Icon search 36px

太郎がつく男の子の名前5選【古風】

太郎がつく男の子の古風な渋い名前①弥太郎・耶太郎(やたろう)

家族団らん

太郎がつく男の子の古風な渋い名前1つ目は、弥太郎・耶太郎(やたろう)です。昔の日本では、長男に太郎または一郎という名前をつけることが多く、長男の長男には弥太郎または小太郎という名前をつける慣習がありました。そのため、今でも弥太郎や小太郎という名前は、耳に馴染みがあります。

太郎がつく男の子の古風な渋い名前②健太郎・賢太郎(けんたろう)

本を読む子供

太郎がつく男の子の古風な渋い名前2つ目は、健太郎・賢太郎(けんたろう)です。健やかな子に育ってほしいという願いを込めて「健」の字を使う場合や、賢い子に育ってほしいという願いを込めて「賢」の字を使う場合があります。

他にも、憲法の「憲」や堅実の「堅」、剣という字や拳という字なども「けん」と読みます。同じ読み方でもさまざまな表記の仕方がありますので、どのような意味を込めるのかによって表記を変えるのが良いでしょう。語感が同じでも、漢字の選び方によって受ける印象が変わりますね。

太郎がつく男の子の古風な渋い名前③幸太郎・光太郎(こうたろう)

ライト

太郎がつく男の子の古風な渋い名前3つ目は、幸太郎・光太郎(こうたろう)です。どんな親でも、子供の幸せを願うものです。そのため、名前に「幸」という字を使うことが好まれます。光ある人生になってほしいという願いを込めて、「光」という字も使われます。

他にも、孝行の「孝」や航海の「航」、浩という字や昂という字も「こう」と読みます。同じ「こう」と読む漢字の中でも、「航太郎」と「昂太郎」は現代風な感じがしませんか?同じ読み方の名前でも、漢字の選び方によって、純和風な雰囲気になったり現代っぽい雰囲気になったりしますね。

太郎がつく男の子の古風な渋い名前④慎太郎・信太郎(しんたろう)

握手をかわす

太郎がつく男の子の古風な渋い名前4つ目は、慎太郎・信太郎(しんたろう)です。慎ましやかな子に育ってほしいという願いを込めて「慎」の字を使う場合や、信頼関係を築くことができるような子に育ってほしいという願いを込めて「信」という字を使う場合があります。

他にも、物事をポジティブに進めていけるような子になってほしいという意味で「進」という字を使うことや、真っ直ぐな子に育ってほしいという意味で「真」の字を使うこともあります。最近の名前には「心」という漢字が使われることも多くありますが、「心太郎」という表記もできます。

太郎がつく男の子の古風ないかつい名前⑤源太郎・弦太郎(げんたろう)

厳しい自然

太郎がつく男の子の古風ないかつい名前5つ目は、源太郎・弦太郎(げんたろう)です。漢字の意味というよりも、読み方が濁音になると、一気に重々しい雰囲気に変わりますね。「厳太郎」という表記にすると、なおのこといかつい印象を与える名前になります。

太郎がつく男の子の名前5選【現代風】

太郎がつく男の子の現代風な男らしい名前①凛太郎・倫太郎(りんたろう)

一輪の花

太郎がつく男の子の現代風な男らしい名前1つ目は、凛太郎・倫太郎(りんたろう)です。「りん」という名前は中性的で、男の子の名前としても女の子の名前としても人気です。その「りん」という字に太郎をつけると、現代風でありながら男らしい名前になります。女の子と間違われることもありません。

太郎がつく男の子の現代風な男らしい名前②綾太郎・彩太郎(あやたろう)

彩り豊か

太郎がつく男の子の現代風な男らしい名前2つ目は、綾太郎・彩太郎(あやたろう)です。「あや」や「あい」といった、一昔前に女の子の名前として流行った漢字を男の子の名前につけるのが現代風だと言えるでしょう。太郎がつくことによって、女の子と間違われることがありませんし、柔らかい雰囲気になります。

太郎がつく男の子の現代風な男らしい名前③颯太郎・爽太郎(そうたろう)

爽やかな空

太郎がつく男の子の現代風な男らしい名前3つ目は、颯太郎・爽太郎(そうたろう)です。「颯爽(さっそう)」という熟語で使われるように、どちらも清々しい雰囲気を表す漢字です。最近の名前で、人気ランキング上位の漢字でもありますね。どちらの漢字を使っても、「そうたろう」と読むことができます。

他にも、創造の「創」や壮大の「壮」、草という字や蒼という字も「そう」と読みます。吹奏楽の「奏」の字を使って「奏太郎」と名付けると、清々しい響きのある語感に加えて、親が音楽好きなのではないかと想像させるような雰囲気がありますね。

太郎がつく男の子の現代風な男らしい名前④優太郎・悠太郎(ゆうたろう)

優しい男性

太郎がつく男の子の現代風な男らしい名前4つ目は、優太郎・悠太郎(ゆうたろう)です。現代でいう男らしいとは、力強く荒々しいことだけではなく、優しく包み込むような包容力も含めて男らしいと表現する風潮にあります。そのため、優しい雰囲気を持つ漢字を男の子の名前につける傾向があります。

太郎がつく男の子の現代風な男らしい名前⑤陽太郎・春太郎(はるたろう)

春らしい陽気

太郎がつく男の子の現代風な男らしい名前5つ目は、陽太郎・春太郎(はるたろう)です。「陽」という字は、男の子の名前にも女の子の名前にも大変人気があります。「はるたろう」という優しい響きの語感もさることながら、漢字からも柔らかい雰囲気を醸し出しています。

春太郎と書いて「しゅんたろう」と読むのも良いでしょう。読み方によっても、柔らかい雰囲気なのか清々しい雰囲気なのか、語感のイメージが変わってきます。「しゅんたろう」は、「そうたろう」に近い語感を覚えますね。「俊太郎」や「駿太郎」といった表記もおすすめです。

昔の日本では長男に太郎と名付けたが現在は次男でもおかしくない

男の子

昔の日本では、長男には太郎または一郎、次男には次郎または二郎と名付けることが多くありました。これは、兄弟における序列を表す意図で用いられるようになったものです。現在は、自営業の家よりも会社員の家の方が多く、長男が家を継ぐといった決まりも薄れているため、次男に太郎と名付けてもおかしくありません。

ただ、やはり「太郎と言えば長男」という感覚が一般的に染み付いていることから、「なぜ次男に太郎と名付けたのか」を周囲に質問される機会は多いようです。自分なりに説明できるような理由を持っておくと、そういった質問にも対応しやすいでしょう。

男らしい渋い古風なシワシワネームの魅力や人気の理由は?

シワシワネームの魅力①耳に馴染みがあり読みやすく親しみやすい

家族

男らしい渋い古風なシワシワネームの魅力1つ目は、耳に馴染みがあり、読みやすく親しみやすいことが挙げられます。最近の子供の名前は、とにかく読みづらいという難点があります。シワシワネームは昔から使われている語感が多く、耳に馴染んでいます。名前として認識しやすく、読みやすいのが魅力です。

シワシワネームの魅力②同年代と名前がかぶりにくく個性として成り立つ

着物

男らしい渋い古風なシワシワネームの魅力2つ目は、同年代と名前がかぶりにくく、個性として成り立つことが挙げられます。昔ながらの名前は、現代では少ない方であり、奇抜な名前にしなくても「同年代の子供とかぶらない名前にしたい」という親の要望を叶えてくれるのです。

ただ、名前のつけ方によっては「うちのおじいちゃんと同じ名前だ!」と言われ、笑われるようなことが起こります。キラキラネームでもからかいの対象になる可能性は大いにありますので、シワシワネームに限ったことではありません。しかし、できるだけ子供が気に入ってくれるような名前をつけたいですよね。

シワシワネームの人気の理由①キラキラネームへの抵抗感や反発

キラキラ

男らしい渋い古風なシワシワネームの人気の理由1つ目は、キラキラネームへの抵抗感や反発であることが挙げられます。自分の子供だけの特別な名前をつけたいという気持ちは、よくわかります。しかし、キラキラネームが流行りだしてからそれなりの時が経ち、大人になった人が自分の名前を恥ずかしがることが起きています。

キラキラネームをつけられた人たちが子供を産む世代になって、シワシワネームの人気が上がっていることは、必然だと言っても過言ではありません。キラキラネームの人の中にも、自分の名前が気に入っているという人ももちろんいます。それでも、自分の名前が気に入らない人も少なからずいるのが現実です。

シワシワネームの人気の理由②男らしい名前にできる

男らしい

男らしい渋い古風なシワシワネームの人気の理由2つ目は、男らしい名前にできることが挙げられます。現代では、キラキラネームとまではいかなくても、男の子か女の子か名前を聞いただけではわからないような中性的な名前が増えています。シワシワネームは、パッと聞いただけで性別がわかるという利点があります。

何をもって男らしい・女らしいとするのかは、論争があるかと思われます。しかし、「力強い男の子になってほしい」「可愛らしい女の子になってほしい」といったような願いを込めるには、シワシワネームが適しているのではないでしょうか。古風な男の子・女の子の名前については、下記の関連記事もご参照ください!

関連記事

古風な男の子・女の子の名前24選|和風な名前によく使われる漢字も

古風で日本的な赤ちゃんの名前は、昨今ひそかに人気が高まってきています。

Small thumb shutterstock 219905725

太郎がつく男の子の名前は古風で素敵!

今回は、太郎がつく男の子の名前について見てきました。「健太郎」や「慎太郎」といった昔ながらの古風で渋い名前もありますが、現在人気の「凛」「颯」「陽」といった漢字と組み合わせてみるのも、素敵だとおわかりいただけたでしょう。「彩」や「優」を使っても、太郎がつけば男の子だと一目瞭然です。

古風な名前には、縁起が良い漢字が使われていたり、植物の名前が使われていたりといった特徴があります。古くさい印象を与えることなく、古風でありながらもスタイリッシュな名前がつけられると、子供も喜ぶでしょう。ぜひ可愛い我が子に、名前という素敵なプレゼントをしてあげてくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事