Icon search 36px

【シングル】寝方別の心理・性格8選

【シングル】寝方別の心理・性格診断①両手は真っすぐ仰向けは規律正しい人

真面目

シングルの寝方・寝相の性格診断についてまずは見ていきましょう。寝方別の心理・性格の一つ目は「両手は真っすぐ仰向けは規律正しい人」です。仰向けの状態で真っすぐに両手を伸ばす人は、何においても規律正しく行動できるようです。決まり事をしっかりと守ることが出来るタイプの性格の持ち主です。

集団の中に溶け込むのが得意であり、学校や社会において集団行動がしっかりととれる人であると言われています。そのためパリピのようなタイプの人たちとは相容れない部分があるようです。どんちゃん騒ぎするような人が苦手で、約束や規律を守れない人に嫌悪感すら抱きます。

【シングル】寝方別の心理・性格診断②うつ伏せで枕を巻き込む自由人

自由な人

シングルにおいて寝方別の心理・性格の二つ目は「うつ伏せで枕を巻き込む自由人」です。まるでごめん寝をした猫のようにうつ伏せになって、枕を掴んだり枕の下に手を入れたりした状態で寝ているような人は遊ぶのが好きで自由な性格と言われています。基本的には社交的ですが、人のことに首を突っ込んでしまう癖があります。

自由奔放で楽しいのは良いことでしょうが、他人の触れられたくない部分にまで首を突っ込んでしまうことろがありますので出しゃばりが過ぎると思われてしまうこともあるようです。しかし、自己中心的な部分はあまり持っていないので、しっかりと反省をしてくれるタイプであるとも言われています。

【シングル】寝方別の心理・性格診断③ヒトデの寝相は友達思い

友達思い

両手両足を広げて、まるでヒトデのようなポーズで眠る人は、シングルの寝方において「友達思い」の性格を持った人と言われています。大切な友達が困っているのであれば、すぐにでも駆けつけてその人のために何でもしてあげたくなってしまうのです。

自分のことよりも友達を優先してしまいがちな部分も持っているため、どこか自己犠牲のような行動に出てしまうこともしばしばあります。友情を大切にしすぎてしまうのも実は考えものなのです。

【シングル】寝方別の心理・性格診断④横向きで寝るのは強欲

貯金箱を持つ女性

シングルの寝相や寝方において、横向きで寝るタイプの人の性格や心理診断は「強欲なタイプ」と言われています。横向きになって、手足をだらりと垂らしてリラックスしているように見える寝相では、心理的に欲が深い部分があるようです。オープンな性格で社交的でありながらも、強欲な性格を隠せないでいるようです。

どこか他人のことを見下していたり、無意識の状態で他人のことを心から信頼することが出来ない人なのでしょう。自分の考えを曲げないので、時には半端的な意見を持つ人と対立してしまうこともあります。一つのことを決めてしまったら、てこでも動かないのでなかなか厄介な性格の持ち主かもしれません。

寝相とともに、「夢」についても性格や深層心理を表すと言われていますよね。以下の記事では焼き肉の夢占いについてまとめられています。焼き肉の夢は「強欲さ」を表すとも言われています。是非そちらもご参考にされてみてはいかがでしょうか。

関連記事

【焼肉の夢占い】意味15選!焼肉の夢は貪欲さ・強欲さの表れ?

スタミナの元である美味しい焼肉の夢を見たら目覚めもいいですよね!そんな

Small thub shutterstock 640904401

【シングル】寝方別の心理・性格診断⑤足を延ばす丸太状態はリーダーシップ

リーダーシップ

寝方別の心理や性格診断について、五つ目にご紹介するのが「足を延ばした丸太状態はリーダーシップ」です。意外と多い寝相の一つとも言われています。丸太のように足をポンと延ばして横向きで寝るタイプの人は、厳格な性格が多いと言われているようです。とは言っても社交的がしっかりとあります。

社交的で、一見するとお気楽な性格にも思われがちなのですがさまざまな性格の人とも打ち解けることが出来るため、皆をまとめることが出来るリーダーシップな性格の持ち主です。他人のことを信用することが出来るだけではなく、周囲の人からの信頼を得ることもかなり得意なタイプの人です。

【シングル】寝方別の心理・性格診断⑥丸まって眠るのは繊細な証拠

繊細なひと

シングルの寝方別、心理や性格診断で六つ目に挙げられているのが「丸まって眠るのは繊細な証拠」です。まるで胎児のように体を丸めて寝る人もいますよね。その寝方でないと落ち着いて眠れないと言う人も珍しくはありません。両ひざが肘についてしまうのではないか、と言うポーズで寝る人は「繊細な人」と言われています。

性格的には、恥ずかしがり屋で悩み事などがあるとずっと引きずってしまうような性格をしているようです。ついつい考えすぎてしまうのが欠点とも言われていて、心配性が過ぎるとも言われてしまうようです。悩み事やストレスに弱いタイプの性格と言えますね。

【シングル】寝方別の心理・性格診断⑦横向きだけど足を曲げるのは前向き

前向きな人

上記で述べた「胎児のようなポーズ」とも似ている寝方なのが、七つ目にご紹介する「横向きだけど足を曲げるのは前向きの表れ」です。横向きで少し開けひざを曲げた状態では、先ほど述べた胎児のポーズとかなり性格の内容や心理が変わってきます。こちらの場合は丸まっている状態ではないのがポイントです。

ひざを少しだけ曲げただけの寝相は「前向きの表れ」であると言われていて、精神的にも安定していて何も心配がないと言う心理を持っているのです。周囲の人との協調性もしっかりと保とうとしていて、現状に満足しているようです。前向きに考えていて、心配事がないことの表れなのでしょう。

【シングル】寝方別の心理・性格診断⑧膝を立てて眠るのは音に持つタイプ

根に持つ

シングルにおいての寝方や寝相の心理・性格診断の八つ目は「膝を立てて眠るのは根に持つタイプ」です。何か嫌なことを思い出していたり、失敗や仕事のミスなどに対して、いつまでもくよくよしてしまっている状態であると言われています。他人から言われた些細な言葉でもずっと根に持ってしまいます。

その言葉を放った相手にとってはそれほど重要なことではなくても、言われた本人にとっては辛い言葉であることもあるでしょう。しかしこの寝相の人は、過去の行いだったり言われたたった一言をいつまでもぶり返したり、根に持ってしまいやすいと言われています。なかなか気持ちを切り替えることが出来ないのでしょう。

【カップル】寝方別の心理・性格占い10選

【カップル】寝方別の心理・性格占い①少しの距離感は安定性を意味している

安定した関係

カップル間での寝方別の心理や性格診断についても見ていきましょう。一つ目に挙げられているのが「ちょっとの距離感は安定性を意味している」と言うことです。付き合い始めのカップルの場合は、一緒に寝ていて体に触れたりくっつきたがる傾向にあります。しかし、年数がたち安定性が高まるとちょっとだけ距離が開くのです。

だからと言ってお互いに冷めていると言うわけではありません。適度な距離感を保てると言うことはかなり重要なことで、寝方や寝相が安定しているカップルほど、お互いの関係性や親密度がとても高いと言えるでしょう。

【カップル】寝方別の心理・性格占い②絡み合うのは依存心の表れ

依存心

まるで絡み合うように寝ている寝方の心理と言われているのが「依存心」です。お互いが求めあうようにして寝ているようであれば、性的な意味でも普段の生活においても相手がいなければ成立しないと心から思っているのです。

特に性的な部分に関してはかなり親密に繋がりあっているとも言われていますが、その分おたがに強く依存しあっている状態であるとも言えるのです。つまりこの寝相でいるカップルは必ずしも良いことでないと言われています。極端にお互いの距離感が近すぎるため、共依存の状態になってしまっているのです。

【カップル】寝方別の心理・性格占い③後ろから抱きしめるのは性の一致

カップル

カップルにおいての寝方別心理や性格診断の五つ目に挙げられているのが「後ろから抱きしめるのは性の一致」です。性の一致と聞くといやらしいものを連想させる人も少なくはないでしょう。しかしそれは間違いで、そもそもカップルにおいて性的なことへの意識が一致するかどうかはかなり重要なことなのです。

セックスレスが原因で別れてしまうカップルは実際少なくはありません。特に彼氏の方が彼女のことをしっかりと守るように後ろから抱きしめながら寝ている寝方は、性的な意味でもお互いに一致している心理を表しているそうです。抱きついて寝るのは何よりも信頼し、性的な面でも満足していると言うことなのでしょう。

【カップル】寝方別の心理・性格占い④反対向きに寝るのは自立している証拠

自立した女性

上記で述べた寝相とは、ある意味制反対なのが「反対向き」になる寝方です。これはお互いに自立している証拠であると言われています。カップルで反対を向いた状態で寝ているのは、精神的にも安定していて依存心はあまりありません。

もちろんお互いに全く興味がない、と言うわけでもないのです。お互いの距離感や信頼感はとても高い状態ですが、しっかりと自立していてお互いを個人として捉えることが出来ている状態であると言われています。

【カップル】寝方別の心理・性格占い⑤彼の腕枕は強い関係性を意味する

強い関係性

カップル間において、寝方別の心理や性格診断の五つ目は「彼の腕枕は強い関係性を意味する」です。彼がしっかりと女性を守るように腕枕をしてくれている状態は、信頼関係がしっかりと築かれていて、お互いに大きな愛情を持っている証拠なのです。付き合いたてのカップルにも多いですが年数がたったカップルにも見られます。

【カップル】寝方別の心理・性格占い⑥彼の寝相が悪いのは支配的な関係性

支配的な関係性

彼が一方的に寝相が悪く、布団やベッドのほとんどを支配しているような状態は「支配的な関係性」を表していると言われています。彼の性格的にも支配欲が強く、彼女のことを意のままにしたいと言う心理が現れているのです。彼の方が自分勝手である可能性がかなり高い状態です。平等な関係性を築けていないかもしれません。

【カップル】寝方別の心理・性格占い⑦片方が追いかける寝相は愛情不足

追いかける

カップル間において寝方や寝相の心理・性格診断の七つ目は「片方が追いかけるような寝相は愛情不足」です。こちらは男性であれ女性であれ当てはまる深層心理であると言われているそうです。どちらか一方がまるで追っかけるようにして寝ていた場合、追っかけている方が愛情不足だと感じていることを意味します。

追いかけている相手を強く求めていて、普段の生活や性的なことにおいて愛情が足りていないと感じてしまっているのです。また、追われている側がもっと求められたいと感じている状態でもあると言われています。

【カップル】寝方別の心理・性格占い⑧足を絡ませるだけは現状に不満を持つ

叫ぶ女性

カップル間における寝方別の心理や性格の八つ目は「足を絡ませるだけは現状に不満を持つ」と言うことです。足だけを触れ合わせてきたり絡み合っている状態では感情的に不一致だったり、現状に満足していない気持ちの表れです。

自分たちがカップルである、尊重しあう大切なパートナーであることを理解できていなかったり、どちらかが一方的に不満を抱いている可能性があります。

【カップル】寝方別の心理・性格占い⑨胸に頭を乗せるのは愛情の再熱

カップル

胸に頭を乗せた状態での寝方は、付き合いたてのカップルと年数がたったカップルに多いと言われています。つまりは、付き合いたての頃の愛情や情熱が再来した状態なのです。これは頭を乗せている方が甘えていたり、パートナーとの愛情を再確認した状態なのでしょう。それをしっかりと受け入れられていれば文句なしです。

【カップル】寝方別の心理・性占い格⑩片方が抱きついて寝るロマンチスト

ロマンチスト

カップルにおいての寝方や寝相別心理・性格診断の十個目は「片方が抱きついているのはロマンチスト」と言う性格です。特に男性側が女性に抱きついている状態ではロマンチストの性格を持っていると言われています。

片方が抱きついている状態では、その時の心理状況や性格が現れるそうです。ロマンチストで、愛情をかなり感じられている状態だからこそ大切な恋人に抱きついて寝るのです。

男女別の理想のカップルの寝方は?

男女別の理想のカップルの寝方①彼女の手をつないで添い寝

手をつなぐ

理想のカップルの寝方と言われているのが「彼女の手をつないで添い寝」です。彼女としても安心感を得られます。また、彼からの「離れたくない」と言う意志を女性が受け取ることが出来るので、何よりも愛情を深めることが出来ます。寝ている間もずっと触れていたいと言う気持ちをしっかりと表現することが出来ますね。

男女別の理想のカップルの寝方②彼が彼女を抱きしめて寝る

抱きしめる

女性が彼に抱きしめられながら寝る寝方も、カップルにおいて理想的な寝方と言われています。女性としては守られている安心感を得られますし、男性としては彼女のことを全身で感じることが出来ますから、愛情を持って一緒に寝ることが出来るのです。

健康面で理想的な寝方は?

健康面で理想的な寝方①仰向け

仰向け

健康面では「仰向け」が何よりもいいと言われています。血流の循環がしっかりと行われますし、呼吸もしっかり深くすることが出来る寝方だそうです。良質な睡眠に導いてくれるでしょう。ただし、口を開けてしまう癖のある人は要注意とも言われています。口を開けていると舌が落ちてしまう危険性があるのです。

健康面で理想的な寝方②リラックスした横向き

寝る

上記で軽く触れましたが、仰向けになった状態で口を開けてしまう人は注意が必要です。いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因となりやすいのです。そう言った方はリラックスした状態での横向きをおすすめします。ぎゅっと力を入れるのではなくあくまでもリラックスしましょう。口が開くことを防ぐことが出来ます。

自分に合った寝具の選び方は?

自分に合った寝具の選び方①アレルギーなども重要

風邪

自分に合ったもの選ぶとき、注意したいのが体質です。羽毛布団は人気がありますが、人によっては埃やアレルゲン量が多いとも言われているのです。体に触れるものですから、自分がアレルギー体質かどうかをしっかりと確認しましょう。あまり埃が出にくいものを選ぶのもポイントです。

自分に合った寝具の選び方②低反発で沈みすぎてもNG

ベッド

自分に合った寝具を選ぶとき重要となってくるのが「マットレス」でしょう。話題の低反発性のものを選んだとして、沈みすぎてしまったり自分の背中や体格に合わなければ意味がありません。沈みすぎてしまうとかえって疲れやすくなったり姿勢のバランスが悪くなる可能性があります。人気や話題性だけで選んではいけません。

質の良い睡眠を取る方法は?

質の良い睡眠を取る方法①寝る前にスマホを見ない

スマホ

質の良い睡眠を取る方法として大切なのが「寝る前にスマホを見ない」ことです。スマートフォンが普及し、欠かせない存在となっている現代では、寝る直前にまで見ている人も珍しくはありません。

しかしこれが人の安眠を妨害しているとも言われているのです。スマホに限ったことではありませんが寝る直前に光が強いものを見ていると目が疲れてしまうのです。寝る30分前にはスマホを閉じて目を休めるように心がけましょう。

質の良い睡眠を取る方法②部屋はオレンジ色の証明にする

オレンジ色の照明

質の良い睡眠を取る方法の二つ目は「オレンジ色の証明」です。暖かいような雰囲気を得られるような照明で、部屋や寝室に明かりをともすように心がけましょう。昼間のぱきっとした証明よりもオレンジ系の間接照明にしておくと、徐々に眠気を誘います。

程よい明りはしっかりと、質のいい睡眠へと導いてくれる効果が得られますので寝る前や、夜になったらオレンジ系の証明に変えるなどの習慣をつけるように心がけてくださいね。

寝方でパートナーとの関係性をチェックしよう!

いかがでしたでしょうか。今回は寝方や寝相による、心理や性格についてシングルやカップルに分けてご紹介してきました。また、質の良い睡眠を取る方法などさまざまな点から掘り下げてきましたね。

寝方や寝相によって関係性や心理がわかることもありますから、一度寝方で恋人との関係性を確かめてみてはいかがでしょうか。以下の記事では、カップルの寝相診断についてさらに詳しくまとめられていますので是非そちらもご参考にされてみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー