Icon search 36px

キャベツの保存方法・仕方|使用するアイテム・物は?

キャベツの保存方法・仕方アイテム①新聞紙

キャベツの保存方法・仕方の1つ目は新聞紙で包む方法です。新聞紙は野菜を乾燥から防ぐ手助けをしてくれます。丸ごと保存するのにおすすめの方法で、冬場は新聞紙に包み暗くて風通しの良く涼しい場所で保存が可能です。

キャベツの保存方法・仕方アイテム②ポリ袋

キャベツの保存方法・仕方の2つ目はポリ袋に入れて保存する方法です。ちょうど良い大きさのポリ袋がない場合はスーパーのレジ袋でも代用可能です。ポリ袋やスーパーの袋で保存する場合は必ず冷蔵庫で保管してください。丸ごと保存の場合は1週間ほどパリッとしています。

キャベツの保存方法・仕方アイテム③キッチンペーパー

キャベツの保存方法・仕方の3つ目はキッチンペーパーを使う方法です。キャベツの芯を抜き湿らせたキッチンペーパーを詰め込み袋に入れて冷蔵庫で保存します。冬場は冷蔵庫に入れなくても暗くて涼しいところであれば常温で保管ができます。

キャベツの保存方法・仕方アイテム④野菜用保存袋

キャベツの保存方法・仕方4つ目は野菜用保存袋を使う方法で、保存袋は100均やスーパーなどで購入ができます。種類は大・中・小とありますのでサイズによって使い分けてください。

キャベツの保存!おすすめの方法・仕方は?

キャベツの保存!おすすめの方法・仕方①ラップとキッチンペーパー

キャベツの保存でおすすめの方法・仕方の1つ目はラップとキッチンペーパーの組み合わせです。半分に切ってしまうと切り口が変色していきますね。残った分を新鮮に保存したい場合は芯を取り除き湿らせたキッチンペーパーを芯の部分につめ、ラップできっちりと巻きます。

キャベツの保存!おすすめの方法・仕方②キャベツの葉っぱで包む

キャベツの保存でおすすめの方法・仕方の2つ目はキャベツの葉っぱで包む方法です。キャベツの葉をちぎって使っていく場合は、外の大きな葉を残しておき、冷蔵庫で保管する場合残ったキャベツを葉で包んで保存します。

新聞紙と同じような役目をし残ったキャベツを乾燥から防ぎます。無駄なく外の葉っぱを活用できる方法ですので一度お試しください。

キャベツの保存!おすすめの方法・仕方③爪楊枝を刺す

キャベツの保存でおすすめの方法・仕方の3つ目は芯の部分に爪楊枝を刺す方法です。芯が繰り抜くことが苦手な人には簡単な方法ですね。

爪楊枝の変わりに、スーパーや100均などで芯に刺すかわいい専用アイテムもありますので一度売り場を除いてください。冷蔵庫がかわいくなりますよ。

キャベツの保存!おすすめの方法・仕方④天日干しにする

キャベツの保存でおすすめの方法・仕方の4つ目は天日干しです。天日干しにすることでキャベツのおいしさを詰め込みキャベツが持っている甘みを凝縮させます。干しキャベツは疲労回復や花粉症予防などの効能が期待されています。

キャベツの保存!おすすめの方法・仕方⑤加熱して保存

キャベツの保存でおすすめの方法・仕方は5つ目は加熱して保存する方法です。切ったキャベツを加熱して荒熱をとってから冷凍保存にします。

キャベツはビタミンCが豊富で蒸すことでビタミンCの損失が少なくなり栄養を吸収しやすく、また熱を加えるとカサが減るので食べる量が増やせます。

キャベツの保存!おすすめの方法・仕方⑥千切りキャベツは水に浸す

キャベツの保存でおすすめの方法・仕方の6つ目は千切りキャベツは水に浸す方法です。キャベツの千切りを多くしすぎた場合食品保存容器にキャベツを入れ、全体にかぶるくらいの水を入れて冷蔵庫で保存します。

毎日水を入れ替えると2~3日は日持ちしますので、前日の夜に多めに切った時など保存して、新鮮なキャベツを朝ごはんで食べつことができますね。関連記事でおすすめの保存容器の記事もありますので確認してください。

関連記事

【100均タッパー】ダイソー・セリアの15個!保存容器/耐熱容器

常備菜の作り置きやお弁当の用意にも大活躍!ダイソーやセリアなど100均

Small thumb shutterstock 609739646

キャベツの保存方法・仕方|注意するポイントは?

キャベツを日持ちさせる保存方法・仕方で注意する冷蔵庫保存のポイント

キャベツを日持ちさせる保存方法で冷蔵庫保存の注意するポイントは、丸ごとの場合は水でさっと洗いスーパーの袋に入れて置くだけでも長持ちしますが、キャベツの芯をくり抜いてキッチンペーパーを詰めて袋に入れるだけでさらに長期で保存できます。

カットした場合の保存方法は、傷みやすいので1/4や1/2にカットしたときは湿らせた新聞紙を巻き袋に入れて約1週間程保存できます。千切りをしたキャベツは乾燥が早くなるのでビニールの袋に入れて空気をしっかり抜き冷蔵庫で保存します。カット野菜は早めに食べきりましょう。

キャベツを日持ちさせる保存方法・仕方で注意する冷凍保存のポイント

キャベツを日持ちさせる保存方法で冷凍保存の注意するポイントは、カットしたキャベツを保存した場合はスープやお味噌汁に使うことをおすすめします。冷凍してしまうとキャベツのシャキシャキ感が失われるので、炒め物やおひたしには適しません。

冷凍でシャキシャキ感を保ちたい場合は、一度さっと茹でてしっかり水けを切りフリーザーパックなどに空気をしっかり抜いて冷凍保存します。冷凍保存は最長で1か月ほど持ちます。

キャベツを常温で長期保存する場合の注意するポイント

キャベツを常温で保存する場合は冬場のほうが適していて長期保存できます。保存場所は暗くて涼しいところがいいので保管する部屋が暖かい場合は冷蔵庫で保存してください。常温保存では何もしなくても風通しが良く涼しい場所なら1週間ほど日持ちします。

芯をくり抜き濡らしたキッチンペーパーを詰め、さらに湿らせた新聞やキッチンペーパで包み袋に入れて保存している場合は冬場でも常温で2週間ほど長期保存できます。

キャベツのおすすめレシピ

キャベツのおすすめレシピ①キャベツ丸ごと使った包まないロールキャベツ

キャベツのおすすめレシピ1つ目はロールキャベツです。1個1個包むのが面倒!の人におすすめは丸ごと1個使ったロールキャベツを作ってみるのはいかがですか?

キャベツの芯を取り除くのが難しい場合は、半分に切って中身をくりぬき、肉を詰めた後残ったキャベツをお鍋の底に敷き詰めて、お肉を詰めた面を下にして煮込む方法もあります。キャベツにお肉のうまみがしみ込みおいしいロールキャベツを作ってみてくださいね。

    材料

  • 豚挽き肉 400g
  • 玉ねぎ 100g
  • 卵 1個
  • パン粉 大さじ2
  • 片栗粉 大さじ2
  • 塩 少々
  • 黒こしょう 少々
  • キャベツ 1個
  • スライスチーズ 4枚
  • コンソメ顆粒 大さじ1
  • 水 300ml
  • パセリ 適量

    包まないロールキャベツ 作り方

  1. 1キャベツは芯を取り中身を繰り抜き、くりぬいたキャベツと、玉ねぎはみじん切りにする
  2. 2ボウルに豚挽き肉、みじん切りしたキャベツ、玉ねぎ、卵、パン粉、片栗粉、塩、黒こしょうを入れ粘りが出るまで良くこねる
  3. 3繰りぬいたキャベツの中にボウルでこねてできたお肉一式を詰める
  4. 4お鍋にお肉を詰めたキャベツ1個、コンソメ、水を入れ蓋をして強火で加熱する
  5. 5沸騰したら中火にし2時間くらい煮込む
  6. 6煮詰まってきたら水を足す
  7. 7キャベツがしんなりしたら器に盛り付ける
  8. 8刻んだパセリをかけてできあがり

POINT

トマト味のロールキャベツ

水を150mlにしてトマト缶を加えるとトマトの栄養が詰まったさっぱり風味のトマト味ロールキャベツが出来上がり!

キャベツのおすすめレシピ②キャベツたっぷり・しょうゆ味もつ鍋

キャベツのおすすめレシピ2つ目はもつ鍋です。もつの下処理が苦手な場合は、下処理されたもつを購入すると洗う手間が省けます。もつは低カロリーで美容効果が高くコラーゲンやミネラル、ビタミンが豊富です。メタボ対策、健康維持に効果があり家族で食べられるお鍋です。野菜もたっぷり取れるので健康美人になりましょう!

    もつ鍋 材料

  • キャベツ 1/2
  • ニラ 1束
  • もやし 1袋
  • 生もつ(牛or豚)400g
  • ニンニク 1片
  • 鷹の爪 輪切り 適量

    スープ

  • 鶏ガラスープ 大さじ 1と1/2
  • 和風だしのもと 大さじ1/2
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 水 600㏄
  • にんにく 1片

    もつ鍋 作り方

  1. 1ボウルに生モツを入れて塩を多めに入れて揉みこんでいく
  2. 2冷たい水で軽く洗う
  3. 3何度か繰り返しキッチンペーパーで水気を切る
  4. 4キャベツはざく切り、もやしはさっと洗い、ニラは5~6cmの長さに切りそろえる
  5. 5鍋にスープの材料を全て入れ煮立てる
  6. 6もつを入れ中火にかける※煮込みすぎるとうまみ成分がとけ出るので注意
  7. 7アクが出るので適当にアクをとり出なくなったらキャベツ、もやしの順に山盛に入れる
  8. 8その上に切ったニラを横一列に並べスライスしたにんにくと輪切り唐辛子をトッピングする
  9. 9強火にかけしばらくするとスープが増え、キャベツがしんなりしたら出来上がり
  10. 10〆に中華麺、うどん、雑炊などお好みでどうぞ

POINT

もつの下処理

もつの脂が手につくのでビニール手袋を付けるのがおすすめです。 下処理をきっちりしないと、もつの脂でスープが濃厚になりすぎ食べにくくなります。

キャベツのおすすめレシピ③腸内環境を整える簡単酢キャベツ

キャベツのおすすめレシピ3つ目は、腸内環境を整える効果がある酢キャベツです。ダイエット効果もある酢キャベツ。いつも食べている食事にプラスするだけでダイエット効果が得られるそうです。

ダイエット効果以外にもキャベツはビタミンCが多く抗酸化作用があり、メラニン色素の生成を抑えたり免疫力を高める効果があり老化現象を軽減させる働きもあります。酢キャベツをスープや炒め物にも使えるので食べやすくアレンジをしてみるのもいいですね。

    酢キャベツ 材料

  • キャベツ 1/2
  • お酢 180CC
  • 塩 小さじ1
  • 砂糖 お好みで小さじ1

    酢キャベツ 作り方

  1. 1キャベツを良く洗い荒めの千切りにする
  2. 2保存袋に水を切ったキャベツを入れ塩とお酢を入れ少しもんだら出来上がり
  3. 3冷蔵庫で1週間程で食べきるようにしてください
  4. 4酸味が苦手な人は砂糖を少し加えてください。味がまろやかになり食べやすくなります。

POINT

酢キャベツ効果

キャベツは食物繊維が豊富。お酢は腸の蠕動運動を促すため腸内環境が良くなる効果があります。

キャベツの保存方法に詳しくなろう!

キャベツの簡単でおすすめの保存方法や仕方について紹介しました。今では一年中楽しめる食材になっているキャベツですね。上手に保管して、ビタミンCが豊富で美容にも効果があるキャベツをおいしくを食べましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事