Icon search 36px

ゴージャスな髪色「ホワイトアッシュ」って?

メンズにも人気の髪色ホワイトアッシュの概要

ホワイトアッシュは、一言で言ってしまえばホワイトカラーにグレーを足したヘアカラーです。画像のように海外セレブのようなゴージャスな雰囲気になるのも特徴の一つですが、髪型によってはクールにもなるのでメンズからの人気も高い髪色です。

似たような色にホワイティアッシュという髪色があります。以下の記事でその髪色について詳しく言及されているので、併せて目を通してみてください。

関連記事

ホワイティアッシュの髪色25選!ブリーチ無しで出来るヘアカラー画像!明るい&暗い

大人気のヘアカラー、ホワイティアッシュとは、どのような髪色なのでしょう

Small thumb shutterstock 415629373

髪色ホワイトアッシュはブリーチなしで出来る?出来ない?

ブリーチなしできれいなホワイトアッシュに染めるのは、まず出来ないと考えて良いです。ブリーチなしの場合薄く白が出ることもありますが、画像のようにほぼ地毛の色と変わらないパターンがほとんどです。

地毛の色を活かしたアッシュヘアにしたい場合は、ブリーチなしでも問題ありません。しかし、髪をきれいなホワイトに染めたいという場合は、やはり数回ブリーチをするのが適切と言えます。

ブリーチありの明るいホワイトアッシュヘアは?

【明るい髪色】ブリーチありホワイトアッシュヘアカラー①:ベージュ系

ホワイトアッシュ自体は元々明るいヘアカラーですが、ブリーチをすることによってより鮮明に白が浮かび上がってきます。元の髪色にもよりますが、2、3回やればトップから毛先まできれいなホワイトの髪色になりますよ。

普通のホワイトカラーではなくアッシュが加えてあるので、奇抜になりすぎずどこかシルバーヘアのようにも見えます。ベージュ系だとなお落ち着きが出ますよ。

【明るい髪色】ブリーチありホワイトアッシュヘアカラー②:黒髪ベース

ブリーチありでも、黒髪ベースならほんのりと地毛の黒が浮かび上がって一風変わったホワイトアッシュヘアになります。画像のような髪色に仕上げたい場合は、トップのブリーチをやや控えめにするのがポイントです。

ハイライトが入っていないので、純粋なホワイトアッシュのヘアカラーになっているのがおしゃれですよね?まるで毛糸のような髪質に見えるこの髪色なら、周りから一目置かれること間違いないでしょう。

【明るい髪色】ブリーチありホワイトアッシュヘアカラー③:金髪系

金髪ベースのプラチナ風ホワイトアッシュは、まさに外国人のようなゴージャスな雰囲気が出せるヘアカラーです。海外セレブのようにツヤのある髪質にしたい場合はハイライトアレンジなどが必要ですが、ブリーチをしたホワイトアッシュの場合はそれがなくても輝くような髪色に見えますよ。

ブリーチ前の髪色が金髪ではなくても、何回かブリーチをすれば簡単にプラチナ風のホワイトアッシュヘアが作れます。よりプラチナカラーに近づけたいという人は、ベージュ系の色を足してみましょう。さらに詳しいプラチナ系のヘアカラーの特徴は、以下の記事が参考になりますよ。

関連記事

プラチナベージュの髪色23選!ブリーチ無しで出来るヘアカラー画像も!明るい&暗い

プラチナベージュのヘアカラーとは、一体どのような髪色なのでしょうか?今

Small thumb shutterstock 444923386

ブリーチなしの暗いホワイトアッシュヘアは?

【暗い髪色】ブリーチなしホワイトアッシュヘアカラー①アッシュブラウン系

ブリーチをしないホワイトアッシュのヘアカラーは、ほぼ地毛の髪色と変わりません。ですが、地毛よりもくすんで柔らかい印象になるので、元の髪色の良さを活かしたいという人にはブリーチなしのホワイトアッシュが向いています。

1回ではほぼ色は変わりませんが、何回もカラーリングを重ねるとほんのりとホワイトに染まるようになります。あまり染めすぎると髪の傷みの原因となるので、きれいな白に染まらないとしてもほどほどに留めておきましょう。

【暗い髪色】ブリーチなしホワイトアッシュヘアカラー②グラデーション風

部分的に何回も染色を重ねると、グラデーションアレンジのような髪色になることもあります。ブリーチありのほうが楽ですが、あえてブリーチをせずに染めることでメリハリのあるグラデーションヘアになりますよ。

毛先を中心に部分的に染めるので、髪全体に負担がかかることもありません。ツヤ髪を保ちつつパパッとカラーリングしたいときにピッタリのヘアカラーです。

【暗い髪色】ブリーチなしホワイトアッシュヘアカラー③グレージュ風

アッシュ系よりもさらにグレーの色味が足されたグレージュヘアをご存知ですか?黒髪でホワイトアッシュに染めると、まさにそのグレージュ系のような髪色に変身します。ほんのり霞がかったヘアカラーになるのが、こなれ感満載でとてもキュートですよね?

具体的にグレージュの髪色を知りたいという人は、以下の記事をチェックしてみましょう。ピンクグレージュというピンク系のグレージュヘアがメインですが、グレージュとはどういうヘアカラーなのかも知ることができますよ。

関連記事

ピンクグレージュの髪色16選!ブリーチ無しで出来るヘアカラー画像も!明るい&暗い

今、人気急上昇中のヘアカラー「ピンクグレージュ」とは、一体どのような髪

Small thumb shutterstock 603919916

セクション・デザイン別のホワイトアッシュヘア

ホワイトアッシュ×ハイライト

ホワイトアッシュをツヤのある髪色に見せたいならハイライトを入れましょう。ハイライトは髪全体に入れるのではなく、トップや毛先など要所要所に入れることで立体感のあるヘアスタイルになります。

ホワイトアッシュのヘアカラーの場合、ハイライトはやや強めに入れたほうがツヤっぽくなります。もちろん、ブリーチの有無によって変わるので、頃合いを見ながら調整してくださいね。

ホワイトアッシュ×グラデーション

ホワイトアッシュは、明るいヘアカラーのグラデーションにも暗いグラデーションにも対応できる髪色です。色々なバージョンのグラデーションが作れますが、髪の傷みが気になるなら地毛の色からホワイトアッシュに変わるアレンジがおすすめですよ。

アッシュホワイト×ローライト

ローライトを使ったことがないという人も多いでしょう。しかし、ローライトを使うことで髪の動きに柔軟性を持たせることができるため、おしゃれの幅がぐんと広がるかもしれませんよ。

ホワイトアッシュに限らず、ローライトはハイライトと併用するのがおすすめです。ハイライトはツヤを出したい部分に、ローライトはメリハリをつけたい部分にサッと入れるようにしましょう。

ホワイトアッシュ×インナーカラー

今人気のインナーカラーも、ホワイトアッシュにすると一気にサブカル風に大変身します。髪全体をホワイトに染めることをためらっている人でも、髪の毛の中なら挑戦しやすいですよね?

画像は暗いヘアカラーに明るいホワイトアッシュのインナーカラーを施したデザインですが、もちろん逆でもOKです。明るいベースカラーにすると、原宿系の若者ヘアになりますよ。

髪型別のホワイトアッシュヘア【髪色画像】

ホワイトアッシュ×ショートヘア【髪色画像】

ホワイトアッシュのショートヘアは、画像のとおりかっこよさ満点の髪型になります。そのため、レディースだけではなくメンズからも支持を得ています。グレーが強いホワイトアッシュは、ハイライトを入れてグレージュっぽく見せるのもおしゃれテクの一つです。

上の画像よりも白っぽさが増したホワイトアッシュのショートヘアです。ハイライトも何も入れていない純粋なホワイトアッシュヘアが、マッシュショートの可愛さを引き立てています。ブリーチをすることで、さらに白く染めることが可能ですよ。

ホワイトアッシュ×ショートボブ【髪色画像】

ショートボブのホワイトアッシュは、ショートヘアとはまた違ったかっこよさが魅力です。ショートヘアのようにパンクなかっこよさも残りますが、それと同時に可愛さも加わっています。ブリーチを少なめにして地毛の色を残すと、ボブのラウンドカットがより立体的に見せることができます。

ブリーチを多めに行ったハイトーンのホワイトアッシュヘアです。ブリーチが多めといっても、かすかに元の髪色も感じられるので、それほど目立つ見た目にはなっていませんよね?ショートボブのゆるさも、ハイトーンカラーの持つ厳つさを上手く抑えています。

ホワイトアッシュ×ボブ【髪色画像】

光に当たるとシルバーヘアのようにも見えるおしゃれなホワイトアッシュヘアです。しっかりブリーチはしてありますが、グレー感が強いのであからさまなホワイトヘアにはなっていませんよね?画像のような、少しレトロなコーデに似合いますよ。

上の画像とは打って変わり、ブリーチが少ない暗いアッシュホワイトのヘアカラーです。所々に地毛の黒さが見えるのが何ともおしゃれですよね?地毛とホワイトアッシュのコントラストは、巻き髪にするほうがきれいに見えます。

ホワイトアッシュ×ロブ【髪色画像】

ほぼブリーチなしで染めたホワイトアッシュのロブヘアです。元の髪色が目立っていますが、細かな部分でホワイトもしっかり主張しています。さり気なくローライトとハイライトを使い分けている点にも注目です。

こちらの画像も、ハイライトとローライトを巧みに使ったヘアスタイルです。それに加えベージュ系のカラーを加えた「3Dカラー」という手法を用いたおしゃれヘアなので、アレンジに困った際の参考にしてみてくださいね。

ホワイトアッシュ×ミディアム【髪色画像】

黒髪と合わせると、画像のようなブルージュっぽいアッシュヘアになるのもホワイトアッシュの特徴の一つです。どの髪の長さにも合いますが、万人ウケを狙うなら質素にもうざったくもならないミディアムがちょうどいいですよ。

薄く淡い色合いを指す「ペールトーン」をご存知ですか?このペールトーンとホワイトアッシュを組み合わせることで、フェミニンさ全開の最強に可愛いヘアスタイルが完成します。画像はピンクがベースですが、オレンジ系やブルー系にも合わせやすいアレンジです。

ホワイトアッシュ×セミロング【髪色画像】

地毛の色が暗いと、ブリーチを数回やって染めても落ち着きが残るヘアカラーになります。画像もブリーチを何回か重ねた髪色ですが、必要以上に派手なヘアカラーにはなっていませんよね?さらにセミロングの状態で染めることで、大人っぽく上品な雰囲気が出せますよ。

「セミロングのホワイトヘアは派手になりそう」という声も多く聞かれますが、ホワイトアッシュはグレーが足されるのでイメージほどキツい印象にはならないでしょう。さらにハイライトを足せば、まとまりのあるプラチナカラーに大変身です!

ホワイトアッシュ×ロング【髪色画像】

ロングのホワイトアッシュもセミロング同様に派手になるイメージが強いですが、意外にも上品な見た目になりますよ。画像のようにきれいなホワイトアッシュにするには何回もブリーチをする必要がありますが、ロングの場合は時間がかかる上に傷みやすいので自身の髪質と相談しながら染めましょう。

ロングのホワイトアッシュヘアでよく見かけるのが、グラデーションアレンジです。髪の健康を考えるなら画像と同じ暗い髪色のグラデーションがおすすめですが、周りとの差別化を図るならホワイトアッシュのベースに明るいヘアカラーを足すやり方をおすすめします。

オシャレ髪色へ!ホワイトアッシュに染める市販ヘアカラー

市販ホワイトアッシュヘアカラー①:ホーユービューティーン

市販のヘアカラー剤できれいなホワイトアッシュに染める商品はなかなか見つかりませんが、グレーアッシュなら限りなくホワイトアッシュに近い髪色に染めることが可能です。中でもビューティーンのヘアカラー剤はムラができにくいと評判ですよ。

元が黒髪系の暗い髪色の場合は、1回染めるだけでは白さが浮き出ないこともあります。はっきりとしたアッシュ系に染めたい人は、一度ブリーチをしてからカラーリングしてみましょう。

市販のホワイトアッシュヘアカラー②:YSパークホワイトブリーチ

YSパークのブリーチ剤は、白っぽく色が抜けると話題です。ホワイトアッシュ系のヘアカラー剤ではありませんが、使い方によってはほんのりと白みが足される程度に色を抜いてアッシュ系の髪色にすることも出来ますよ。

美容院もおすすめするブリーチ剤なので、髪の傷みが気になる人でも安心して使えます。しかし、加減を調節しないとブロンドのようになってしまうこともあるので、注意書きをよく読んでから使うようにしてください。

POINT

市販ヘアカラー剤を使う際のポイント

染めたい髪色の濃さに応じて、薬剤の量や染める時間を調整しましょう。薬剤をつけた後にラップを頭に巻くと、ムラなくきれいに染めることが出来ます。

ホワイトアッシュのヘアカラーに類似する髪色・髪色アレンジは?

ホワイトアッシュに類似・髪色アレンジ①:グレーアッシュ

グレーアッシュは、ホワイトアッシュのグレーをさらに濃くしたような髪色です。ホワイトアッシュのブリーチなしの暗い色や、数回ブリーチをしたヘアカラーというとイメージしやすいですよね?この髪色は、アッシュヘアよりもグレージュっぽい印象になります。

ホワイトアッシュに類似・髪色アレンジ②:シルバーアッシュ

シルバーアッシュは、ホワイトアッシュといっても見分けがつかないくらい似ているヘアカラーです。「シルバー」とついているとおり、ホワイトよりもくすんだグレーに近い髪色になります。地毛の黒を残した明るいホワイトアッシュの髪色と言っても良いでしょう。

ホワイトアッシュに類似・髪色アレンジ③:アッシュブロンド

こちらの画像は、ブリーチをした明るいホワイトアッシュの髪色に似ているアッシュブロンドのヘアカラーです。ブロンドという言葉があるように、白に薄っすらとベージュが混じっているのが分かるでしょう。画像はトップの色を残していますが、しっかりブリーチをするとより明るいブロンドヘアになりますよ。

ホワイトアッシュでアレンジの幅を広げよう!

ホワイトアッシュはそれだけで独特なヘアスタイルになるだけではなく、地毛の色との組み合わせによって様々なアッシュヘアが作れるのが魅力です。ブリーチをした明るいホワイトの髪色も、ブリーチなしの暗い地毛に近いアッシュヘアもどちらも可愛いので、まずは自分の好みに合わせたヘアカラーで染めてみましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事