Icon search 36px

【後ろ編】ロングヘアの簡単セルフカット方法

①髪の毛を均等に分ける

ロングヘアのセルフカット方法において、髪の毛を均等に分ける作業が大切です。髪の毛を丁寧に分けることによって、セルフカットがグッとしやすくなります。まずは、髪の毛全体を水で濡らしましょう。余分なクセを取ってあげる事で、綺麗な仕上がりのヘアスタイルになりますよ。

髪の毛を分ける場合、ゴムを使うのがおすすめです。ロングヘアは毛量や長さがあるので、ピン留めよりもゴムの方がしっかり分けられます。失敗しないためには、なるべく細かく均等な量で分けると良いでしょう。クシの先端を使って分けると、綺麗なブロッキングができます。

髪の毛をブロッキングする際、鏡を見ながら行いましょう。左右対称になっているかなどを確認しながら行う事で、綺麗な仕上がりになります。また、前下がりヘアにしたい場合は、前側よりも後ろ側の髪の毛を長めに残すと簡単に出来るでしょう。

②分けた髪ごとにカットする

ロングヘアのセルフカットでは、後ろの髪の毛をブロックごとに切っていく方法がおすすめです。髪の毛をゴムでブロッキングしたら、一カ所づつ短くします。特に後ろの髪の毛を自分で切る場合は、この方法が最も簡単です。

後ろの髪の毛がゴムでブロッキングされているので、その下を切りましょう。あまり長さを切りたくない場合は、ブロッキングしたゴムの下に、ガイドラインを作ります。もう一カ所ゴムを結んでガイドラインにすれば、その下を切ればいいだけなので、簡単にセルフカットできますね。

ガイドとなるゴムの下を指で軽く挟み、少しづつカットしていきます。自分で後ろの髪の毛を切る場合、時間をかけてゆっくりと切るのが良いでしょう。全体を同じ長さに揃えるように意識して、慎重にハサミを入れていきます。

③ハサミを縦に入れる

髪を切る様子

長さを切り揃えたら、今度はハサミを縦に持ちましょう。後ろの髪の毛を自然に切るには、ハサミを縦に使って仕上げる方法が一番簡単です。ハサミを縦に持ち、毛先を細かくカットしていきます。こうすることによって、全体の髪の毛が自然に切り揃えられますよ。

ただ、後ろの髪の毛を切りっぱなしにしたい場合、この工程は省いて良いです。切りっぱなしは、横にパツンと切った毛先が特徴的なヘアスタイルとなっています。そのため、ハサミを縦に入れてカットしてしまうと、切りっぱなしの良さがでません。自分のなりたいスタイルに合わせて切り方を変えましょう。

以下の記事でも、簡単にセルフカットをする方法についてまとめています。レングス別にまとめてあるので、ロング以外の方でも参考になりますよ。また、以下の記事でも、後ろの髪の毛をゴムで結んで切る方法を紹介しています。今回も同じ方法をご提案しましたが、色々な説明をチェックして、失敗しないようにしましょう!

関連記事

【レングス別】簡単セルフカット講座!ロングの後ろは結んで切るのがコツ♡

美容院で毎回髪を切るのではなく、後ろの傷んだ毛先などをすぐに自分でセル

Small thumb shutterstock 380387038

【毛先編】ロングヘアの簡単セルフカット方法

①ハサミを一気に入れる

ハサミ

毛先をセルフカットする場合、ハサミは一気に入れてしまうのが良いです。毛先に何度もハサミを入れてしまうと、毛先がダメージを受けてしまいます。そのため、ハサミを入れたらそのまま毛先をカットしましょう。

ただ、一度にカットする毛束の量が重要です。なるべく少ない毛束を取るように心がけましょう。また、毛先をカットしたら、必ずハサミを開いてから離します。こうすることによって、しっかりと毛先をカットする事ができますよ。

②毛先を上に持ち上げる

美容師

毛先をカットする場合、なるべく上に持ち上げて切るのが良いでしょう。毛先を上に持ち上げる事で、全ての髪の毛を同じ長さに整える事ができます。毛先を、自分の目の高さまで持ちあげるように意識するのが重要です。特にロングヘアの場合は、毛先が顔から遠い場所にあるので、しっかり持ち上げましょう。

③角度をつけてカットする

ロングヘアの毛先をカットする場合、ハサミに角度をつけるのが重要です。ハサミを垂直にすればするほど、ぱっつん毛先になります。角度をなるべくつけることによって、ナチュラルな毛先に仕上がるでしょう。好みの仕上がりになるように、自分で角度を調整するのがおすすめです。

【前髪編】ロングヘアの簡単セルフカット方法

①前髪を二層に分ける

黒髪

ロングヘアの前髪をセルフカットする場合、二層に分けましょう。後ろや毛先同様、前髪もブロッキングが必要です。ただ、前髪の場合は髪の毛を二層に分割する事で、自然な仕上がりになります。上半分の髪の毛はゴムでしっかりとまとめておくのがおすすめです。

前髪を二層に分ける事で、失敗しにくくなります。最初に内側の髪の毛をカットしてから表面の毛を切るので、失敗しても修正が効きます。自分の理想より少し長めに切るように心がけると、自然な前髪が完成しますよ。

②ハサミを縦に使う

ハサミ

前髪をカットする場合、ハサミは縦に使う方法がおすすめです。ぱっつん前髪にする場合以外は、常にハサミを縦にしてカットしましょう。毛先を尖らせるようなイメージで切るのがポイントです。最初に中央の毛からカットしていき、徐々にサイドへ広げると自然な前髪に仕上がります。

また、前髪カットにはハサミの選び方も重要です。前髪専用のハサミが売っているので、なるべく専門の道具を使うようにしましょう。ただ、前髪であれば眉毛用のハサミでもカットできます。眉毛用のハサミは先端が細く、前髪を切るのに適しているからです。

特に前髪の長さを切り揃えたい場合や、あまり短くしたくない場合は、眉毛用ハサミを使うと良いでしょう。眉毛用ハサミであれば、わざわざ専門の道具を買いに行く手間が省けますね。

③サイドの髪の毛と馴染ませる

美容院

ロングの女性が前髪をセルフカットする場合、サイドの髪の毛にも着目しましょう。髪の毛の長さがあるロングヘアは、前髪だけをカットすると不自然なイメージになりがちです。サイドの髪の毛も一緒に調整する事で、より自然な髪型に仕上がります。

まず最初は前髪だけをカットしましょう。前髪のセルフカットが完成したら、ブロッキングを解きます。鏡を見ながら、全体のバランスが整うように、サイドの髪の毛を切っていきましょう。切り過ぎるのは禁物なので、あくまでも整える程度にするのがポイントです。

ロングヘアのセルフカットで簡単にすくコツとは?

①細かくブロッキングする

アッシュ

ロングヘアを上手にすくためには、ブロッキングが大切です。なるべく細かくブロッキングできるように意識しましょう。ブロッキングを細かくする事で、仕上がりがきれいになります。また、自分ですく場合でも、比較的簡単にカットできますよ。

ロングヘアをすく場合、髪の毛を表面と内側に分けておくのがコツです。すくことによって、見た目のボリュームが変わります。髪の毛を外と中に分けておかないと、必要以上にすいてしまいがちなので注意しましょう。

②毛束をねじる

巻き髪

毛先をすく場合、毛束をねじってから切る方法が簡単です。適量の毛束を手に取ったら、毛先を軽くねじりましょう。ねじった毛束に対して、軽くハサミを入れてカットします。ねじってから切る事によって、毛先をすき過ぎずに済むのです。ねじってからすけば、自然な仕上がりの毛先になりますよ。

③すく場所に注意する

赤茶

ロングヘアをすく場合、場所に注意しましょう。根元エリアをすいてしまうと、髪の毛がアホ毛のように出てきてしまいます。まずは、髪の毛の下半分をすくようにしましょう。自分ですく時は、なるべくカットし過ぎないように意識するのがコツです。バランスを見ながら、少しづつ進めましょう。

また、表面の髪の毛をすき過ぎないように意識するのも重要です。表面の髪の毛をすくと、毛の表面が落ち着かなくなってしまいます。最初は内側の髪の毛からすくのがコツですよ。

ロングヘアのセルフカットを自分で上手にやるコツとは?

①髪の毛をとかす

ロングヘアを自分で上手に切るコツとして、まずは髪の毛をとかしておく工程が大切です。髪の毛は絡まりやすいので、予めブラシなどで綺麗な状態にしましょう。特にロングヘアの場合、毛先までしっかりととかす事で、セルフカットが失敗しにくくなります。

髪の毛を綺麗にとかしたら、水で湿らせましょう。美容院でも、髪の毛をカットする場合は濡らしてから行うのが一般的です。特に長さを短くしたい場合は、髪の毛を濡らした方がカットしやすいでしょう。ただ、髪の毛は塗れると縮むので、理想よりも長めにカットするのがコツです。

②ブロッキングは丁寧に行う

ロングヘアのセルフカットでは、ブロッキングが大切です。髪の毛の長さも量も多いロングの場合、細かくブロッキングする事で、自分でもカットしやすくなります。また、ブロッキングをすれば、どこまで自分で切ったのか分からなくなる心配もありません。

ブロッキングの差で、仕上がりも変わってきます。なるべく綺麗に髪の毛を分けられると、失敗しにくいでしょう。コームの先などを使って、均等にブロッキングすると上手に分けられますよ。

③少しづつ切る

自分でセルフカットする場合、少しづつ切るのがコツです。一気に髪の毛を切ってしまうと、後で修正が効かなくなってしまいます。鏡を見ながら慎重に切る事で、上手なセルフカットが実現するでしょう。少しもどかしいかもしれませんが、一度切ったら手を離して確認するのが良いです。

特に初めてセルフカットに挑戦する方は、時間をたっぷりかけて切るのが良いでしょう。セルフカットは、慎重になり過ぎなくらいで丁度いいです。また、姿勢良くカットするのも上手に切るコツなので、試してみてください。

ロングヘアでもセルフカットに挑戦してみよう!

ロングヘアでも、意外と簡単にセルフカットする事ができます。コツを押さえて、自分で髪の毛を切ってみましょう!以下の記事では、流行りのシースルーバングのセルフカットを紹介しています。トレンド感溢れる髪型になるので、是非参考にしてみてくださいね。

関連記事

シースルーバングの簡単セルフカット講座!サロン級に可愛い前髪、自分で作れます♡

シースルーバングはセルフカットでもできるのを知っていますか?韓国人女性

Small thumb %e3%83%98%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b81

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事