Icon search 36px

感受性が強い人の性格や特徴・原因も

感受性とは

女性

感受性とは環境や物事の変化を敏感に感じ取る能力のことを言います。また五感の刺激に対して興奮しやすい性質を持ち、感覚に対する刺激の強弱の差を識別できる能力でもあります。

感受性が強い人の性格や特徴①人の気持ちを感じる能力が強すぎる

女性

感受性が強い人の性格や特徴1つ目は人の気持ちを感じる能力が強すぎることです。身の回りの変化や他人の表情や状態を感じる能力が強すぎるので、瞬時に変化を感じ取ってしまいます。相手の考えていることや感情に気付くので気を配る能力を活かし、見合った行動ができる方が多いとされています。

感受性が強い人の性格や特徴②些細な変化に気づく能力が高い

女性

感受性が強い人の性格や特徴2つ目は些細な変化に気づくことです。普通では感じ取れない気持ちや感情を察する力が高いので、生活している中で流してしまいがちな環境や季節、気候などの小さな変化や他人の表情や雰囲気の違い、殆どの人が見過ごしてしまう小さなことも肌が感じ取ります。

感受性が強い人の性格や特徴③豊かな芸術センスをもっている

女性

感受性が強い人の性格や特徴3つ目は豊かな芸術センスをもっていることです。独特な世界観や視点を持ち、物事の捉え方が豊かなので芸術センスに恵まれている特徴を持っています。五感が優れているので色彩の違いや絵の表現方法、音の感じ方が独特な面があり、独自のセンスや世界観で芸術を表現します。

感受性が強い人の性格や特徴④ストレス傾向が強すぎる

女性

感受性が強い人の性格や特徴4つ目はストレス傾向が強すぎることです。日々様々なことを感じ、ストレスを感じやすい特徴を持っています。繊細さと五感の豊かさを持っているので他人に気を使うことが多く、心に渦巻くモヤモヤ感や負の感情などストレスを溜めやすところもあります。

感受性が強い人の性格や特徴⑤独りが好き

女性

感受性が強い人の性格や特徴5つ目は独りが好きなことです。人の気持ちや物事に敏感に反応してしまうので、日々ストレスを感じています。感情移入しやすく気持ちをかき乱されるのが苦手で、一人を好む特徴を持っています。独りの時間を作り、心を落ち着かせて一度自分をリセットしてエネルギーを蓄えたりします。

感受性が強い人の性格や特徴⑥愛情深く感情移入しやすい

愛情

感受性が強い人の性格や特徴6つ目は愛情深く感情移入しやすいことです。心の機微に敏感な面を持っているので、人や物に対して深い愛情を持つ特徴を持っています。感受性が強すぎるので、感情移入してしまい人に対してだけではなく物や植物、動物など身の回りにある存在に対してぞんざいな扱いなどはしません。

感受性が強い人の性格や特徴⑦感情移入しやすく傷つきやすい

女性

感受性が強い人の性格や特徴7つ目は傷つきやすいことです。基本的に思いやり溢れる心と優しさを持つので他人よりも悲しみや喜びなどを感じ取る特徴を持っています。繊細な心の持ち主なので他人が何も感じないことも気になってしまったり、深く考えてしまって気持ちの切り替えができず、傷ついてしまうことが多々あります。

感受性が強い人になる原因①過去の人間関係のトラブルの可能性が高い

女性

感受性が強い人になる原因1つ目は過去の人間関係のトラブルです。過去に人間関係でトラブルを抱えてしまった経験があるとそのことが頭から離れず、自己防衛本能が働き人の気持ちに対して人一倍敏感になってしまった可能性もあります。トラブル回避の為に他人の気持ちなどを必要以上に気にしてしまうことがあります。

感受性が強い人になる原因②育った環境や遺伝の可能性が高い

環境

感受性が強い人になる原因2つ目は育った環境や遺伝です。子供の頃に本や字を沢山読んでいた、一人でいる時間が多い環境で育った人は想像力などが養われたり、物事の機微に敏感になり感受性が強くなる傾向があります。

また、遺伝でHSP症候群(人一倍物事の敏感なこと。)の可能性もあります。内的・外的環境のちょっとした出来事にも動揺してしまう性質があります。しかしこの症状は心が弱いわけではなく感受性が高い、創造性が優れている先天的なものです。

感受性が強い人におすすめのストレス発散法3選

おすすめのストレス発散法①大きな声を出す

女性

感受性が強い人におすすめのストレス発散法1つ目は大きな声を出すことです。日常で沢山のストレスを溜め込み、他人を優先し自分の気持ちや感情を抑え込むことが多い人は大きな声でストレス発散することがおすすめです。家や外などで大きな声を出すことは難しいので、他人の目がないカラオケなどいいですね。

おすすめのストレス発散法②身体を動かす

女性

感受性が強い人におすすめのストレス発散法2つ目は身体を動かすことです。誰かに愚痴や弱音を吐くことが得意ではない人は、普段から溜めているストレスを溜めすぎてモヤモヤが爆発する前に体を動かし頭の中をスッキリさせましょう。一人でもできるウォーキングやヨガ、フィットネスなどがおすすめです。

おすすめのストレス発散法③リラックスする時間で豊かさを育む

女性

感受性が強い人におすすめのストレス発散法3つ目はリラックスする時間で豊かさを育むことです。忙しい日常で休息などが満足に取れないと余裕もなくなり心を休めることができず疲れは溜まる一方です。ゆっくり入浴を楽しむ、アロマ、好きな音楽を聴くなど自分がリラックスできる空間をつくり身を置きましょう。

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法10選

早めに対処しないと病気を引き起こす可能性が高い

病気

感受性が強い人が感じた不安やストレスをそのままにして放っておくと病気になる可能性があります。日々の生活で感受する能力が高いので、神経を人より多くすり減らしている、気を使い過ぎ現代社会ではストレスを溜めやすい傾向があります。内向的な人は肉体的な病気より精神的な病気になりやすいです。

例えばうつ病などは心理的な強いストレスがきっかけで、脳のバランスが崩れることで発症するといわれています。また神経症や心身症なども感受性が強い・内向的・不安・緊張感が強い・理知的・執着心が強い人がなりすいとされています。症状も動機や呼吸困難、不整脈などを引き起こします。無理をする前に対処しましょう。

不安に感じた時の対処法①プラス思考になる

女性

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法1つ目はプラス思考になることです。他人の感情に共感できるのは悪いことではなく人や物事に寄り添えることができます。自分の世界を広げ成長できる機会が多く、また警戒心も人より強いのでトラブルを回避する能力が高いです。ネガティブに捉えずポジティブに物事を捉えましょう。

不安に感じた時の対処法②感情移入しすぎない

女性

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法2つ目は感情移入しすぎないことです。他人や物に対して感情移入しやすく、環境に振り回されることが多いですが、自分の核「自分は自分、他人は他人」と自分の中で線を引きしましょう。そうすると感情や環境に振り回される前に感情をコントロールでき心の負担も減らせるでしょう。

不安に感じた時の対処法③自分のせいにしない

女性

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法3つ目は自分のせいにしないことです。周りの空気感に敏感なので周りの空気が悪かったり、誰かの不機嫌を「自分のせい?何かした?」と不安になります。思い込みや考えすぎやの可能性が高いので相手の機嫌の悪さは相手の問題で自分には関係ないことだと割り切りましょう。

不安に感じた時の対処法④早めに心を休める

女性

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法4つ目は早めに心を休めることです。気持ちが揺れやすく、人よりも心身共に疲れやすい傾向があるので自分は他の人よりも疲れやすいと自覚し、限界がくる前に休息をとることが大切です。また無理を感じる人付き合いをせず他人よりも自分を優先して労わってあげましょう。

不安に感じた時の対処法⑤一人の時間をもつ

女性

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法5つ目は一人の時間をもつことです。一人で過ごした時間を感じることはストレス解消にもつながります。感情が振り回されやすい性質なので楽しいと感じていても人との交流は心身を疲労させています。限界がくる前に一人の時間を作り、ストレス発散するようにしましょう。

不安に感じた時の対処法⑥信頼できる人をつくる

女性

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法6つ目は信頼できる人をつくることです。物事に関して感受する能力が強すぎるので、周囲に気を使う生活を続けては心が休まりません。心が限界を迎える前に信頼できる友人や恋人、家族などに正直な心の思いや本音を出しましょう。頭の中をスッキリさせ豊かな心を取り戻せるはずです。

不安に感じた時の対処法⑦感情の変化を認める

女性

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法7つ目は感情の変化を認めることです。強すぎる負の感情はずっと続くことも貴方を苦しめる続けることもありません。感情移入して振り回されがちですが、その感情は一時的で変わりゆくものと認めましょう。いずれ消えて明るい気持ちを取り戻すと考えるだけでも気持ちは軽くなります。

不安に感じた時の対処法⑧強すぎる感受性をコントロールする

女性

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法8つ目は強すぎる感受性をコントロールすることです。周囲や他人の感情に振り回され続けると心身が疲れてしまいますが、自分の気持ちを操縦することはできます。ネガティブに考えず「大丈夫、なんとかなる」という気持ちを持ち、心の負担を減らしましょう。

不安に感じた時の対処法⑨リラクゼーションを利用する

リラクゼーション

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法9つ目はリラクゼーションを利用することです。不安になった時に深呼吸をするだけでも気持ちは落ち着きます(鼻から深く息を吸い、口からゆっくり息を吐きだしましょう)。落ち着いて頭の中が整理できれば、心にも余裕ができ、豊かな感情を取り戻せるでしょう。

リラックスでき落ち着ける効果があるお茶(カモミールティーなど)を飲む、温かい湯舟に入る、アロマを嗅ぐ、マッサージする、音楽を聴く、読書をする、大声を出す、体を動かすなど様々なリラックスできる方法はあるので、自分に合ったリラクゼーションを利用しましょう。

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法⑩感受性の豊かさを長所と捉える

豊

感受性が強い人が不安に感じた時の対処法10つ目は感受性を豊かにすることです。感受する能力が高いことは悪いことではありません。感受性が高いということは、豊かな心を持ち、感情移入でき誰かに寄り添える、気を配れることは長所であり魅力の一つと受け止めましょう。そうすることで気持ちの安定にもつながります。

感受性が強い人に向いている職業8選

感受性が強い人に向いている職業①音楽・美術関係

芸術

感受性が強い人に向いている職業1つ目は音楽・美術関係です。感受性が強い人は視覚や聴覚にも優れていることが多い傾向があり、些細な変化や色彩の違い、小さな音の違いなどを感じ取れる方は芸術的なセンスに恵まれ、自分の世界観や他人の世界観を表現できる能力も高く、感受性を活かせるのでおすすめです。

感受性が強い人に向いている職業②デザイナー

デザイナー

感受性が強い人に向いている職業2つ目はデザイナーです。こちらも上記同様の仕事に近いように感じますが、デザイナーは独自の世界観を持ちながら、他人との共感が必要な職業になります。相手からの要望や求めているものを感じ取りデザインする必要があるので感受性が高い人におすすめです。

感受性が強い人に向いている職業③脚本家・小説家

小説家

感受性が強い人に向いている職業3つ目は脚本家・小説家です。こちらの職業は第一線で活躍できるようになるまでに相当の努力や気力、経験が必要になります。感受性が強い人は独特の豊かな世界観を持っているので、他人が考えつかないような表現方法を生み出すこともあります。

また共感能力や想像力も高いという長所もあるので、見ている人(読者や視聴者など)の感情を揺さぶるような感情表現、期待を上回る展開などの表現方法をします。自分の世界観や想像力を活かしたい方におすすめの職業です。

感受性が強い人に向いている職業④占い師

占い師

感受性が強い人に向いている職業4つ目は占い師です。占いは統計学や心理学を用いて人を導く仕事なので、人を観察する、心の機微を読み取る能力が優れている感受性が強い人におすすめの職業です。感情移入する能力も高いので相手が何を求めているかを察して最適なアドバイスや導くことができるでしょう。

感受性が強い人に向いている職業⑤研究者

研究者

感受性が強い人に向いている職業5つ目は研究者です。些細な変化や細かいことに気付いたり、物事を一方からだけでなく別の視点から考えることができるなど能力を活かしやすい場なので追及する研究職や専門性が高い職業は向いています。仕事(研究)に没頭できるので仕事と私生活の切り替えが苦手な方におすすめです。

感受性が強い人に向いている職業⑥心理カウンセラー

心理カウンセラー

感受性が強い人に向いている職業6つ目は心理カウンセラーです。心理カウンセラーは冷静に相手の深いところにある本音(深層心理)を読み取って分析する必要があり、相手の声や表情の変化を敏感に感じ取れる能力が活かせるのでおすすめです。相手の気持ちに寄り添い対応できるやりがいのある仕事になります。

感受性が強い人に向いている職業⑦医療・福祉系

医療・福祉系

感受性が強い人に向いている職業7つ目は医療・福祉系です。上記の職業と同様に相手に寄り添うことが多い職業になります。不特定多数からの情報を受け取ることは疲れてしまいますが、一人一人と向き合うことは相手の変化に気づき先回りした対応を求められるので感受性が強い人におすすめです。

感受性が強い人に向いている職業⑧動物関係

動物

感受性が強い人に向いている職業8つ目は動物関係です。感情移入する、共感できる人は人だけではなく通じる言葉を持たない動物などの変化にも気づくことができます。動物の心情を読み取ってあげることが上手く、信頼関係を築きやすいし、癒しの効果も得られるので、動物が好きな方におすすめです。

鈍感な人の特徴

鈍感な人の特徴①自分の世界観が強すぎる

女性

鈍感な人の特徴1つ目は自分の世界観が強すぎることです。鈍感な人は独自の強すぎるほどの独自の世界を持っているので、他人より自分を中心に物事を展開する特徴があります。元々他人にはあまり関心がなく自分のこと(考えや気持ち)を優先に考えて行動する傾向が多いとされています。

鈍感な人の特徴②空気を読めない

女性

鈍感な人の特徴2つ目は空気を読めないことです。自分の世界観が強すぎるので、周りへの注意や人への気遣いや気配りが苦手な人が多いとされています。また行動範囲が狭い傾向があり、細かいことを気にしない、空気を察する能力が低いので状況に合った行動をとることが出来ません。無意識に人を傷つけていることもあります。

鈍感な人の特徴③曖昧な表現が通じない

女性

鈍感な人の特徴3つ目は曖昧な表現が通じないことです。自分が強すぎるので人の話を聞いていない、空気を読む能力が低いので曖昧な表現や言葉を理解するにも時間がかかることが多く、物事の重要性が分からない人が多いといわれています。

感受性の磨き方4選

感受性の磨き方①自然の中に身をおく

女性

感受性の磨き方1つ目は自然の中に身をおくことです。散歩や遠出して自然がいっぱいの中に身をおきましょう。毎日何気なく歩いていた道や知らない土地の光景の中に今まで感じなかったことや発見などが見つかるかもしれません。空気や日差しを体に感じることで五感を刺激し豊かな心が育みましょう。

感受性の磨き方②五感を豊かにする

旅行

感受性の磨き方2つ目は五感を豊かにすることです。新しいことにチャレンジしたり、旅行に行って美しい光景、静かな空間や空気を感じて五感を刺激しましょう。自然に触れ合うことで強すぎる感受性を和らげリラックスすることもできます。時間が取れない場合は植物などを育てて思いやりなど豊かな心を育んでもいいですね。

感受性の磨き方③読書で感情移入する

読書

感受性の磨き方3つ目は読書で感情移入することです。漫画や絵本などでなく活字がおすすめです。本を読む時に自分の頭の中で文章を想像することで登場人物や物語の背景に感情移入できます。読書を習慣づけることで想像力が鍛えられ感受性が磨かれ豊かさを養います。

感受性の磨き方④映画・音楽鑑賞

映画・音楽鑑賞

感受性の磨き方4つ目は映画・音楽鑑賞です。芸術に触れることで五感が使われ感受性が磨かれます。自分の想像する世界で終わるのではなく、視覚や聴覚などを刺激し他人の考えや思い(本質)を感じ共感することができるのでおすすめです。想像力も豊かになり、新しい発見にも気づくこともできます。

また下記の記事では自分磨きにおすすめのシンデレラノートについて詳しく紹介しています。感受性を高めることで内面を磨き、外見の自分磨きもしませんか?こちらの方も合わせてご覧ください。

関連記事

自分磨きにおすすめシンデレラノートとは?勉強/美容/ダイエット

勉強やダイエットなど、叶えたい夢はありますか?シンデレラノートを書くこ

Small thub shutterstock 626939576

感受性を磨いて素敵な人になろう

今回は感受性が強い人の性格や特徴、対処法、向いている職業、鈍感な人の特徴、感受性の磨き方などをご紹介させていただきました。強すぎる感受性を持て余すことは辛いですが、理解して受け入れることで世界が広がり、豊かな心を得ることもできます。貴方も感受性を磨いて素敵な日常を過ごしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー