隠と陽があるように、正しいことを別の方向から見たら間違った行為であるかもしれません。身の回りにある常識が本当に正しいか、疑ってみましょう。

悟りを開く方法・開き方②アイデンティティやエゴを捨てる

自分

悟りを開く方法・開き方その2は、アイデンティティを捨てる方法です。アイデンティティは自己を確立する要素のことで「同一性」とも呼ばれています。エゴは自己を対象とする認識作用のことで「自我」とも呼ばれています。

どちらも自分はこうであるべき、生きるには得るべきと言った、防衛の感情が含まれています。これらを捨てるという開き方を選ぶことで「何者でもない・欲を持たない自分」に生まれ変わり、心の自由を得られます。

悟りを開いた人になって心を解放しよう

悟りを開くとどうなるか聞くと、宗教に興味あると思われがちですが、実際には宗教とは関係なく、心を解放する為の行為に過ぎません。開き方を学んだからと言って悟りを伝授できるとは限りませんが、自由になるためにも一度悟りの開き方を試してみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー