Icon search 36px

可愛いマスクの選び方3選

①大きめのマスクを選ぶ

1つ目の選び方は大きめのマスクを選ぶことです。マスクには色々なサイズがありますが、小顔効果を狙うなら大きめのサイズがおすすめですよ!顔の輪郭も隠れるので、小顔効果が高まります。

マスクのサイズには男女兼用、女性・子供用などの種類があるので、小顔効果を狙う場合は男女兼用にしましょう。頬や顎などもすっぽりと隠れるので、シャープな小顔美人に見えます。

②ピンク色のマスクを選ぶ

2つ目の選び方はピンク色のマスクを選ぶことです。マスクはスタンダードな白以外に、様々な色の種類がありますよね。中でも女性が美人に見える色として、ピンクがおすすめです。

ピンク色のマスクは顔の血色感もプラスできるので、マスクで暗くなりがちな印象も明るくなります。また、女性らしい印象の色なので、優しさや可愛らしさも強調できますよ!ピンクにも濃い、薄いなどの種類があるので、顔の雰囲気やパーソナルカラーに合わせて選ぶのがコツです。

③柄やワンポイント入りのマスクを選ぶ

3つ目の選び方は、柄やワンポイント入りのマスクを選ぶことです。マスクは白無地以外に、柄やワンポイントなどの装飾入りデザインも、多くあります。ファッションに合わせておしゃれなマスクを選ぶと、より可愛いマスク姿になりますよ!

ガーリーコーデやフェミニンコーデの日は、花柄やレース素材のマスクがおすすめです。また、色や柄をその日のコーデに統一しても、マスクだけが浮かずにおしゃれな仕上がりになります。楽しい柄の入ったマスクなら、不健康なイメージにならず可愛い付け方ができますよ!

なお、可愛いデザインのマスクは別の記事でも詳しく紹介しています。定番の白無地マスクよりもおしゃれなデザインがいいという方は、是非こちらの記事もチェックしてみてくださいね!

関連記事

「量産型マスク女子はイヤ」可愛い人気マスク15選!風邪の時にも差がついちゃう♡

風邪や花粉症の対策に欠かせないマスクですが、どうせなら可愛いデザインを

Small thumb shutterstock 451347517

マスクの可愛い付け方とコツ3選

付け方①下まぶたから指一本分あけて付ける

女性の目元

1つ目は下まぶたから指一本分あけて付ける方法です。マスクは付け方にもコツがあり、ポイントを押さえるとより可愛い付け方になりますよ!目とマスクの位置は、指一本分あけるのが黄金比になります。

鼻がしっかりと隠れる位置にマスクを付けたら、下まぶたに指を置き、指一本分になるよう調節しましょう。この位置にマスクを付けると、目元をしっかり見せつつきちんと鼻と口を守れる付け方になりますよ!

付け方②フェイスラインに合わせて付ける

女性の顔

2つ目はフェイスラインに合わせて付ける方法です。プリーツマスクの場合、蛇腹部分を顎下まで伸ばして顔をすっぽり隠す付け方をしがちですよね。しかし、顎下まで伸ばすと、顔が長く面長に見えがちです。

自分のフェイスラインに合わせるように、伸ばす位置を調節するのが美人に見えるコツです。なお、プリーツタイプではないマスクの場合は、そのまま着用して問題ありません。

付け方③マスクの中央に折り目を付ける

鼻を触る女性

3つ目はマスクの中央に折り目を付ける方法です。マスクを付けても彫りを深く見せるコツは、なるべく顔の凹凸をしっかり強調することです。そのためには、マスクの中央上部、鼻の部分に折り目を付けるのがポイントです。

マスクを真ん中から半分に折り、ちょうど鼻の部分になる上半分に折り目を付けます。すると、マスクにより立体感が出るので、着用時に顔が立体的に見えます。彫りの深さが強調されるので、パーツがしっかりと見えるようになりますよ!パーツが際立つので、小顔効果も強調されます。

マスクの可愛い付け方におすすめのメイク5選

①明るく血色感のあるアイシャドウにする

1つ目は明るく血色感のあるアイシャドウにする方法です。マスクを付けた時は、唯一見えるパーツのアイメイクが一番のポイントになります。目元のメイクをしっかりすることで、マスク姿でも可愛い印象になりますよ!

ポイントは、明るく血色感のある色のアイシャドウを使うことです。例えばピンク、オレンジといったカラーは、目元が健康的に見えるのでおすすめですよ!メイクで血色感を出せば、マスクの不健康な印象もなくなり、健康的な美人に見えます。

②ノーズシャドウを付ける

2つ目はノーズシャドウを付ける方法です。ノーズシャドウは鼻筋を強調して彫りを深く見せるアイテムですが、マスク美人に見せるときも役立ちます。マスクで鼻のほとんどが隠れてしまっても、見える部分をメイクするのがコツです。

ノーズシャドウを付ける位置は、眉頭の下から目の内側あたりまでの場所です。マスクを付けた時下まぶたから指一本あけているので、その部分にシャドウを入れましょう。目元の彫りが深くなるので、美人に見えやすくなります。

③目の周りCラインにチークを入れる

3つ目は目の周りCラインにチークを入れる方法です。マスクを付けると顔のほとんどが隠れてしまうため、チークも使わなくなりがちですよね。しかし、頬ではなく目の周りにチークを使うメイクは、血色感がプラスできるのでおすすめです。

Cラインとは目尻から目の下までを、Cの字になるように結んだ位置です。ここにカーブを描くようにチークを付けると、アイメイクと繋がったように見えて、自然な血色メイクになりますよ!

④目と眉ははっきりさせる

4つ目は目と眉ははっきりさせる方法です。マスクを付けている時は、なるべく見えているパーツをはっきりさせるのがコツです。目と眉は特に重要なパーツなので、はっきりさせるとマスク美人に見える仕上がりになりますよ!

アイメイクはきつくならないよう、ブラウン系のアイラインとマスカラで仕上げるのがポイントです。アイブロウも同様にブラウンを使い、眉をはっきりさせるとぼんやりしないメイクに仕上がります。

⑤メイク崩れ防止スプレーを付ける

5つ目はメイク崩れ防止スプレーを付ける方法です。メイクをしてからマスクを付けるときは、メイク崩れ防止スプレーをしておくのがおすすめです。崩れやすいメイクも、長時間キープできますよ!

マスクを付けるとマスクを付けた部分による摩擦や、蒸れによる汗などでメイクが崩れがちです。しっかりとメイク崩れ防止スプレーをしておくことで、摩擦や蒸れにも強いメイクが完成します。

なお、マスクをした時に崩れないメイクが気になる方は、別の記事で紹介している化粧法も参考にしてくださいね。マスクメイクにおすすめのコスメも合わせて紹介しています。

関連記事

【よれない・崩れない・つかない】最強のマスク化粧法を紹介!おすすめコスメも

マスクをしててもよれない化粧方法をご存知ですか?今回は、最強のマスク化

Small thumb shutterstock 348665135

マスクの可愛い付け方におすすめの髪型3選

①顔周りをすっきりさせる髪型にする

1つ目は顔周りをすっきりさせる髪型にすることです。マスクを付けるときの髪型は、顔の周りに髪の毛が落ちないようまとめるのがおすすめです。長すぎる前髪や顔にかかるような長い髪は、マスクと合わせると暗く見えがちです。

目元がしっかり見えるような長さの前髪や、斜め分けにした前髪は顔が明るく見えます。また、長い髪の毛はまとめ髪にしたり、ハーフアップにしたりすると、明るい印象になりますよ!

②全体に清潔感を出す

2つ目は全体に清潔感を出すことです。アホ毛が立っていたり毛先がボサボサしていたりと、不潔感のある髪型はマスク姿を悪印象にしてしまいます。全体的に清潔感が出るよう、綺麗にまとめた髪型にするのがマスク美人のコツです。

アホ毛や毛先の広がりなどは、ジェルやワックスで整えましょう。長い髪の人は、ポニーテールやローポニー、お団子などの髪型もおすすめです。まとめ髪にすれば、マスクでも清潔感のある髪型になりますよ!この時顔のサイドに少しおくれ毛を作ると、こなれ感のある髪型に仕上がります。

③ヘアアクセでアクセントを加える

3つ目はヘアアクセでアクセントを加えることです。マスクは顔の半分を隠してしまうため、どうしても地味な印象に見えがちです。華やかさをプラスするなら、おしゃれなヘアアクセを付けるのがおすすめですよ!

ハーフアップやまとめ髪などの髪型には、バレッタやシュシュなどを付けてみましょう。また、顔周りに可愛いピンを付ければ、印象も明るくなり小顔効果も狙えます。ピンやヘアアクセは、ゴールドやキラキラした素材だと、地味見えするマスク姿に華やかさを加えてくれます。

【番外編】顔の形別に見るマスクの可愛い付け方・選び方とは?

①丸顔×大きめプリーツマスク

丸顔の人には、大きめプリーツマスクがおすすめです。顔の縦幅が短く輪郭の丸みが強い丸顔タイプは、大きめのプリーツマスクで輪郭を隠す付け方がおすすめです。

選び方としては、女性・子供用の小さめサイズより、男女兼用の大きいサイズがおすすめです。プリーツの幅自体も広めのものを選ぶと、丸顔でもすっきり小顔に見える付け方ができますよ!

②面長×横幅広めマスク

面長の人には、横幅広めマスクがおすすめです。マスクには色々なサイズがありますが、面長の場合は横幅が広めのマスクを付けるのがおすすめです。縦横のバランスがよくなり、面長が目立たなくなりますよ!

面長の人がマスクを付けると、どうしても頬がこけて見えやすいというデメリットがあります。しかし、横幅の広いマスクなら頬もしっかりカバーできるので、不健康な印象もなくなります。

③四角顔×立体型マスク

四角顔の人には、立体型マスクがおすすめです。顔の輪郭が四角い、エラが張っているなどの人は、顔の形に添って作られた立体型マスクを選びましょう。輪郭をしっかりと隠してくれるので、小顔効果も狙えます。

立体型マスクにも色々な種類がありますが、輪郭を隠したいなら大きめサイズにする選び方がおすすめです。また、色も黒やネイビーなどのダークカラーにすると、顔が引き締まって見えます。選び方の参考にしてみてくださいね。

マスクの可愛い付け方を覚えて活用してみよう!

マスクを付けるとどうしても顔が暗く見えがちですが、選び方や付け方次第でマスク姿も可愛く見えます。今回紹介した小顔なマスク美人に見えるためのコツを覚えて、是非おしゃれなマスク姿を楽しんでみてくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事