Icon search 36px

会社でバレないインナーカラーのおすすめ5選

会社でバレないインナーカラーおすすめ①ネイビーなど同系色でそろえる

会社でバレないインナーカラーのおすすめの1つ目は同系色でそろえることです。髪の毛の色を統一することで目立たないようにすることができます。しかし同系色といっても何と何が同じかわからない人も多いかもしれません。例えばベースがアッシュであれば、インナーカラーは濃いネイビーにするといいでしょう。

カラーは主に寒色系と暖色系に分かれます。注意しなくてはいけないことはどちらにもデメリットがあります。寒色系のデメリットは褪色するのが早いということです。褪色とは色味が抜けてしまうことを指します。色が抜けてしまうとどんどん黄色みが強くなってきます。

暖色系のデメリットは色が濃くなかなか落ちないことです。いったんメリットのように感じますが、実は次のカラーチェンジを邪魔してしまうのです。ずっと赤系の色味を貫くのであれば問題ないのですが、インナーカラーは違う色味も試したくなるでしょう。人によっては赤を使うのは社会人として奇抜に思われるかもしれません。

会社でバレないインナーカラーおすすめ②ボブスタイルは耳上に入れる

会社でバレないインナーカラーのおすすめの2つ目はボブスタイルは耳上に入れることです。もちろんどんな髪型であっても耳上に入れるスタイルは多く使われています。なぜならインナーカラーの中でも一番主流な入れ方だからです。顔回り一線を外すことで外からはなかな気付かれません。

耳の上に入れるか耳の後ろに入れるかでも変わってきます。上に入れると髪の毛を耳にかければインナーカラーが出てきますが、後ろだと髪の毛をくくらないとわかわりません。会社がとっても厳しくバレないようにしたい人や、社会人として最初に挑戦するのであれば後ろをおすすめします。

大きさによっても目立ち方が違うので担当の美容師としっかり相談しましょう。ヘアスタイルにもよりますが、ボブヘアであれば長さや量によって違いが出てきます。できるだけ重めなスタイルをおすすめします。あまり軽くしてしまうと風が吹いただけですぐに見えてしまう危険があるでしょう。

会社でバレないインナーカラーおすすめ③ミディアムスタイルは襟足に入れる

会社でバレないインナーカラーおすすめの3つ目はミディアムスタイルは襟足に入れることです。こちらももちろんどんなスタイルにも適用できます。どんな人にも言えることですが、全体的に長さをそろえた重めのスタイルにしましょう。俗にいう「Aライン」です。

後ろ髪にレイヤーが入っていると長さの差が出てしまってインナーカラーが出てきてしまいます。髪の毛が長い人は会社ではまとめることが多いはずです。毎日結んでいる人は特に見えやすくなってしまうので気を付けましょう。襟足も大きくいれると見えすぎます。色のバランスも考えて入れてもらってください。

会社で結ぶことが決まっている人は襟足に入れるときもヘムライン一線は外しましょう。ヘムラインというのは生え際のことです。完全に中に入れ込んでしまうことで外には出てこなくできます。最初は細目にしてだんだん大きくしていきましょう。社会人として最初から奇抜にしすぎるのは危険です。

会社でバレないインナーカラーおすすめ④ロングスタイルは細目に入れる

会社でバレないインナーカラーのおすすめつ目はのロングスタイルは細目に入れることです。インナーカラーと同じでようなカラーリングで、全頭ウィービングというものがあります。全頭ウィービングとは細かいメッシュ状のものは全体にまんべんなく入れる方法を言います。

皮膚が弱い人や髪の毛が伸びてきたときにわかりにくくする効果があります。全体を一度染めてからウィービングをすると全体をふんわり明るくすることができますのでこちらもおすすめです。

会社でバレないインナーカラーおすすめ⑤社会人ならブリーチを控える

会社でバレないインナーカラーのおすすめの5つ目は社会人ならブリーチを控えることです。インナーカラーにおいては明度差が5レベル以上でないと周りから見てオシャレとは認識されにくいでしょう。明るくするだけではなく暗くする選択肢があるということも頭に入れておいてください。

ブリーチを使うと簡単に明るくすることができますので、青や緑などの寒色系であってもきれいな色味を出すことができます。しかしやはり褪色が早いことが難点です。ブリーチは色が抜けるのがとても速いのでその部分だけカラーを頻繁にするのも方法の1つではあります。

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方5選

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方①お団子にする

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方の1つ目はお団子にすることです。一番簡単で一番わかりにくいでしょう。ですが髪の毛をねじって巻き付ける人はねじったときにインナーカラーの部分が表に出ないように気を付けましょう。

髪の毛が長い人であればインナーカラーの部分だけを先にまとめてしまってもいいかもしれません。細かい作業にはなりますが会社にバレないようにすることのほうが重要なので、オシャレよりも社会人としてきちんとすることを優先させましょう。

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方②黄色が出ないような色

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方の2つ目は黄色が出ないような色を選ぶことです。簡単なのはブリーチをしないことです。控えた方がいい色味は、アッシュ、マット、シルバーなど元々色素が薄めの色です。この3色は明るくした髪の毛に塗ってこそ発色するので、10レベルぐらいの明るさではわかりません。

20代から40代ぐらいの働く女性の明るさはだいたい10レベルが多いでしょう。ブリーチをするのが一般的かもしれませんが、その時はベースの明度を下げましょう。全体が暗くなるとインナーカラーもオシャレに見えてきます。

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方③ハーフアップ

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方の3つ目はハーフアップにすることです。耳の上にいれている場合はまとめてしまいましょう。表面に表れないようにするためにも分け目を大切にしてください。襟足に入っている場合にはアップは小さくまとめるのをおすすめします。

細目に入れておけば目立つことは軽減されます。逆に巻いたときにきれいに出てくるのでいつもと違うヘアスタイルを楽しめるでしょう。左右で太さを変えることのもいいかもしれません。ハーフアップで左右どちらかに分けるとアレンジの幅も広がります。

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方④ヘムラインに入れない

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方の4つ目はヘムラインに入れないことです。顔回りはもちろんのことですが、襟足のほうにも入れない方がいいでしょう。髪の毛をまとめるときにヘムラインは必ず表に出てきます。

まとめることが多いのであればなおさら控えましょう。なるべく中に入れておく方が無難です。もし会社にバレてしまったら今後一切カラーが禁止になってしまう可能性もあります。周りにも影響することもあるので迷惑にならないように注意しましょう。

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方⑤ポニーテール

会社でインナーカラーがバレない・目立たない結び方の5つ目はポニーテールにすることです。この場合はインナーカラーを担当してくれる技術者に必ず相談しましょう。「普段はポニーテールにすることが多いです」と伝えるとわかりにくい場所を提案してくれます。

急な葬儀などでの派手なインナーカラーの隠し方は?

急な葬儀などでの派手なインナーカラーの隠し方①ベースは明るくしすぎない

急な葬儀などでの派手なインナーカラーの隠し方の1つ目はベースは明るくしすぎないことです。法事はいつのタイミングで行かないといけないかは誰にもわかりません。そんなときにも対応できるように最初からベースを明るくしすぎないことが基本です。全体が暗く仕上がっていれば隠す方法はいくらでもあるのです。

ショートヘアや表面が明るすぎる場合には最終手段として黒彩を振る方法もあります。黒彩とは黒い髪の毛にするスプレーです。一時的なものなのでその場しのぎの対策法ではありますが、あまりにも非常識な髪型でいくよりはいいかもしれません。洋服が汚れないように気を付けましょう。

急な葬儀などでの派手なインナーカラーの隠し方②被せるような結び方をする

急な葬儀などでの派手なインナーカラーの隠し方の2つ目は上から被せるような結び方をすることです。一番確実なのは二段階に分けてまとめることです。入れている場所にもよりますが、インナーカラーの部分を先にまとめてベースの髪の毛で包むようにすると表にはでません。

例えば襟足にインナーカラーを入れている人であれば、耳の高さで上下に二つの分けます。襟足を先にお団子にして小さくまとめてしまいます。上から被せるようにもう一度お団子を作りましょう。出来上がってからは後ろをしっかり確認することを忘れないでください。

バレないインナーカラーでヘアスタイルを楽しみましょう

髪型にはいろんな楽しみ方があります。ヘアスタイルを変えるのもいいですし、パーマを当てるのもいいでしょう。その中でもカラーリングは切っても切れない関係です。しかしあまりに明るすぎる場合は会社の秩序が乱れるのである程度の制限がかかってきます。

全体的に明るくするのもオシャレかもしれませんが、普段見えないところにさりげなく手をかけているのもまた素敵に見えます。会社に行くときとプライベートでヘアスタイルに違いが出ればよりオシャレに力が入ります。会社帰りに遊びに行くときもアレンジができます。バリエーションを増やしてカラーリングを楽しみましょう。

大切なのはオシャレを楽しむことと周りを不快にさせないことです。見ていて上品と思ってもらえるインナーカラーをするよう心がけましょう。自分だけ楽しんで会社の規則が厳しくならないように配慮するのも社会人として大切なことです。オシャレにこだわりのある人はこちらの記事もご覧ください。

関連記事

アッシュグレージュの髪色24選ブリーチ無しで出来るヘアカラー画像も!明るい&暗い

おしゃれな髪色のアッシュグレージュは、ブリーチがなくてもできるのでとて

Small thumb shutterstock 457699867

関連記事

パープルの髪色23選!ブリーチ無しで出来るヘアカラー画像も!明るい&暗い

みなさん、最近話題の髪色「パープルヘアカラー」をご存知ですか?周りと差

Small thumb shutterstock 534963766

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事