Icon search 36px

独身主義の男性の心理5選

独身主義の男性の心理①仕事が好き

仕事が好き

独身主義の男性の心理の1つ目は、仕事が好き、という心理です。男性は仕事中心の生活になる事が多くなります。「仕事がないと生きていけない」という人が意外とまだまだ多いのです。また、好きな仕事に就くケースも多い為、純粋に「仕事が楽しい」と思える環境にあるのでしょう。その為、仕事に夢中になる人が多くいます。

一生懸命働けば、それだけ収入も多くなります。女性に比べて圧倒的に多くの収入を得られることから、一人で生活をしていても、何の不自由もないのです。毎月定期的に貯金をして積み立てていけば、貯金額も多くなります。また、定年まで勤めあげれば退職金ももらえますから、老後の心配をする必要もなくなるでしょう。

独身主義の男性の心理②面倒くさい

面倒くさい

独身主義の男性の心理の2つ目は、面倒くさい、という心理です。誰かと一緒に生活をする、ということ自体が面倒だと感じている人もいます。そのような人は同性さえも面倒だと思っているかもしれません。そのような心理がある人が、異性と生活を共にすることを面倒だと感じるのは当然でしょう。窮屈で仕方がないのです。

自由をこよなく愛している場合には、他の人以上に面倒だと感じるでしょう。常に赤の他人と、しかも異性と一緒に生活をしていかなければならないのです。こんな窮屈に感じることはないでしょう。このような人は、「結婚」というものに初めから希望や夢は抱いていません。ずっと一人でいることに大きな希望を抱いています。

独身主義の男性の心理③一人の時間を大切にしたい

一人の時間を大切にしたい

独身主義の男性の心理の3つ目は、一人の時間を大切にしたい、という心理です。誰かと一緒にいることに苦痛を感じる人の多くは、「自分だけの一人の時間を大切にした」と思う人たちです。一人の時間を自由気ままに過ごすことによって、肉体的にも精神的にも自分で癒しているのです。一人の時間が何より大切ということです。

一人の時間を大切にしたい、という心理がある人は、趣味を多く持っていたりします。また、一人で過ごすことを楽しむ方法も、数多く持っているケースが多くあります。「自分一人で楽しみたい」と思うことが、たくさんあるのです。その為の時間を、他の誰かの為に割く、などということは絶対にしません。それは苦痛なのです。

独身主義の男性の心理④恋愛はもうこりごり

恋愛はもうこりごり

独身主義の男性の心理の4つ目は、恋愛はもうこりごり、という心理です。一度でも辛い恋愛を経験した人は、このように思うかもしれません。辛い恋愛経験はなかなか簡単に乗り越えられるものではありません。新しい恋愛をしても、ついつい比べてしまうからです。また、男性の方が失恋を引きずる可能性が高い傾向もあります。

更には、以前の恋愛で引きずるほどの辛い思いはしなかったけれど、こじれて大変だった、という経験をしたことがある場合にも、このような心理を抱くことがあるでしょう。その場合は、「もうあんな鬱陶しい思いは二度と嫌だ」という思いが強く働いているのです。あんな経験をするくらいなら、一人の方が良いということです。

独身主義の男性の心理⑤一人でも全然寂しくない

一人でも全然寂しくない

独身主義の男性の心理の5つ目は、一人でも全然寂しくない、という心理です。これも男性に多く見られる心理パターンと言って良いでしょう。自分の寂しいという感情を解消する方法をたくさん持っているのです。それは仕事に夢中になるということも、ひとつの方法です。また、趣味を多く持っているということも一つです。

更には、仲間が多いということも理由として挙げられるでしょう。基本的に男性は女性に比べて「寂しい」と思うことがあまりありません。それだけ毎日が忙しいということなのです。その為、「結婚して誰かと一緒にいた」という思いが湧いて来ない、ということもたくさんあります。他に楽しめることがたくさんあるのです。

独身主義の女性の心理5選

独身主義の女性の心理①今は仕事に集中したい

今は仕事に集中したい

独身主義の女性の心理の1つ目は、今は仕事に集中したい、という心理です。最近では、女性もこのような心理を持っている人が増えてきています。夢や希望を持って就職した人は、特にこのような心理を抱き続けることが多くなります。頑張れば頑張るほど評価をしてくれる会社に勤めていたら、このように感じるでしょう。

頑張れば頑張るほど評価をしてくれるということは、自分で「ここまで」と決めない限り、ずっとその状態が続くということです。「もう少し頑張ろう」や「もう少し仕事に集中しよう」と思っている間に、いつの間にか仕事人になっていた、というケースも多く見られます。評価が低い家事よりも、仕事の方が楽しいという事です。

独身主義の女性の心理②彼氏を作っている暇がない

彼氏を作っている暇がない

独身主義の女性の心理の2つ目は、彼氏を作っている暇がない、という心理です。これは仕事が忙しいという理由だけではありません。それ以外にも趣味が多かったり、習い事が多いという原因があります。仕事以外のことでも活発に活動していると、そちらにも自分の時間とエネルギーを使うことになる為、とても忙しいのです。

また、交友関係が大変広い、ということも原因の一つとして挙げられます。この場合の交友関係とは、あくまで「友達」としての立場です。そこに恋愛感情はありません。同性異性問わず「友達」と呼べる人がたくさんいると、それだけ誘われる機会も多くなります。また、大勢でワイワイしている方が好きという事もあるでしょう。

独身主義の女性の心理③実家にいる方が楽

実家にいる方が楽

独身主義の女性の心理の3つ目は、実家にいる方が楽、という心理です。一人暮らしではなく、両親と住んでいる人は、結婚しないというケースが大変多くなります。自分の身の回りのことはすべて両親がしてくれるのです。掃除洗濯やご飯の用意まで、実家にいればすべて両親が自分の代わりにやってくれますから、とても楽です。

このような生活に慣れてしまうと、「このままの方が良い」と思うでしょう。自分の時間はすべて仕事や趣味に費やせるのです。こんなにも楽なことはありません。また、気心の知れた家族ですから、必要以上に気を使うことはありません。言いたいことを言える環境というものにも、大変大きな魅力を感じているのでしょう。

独身主義の女性の心理④理想の人に出会えない

理想の人に出会えない

独身主義の女性の心理の4つ目は、理想の人に出会えない、という心理です。このタイプの人は、自分の理想の高さに気づいていません。「高学歴で、高収入で」などのような理想とまでは言いませんが、「普通に生活力がある人が良い」という人は多いでしょう。その「普通」のレベルがどれくらいのものなのか分かっていません。

「普通」という言葉は大変あいまいです。これは言い換えるなら、明確な理想がないと言い換えることもできます。何故なら、素敵な男性に巡り合えたとしても、「何となく理想と違う」という印象を受けてしまうからです。明確な理想がない為、「理想の人に出会えない」と思い込んでしまい、一人でいることになってしまいます。

社会人向けの出会いの場を広げる方法について、詳しくご紹介している関連記事があります。リンクいたしますので、参考にしてみてください。

関連記事

社会人の出会いはどこ?異性との出会いが多い場所4選!出会いを広げるには?

出会いはどこにあるのかなにゃんではいませんか?どうやって出会うのか、出

Small thumb shutterstock 557049094

独身主義の女性の心理⑤そのうち結婚できる

そのうち結婚できる

独身主義の女性の心理の5つ目は、そのうち結婚できる、という心理です。このような心理を抱いている人は意外と多いのです。「そのうち結婚できる」と思いながら、毎日を過ごしている人の多くは、平日は職場と自宅の往復になり、休日は家で引きこもっていたり、または自分の趣味に打ち込んでいる、という事が多くなります。

言い換えるなら、出会う為の努力をしていない、という事です。そのうち結婚できると思っていたら、いつの間にか結婚適齢期を過ぎていた、という人は、「そのうち結婚できる」が、「結婚できなくても、毎日充実していたから、このままで良いや」という気持ちになり、それがやがて独身主義という考えに変わってしまうのです。

いつまでも結婚しないリスクとは

いつまでも結婚しないリスク①老後の心配

老後の心配

いつまでも結婚しないリスクの1つ目は、老後の心配、というリスクです。人間はいつまでも元気溌剌で若いわけではありません。年々年老いていきます。元気で若い間は、どんなことでもできますから一人でも平気です。ですが、年老いてくると、今まで当たり前にできていたことが自分一人ではできなくなることも増えてきます。

いつまでも結婚しないリスク②病気になった時

病気になった時

いつまでも結婚しないリスクの2つ目、病気になった時、というリスクです。人間はいつもいつも健康でいられるとは限りません。自分は健康に充分注意していても、周囲から大病をもらってしまう、ということもあります。そのような場合、結婚しないで一人でいると、頼れる人がいない為、心細いと思うこともあるでしょう。

いつまでも結婚しないリスク③大怪我をした時

大怪我をした時

いつまでも結婚しないリスクの3つ目は、大怪我をした時、というリスクです。怪我は好きでするのではありません。自分では充分注意していても、もらい事故などのケースも考えられます。その場合、結婚しないで一人でいると、不自由な生活を強いられるでしょう。また、収入の面での不安も同時に抱えることになりかねません。

いつまでも結婚しないリスク④両親の介護

両親の介護

いつまでも結婚しないリスクの4つ目は、両親の介護、というリスクです。意外に思う人がいるかもしれませんが、両親の介護は自分一人だけではとても難しいという現状があります。金銭面の不安はもちろん、精神面でも家族がいると、その家族が支えになります。一人だけですべてを背負いきるのは、大きな困難があるのです。

いつまでも結婚しないリスク⑤孤独死

孤独死

いつまでも結婚しないリスクの5つ目は、孤独死、というリスクです。「私はまだ若いから大丈夫」と思っている人は注意した方が良いかもしれません。どんなことが起こるかわからないからです。若くても原因不明で突然死してしまう、という可能性も考えられるということです。

独身主義の男性と女性の心理はそれぞれ大きく異なる

独身主義の男性と女性の心理はそれぞれ大きく異なる

独身主義の男性と女性の心理は、それぞれ大きく異なります。男性の場合は「面倒くさい」が圧倒的割合を占めています。女性の場合は「そのうちできる」と感じている人が多いようです。最近は女性でも一人で生きていけるチャンスが増えました。そのこともあって、更に独身主義に拍車がかかっているのかもしれません。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事