Icon search 36px

チートデイの意味とは?

チートデイとは停滞期を脱する為に1日だけ食事の量を増やす事

お肉

チートデイとは、どんな意味があるのでしょうか?チートデイとは、ダイエット中に1日だけ食事の量を増やして、停滞期を脱するのを促す為の方法です。脳は、一定量の体重が減ってしまうと、体が飢餓状態だと錯覚してしまい、その結果、停滞期と呼ばれるなかなか体重が減らなくなる現象を引き起こします。

停滞期を脱出する為には、ある意味、脳を騙せばいいんです。脳を「体はもう飢餓状態ではない」という風に騙す事により、これ以上、脂肪を蓄える必要がないという風に思わせる事ができます。それにより、停滞期を脱する事も期待できるというわけです。

チートデイはやり過ぎると逆効果

予定を書く手

チートデイは、ダイエット中の停滞期を脱する為の方法という事は先ほど説明しましたが、ダイエット中に食べたい物を食べて良いというのは、糖質制限をしている中では美味しい話と感じる人も多いと思います。しかし、当たり前ですが、食べたい物を何日も食べていれば、体重が増えるというのは目に見えています。

チートデイをどのくらいの頻度で取り入れるのか、というのは、後で詳しく説明していきますので、チートデイの取り入れ方を参考に、ダイエット中の停滞期に悩んでいる人は、取り入れてみて下さい。ここに、糖質制限ダイエット中でも食べれるおすすめのコンビニランチを紹介している記事があるので、参考にして下さい。

関連記事

糖質制限ダイエット中にコンビニで買えるおすすめのランチ15選|おやつも

ダイエット中でも、糖質制限ならコンビニで買える食材でも実行可能!糖質制

Small thumb shutterstock 533084080

チートデイを取り入れたダイエットのやり方は?

チートデイダイエットのやり方①カロリー計算しながら好きな物を食べる

野菜サンド

停滞期を乗り越える為にチートデイを取り入れるというのは、先程も説明しましたが、いくら好きな物を丸一日食べて良いとは言っても、カロリーを計算しながらでなければやはり太ってしまいます。その為、おすすめの摂取方法は、自分の体重×40kcal を目安にメニューを考えるという事です。

カロリー計算さえしながら食べれば、基本的には、好きな物を食べても構いません。その為、糖質制限ダイエット中に多く抱えたストレスを解消するという意味でも食べたい物を含め、お腹いっぱい食べるという事もできるダイエット中には願ってもない方法なんです。

チートデイダイエットのやり方②期間は1日だけ

めくれるカレンダー

チートデイの前後は、必ずダイエット中の食生活をはじめ、筋トレなどの運動を心掛けて下さい。また、チートデイを行う際には、必ず1日だけという風に認識しましょう。1日で終了しなければ、それはダイエットの挫折という風に捉えられるので、そういう意味でも1日だけという風に認識してください。

食生活の変動は、それだけ体に負担を掛ける事になります。チートデイは、好きな物を好きなだけ食べて良い日という事もあって、リバウンドを懸念する人も多いと思います。その為、チートデイの前後は、できるだけ食事制限をしておこうという風に感じるかもしれませんが、それだと逆効果になってしまいます。

チートデイの前後は、あくまでも普段通りの生活を意識してください。食事はもちろん、筋トレなどの運動内容に関しても同様です。

チートデイダイエットのやり方③気持ちを切り替える

ダンベル

チートデイをやるにあたって、気持ちの切り替えというのは、大事なポイントです。チートデイは、食事制限をしながらの糖質制限ダイエット中の合間に取り入れる方法でもあります。その為、今まで我慢していた所に好きな物を食べたいだけ食べて良いと言われれば、次の日にもその誘惑に襲われる事は容易に考えられます。

その為、次の日に食べたい誘惑に負けてしまえば、その時点で、ダイエットが失敗に終わってしまう事になります。その為、その誘惑に襲われそうだという自覚があれば、最初から取り入れない事をおすすめします。また、筋トレ自体も苦手としている人は、この傾向にありますので、この事は忘れないようにしましょう。

チートデイダイエットのやり方④あくまで痩せている事を確認してから行う

食事をする女性

チートデイダイエットのやり方4つ目は、あくまで痩せている事を確認してから行うです。減量前の体重の約5%も痩せていない、また体脂肪率が25%以上の場合には、チートデイを行わないようにしましょう。チートデイは、あくまでも一定体重が落ちて停滞期に入ってから行うものです。

停滞期を脱出する減量をスムーズに行う為の方法ですので、あくまでも減量すべき時期に行うというのは、一番のポイントとなるでしょう。

チートデイを取り入れると得られる効果とは?

チートデイの効果①食事や糖質制限による省エネモードを解消

ストレッチする女性

チートデイの効果1つ目は、食事や糖質制限ダイエットによる省エネモードを解消するです。ダイエットにより、ある一定体重が減るとどうしても脳が体が飢餓状態になったと錯覚してしまい、基礎代謝が落ちてしまいます。それを解消する為に、チートデイを取り入れて、停滞期の起爆剤として基礎代謝を上げる目的に使うのです。

やはり、筋トレなどの運動を取り入れず、食事制限をする事だけで、体重を落とすというのは、それだけ体にも悪影響を与えてしまうのは、目に見えています。その為、「チートデイ=栄養を補う日」というイメージで取り入れるのがベストでしょう。

チートデイの効果②翌日は体重が増えてもその後は減少傾向

ステーキ

チートデイの効果2つ目は、翌日は、体重が増えてもその後は、減少傾向にあります。チートデイは、先程も説明しましたが、停滞期の起爆剤として取り入れるものですので、ある程度のカロリーは必要となります。その為、ダイエット中や糖質制限中にそれだけのカロリーを摂取する事に抵抗感を持つ人もいるでしょう。

確かに、チートデイを取り入れた翌日には、体重が増えます。しかし、その翌日から今まで通りのダイエットを行っていれば、自ずと体重が減る事も期待できます。その為、チートデイが終わった日には、栄養バランスを考えた献立を取り入れ、筋トレなどにも力を入れましょう。

チートデイの効果③筋トレによる脂肪燃焼効果を促す

運動

チートデイの効果3つ目は、脂肪燃焼効果です。基礎代謝量を上げる役割を担うチートデイですので、脂肪燃焼効果を上げる事により、ダイエットの効果を加速させてくれます。脂肪燃焼効果をアップさせてくれるというのは、それだけダイエットを頑張った成果をそのまま返してくれるという事にもなるのでやる気にも繋がります。

ここに、ダイエットの参考になる即効性の高いお腹痩せダイエット方法を紹介している記事があるので、この記事を参考に、食事制限や糖質制限と併せて実践してみて下さい。筋トレを行う際には、結果が出る事で、やる気も起こると思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事

即効性の高いお腹痩せダイエット方法は?簡単なエクササイズ・筋トレも

即効性の高いお腹痩せダイエット方法を皆さんはご存知ですか?下っ腹だけが

Small thumb shutterstock 1193787838  1

チートデイを取り入れるダイエットによくある失敗は?

チートデイを取り入れる頻度を間違えば失敗の原因になる

悩む女性

ダイエット中の食事管理をしっかり行っているという場合には、1週間に1度のチートデイでも効果を発揮する事ができます。しかし、多くの人がなかなかしっかりカロリー計算してから食事管理をしているというのは、ないと思います。その為、多くの場合がその頻度で取り入れると、必然的にダイエットは失敗してしまいます。

チートデイは、あくまで停滞期に入ったらやるものです。その為、安易にチートデイを取り入れてしまうとリバウンドの直接の原因となってしまう懸念もありますので、カロリーオーバーとなってしまう懸念がある場合には、安易に取り入れない方が賢明だと思います。

糖質制限をして減量を始めたばかりの時にやってはいけない

野菜

減量を始めたばかりの人というのは、まだ、ダイエットに対してのモチベーションが安定しないという事もあって、そんな時に、チートデイを取り入れれば途端に、食事制限していたモチベーションは低下してしまう事になってしまいます。また、体重が減り始めたタイミングでチートデイを取り入れると、太りやすいのも事実です。

また、それだけでなく、せっかく順調な体重減少のリズムを崩してしまう事になるので、体脂肪率がまだ、高い場合には、体自体のセーフモードも効かないという事もあり、チートデイは無意味とも言えます。筋トレをした苦労も水の泡となってしまうので、ぜひ体重が減少している時には、避けるべきでしょう。

ダイエット中のお酒はご法度

カクテル

お酒が好きな人にとっては、ダイエットというのは過酷になる傾向にあります。アルコールというのは、肝臓に負担を掛けるというのは誰もが知っている事だと思いますが、それだけでなく、脂肪の分解を妨げる原因となってしまう懸念があります。その為、チートデイ中にお酒を飲むというのは、避けた方が無難です。

ここに、カロリーや糖質が低い太りにくいお酒を紹介している記事があるので、チートデイの日に飲み会がある場合には、お酒を選ぶ参考にしてみて下さい。

関連記事

カロリー・糖質が低い太りにくいお酒!太るお酒やダイエット中の飲み方も

美味しい料理があるとお酒もすすみますが、お酒の糖質は気になるところです

Small thumb shutterstock 613094570

ダイエット中は食欲のままに暴飲暴食しない

ラーメン

食事制限や糖質制限を行っている時には、食べる事が好きな人にとっては、ストレスが溜まる事になってしまいます。その為、好きな物を食べて良いというチートデイは、それまでの我慢が爆発してしまう懸念があるのも事実です。当たり前ですが、欲望のままに食べたい物を食べれば、太ってしまうのは当たり前です。

いくら、食べたい物を食べても良いチートデイ中だからと言って、カロリーを気にせずに食べていれば、ダイエット中の場合には取り返しのつかない事になってしまうのは明らかです。チートデイ中は、「低GI食品」を取り入れる事がおすすめです。低GI食品は、血糖値を緩やかに上昇させる食品の事でもあります。

急激に食べ、血糖値が上昇すれば、血糖値を下げるホルモンが分泌されますが、それ故、それにより、糖質を脂肪として蓄えさせてしまう事も考えられます。その為、チートデイ中であっても、低GI食品を意識して取り入れる事も大事なポイントでしょう。

チートデイの食事メニューの例は?

チートデイの食事メニューの例①高タンパク質&炭水化物

お肉

チートデイの食事メニューの例1つ目は、高タンパク質と炭水化物の組み合わせです。糖質制限や食事制限をしている人にとっては、やはりタンパク質が不足している可能性も高いです。その為、不足しているたんぱく質をチートデイの間に補う事も大事なポイントでしょう。

高タンパク質な食品でおすすめなのが肉類と魚類です。また、炭水化物でおすすめなのは、ビタミンやミネラルが豊富な玄米や全粒粉のパンなどがおすすめです。その為、チートデイには、これらの食品を意識して摂取してみて下さい。

チートデイの食事メニューの例②パスタ

パスタ

チートデイの食事メニューの例2つ目は、パスタです。基本的に、チートデイの間は、好きな物を食べても良いです。パスタは、炭水化物になりますが、一緒に合わせる食品をしっかり考えれば上手く、停滞期を切り抜けられると思います。また、野菜を多めに摂取するというのもポイントでしょう。

パスタの具材に野菜やお肉、フルーツなどを合わせるのもいいでしょう。パスタの具材もビタミンや高タンパク質な食材を合わせれば、ダイエット中であっても停滞期を切り抜けるだけでなく、上手く栄養バランスを考えた食事を食べる事ができるはずです。

チートデイの食事メニューの例③お寿司

寿司

チートデイの食事メニューの例3つ目は、お寿司です。お寿司というのは、冷やご飯を使いますので、それだけ血糖値の上昇が緩やかにできます。また、日本人は、お寿司が好きな人も多いので、そう考えると、好きな物を食べて良いという中にお寿司が含まれるとなれば、その後のダイエットも頑張れると思います。

また、お寿司は、家で食べるというよりも外食で食べる人が多い傾向にありますので、週末の家族との時間の中で楽しみながら食事が出来るという事もあり、それだけでストレス発散にもなると思います。ここに、インドカレーがダイエット向きな理由をまとめた記事があるので、チートデイの参考にしてみて下さい。

関連記事

インドカレーのカロリーは?ダイエット向きな理由6選!ナンは太る理由も

インドカレーのカロリーを知っていますか?インドカレーは、その種類により

Small thumb shutterstock 566232874

チートデイを取り入れる頻度は?

筋トレを取り入れながら体脂肪率で頻度を変える

フルーツとノート

チートデイを取り入れる頻度1つ目は、体脂肪率で頻度を変えるという事です。チートデイを取り入れる頻度は、体脂肪率に応じて行う頻度を決めるというのは基本です。男性の場合には、体脂肪率が25%以上ならチートデイの必要性はありません。また、20~25%未満で2週間に1度、15~20%未満で10日に1度です。

10~15%未満で1週間に1度、10%未満だと4日に1度というように、体脂肪率によって、チートデイの頻度を変えていくというのは、チートデイを成功させる為にも大事なポイントです。しかし、これもあくまで目安ですので、体調や体重の減り具合などからしっかりと見極めていきましょう。

停滞期に入った瞬間取り入れるのもコツ

カレンダーの予定

チートデイを取り入れる頻度2つ目は、食事制限や糖質制限中の停滞期に入った瞬間に取り入れるのがコツというものです。体重が減っている最中にチートデイを取り入れても意味がありません。その為、チートデイを取り入れる頻度というのは、人それぞれ違うという事になります。

これは、体重が減り始める頃から停滞期に入るまでの期間は、人それぞれ違うという事も関係しています。また、筋トレの取り入れ方や食事制限している方法などによっても変わってくると思いますので、それにより、今まで順調に減っていた体重が減らなくなってしまったという場合には、そのタイミングで取り入れましょう。

ここに、チートデイのやり方を詳しく紹介している記事があるので、この記事を参考に、ダイエット中に停滞期で悩んでいる人は、チートデイを上手く取り入れる方法を模索してみて下さい。

チートデイは正しいやり方をしなければ意味がない

今回は、「チートデイとは?」をテーマに、ダイエット中の停滞期を脱する為に最大限に効果を発揮するやり方なども紹介してきましたが、いかがでしたか?ダイエットのやり方は、筋トレや食事制限など様々なダイエット方法を取り入れていると思いますが、どうしても停滞期というのは、ダイエットには付きものだと思います。

また、停滞期の厄介な所は、ダイエットしている人のやる気を削いでしまう懸念があるという事でもあります。その為、そんな厄介な停滞期を効率よく脱出する為にもチートデイがおすすめなんです。しかし、いくら好きな物を食べて良いとは言っても、何も考えずに食べるのは、非常に危険です。

また、食べる食品もリバウンドの引き金となってしまう危険なものですので、そういう意味でもしっかりとチートデイ中の食事内容を意識する事は大事になってくると思います。その為、ぜひこの記事を参考に、正しいチートデイのやり方を参考にして、停滞期を脱出する方法を学んでみて下さい。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事