Icon search 36px

鼻の毛穴の黒ずみの原因5選

鼻の毛穴の黒ずみの原因①角栓が詰まって酸化いちご鼻に

目立つ鼻の毛穴の黒ずみの原因としては、角栓が毛穴に詰まって酸化することでいちが鼻になります。毛穴の黒ずみのほとんどの原因は、角栓詰まりにあります。角栓は、しっかりクレンジングや洗顔をしているつもりでも、肌表面の汚れは落とせても毛穴の奥の汚れまでは落とせないことが多いです。

しっかり汚れを落とそうとすると、つい力が入ってしまうので肌を傷める可能性もあるので、難しいように感じる方もいるかもしれませんね。毛穴の角栓は、皮脂やメイク汚れが長時間詰まることで、空気に触れて酸化し、硬くなって除去するのがだんだんと難しくなります。

鼻の毛穴の黒ずみの原因②メラニンの色素が残っていちご鼻に

目立つ鼻の毛穴の黒ずみの原因としては、毛穴にメラニンの色素が残っていちご鼻になることです。メラニンという言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。メラニンとは、紫外線を浴びることで起こります。お肌は、紫外線から守ろうとメラニンをたくさん生成してしまい、結果毛穴にメラニンが詰まって黒ずんで見えます。

メラニンも、しっかりクレンジングや洗顔をして落とすことで改善・予防することができますよ。また、メラニン色素には美白タイプの化粧品でのケアも効果的です。美白化粧品には、メラニンの生成を防ぐ美白成分がたっぷりと含まれているので、毎日使い続けることでクリアな美肌を目指すことができますよ。

鼻の毛穴の黒ずみの原因③うるおい不足で毛穴が黒く見える

目立つ鼻の毛穴の黒ずみの原因としては、肌のうるおい不足で毛穴が黒く見えることです。これは以外に思う方もいるかもしれませんが、お肌のうるおいが不足すると毛穴が広がって見えるので、結果遠くから見ると影になったりで黒く見えることが多いです。特に、乾燥がひどい季節はこまめに保湿ケアをする必要がありますよ。

乾燥がひどい季節だけでなく、夏場でも乳液やクリームなどでしっかりと保湿ケアをする必要があります。脂性肌の方も、部分的に肌が乾燥していることもあるので、しっかりと保湿ケアをして肌の乾燥を防ぎ、毛穴の開きを改善するようにしましょう。うるおい不足は毛穴以外にもあらゆる肌トラブルを引き起こすのが注意ですよ。

鼻の毛穴の黒ずみの原因④ニキビ跡のクレーターが黒く目立つ

目立つ鼻の毛穴の黒ずみの原因としては、ニキビ跡のクレーターによるものも多いです。クレーターは一番厄介な肌悩みでもあるため、できればクレーターができないように事前にケアして予防することが大切です。クレーターの主な原因はニキビが悪化することで起こります。

ニキビをそのまま放置してしまうとやがてクレーターになってしまいます。ニキビを早く治したいからといって、無理に潰してしまう方もいます。ニキビは潰してしまうとクレーターになってしまうので、きちんと正しいケア方法で改善していくことが大切です。関連記事では、酵素洗顔のランキングもあります。

関連記事

【毛穴ケア】酵素洗顔ランキングTOP10|市販&プチプラのおすすめは?

普段落としきれない毛穴の黒ずみがすっきり落とせる酵素洗顔がドラッグスト

Small thumb shutterstock 565188682

鼻の毛穴の黒ずみの原因⑤産毛で毛穴が黒く目立つ

目立つ鼻の毛穴の黒ずみの原因としては、産毛が原因で毛穴が黒く見えることもあります。これも以外に思う方も多いでしょう。産毛は、遠くから見ると目立たないので気にかける方も少ないかもしれませんが、毛は基本的に黒色です。産毛も密集すればその部分が黒っぽく見えるものです。

顔の産毛を処理してみると、その人の本来の肌の白さも分かることもありますよね。産毛は以外と気に留める人も少ないので、一度産毛をケアしてみることをおすすめします。産毛処理をすることで、気になる黒ずみが解消されることもあります。

鼻の毛穴の黒ずみの種類は?

黒ずみタイプ

鼻の毛穴の黒ずみタイプは、毛穴に詰まった角栓や古い角質などが主な原因です。他にもメラニン色素などもこの黒ずみタイプに入ります。黒ずみ毛穴は、肌に触れるとザラザラした感触が特徴で、角栓が硬くなって毛穴に詰まっている状態にあります。黒ずみタイプのケア方法としては、洗顔やクレンジングで改善が目指せます。

開き・たるみタイプ

目立つ開き・たるみタイプは、肌の乾燥や筋力の低下が主な原因です。若い方も毛穴が広がって見えるのは、うるおい不足が原因であることが多いです。大人女子の方ですと、筋力の低下や肌の衰えで肌全体が下がってしまい、毛穴が縦に広がって毛穴が開いて見えます。オレンジの皮のようにボコボコした見た目も特徴です。

クレータータイプ

クレータータイプは、ニキビの最終段階に突入した状態で、毛穴一つ一つが大きいのが特徴です。一度できてしまったクレーターを完全になかったことにすることは難しいのですが、根気よくケアすれば目立つクレーターも改善できます。お肌のターンオーバーを促すピーリングケアが最適で、合わせて保湿ケアなども有効ですよ。

鼻の毛穴の黒ずみのスキンケア方法5選

黒ずみのスキンケア方法①酵素洗顔で毛穴レスに

いちご鼻の黒ずみのスキンケア方法としては、酵素洗顔で毛穴レスを目指すことです。酵素洗顔とは、酵素の力で優しく毛穴の奥の汚れや角栓を除去できる専用の洗顔です。通常の洗顔よりも洗浄力がアップするので、効果的に毛穴汚れを除去することができますよ。

普段の洗顔やクレンジングでは除去できない汚れまでもしっかりキャッチして落としてくれるので、普段のケアでも定期的に取り入れることをおすすめします。洗浄力が強い洗顔なので、お肌へのダメージが気になる方もいるかもしれませんね。そんな方には、敏感肌でも使える低刺激処方タイプがおすすめです。

酵素洗顔の正しい使い方としては、洗顔前にしっかりと毛穴を開かせることです。毛穴を開くには毛穴を温めることが有効です。ホットタオルやフェイシャルスチーマーを活用することで自然に毛穴を開かせることができます。毛穴を開いたあとは冷やして閉じることで毛穴レスに近づけます。

黒ずみのスキンケア方法②毛穴パックで角栓除去

いちご鼻の黒ずみのスキンケア方法としては、毛穴パックで毛穴の角栓を除去することで毛穴レスを目指せます。毛穴パックにも様々な種類があります。貼って剥がせるシートタイプや、マスクを塗布して洗い流すタイプなどがあります。毛穴パックで即効性があるものといえば、貼って剥がせるシートタイプです。

毛穴パックの正しい使い方としては、まずはじめに洗顔同様にしっかりと毛穴を開かせます。毛穴を開かない状態で毛穴パックをしてしまうと、無理やり角栓を引き抜くことになり、毛穴が広がる原因ともなるので注意しましょう。毛穴を柔らかくし、しっかり開いてから毛穴パックのシートを鼻に貼ります。

商品の所定時間置いたら、ゆっくり剥がします。シートタイプは肌にしっかり張り付いているので、ここで一気に剥がしてしまうとお肌を傷めてしまうので気をつけましょう。パック後は収斂作用のある化粧水でしっかり毛穴を引き締めて完了です。毛穴パックは週に数回取り入れて毛穴の角栓除去をすると毛穴レスに近づけます。

黒ずみのスキンケア方法③正しいクレンジング方法で汚れを除去

いちご鼻の黒ずみのスキンケア方法としては、正しいクレンジング方法で汚れを除去して毛穴レスを目指せます。スキンケアの基本でもあるクレンジングをしっかり身につければ、毎日お肌をリフレッシュすることができます。汚れを落とすことができれば、化粧水や美容液などの美容成分もお肌の奥まで届けることも可能です。

正しいクレンジング法としては、毛穴を開いて奥の汚れまでしっかり落とせるよにすることです。それから、クレンジングと洗顔をすることも大切です。中にはW洗顔不要のクレンジングや洗顔がありますが、毛穴の黒ずみが気になる方はW洗顔をすることをおすすめします。

クレンジングをする際は、しっかりメイク汚れと乳化させて浮かせてからお湯で流しましょう。小鼻は凸凹しているので、洗い残しがないように入念に行います。この時に強く擦らないように気をつけましょう。洗顔、濃密な泡を作り、泡をクッション代わりにして優しくクルクル洗います。洗顔後は保湿ケアでうるおいを与えます。

黒ずみのスキンケア方法④綿棒とオイルでブツブツをケアして毛穴レスに

いちご鼻の黒ずみのスキンケア方法としては、綿棒とオイルでブツブツいちご鼻をケアすることがあります。毛穴ケアに使うオイルにおすすめなのは、ベビーオイルやオリーブオイル、スクワランオイルやホホバオイルです。綿棒にオイルを塗布し気になる鼻の黒ずみの部分をクルクルするだけで毛穴に詰まった角栓を除去できます。

綿棒とオイルを使うときも、毛穴は開かせてから行うと効果的です。オイルをしっかり毛穴の角栓となじませてから浮かせることで、きれいに汚れを落とすことができますよ。綿棒でのこすりすぎはお肌の負担となるので気をつけましょう。オイルは、安いオイルで済むのでコスパ重視の方にもおすすめです。

黒ずみのスキンケア方法⑤しっかり保湿とパックをして毛穴をやわらげる

いちご鼻の黒ずみのスキンケア方法としては、しっかり保湿ケアをして毛穴を柔らかくすることです。タンパク質の塊でもある角栓は硬いので、毛穴周りをたっぷりの潤いで満たすことでふっくらキメの整った美肌を目指すことができます。肌のうるおいを満たすことは、毛穴レス以外にあらゆる肌悩みを改善することができますよ。

保湿成分の含まれる化粧水や美容液、乳液やクリームなどを全てのアイテムを取り入れましょう。他にも、化粧水の浸透をサポートしてくれる導入液などもあるのでぜひ活用しましょう。いつものスキンケアにシートマスクやパックをプラスすることでさらなるうるおい肌を目指すことができます。

シートマスクはコストがかかるという方は、コットンパックがおすすめです。コットンパックなら、いつも使っている化粧水とコットンがあれば簡単にパックケアができますよ。コットンにいつも使っている化粧水を浸して、気になる小鼻やおでこ、頬や顎先などに乗せてパックするだけなので簡単です。

鼻の毛穴のスキンケアでしてはいけない事3つ

無理やり指で押し出さない

鼻の毛穴のスキンケアでしてはいけないことは、毛穴に詰まった角栓を取り出そうと無理やり指で押し出さないことです。毛穴に詰まった角栓を取り出すことで黒ずみを解消することはできるのですが、無理に毛穴から押し出そうとすると、毛穴が開いてしまって開き毛穴の原因にもなりかねません。

それに、角栓はとても硬く毛穴にフィットして詰まっているので無理に取り出してしまうのは毛穴にもかなりの負担をかけることになります。角栓を見ると、ついやってしまいたくなるのですが、指で押し出すのはお肌にも毛穴にもかなりに負担をかけるので絶対に避けましょう。

ピンセットで角栓などを引き抜かない

鼻の毛穴のスキンケアでしてはいけないことは、毛穴に詰まった角栓や皮脂はピンセットで引き抜かないことです。これも指で押しすのと同じで、無理に毛穴から角栓をつまみ出してしまうと、毛穴やお肌に負担をかけてしまいます。さらに、指よりもピンセットは先が尖っているので万が一お肌に当たったら傷がつきます。

ただし、ピンセットを使う方法としても有効な場合もあるとされています。しっかり毛穴を開いた状態で尚且つお肌に当たることなく角栓だけを引き抜くことができれば、ピンセットも使えるという考えもありますが、かなりの神経を使いますし、無理やり抜くことにかわりはないのでこの方法も避けましょう。

毛穴ケア用品は使用頻度を守る

鼻の毛穴のスキンケアでしてはいけないことは、毛穴ケア用品は使用頻度を守ることです。毛穴ケア用品といえば、毛穴パックや酵素洗顔、ピーリングなど様々な種類があります。毛穴をケアすることは、とてもデリケートなことなのでそれぞれに適した使用頻度を設けていることが多いのです。

例えば、ピーリングケアはやりすぎるとお肌を傷めてしまう場合もあるため、使用頻度としては週1と決められていることが多いです。もちろん、中には毎日使える物もあります。毛穴ケア用品を使う場合は、しっかり使用頻度を確認して守るようにしましょう。また、使用頻度を守って定期的にケアすることも大切です。

鼻の毛穴のスキンケア方法をマスターして毛穴レスを目指そう!

鼻の毛穴のスキンケア方法いかがでしたか?鼻の黒ずみ毛穴にも様々な種類や原因があります。毛穴をケアするには、自分の黒ずみ毛穴タイプに合うケア方法を行う必要もありますよ。鼻のスキンケア方法をマスターして、毛穴レスを目指してくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事