Icon search 36px

集団行動を苦手に感じる心理とは?

①自分をアピールできるか不安になる

不安

「自分がアピールできなくなる」と不安になるのは、集団行動ができない人にありがちな心理的特徴です。大勢の中の集団に紛れてしまうと、1人1人の存在感が薄くなります。そのため「注目してもらえないのでは」「仕事を認めてもらえないのでは」という懸念が生まれてしまうのです。

集団行動をすることで、成果が自分のものではなく全体のものになることに強い反抗を覚えるのです。1人1人の成績が問われる社会人に、特に多い心理状態だとされています。また大人だけでなく、子供の中でも見られる心理的特徴です。

②集団の中に馴染めるか自信がない

自信がない

集団の中で生きていくことに自信が持てない心理的特徴により、集団行動ができない人も多いです。大勢の人と一緒に行動するということは、たくさんの人と友好的な雰囲気で過ごさなくてはいけません。そのため嫌いなタイプが集団にいたりすると、集団に馴染むのが怖くなってしまうのです。

集団に馴染むことができないという思い込みや不安感などの心理が、集団行動への苦手意識を作り出していると言えるでしょう。これは大人・子供関係なく見られる心理の特徴です。

③時間を自分だけのために使いたい

時間

集団行動が嫌いな心理の特徴に、「無駄な時間が嫌い」というものもあります。集団行動では1人1人が勝手な行動を取ることはできません。大勢で足並みを揃えて行動する必要があります。また基本的にできる人ができない人に合わる風潮があります。そのためできる人からすると、できない人の為に時間を割くことになるのです。

その点、1人で行動するときは、自分のためだけに時間を使うことができます。できない人に合わせて仕事のペースを落とす必要もありません。仕事ができる人、時間を大切にする社会人などは、こういった心理によって集団行動をする意味を見出せなくなるのです。

集団行動が苦手な人の性格の特徴とは?

①他人の状況を気にしすぎる性格

心配

他人のことを必要以上に気にかける性格の人は、集団行動が嫌いになる特徴があります。人のことを心配することは全く悪いことではありません。しかしこの性格の人は、自分のことを後回しにして周りを気にかけてしまいます。人の状況を細かく見て対応しようとするうちに、心が疲れ、集団行動が嫌いになるのです。

また他人の状況を気にしすぎるあまり、自分の仕事が疎かになってしまうでしょう。その結果、自分がサポートした人の仕事は成功し、自分の仕事は失敗する、という結果になることも多いです。このことから、他人のことを気にする性格ほど、集団行動が嫌いになっていきます。

②プライドが高すぎる

プライド

プライドが高い性格の人は、集団行動ができない傾向にあります。集団行動では自分が周りに合わせることが求められます。しかしプライドが高い性格の人は、人に合わせることができません。自分のやり方に周りが合わせることばかり求めてしまいます。そのため集団が破綻してしまうと言われています。

またこちらに、プライドが高い人や器が小さい人の特徴をまとめた記事を載せておきます。「自分はプライドが高いかも」と思った方は、是非参考にしてみてください。

関連記事

【男女別】器が小さい人の特徴12選!プライドが高い・細かい人の対処法も

あなたの職場や学校などに、器の小さい人はいますか?こういった人たちは、

Small thumb shutterstock 379852180

③自分の意思を表現できない

表現できない

自分が何を考えているのか表現できない性格の人も、集団行動が苦手です。集団のやり方とは違う考えを持っていても、上手くそれを表すことができません。自分のやり方を押し込めるうちにストレスがたまり、集団行動が嫌いになってしまうようです。

集団行動が苦手になる原因・理由とは?

①集団行動をするメリットがわからない

与えてもらえない

集団行動をするメリットがわからない、という理由で集団行動が嫌いになる人はかなり多いです。特に人の意思を尊重しすぎる性格の人に多い理由です。人の考えを大切にしすぎる人は、集団行動で生じるいざこざや問題点を押し付けられがちです。集団行動の悪いところばかり見えてしまい、メリットを見失ってしまうのです。

これは子供よりも、社会人や大人に多い理由だと言えるでしょう。特に実績が求められる仕事をする社会人に見られがちです。集団行動のメリットをしっかり見極めることで、苦手意識を克服することができるでしょう。

②過去に集団行動で嫌な思いをした経験がある

嫌な思い

集団行動で嫌な思いをしたことがある、という理由も多く見られます。子供にも多く見られますし、大人の方でも多い理由の一つです。集団の中で浮いてしまったことや、仲間はずれにされたこと、自分の意見をないがしろにされた経験などが、苦手意識の原因になっているのです。

また直接何かされたわけではなくても、集団の中にいることがストレスになった場合も考えられます。例えば集団の中で権力のある人が決定権を握った場合などです。「どうせ自分の考えは通らない」という諦めが、集団行動への苦手意識の理由になります。

③理想の自分を演じなくてはいけない

集団

本来の自分とは違う性格を演じなくてはいけない、というのもかなり多い理由です。これは子供や女性に多く見られ、大人や社会人でも考えられる理由です。集団の中には様々な立ち位置の人がいます。時には自分の望んでいない立ち位置を押し付けられることがあるでしょう。

例えば、本来真面目な性格なのに冗談を言うよう強要されたり、大人しい性格なのにノリが良いキャラを演じなくてはいけない、などです。集団が理想とするキャラを演じることへのプレッシャーが、集団行動への苦手意識を強めているのです。

集団行動ができないデメリットとは?

①人に助けてもらえなくなる

助けてもらえない

人からの協力が得られなくなるのは、集団行動ができないことで生じるデメリットです。これは特に大人や社会人に当てはまるでしょう。社会人になってから一匹狼で行動していると、少なからず周りの反感を買ってしまいます。そのため頼れる人を作ることができません。その結果大変な時に誰からも助けてもらえなくなります。

体調を崩したり、どうしても手が回らない仕事があったりと、人の手を借りなくてはいけない場面はありますよね。集団行動ができていないとこういった場面で支障が出てしまいます。

②交友関係が狭くなる

友達がいない

集団行動ができないと、交友関係がどんどん狭くなるのもデメリットです。1人で行動するということは、すなわちコミュニケーションを取る人が少なくなる、ということです。人と関わり合う機会が減るため、必然的に友達も減るでしょう。大人子ども関係なく起こるデメリットの一つです。

③いじめられる恐れがある

いじめ

集団行動ができない人は、いじめに遭ってしまう恐れがあります。人は「自分とは違う人」を本能的に敬遠する特徴があります。自分達とおなじように行動せず、ずっと1人でいる人に不信感を覚えるのです。この意識がいじめへと繋がる、と言われています。大人でも起こりますが、主に子供に多いデメリットです。

集団行動への苦手意識を克服する方法5選!

①他人に興味を持つようにする

興味

集団行動への苦手意識を克服するためには、まず他人に興味を持つことが大切です。自分以外の人がどんな考えの元で動いているのか、見てみましょう。一人一人を観察して「同じ人間なんだ」と認識することで、徐々に人への恐怖心を克服できますよ。また自分本位の考え方を矯正することにもつながります。

②「集団は個人の集まり」という認識を持つ

個人

集団行動が苦手な人は、集団を大きな流れだと捉えている特徴があります。そんな人は、「集団は個人の集まりだ」という認識を持ってみてください。大きな塊ではなく、小さな個人が集まっているものだと考えるのです。そうすると個人に目を向けることができ、集団への恐怖心を克服することができますよ。

③集団内の自分のポジションを見つける

ポジション

自己主張が苦手なために集団行動を敬遠している方は、集団の中で自分がやるべきことを見つけるようにしましょう。自分のポジションが確立できていないと、周りの意見に流されてストレスを感じます。しかし自分の立場をはっきり持てば、他人の意見に流されることがぐっと減ります。

自分の考えを持つことができれば、自然と自己主張もできるようになるでしょう。また自己嫌悪などのストレスからも解放されます。どんな方にもおすすめできる克服方法です。

④全員と仲良くしようとしない

個別

集団内の全員と仲良くしないというのも、苦手意識を克服する方法の一つです。誰でもみんなから好かれる人間になりたいと思うでしょう。しかし集団にいる全ての人に好かれるというのは、ほぼ不可能です。性格が合う人もいれば、合わない人も多くいるでしょう。

相性が合わない人とは思い切って距離を置くことで、集団への苦手意識を克服することができますよ。「全員に好かれることはできない」という、割り切った気持ちが大切です。

⑤1人の時間も大切にする

1人の時間

集団行動への苦手意識を克服するためには、1人の時間を作ることも必要です。ずっと集団の中にいると気が滅入ってきてしまいます。集団行動をする時間と、1人で自由に過ごす時間を作りましょう。

集団行動への苦手意識を克服するメリットとは?

①色んな価値観を知ることができる

集団行動

集団行動ができるようになれば、色々な価値観を知ることができます。1人で行動していると、ほかの価値観を知る機会がありません。自分の価値観のみで動く社会人・大人になってしまうでしょう。しかし集団行動をするようになると他人の価値観に触れるため、視野が広くなるのです。

②仕事が捗るようになる

仕事仲間

仕事が捗るようになるというのは、主に社会人にとってのメリットです。集団行動をするようになると仕事仲間が増えていきます。自分が困っている時に助けてくれる人ができるため、以前よりも仕事が捗るようになるのです。

集団行動が嫌いな心理や性格を理解して苦手意識を上手く克服しましょう!

集団行動を苦手とする心理や性格などを理解すれば、必ず苦手意識を克服することができます。自分が当てはまるタイプはどれか、どの克服方法が適しているか考えて行動してみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事