Icon search 36px

ガーリーな髪色「ピンクベージュ」って?

髪色ピンクベージュってどんな色?

View this post on Instagram

#ピンクベージュカラー . highlight&gradationcolor… . . ブリーチを使ったカラーリングは今まで以上の透明感に柔らかさです😊 ベース作りからこだわっているので色落ち後もキレイです✨ 初めてのブリーチカラーは僕におまかせください😉 . グラデーション、ハイライト、外国人風カラーお任せください! . 🉐新規指名クーポン . グラデーション 10800 ハイライト 14040〜18360 ダブルカラー 21600 ハイライトグラデーション 19440 カット 7020 . ご予約はホットペッパー.DMまたはLINEにて受け付けております☺ ご予約は⇨@ryo_alive 当日予約もOK🙆‍♂️ . 平日の最終受付は19時なので仕事帰りでも通えます😉 . LINE🆔 @mty9772z @から入れて検索してください🙇 . お客様に合わせたデザインをご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください😊 . . ALIVE kichijoji 5月1日open🤔 . . #美容室#表参道#原宿#吉祥寺#グラデーション#グラデーションカラー#ALIVE吉祥寺#ハイライト#ハイライトカラー#デザインカラー#インナーカラー#イルミナカラー#外国人風カラー#バレイヤージュ#ブリーチ#ヘアカラー#ダブルカラー#カラーリング#切りっぱなしボブ#ボブ#テイラーヒル #ベージュ#グレージュ#ミルクティーカラー#アディクシーカラー#アッシュグレー#アッシュ#ブリーチカラー

A post shared by 白土諒/エアタッチ/バレイヤージュカラー/ハイライトカラー (@ryo_alive) on

ピンクベージュは、ふんわり柔らかいベージュカラーにとびきりスイートなピンクを乗せた、とってもキュートなヘアカラーです。普通のブラウンじゃつまらない、けど派手すぎるのもイヤという人におすすめの髪色になります。

また、ピンクベージュは日本人の肌にとてもよく馴染み、肌を白くキレイに見せてくれます。明るい髪色も暗い髪色も楽しめるので、季節問わず人気のあるヘアカラーです。

髪色ピンクベージュはブリーチなしで出来る?出来ない?

ピンクベージュは、ブリーチありとなしで雰囲気がかなり変わります。ブリーチなしでもできますが、黒髪がもつ赤みが残るため、ピンクが強くなりがちです。ブリーチありだと、その余分な赤みを消してくれるので、柔らかいテイストをしっかり作ってくれます。

しっかりピンクベージュの魅力を出したい人は、ブリーチをおすすめします。ただ、普段から明るいトーンでカラーしている人は色が抜けているので、ブリーチなしでもキレイに染めることができます。黒髪さんがピンクベージュにしたい場合はブリーチが必須になりますが、傷みが心配な人は美容師に相談してくださいね。

ブリーチありの明るいピンクベージュヘアは?

【明るい髪色】ブリーチありピンクベージュヘアカラー①

ブリーチありのピンクベージュは、とても柔らかい印象になります。ベージュとピンクの組み合わせは少女のような雰囲気で、甘く仕上げることができます。余分な赤みもなく、男女問わず人気なので、個人的にはとてもおすすめしたい髪色です。ブリーチすることで透明感を出せるので、ロングでも重くなりません。

【明るい髪色】ブリーチありピンクベージュヘアカラー②

ブリーチありの明るいピンクベージュでピンクを強めに出すと、よりガーリーテイストが前面に出てきます。ブリーチをしているので、ピンクを強くしても柔らかさや透明感はキープできます。パーマで動きを出してあげることで、エアリーな印象になりますよ。こちらはブリーチは2,3回必要になってきます。

【明るい髪色】ブリーチありピンクベージュヘアカラー③

ブリーチありの明るいピンクベージュで、今度はベージュを強く出した髪色です。太陽に当たるとキラキラ輝くキレイな髪色ですよね。ブリーチありのピンクベージュはとにかくとっても可愛いんです!思いきりピンクベージュを楽しみたい人は、この画像のようなピンクベージュを試してみてくださいね。

ブリーチなしの暗いピンクベージュヘアは?

【暗い髪色】ブリーチなしピンクベージュヘアカラー①

今度はブリーチなしの暗いピンクベージュになります。ブリーチありをおすすめしていましたが、もちろんブリーチなしのピンクベージュだからこその魅力もあります。それは、何といっても「艶っぽさ」になります。ブリーチありのスイートな雰囲気と反対に、ブリーチなしのピンクベージュは大人っぽく仕上がります。

【暗い髪色】ブリーチなしピンクベージュヘアカラー②

カラーが初めてではなく、明るい髪色にすることが多かった人は、一番明るいもので染めれば、この画像のような色味まで出すことができます。艶っぽさを出し、けれど重くなりたくない、髪を傷めたくないという人は、このようにブリーチなしでも充分キレイに仕上げることができますよ。

【暗い髪色】ブリーチなしピンクベージュヘアカラー③

明るい髪色はNGだけど、普通のブラウンに飽きてしまったという人にも、ピンクベージュはおすすめです。少しピンクが加わることでセクシーな雰囲気を出せるので、甘さを抑えたい大人女性は、ブリーチなしのピンクベージュがおすすめです。ストレートでも飽きのないヘアカラーを楽しめますよ。

セクション・デザイン別のピンクベージュヘア

ピンクベージュ×ハイライト

ピンクベージュは元々明るいカラーで可愛らしい印象ですが、ハイライトを入れることでパッと華やかになります。ハイライトで動きを出すことで、桜の花びらが舞うような美しさが際立ちます。ロングだと派手になりすぎてしまうので、ハイライトを入れるならボブくらいの長さの方が可愛く仕上がります。

ピンクベージュ×グラデーション

グラデーションも、ピンクベージュに華やかさを与えてくれます。毛先に向かって明るくしていけば、かなり明るい色でも悪目立ちせずに楽しむことができます。グラデーションにする時は、ストレートだとせっかくの色の差が単調に見えてしまうので、パーマをかけて動きを出してあげましょう。

ピンクベージュ×ローライト

ピンクベージュにローライトを入れることで、落ち着きのある印象になります。暗い色が入るので奥行きや深みが生まれ、ガーリーからシックな大人女子に変身できます。ローライトは品性のあるイメージを与えることもできるので、幼く見えやすいピンクに抵抗がある人も試せる髪色になります。

髪型別のピンクベージュヘア【髪色画像】

ピンクベージュ×ショートヘア【髪色画像】

ショートヘアはどうしても男っぽくなりやすい髪型ですが、ピンクベージュならガーリーさをキープできます。また、細い首筋を見せることで華奢で儚げな印象になり、そこにピンクベージュの甘さを加えることでより女性らしく仕上がります。ショートヘアでも女性らしさを残したい人には、ピンクベージュがおすすめです。

反対に、ショートヘアでボーイッシュに仕上げたい人は、ピンクベージュでもピンクを強く出してみてください。赤みが増すことでキツイ印象が強くなり、ピンクでも甘さが抑えられます。後ろの髪を短くカットするのもポイントです。

ピンクベージュ×ショートボブ【髪色画像】

こちらのヘアカラーは、ストレートにすることでピンクベージュの艶っぽさを良く表現できていますね。ブリーチなしの暗い髪色ですが、艶を出してあげることでダーティーの中にも大人の色気を見せることができます。毛先を揃えると、かっちりした印象で明るい髪色でも派手に見えませんよ。

ピンクベージュのショートボブは、ワンカールしてあげるとアンニュイに仕上がります。ショートヘアより女性らしく、ボブよりすっきりさせたい人におすすめです。また、ピンクベージュは色白さんにもよく似合うので、ショートボブで肌を見せるのもいいですね。

ピンクベージュ×ボブ【髪色画像】

ショートよりも長く、肩につかないくらいのボブヘアは何色でも合わせやすい髪型ですが、ピンクベージュももちろんとっても似合います。くせ毛のようなゆるパーマを細くかけて、やんわりと動きを出してあげましょう。ピンクベージュの柔らかさを損なうことなくガーリーに仕上がります。

外ハネワンカールのボブスタイルは、ボーイッシュなコーデにピッタリです。ヤンチャな少女のようなあどけなさを演出し、ポジションな印象になります。ガーリーが苦手な人は、ぜひブリーチなしのピンクベージュ、外ハネワンカールを試してみてくださいね。

ピンクベージュ×ロブ【髪色画像】

ロブという言葉はご存知でしょうか?これは「ロングボブ」の略で、ボブより少し長めのヘアスタイルになります。ボブより長く、セミロングよりは短い、という感じで覚えてもらえれば大丈夫です。ミディアムとの違いは様々な説明がありますが、ロブは基本的に内向きワンカールなど、毛先に重心をおいたスタイルが多いです。

こちらの画像は、ピンクベージュのぱっと明るい雰囲気がよく分かりますね。ベージュはブラウンよりも深みがないため、ピンクの甘さを邪魔しません。ロングだと単調になりがちですが、ロブならワンカールでも可憐な仕上がりになります。

ピンクベージュ×ミディアム【髪色画像】

ミディアムはロブと違い、パーマなどで動きを出すスタイルになります。ミディアムのピンクベージュは、透け感を意識した髪色がおすすめです。パーマの柔らかさとピンクベージュの柔らかさが相乗効果でフェミニンな印象になりますよ。可愛らしく仕上げたい人は、ぜひ試してみてくださいね。

ミディアムのストレートはワンパターンに生りやすいので、飽きてしまいそうな人はカラーで変化をつけてあげてください。ただし、先程も紹介したように、グラデーションやハイライトはストレートはおすすめできないので、画像のようなインナーカラーや毛先カラーなどで遊ばせてみてください。

ピンクベージュ×セミロング【髪色画像】

セミロングは長さが少し出てきますので、少し暗いピンクベージュにしてあげると落ち着いた印象になります。この画像のような深みのあるピンクベージュなら、30代以上の女性でも品性をキープしたままピンクカラーを楽しめますよ。ゆるっとパーマをかけて外国人風に仕上げてくださいね。

また、セミロングの長さになればヘアアレンジも様々な種類を楽しめるようになります。ピンクベージュは女の子らしい髪色なので、ふんわり一つにまとめてあげるだけでもガーリーな雰囲気になります。アレンジの基本はゆるく仕上げることです。ピンクベージュの柔らかさを残してくださいね。

ピンクベージュ×ロング【髪色画像】

ピンクベージュのロングヘアは、かなりレディな印象になります。元々華やかなヘアカラーなので、派手になりすぎないようにするのがポイントです。けれどピンクベージュはロングでも重くならない特性があるので、画像のように下半分だけにパーマをかければ、派手さを抑えて軽やかな仕上がりになります。

ピンクベージュの欠点として、色落ちが早いという部分があります。赤みを残しておくとオレンジ色になりやすいので、この画像のようにブリーチを数回して、とことん赤みや黄色みを消したピンクベージュにしてもいいと思います。ダスティーピンクのようにくすんだ仕上がりになって、一味違ったカラーを楽しめますよ。

オシャレ髪色へ!ピンクベージュに染める市販ヘアカラー

市販ピンクベージュヘアカラー①:フレッシュライト「シャンパンピンク」

フレッシュライトはブリーチしていない髪でも、色が入りやすいと人気の商品です。ムラなく染めるために、2箱買って一度に使う人が多いです。元々明るめの人は、市販で染めたと思えないくらい明るくキレイなピンクが入るのが嬉しいポイントですね。

市販ピンクベージュヘアカラー②:ビューティーラボ「ジュエリーピンク」

ビューティーラボのジュエリーピンクは、はちみつやシアバター配合で、カラーリング後もしっとりとした仕上がりになります。元々ビューティーラボは他社よりも赤みのあるヘアカラーに強いといわれていて、ブリーチをしていない髪でもピンク色がしっかり出てくれるので人気の商品です。

ピンクベージュのヘアカラーに類似する髪色・髪色アレンジは?

ピンクベージュに類似・髪色アレンジ①:ピンクアッシュ

ピンクアッシュは、ピンクカラーをくすませたような髪色になります。ピンクベージュと似ていますが、ベージュの黄色みも完全に消すので柔らかさが少し減り、可愛いよりはかっこいい雰囲気になります。暗いヘアカラーがお好みの人は、ピンクアッシュをおすすめします。

こちらの画像は、ピンクアッシュにベージュを加えた「ピンクアッシュベージュ」になります。光の加減によって、ピンクに見えたり、ベージュに見えたりと変化や動きがキレイなヘアカラーです。アッシュの透け感もあるので、優しく、柔らかく、甘いけどかっこよくと、オールマイティーに活躍できる髪色です。

ピンクベージュに類似・髪色アレンジ②:ホワイトピンク

ホワイトピンクもピンクベージュが好きな人におすすめするヘアカラーです。ベージュのような黄色みを消し、けれどアッシュのようにくすませることなく優しい雰囲気を保つことができます。お人形のようにキュートな髪色の画像は、もちろんブリーチ必須となっていますのでご注意ください。

こちらの画像は、ホワイトカラーをベースに、ピンクやラベンダーなどの筋を入れたヘアカラーになります。何とも言えない透明感がとっても素敵ですね!ホワイトベースなので、ピンクベージュのような黄色っぽい明るさはなく、甘さは控えめになっています。

こちらはホワイトピンクベージュとなっていて、ホワイトピンクにベージュが追加されています。やはり先程のホワイトピンクの画像と比べると、ベージュが入った方がガーリーな雰囲気になりますよね。ぱっと人目を引く華やかさがピンクベージュの魅力的なポイントの一つです。

ピンクベージュに類似・髪色アレンジ③:スモーキーピンク

スモーキーカラーは、王道のアッシュに続く流行のヘアカラーです。暗いピンクベージュでも少し明るく感じてしまう人は、スモーキーピンクなら安心して試せる髪色なので、ぜひおすすめしたいです。ブリーチなしのピンクベージュよりもさらに透明感があり、艶感を消すことで外国人風な仕上がりになります。

こちらもスモーキーピンクですが、ピンクに比重を置いた髪色にすると、フェミニンな雰囲気になります。どの色と組み合わせても、ピンクの女性らしさが損なわれることはありません。他にもピンクカラーの組み合わせは色々あるので、ぜひ色んなピンクを探してみてくださいね!

ピンクの柔らかさを楽しむなら断然ピンクベージュ!

赤っぽいのはきつく見えて好きじゃない、だけどアッシュにも飽きてきた、そんな人がピンクベージュにすることが増えてきました。ピンクベージュなら、明るい髪色でも暗い髪色でも、キュートになれますよ!ピンクベージュに合う色を紹介しているので、こちらも参考にしてみてくださいね!

関連記事

ピンクベージュに合う4色|相性が良い色別のコーデ21選

ピンクは甘すぎてしまうから、コーデはどうすればいいのだろうとお悩みのあ

Small thumb shutterstock 420284560

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事