Icon search 36px

梨の保存方法・仕方|使用するアイテム・物は?

梨の保存方法・仕方①保存にはラップが有効!

梨の保存方法・仕方で、よく使われているアイテムは「ラップ」になります。このラップがあることで、梨の保存期間を長くすることができます。梨を日持ちさせるためには、梨の水分を保つことが大切です。そのため、ラップを使って梨を包むことで、梨の水分が逃げることを防ぐことができるためおすすめのアイテムです。

そんな梨の保存のために使われているラップですが、そのラップは日用品として常日頃から使われています。そんなラップは、どのようにして収納しておくと便利なのでしょうか。ラップの収納方法などのアイデアを、紹介している関連記事を付属するので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

難易度別|ラップの収納方法・アイデア15選!100均・DIYも!

今回は、日用品として手にすることも多いラップの収納方法のご紹介です。ラ

Small thumb shutterstock 518547550

梨の保存方法・仕方②フードバッグかタッパーがおすすめ!

梨の保存方法・仕方でおすすめなアイテムは、「ジップロック・タッパー」になります。初めにラップが重要なアイテムだと紹介しましたが、そんなラップを包んだ梨を保存する仕方には、更に梨が空気に触れないようにするために、ジップロックやタッパーに入れてから、保存することをおすすめします。

そんな梨を保存する仕方に、タッパーが役立つことを紹介しました、そんなタッパーなどの保存容器は100均でも購入することができます。そんな100均で購入できるタッパーの関連記事を下記に付属しているので、ぜひタッパーなどの保存容器を購入するときの参考にしてください。

梨の保存!おすすめの方法・仕方は?

梨の保存おすすめの方法・仕方①冷蔵保存が基本!

梨は、収穫された後でもずっと呼吸を続けています。その梨が呼吸するには梨にある糖分と水分を使っているため、時間が経てば経つほど味も落ちますし、水分も減っていきます。そのためそのまま放置してしまうと、すぐに傷んでしまい食べられなくなります。そのため梨を保存する場合には、条件を守る必要があります。

梨の保存の条件とは、「冷暗所」に保存することになります。梨は冷暗所に保存することで、梨が含んでいる水分が逃げにくくなります。果物の中には、低温障害がおこりやすいタイプもありますが、梨はその冷温障害がおこりにくい果物のため、梨を保存するときの仕方は常温ではなく、冷蔵に入れることをおすすめします。

梨の保存おすすめの方法・仕方②時間を置くなら冷凍しよう

梨は、水分があるためその水分が逃げないように、冷暗所で保管する方がいいため、冷蔵庫に入れることをおすすめしましたが、いくら冷暗所で保管していても、保管期間はある程度日持ちはしても長期化させるのは難しいです。そんな梨を、長期的に保存させるためには「冷凍」することをおすすめします。

そんな梨を冷凍する場合には、砂糖水や塩水などで酸化止めの処理をした後で、冷凍することをおすすめします。酸化止めすることで、梨を長期間保存しても変色しづらくなるためおすすめです。

梨の保存方法・仕方|注意するポイントは?

梨の保存方法・仕方の注意するポイント①梨のヘタは下にして置く

梨を保存する場合に気をつけるべきポイント1つめは、梨のヘタに注意することになります。梨を保存するときには、梨をラップで巻いて水分が飛ばないようにした後に、またジップロックに入れて再度ブロックします。その後に、冷暗所において保存していきますが、その保存するとき、ヘタを下にした状態で保管しましょう。

ヘタを下にする理由は、梨が呼吸をヘタの部分でしているからです。そのためヘタを下にすることで、呼吸数を減らすことができるため梨を保存するときにはヘタを下にして保存しましょう。

梨の保存方法・仕方の注意するポイント②冷蔵庫は野菜室に入れる!

梨は、冷温障害がおこりにくいため、冷蔵庫に入れて保管することを紹介しましたが、そんな冷蔵庫の中でもおすすめなのが、「野菜室」になります。冷蔵庫に入れると、気温は適温になりますが次に乾燥するのがきになります。同じ冷蔵庫内でも、冷蔵室と野菜室では野菜室の方が「湿気」が多いからです。

紹介しているように、同じ冷蔵庫の中でも湿気が多いのが野菜室なため、梨を保存するときの注意点として、冷蔵庫に入れるときには野菜室に入れましょう。そのため情報をまとめるとラップを巻いてフードバッグに入れた梨を、ヘタを下にして野菜室で保存するのが、梨を長期間保存するときの基本になります。

梨の状態でも保存期間は違う?

常温保存なら日持ち期間は3~4日間!

梨を常温で保存した場合の保存期間は「3~4日」になります。この場合の、保存期間は3~4日とは、1玉丸ごとを保存した場合になります。またそのまま置いておくのではなく、適正に水分が飛ばないようにラップで包んだ後に、ジップロックなどの袋に入れて保存するなど正しい保存方法で保存していた場合になります。

また保存場所は、冷蔵庫に入れない場合にも、太陽などの直射日光を避けた冷暗所に置いておくと、保存期間を少しでも長くできる場合もあります。しかし、常温である外気温が低い場合には、保存期間が長くなる可能性もありますが、その反対で外気温が高い場合には3~4日も日持ちしない場合もあります。

梨の保存方法を紹介しましたが、生の果物はギフトとしても貰ったり、贈ったりすることがあります。そんな果物ギフトはどんなものが人気なのでしょうか。その果物ギフトについて詳しく紹介している記事を下記で紹介しているので、ぜひ果物をギフトとして贈るときの参考にしてください。

関連記事

おすすめの果物ギフト18選!人気のプレゼント・ブランドは?安い贈り物も

旬を感じられる果物は、長い間ギフトとして親しまれており、今でもプレゼン

Small thumb shutterstock 524210419

冷蔵保存なら1週間は美味しく食べられる

梨を冷蔵庫に入れて保管した場合の保存期間は「1週間程度」になります。この場合は、梨を1玉丸ごと保存した場合になります。また食べるためにカットした場合には、1ずつラップをしてタッパーなどに保存した場合には、1週間程度日持ちします。しかし、日持ちと味は比例しないため、日が経つにつれて味は落ちてきます。

また酸化止めの処理をしていても、梨の色が茶色くなってきます。そのため、カットした梨の場合には、少しでも早く食べることをおすすめします。

冷凍保存なら長期間可能で1ヶ月は保存ができる!

梨を冷凍保存した場合には、「約1ヶ月程度」は長期保存しておくことが可能です。しかしこの場合には、梨をそのまま保存しても食感や味などが変わります。そのため梨を保存しておくというよりも、梨を加工した物を冷凍保存しておくと考えましょう。

そんな梨を加工品して冷凍しておくと、食べたいときに加工品をそのまま食べてもいいですし、その加工品から他の物へとアレンジすることも可能なため、すぐに食べない場合にはおすすめの保存方法です。

梨は冷凍保存も可能?

梨を冷凍保存するならコンポート・シャーベットがおすすめ!

梨を長期間保存する場合には、冷凍をおすすめしていますが、梨を冷凍するデメリッと梨特有の美味しい食感はなくなります。そのため梨の、シャーベットやコンポートなどに加工してから、冷凍しましょう。また冷凍前に梨を加工することで、そのままでも食べられますし、その後にアレンジすることも可能なためおすすめです。

そんな梨の加工品であるシャーベットの作り方はとても簡単で、すりおろし器やそんな梨の加工品しておくと、加工品をそのまま食べてもいいですし、アレンミキサそんな梨のコンポートや、シャーベットは冷凍するときに、一度冷凍庫に入れものを取り出してもみほぐしてから再度冷凍することで完全に固くなりません。

そのため使いたいときに、好きな量を取り出せるためおすすめです。また色の変化が気になる場合には、レモンと砂糖を加えて酸化止めをしておくと、梨の色が変化しにくいのでおすすめです。もう1種類のコンポートの作り方を下記に付属します。

    梨のコンポートの作り方

  1. 1梨(1玉)をくし切りにします。
  2. 2くし切りにした梨にオリーブオイルと砂糖をまぶします。
  3. 3その後電子レンジ(600W)で3分加熱します。
  4. 4一度取り出して、梨をかき混ぜます。
  5. 5梨を混ぜたらプラスで1分加熱したら完成です。

加工した冷凍梨をアレンジしてみよう!

梨を冷凍保存の仕方では、梨を加工してから冷凍することをおすすめしましたが、そんな加工した梨はそのまま食べるのもいいですがアレンジすることも可能です。そんなアレンジ方法で一番おすすめなのが「梨のパイ」になります。そんなパイ生地は、最近では冷凍のパイシートがあるため、それを使うことをおすすめします。

そのパイシートを伸ばして好きな形にしてから、そこに冷凍した梨のコンポートをカットした物をのせて包み、オーブンで焼けば梨のパイが完成です。同じ要領でタルト生地にのせたりしても、とても美味しいためおすすめです。また刻んだコンポートをアイスクリームに添えても美味しいですし、お洒落に飾ることができます。

その他にもパウンドケーキに入れたり、焼き肉ソースに混ぜても美味しいですし、煮物の隠し味にも使えます。またおろした梨で、肉を浸けることで柔らかくなるためおすすめです。このように冷凍梨を含めて、梨を料理のアレンジに使うことで美味しく食べることができます。

梨は正しく保存して美味しく食べよう!

今回は、梨の保存方法を紹介しています。そんな梨の保存の仕方は、冷蔵庫などの冷暗所に保存することが基本中の基本です。また冷蔵に入れるときには、水分が飛ばないようにすることが大切なため、ラップで包んだ後に袋に入れるなど工夫する必要があります。そんな梨は、冷蔵庫保存だと長くて1週間程日持ちさせられます。

しかしそれ以上保存したい場合には、冷凍保存をおすすめですが、冷凍保存した場合には梨の特徴の食感がなくなってしまうため、加工することをおすすめします。またこの加工した梨はアレンジを楽しむことができます。そんな梨は、いろいろなことに使えるため、正しく保存していろいろな使い方をしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事