Icon search 36px

旦那の人前での呼び方みんなはなんて呼んでるの?多い呼び方5選

人前での旦那の呼び方①夫

腕組をする男性

旦那の人前での呼び方において、多い呼び方の1つ目は、「夫」です。「私の夫は××なのです。」や「家の夫は、××です。」というような使い方をします。相手に結婚相手のことを説明したり、紹介するときに使うことが多いのではないでしょうか?大変形式的で、畏まった印象を与えます。

夫という呼び方を使う時に仲のいい相手であったり、ご近所さんとの立ち話であったりする場合は、あまりにも堅苦しい感じで、「なんだか違うな。」という印象を与えてしまう場合もあります。目上の方であったりすると、丁寧で、よい印象をもたれる場合もあるので、使う相手によっても使い分けが必要です。

人前での旦那の呼び方②結婚相手の名前

リラックスする男性

旦那の人前での呼び方において、多い呼び方の2つ目は、「結婚相手の名前」です。「××さん」「××君」というように、名前に「さん」「君」をつけて呼ぶ方もいます。苗字で呼んだり、名前で呼んだりと2パターンあります。大変仲がいい印象を与える呼び方です。

結婚して間がまだない方や、結婚しても付き合っていた頃のまま、恋人の関係のような甘い関係を望んでいる方がよく使う呼び方とも言えます。この呼び方は、使う相手によっては嫌悪感を感じて「いい年してあんな呼び方をして、恥ずかしくないのかしら?!間違いもいいところ!」と感じる方もいます。

できれば、人前で使う場合は、年下の相手であったり、近しい相手に結婚相手のことを話すときに呼ぶ方がいいでしょう。決して年上の方や、結婚相手を立てるべきところでは使うのは控えましょう。

人前での旦那の呼び方③ニックネーム

コーヒーを飲む男性

旦那の人前での呼び方において、多い呼び方の3つ目は、「ニックネーム」です。結婚してからも、愛情が溢れているのが、感じられます。また、本人の結婚相手と「いつまでも、恋人のような関係でいたい。他の人と違いを付けたい!」という気持ちも伝わりますね。

ニックネームで呼ぶと、特別な感じがしますが、人前で使うと誰を指しているのか、分からないことがあるので、話をする相手によって、ニックネームを使ったり他の呼び方を使ったりと、違いを付けて使い分けをしている方が多い呼び方です。

人前での旦那の呼び方④ダーリン

笑顔の男性

旦那の人前での呼び方において、多い呼び方の4つ目は、「ダーリン」です。すごく仲がいいのが表されていますね。新婚さんのような仲のよさを感じさせる呼び方です。

英語で言う言い方なので、少しおしゃれな感じがある呼び方で、「ダーリン」と呼んでいる方は、「主人」「旦那」などの結婚相手をあまりにも立てる呼び方に違和感を感じてはいるものの、愛情を込めたいという気持ちから「ダーリン」と呼ぶ方もいます。

人前での旦那の呼び方⑤パパ

仲良し家族

旦那の人前での呼び方において、多い呼び方の5つ目は、「パパ」です。結婚をしてお子さんのいる方に多い呼び方です。子供の前で、「パパ」と呼んでいることから、そのまま「パパ」という風に呼んでいる方もいます。

「パパ」は大変使い勝手がいい呼び方で、人前で結婚相手を呼ぶ時にでも大きな声で「パパ!」と呼んでも恥ずかしい印象はありません。しかし、結婚相手を立てる必要がある場合は、「パパ」ではあまりにも場違いですし、全く相手を立てません。砕けた、リラックスした場合に用いるのがいいでしょう。

夫・主人・旦那呼び方で意味は変わる?それぞれの違い

夫・主人・旦那呼び方で意味の違い①夫

素敵なカップル

「夫」は、結婚している男性を意味しています。結婚相手や家族との関係や、社会的・法的な位置づけは時代や文化によって様々な意味をもっています。

「夫」は、「主人」「旦那」と比べると、そこまでへりくだった印象を与えません。「主人」や「旦那」と似たように感じるかも知れませんが、違いがあるのです。

夫・主人・旦那呼び方で意味の違い②主人

時間を気にする男性

「主人」、結婚相手を立てる時に使われる呼び方であり、「一家のあるじ」という意味があります。本来は、結婚相手を立てる呼び方として、よく使われていましたが、最近では、女性の社会進出が高まってきたため、「主人」という呼び方を、嫌う方もいます。

話し相手の結婚相手を、指す場合は、「ご主人」と呼ぶことで丁寧な言い方になります。例えば、「主人が、いつもご主人にお世話になっております。」というような使い方をします。

夫・主人・旦那呼び方で意味の違い③旦那

スーツを着る男性

「旦那」は、「お布施」から「寺院の施主」ということを表していました。それが、「生活の面倒をみる人間」「パトロン」ということになりました。そのため、結婚相手を立てて自分を下げている意味と捉えることになります。

第三者の結婚相手に使うことはなく、今では「さん」「様」を付けて使う場合が多いです。例えば、「旦那が、いつも旦那様のご活躍を話しております。」などの使い方をします。

結婚相手を人前で立てる呼び方は?旦那のベストな呼び方

結婚相手を人前で立てる呼び方・旦那のベストな呼び方は「さん」付け

握手する男性二人

「旦那さん」は正式な場所や畏まった時に使う呼び方です。年配の人の前で使うと比較的良い印象を与えることが多く、「夫を立てる控えめで奥ゆかしい妻」という印象を与えます。ですので、「旦那さん」と結婚相手を人前で立てたいときに使うといいでしょう。

自分の旦那に対して、「旦那さん」ということに関して、違和感を感じる人がいますので、「旦那さん」というのは、話す相手の結婚相手に使うようにしましょう。こうすることで、大変印象がよくなります。

結婚相手を人前で立てる呼び方・「主人」の印象

スーツ姿の男性

主人という呼び方は、女性蔑視という印象を持つ方もいます。これは、昔の日本では、男性の地位が高く、女性を下に見ていたことからの名残とも言われていて、家の主は男であり、女性は養われる存在であることを現していた名残ともいえるでしょう。

今は、女性も男性と同じように活躍していく時代です。「主人」という呼び方は、だんだんとなくなってくるのかも知れません。そのため結婚相手を立てたい時は、「旦那さん」がよいでしょう。

話す相手によって旦那の呼び方には使い分けが必要なの?

話す相手によって旦那の呼び方の使い分け①旦那の実家

グループでの食事

話す相手によっても旦那の呼び方については使い分けが必要な場合があります。例えば、旦那の実家の家族と話をする場合、「××さん」という風に名前で呼んだ方が、よい印象を与えるでしょう。「主人」を使うと、畏まりすぎる印象があります。

絶対に避けたい呼び方は、ニックネームであったり、呼び捨てであったりです。旦那の実家では、多少、旦那を立てた呼び方をして、あなたの印象を高めておきましょう。

話す相手によって旦那の呼び方の使い分け②友達

仲のよい集まり

友達と話をする時に「主人」では、あまりにも畏まりすぎた印象になっているので、違います。「旦那」と呼ぶのが一般的で、他にも「パパ」「お父さん」「ダーリン」など砕けた呼び方がより多く使われています。

あまりに旦那のことを立て過ぎた呼び方をすると、友達同士でも、「どうして、あんな呼び方するのだろう?」と思われてしまいます。友達との話であれば、多少砕けた呼び方の方が、好感をもたれることでしょう。

旦那の他の呼び方って?呼び方例5選

旦那の他の呼び方①名前

笑顔が素敵な男性

旦那の他の呼び方例1つ目は、名前で呼ぶ呼び方です。名前に「さん」を付けてもいいでしょう。大切な名前を呼ぶことで親近感を表せますし、「パパ」「お父さん」といった「役割で相手を呼びたくない。」という方が名前で呼んでいます。

恋人時代からの名残でそのまま使い続けている方も、多いのではないでしょうか?いつまでも相手のことを、思いやる気持ちを込めて、名前で呼ぶこともおすすめです。名前で呼び続ける人の中には、「いつまでも彼と向き合いたいから。」という思いで呼ぶという方もいました。

結婚相手を名前で呼ぶのには、嬉しい効果も期待できます。その効果について詳しく書かれた記事があるので、併せてご覧ください。

関連記事

名前を呼ぶ効果・呼び方の心理9選!さん付け・呼び捨ての人の心理は?

人の名前を呼ぶ心理や、女性の名前の呼び方を変える男性の心理にはどんなも

Small thumb shutterstock 246844747

旦那の他の呼び方②旦那ちゃん

幸せそうな家族

旦那の他の呼び方例2つ目は、「旦那ちゃん」です。大変仲のいい新婚時代のようなラブラブな夫婦が使う呼び方の印象がある呼び方です。旦那のことをまるで子ども扱いしているような印象も与えるので、使う場面を考える必要があります。

旦那ちゃんと言っている本人は、「かわいい呼び方。」と思っているかも知れませんが、周りは引いていることが多いので、使う時は、使う相手であったり、シーンであったりを考えるようにしたいものです。

使用する時は、親しい友達との会話中に使ってみたり、実家の両親の前で使うくらいにしておくことがおすすめです。結婚相手の実家で使うのは違います。「旦那ちゃん」とよく使うのは、例えば結婚相手の女性のお母さんなどです。あまり多用し過ぎるとよい印象がないことを覚えておきましょう。

旦那の他の呼び方③お父さん

家族での食事風景

旦那の他の呼び方例3つ目は、「お父さん」です。子供がいる家庭では、「お父さん」というのも一般的です。子供が呼んでいるので使いやすいですし、子供に対しても「お父さんがね、××。」という風によく使っていて、ついつい結婚相手を「お父さん」と呼んでいる方は多いのではないでしょうか?

家庭的な印象があり、「お父さん」というふんわりとした印象がありますが、畏まった場所で使うのはおすすめしません。結婚相手の方の上司など、目上の方とお話をする時に、「お父さん」ではなく「主人」と言うようにしましょう。いつもの癖で「お父さん」と呼ばないように気を付けたいものですね。

旦那の他の呼び方④家の人

笑顔が眩しい男性

旦那の他の呼び方例4つ目は、「家の人」です。「家の人がね。」「家の人は、××。」というような使い方をします。特に結婚相手を立てたりする必要がない時に使うことがよくあります。友達であったり、ママ友であったりといった砕けた関係の時に使うことが多いのではないでしょうか?

「家の人」も畏まった場所では、不向きな呼び方なので、使う相手は、親しい間柄がおすすめです。井戸端会議であったり、世間話の時使うといいでしょう。また、関西の方がよく使う呼び方と言われています。「家の人」ということで親しみを込めた印象を与えます。

旦那の他の呼び方⑤亭主

照れる男性

旦那の他の呼び方例5つ目は、「亭主」です。「亭主」は「家の主、宿屋や茶屋などの主」「茶の湯で茶事を催す人」の意味があり、「主人」や「旦那」と同じく、結婚相手を立てる呼び方です。目上の方からの印象も大変よく、「亭主」と使えるとは知的な女性という印象を与えることができます。

一方、年が近しい間柄の畏まらないシーンであったり、仲のいい相手との会話中に「亭主」を使ってしまうと、どこか古風な印象を与えてしまう恐れがあります。「亭主」は、今やあまり使っている人はなく、時代劇などであったり、ドラマの世界であったり、昔の人が使っていた言葉といった印象があります。

旦那の呼び方はシーンや話す相手で使い分けよう!

旦那の呼び方は、人前で使うシーンであったり、話をしている相手によって使い分けることが大切です。「旦那」「主人」は、結婚相手を立てるいい意味で使われる一方で、あまりにもへりくだり過ぎているという印象を与えることが分かりました。

また、「夫」「パパ」「お父さん」「名前」など、砕けた親しい間柄であれば使いやすい呼び方も紹介しました。あなたは、どの呼び方がいいと感じましたか?使う場面を考えて結婚相手の呼び方を変える事で、知的で上品な女性である印象を与えます。少しでも参考になれば嬉しく思います。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事