Icon search 36px

イエベ春の特徴は?

イエベ春の特徴①黄みのあるイエローベースの明るい肌

手に顔をのせる女性

イエベ春の特徴1つ目は、黄みのあるイエローベースの明るい肌ということです。イエローベースは春タイプと秋タイプに分かれ、春タイプは秋タイプよりも明るめの肌色をしています。血色感があり、頬がピンクがかっているのもイエベ春の特徴です。

自分がイエベ春なのか分からない、という人はパーソナルカラー診断をしてみましょう。パーソナルカラーはイエベ・ブルベのどちらかに当てはまる人がほとんどで、自分で見分けることもできます。以下の記事ではイエベ・ブルベの特徴や見分け方について紹介しているので、併せて参考にしてみてくださいね。

関連記事

イエベ・ブルベの特徴10選|見分け方がわからない人はどこで診断できる?

イエベ・ブルベとは?見分け方がわからないという人は多いのではないでしょ

Small thumb shutterstock 387570406

イエベ春の肌の特徴②ビタミンカラーやゴールドが似合う

黄色のドレスの女性

イエベ春の特徴2つ目は、ビタミンカラーやゴールドが似合うということです。果物のように明るい黄色やオレンジ、ゴールドやブロンズカラーが似合います。また、肌なじみの良いコーラルピンクやパステルピンクが似合うのもイエベ春の特徴です。

イエベ春の特徴③瞳の色が茶色で色素が薄い

色素の薄い瞳

イエベ春の特徴3つ目は、瞳の色が茶色で色素が薄いことです。黄色みのある明るい茶色の瞳で、白目と黒目のコントラストが弱いという特徴があります。同じイエローベースでも、秋タイプは緑がかったこげ茶色や、黒色の瞳をしているという違いがあります。

イエベ春におすすめなベースメイク方法|下地

イエベ春におすすめなベースメイク方法①緑色の化粧下地で赤みをカバーする

緑色のテクスチャ

下地編のイエベ春におすすめなベースメイク方法1つ目は、緑色の化粧下地で赤みをカバーすることです。ニキビや頬の赤みが気になる場合は、赤の補色である緑色の化粧下地を使うのが効果的です。

緑色の化粧下地を選ぶ際は、青みがかった緑色よりも黄みのある緑色を選ぶのがポイントです。イエベ春の人が青みの強い化粧下地を使うと、顔色が悪くなってしまう場合があります。黄みの強い緑色はイエベ春に似合うカラーなので、ナチュラルに肌色を補正してくれます。

緑色の化粧下地は商品によって微妙に色味が異なっているため、事前にテスターなどで色味を確認してから購入すると失敗がありません。以下の記事ではおすすめの緑色の化粧下地や、ピンク・ブルーの下地の効果について紹介していますので、併せてご覧になってみてください。

関連記事

緑のコントロールカラーのおすすめ10選!ピンク・ブルーの下地の効果も

緑(グリーン)のコントロールカラーは赤みを消してくれるアイテムですが、

Small thumb shutterstock 227683843

イエベ春におすすめなベースメイク方法②紫色の化粧下地で透明感を出す

紫色のテクスチャ

下地編のイエベ春におすすめなベースメイク方法2つ目は、紫色の化粧下地で透明感を出すことです。イエベ春には黄みのある化粧下地が似合いますが、肌の透明感をアップさせたい場合は紫色の化粧下地を塗るのがおすすめです。

ただし紫色は黄色の反対色なので、イエベ春の人が紫色の化粧下地を塗り過ぎると顔だけ白浮きしてしまいます。紫の化粧下地を塗る際は、顔全体に塗るのではなく目の下の三角ゾーンを中心に塗るようにするのがおすすめです。くすみがちな目元を明るくし、ナチュラルな立体感を演出することができます。

紫色の化粧下地は透明感を引き出すコントロールカラーとして人気があります。以下の記事では、デパコスやプチプラコスメの紫の化粧下地についてまとめていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

パープルの人気コントロールカラーのおすすめ10選|プチプラの下地は?

パープルのコントロールカラーは透明感出るとして人気を集めていますが、種

Small thumb shutterstock 264683666

イエベ春におすすめなベースメイク方法③オレンジ系のコンシーラーを使う

オレンジ系のコスメ

下地編のイエベ春におすすめなベースメイク方法3つ目は、オレンジ系のコンシーラーを使うことです。気になる肌悩みをしっかりカバーするために欠かせないコンシーラーですが、ファンデと同様に様々な色味があります。

イエベ春に似合うコンシーラーの色は、オレンジ系やベージュ系のカラーです。白っぽい色やピンク系のコンシーラーを使うと色が浮きやすく、肌悩みを十分にカバーすることができません。オレンジやベージュのコンシーラーで、自分の肌色より少し暗めの色を選ぶとシミ・ソバカスをしっかりカバーすることができますよ。

イエベ春におすすめなベースメイク方法|ファンデ

イエベ春におすすめなベースメイク方法①オークル系のファンデを使う

ファンデーションのテクスチャ

ファンデ編のイエベ春におすすめなベースメイク方法1つ目は、オークル系のファンデを使うことです。化粧下地やコンシーラーでベースを整えても、ファンデの色が合っていないと不自然なメイクに仕上がってしまいます。

イエベ春の肌に似合うのは、基本的にオークル系のファンデです。ほとんどのコスメブランドがオークル系を基本としたファンデを展開しているので、まずはベーシックな色を選んでみると良いでしょう。

オークル系のファンデを塗ると肌のくすみが気になる場合は、肌なじみの良いライトベージュやアイボリー系のファンデを選んでみるのがおすすめです。逆に、ピンク系やピンクベージュ系のファンデを選んでしまうと顔が白浮きしてしまいます。

イエベ春におすすめなベースメイク方法②ハイライトでツヤと立体感を出す

立体的なメイク

ファンデ編のイエベ春におすすめなベースメイク方法2つ目は、ハイライトでツヤと立体感を出すことです。ハイライトは透明感を出すのに欠かせないコスメで、イエベ春の人は紫系かベージュ系のハイライトを使うのがおすすめです。ツヤ感を出すために、パール感が強いハイライトを選んでみるのもおすすめですよ。

イエベ春におすすめなベースメイク方法③シアーなフェイスパウダーを使う

パウダーをブラシにとる人

ファンデ編のイエベ春におすすめなベースメイク方法3つ目は、シアーなフェイスパウダーを使うことです。イエベ春のベースメイクはツヤ感がポイントなので、カバー力があるフェイスパウダーを重ねるとツヤ感が抑えられてしまいます。

透明感のあるフェイスパウダーを選び、ブラシを使ってサッと軽く塗るようにするのがおすすめです。ラメやパールを配合したフェイスパウダーを使い、華やかな雰囲気のベースメイクに仕上げてみるのも良いでしょう。

フェイスパウダーにはツヤのあるタイプやマットタイプなどの種類があるので、イエベ春の人はツヤ肌に仕上げるシアーなフェイスパウダーを選ぶのがおすすめです。以下の時期では透明感やツヤ肌におすすめなフェイスパウダーをランキング形式で紹介していますので、併せてチェックしてみてください。

関連記事

フェイスパウダー人気ランキングTOP13|透明感やツヤ肌のおすすめは?

ベースメイクの決め手となるフェイスパウダーはとても大切ですね。自分の好

Small thumb shutterstock 555422986

イエベ春に似合うベースメイクのポイント

イエベ春に似合うベースメイクのポイント①ツヤ感と透明感を出す

メイクされる女性

イエベ春に似合うベースメイクのポイント1つ目は、ツヤ感と透明感を出すことです。化粧下地やファンデを選ぶ際は、ツヤ感のあるベースメイクに仕上がるタイプを選ぶようにしましょう。パウダーファンデよりも、リキッドファンデやクリームファンデ、クッションファンデを選ぶのがおすすめです。

透明感を引き出すためには、前述のように化粧下地で整えることがポイントです。緑色や紫色の化粧下地を使い、透明感あるベースメイクに仕上げるようにしてください。

イエベ春に似合うベースメイクのポイント②ナチュラルに仕上げる

ブラシを頬にのせる女性

イエベ春に似合うベースメイクのポイント2つ目は、ナチュラルに仕上げることです。健康的で明るい雰囲気を持つイエベ春の人には、ナチュラルなツヤ感と透明感のあるベースメイクが似合います。ファンデを塗る際も、厚塗りにならないようナチュラルに塗ることがポイントです。

ナチュラルなベースメイクに仕上げるためには、ファンデを塗る際にメイクブラシを使用するのがおすすめです。メイクブラシを使えばムラなく均一にファンデを塗ることができ、ナチュラルなツヤ感を出すこともできます。

メイクブラシを使うことで、ベースメイクが素早く綺麗に仕上がるというメリットもあります。以下の記事では、おすすめのファンデーションブラシや使い方のポイントについて紹介していますので、ファンデを塗る際の参考にしてみてくださいね。

関連記事

おすすめ人気ファンデーションブラシ18選!リキッド/クリーム/パウダー

ファンデーションブラシを使うと、メイクが早く綺麗に仕上がりますよ。今回

Small thumb shutterstock 555423412

イエベ春に似合わないベースメイクのポイント

イエベ春に似合わないベースメイクのポイント①マットな質感に仕上げる

茶髪の女性

イエベ春に似合わないベースメイクのポイント1つ目は、マットな質感に仕上げることです。落ち着いた雰囲気のメイクにしたい時はマットに仕上げたくなるかもしれませんが、イエベ春の人がマットに仕上げると疲れたように見える傾向にあります。基本的には、ツヤ感を重視したベースメイクを目指すことがポイントになります。

イエベ春に似合わないベースメイクのポイント②青みのあるファンデを使う

水色のテクスチャ

イエベ春に似合わないベースメイクのポイント2つ目は、青みのあるファンデを使うことです。青みのあるファンデが似合うのは、パーソナルカラーがブルーベースの人です。青みがかったピンク系のファンデーションはイエローベースには似合わないので、避けるようにしましょう。

イエベ春に似合わないベースメイクのポイント③フェイスパウダーの厚塗り

頬にパフをのせる

イエベ春に似合わないベースメイクのポイント3つ目は、フェイスパウダーの厚塗りです。ツヤのあるファンデを塗った後にフェイスパウダーを厚塗りしてしまうと、せっかくのツヤ感が消されてしまいます。

フェイスパウダーはメイク崩れを防いだり、紫外線をカットする効果などがありますが、厚塗りすると粉っぽくなってしまい老けた印象のメイクになります。粉っぽさのあるベースメイクはイエベ春に似合わないので、フェイスパウダーは薄く塗るか、場合によっては塗らなくても良いでしょう。

汗をかく夏場は、メイク崩れを防ぐためにフェイスパウダーが便利ですが、乾燥しやすい季節はクリームファンデやBBクリームでベースメイクを仕上げるとツヤ感のあるメイクが楽しめます。

イエベ春に似合うベースメイクで理想の肌に!

自分の肌に合った化粧下地やファンデを使ってメイクすることで、色浮きすることなくナチュラルな雰囲気に仕上げることができます。イエベ春に似合う化粧下地やファンデの色を取り入れて、ツヤ感と透明感あるベースメイクを完成させてみてくださいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事