Icon search 36px

ナチュラルメイクのベースメイクってどんなメイク?

自然なメイクなのに肌がきれいで隙がない

メイクをする女性

ナチュラルメイクのベースメイクは、自然なメイクなのに肌がきれいに見えて隙がない印象が特徴です。大人になると肌悩みが気になるのですが、大人の方がナチュラルメイクなのに肌がきれいに見えるとドキッとしますよね。ナチュラルメイクのベースメイクは、自然な印象でも肌をきれいに見せて美肌を演出しましょう。

すっぴんに近いので大人可愛い印象が作れる

大人可愛い

すっぴんに近いので大人可愛い印象が作れるのも、ナチュラルメイクのベースメイクの特徴と言えます。ナチュラルメイクは全体的にメイクが薄い印象があります。ですが、大人の方は着飾らない薄いメイクの方が大人可愛い印象に見られることが多いです。年齢に合ったメイクをすることで若く見られることもありますよ。

ナチュラルメイクのベースメイクのポイント

ナチュラルメイクの簡単ベースメイクのポイント①肌悩みのないきれいな肌

気になる肌悩み

ナチュラルメイクの簡単ベースメイクのポイント1つ目は、肌悩みのないきれいな肌に仕上げることです。ナチュラルメイクでも肌悩みを見せない美肌に仕上げることがポイントで、毛穴の広がりやニキビなども自然にカバーして美肌を演出しましょう。

ナチュラルメイクの簡単ベースメイクのポイント②全体的にシンプル

ナチュラルメイク

ナチュラルメイクの簡単ベースメイクのポイント2つ目は、全体的にシンプルに仕上げることです。ナチュラルメイクは濃いメイクと違ってすっぴんに近いような肌印象が特徴です。今まで濃いメイクをしていた方は物足りないかもしれませんが、素肌感を出しつつも肌をきれいに見せてナチュラルメイクを楽しみましょう。

ナチュラルメイクの簡単ベースメイクのポイント③日頃のスキンケアも必須

化粧水でケア

ナチュラルメイクの簡単ベースメイクのポイント3つ目は、日頃のスキンケアも必須です。ナチュラルメイクのベースメイクといえば、お肌の土台がきちんと整っていることも条件です。日頃からしっかりスキンケアをしておけば、毛穴悩みやニキビなどの肌トラブルを回避することもできるでしょう。

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方7選!

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方①しっかり保湿ケアをする

保湿ケア

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方1つ目は、しっかり保湿ケアをすることです。ベースメイクで最も大切な一手間です。メイク前のスキンケアをしっかりすることでメイク崩れを防げるだけでなく、お肌を整えてメイクのノリもアップしますよ。保湿ケアは、時間があればマスクなどでしっかり保湿してあげましょう。

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方②下地を薄くのばす

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方2つ目は、下地を薄くのばします。ベースメイクの一番の要でもある化粧下地は、使うアイテムにもよって全体の仕上がりが左右されます。下地はお肌を整えながら肌悩みをカバーできるものを選びましょう。お肌のトーンをアップしてくれる下地なら自然な美肌に仕上がります。

下地を肌に塗布するときは、少量をつけて肌全体に伸ばしていきます。手で伸ばすのもありですが、ブラシを使うときれいに均一に伸ばすことができるのでおすすめです。小鼻周りやまぶたなどはブラシに残った下地を使うと薄づきできれいに仕上がります。

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方③コンシーラーで肌悩みをカバー

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方3つ目は、コンシーラーで肌悩みをカバーしましょう。ナチュラルメイクのベースメイクは肌悩みのない自然な美肌に仕上げるのがポイントなので、気になるシミやニキビ跡はコンシーラーで自然にカバーします。カバー力高めのコンシーラーで部分的にカバーしましょう。

ニキビ跡にはカバー力の高いスティックタイプがおすすめです。シミなど広範囲で気になる部位には伸びの良いリキッドタイプがおすすめです。肌悩みを隠そうと重ねすぎてしまうと厚塗り感が出てしまうので注意しましょう。メイクがよれやすい部分にはリキッドで自然にカバーするときれいに仕上がります。

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方④肌色を補正するならCCをつける

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方4つ目は、肌色を補正するならCCをつけることです。CCとはコントロールカラーの略で、肌の赤みやくすみなど気になる肌色をナチュラルに補正してくれるアイテムです。最近では化粧下地に含まれているものも多く、肌悩みに合わせて色を選んで肌色を補正します。

下地と別で使うときは、気になる部分にCCを塗布して肌になじませます。赤みを消したいときはグリーンを、血色感を出したい時にはピンクを、透明感を出したい時にはブルーやラベンダーがおすすめです。

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方⑤ファンデーションは薄く伸ばす

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方5つ目は、ファンデーションは薄く伸ばします。ファンデーションの塗り方によってベースの仕上がりが左右されます。ファンデーションは少量を塗布してほんのり肌の色を整えるようなイメージで伸ばしていきましょう。

ファンデーションを塗布する時点でお肌のベースは整っているので、後はファンデーションでベースを整えるように塗布すればOKです。もしコンシーラーやコントロールカラーを使わないのであれば、カバー力の高いファンデーションを使うのもありです。使うアイテムが減ればナチュラルに仕上がるのでおすすめです。

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方⑥フェイスパウダーをつける

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方6つ目は、フェイスパウダーをつけます。最後にフェイスパウダーをつけることでお肌を整えてきれいな仕上がりになります。サラサラな質感に仕上げるのもそうですが、微細なラメが入っていると肌がきれいに見えるので自然な透明感を演出できますよ。

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方⑦ハイライトで透明感をプラス

ナチュラルメイクのベースメイクのやり方7つ目は、ハイライトで透明感をプラスしましょう。ハイライトは立体的に見せたい部分に入れることで、小顔効果も期待できます。目の下に入れればクマやシミなども自然にカバーできます。クリームタイプのハイライトを使えばツヤ感もプラスできるのでおすすめです。

クリームタイプのハイライトは使うファンデーションによって入れる順番が異なります。リキッドファンデーションなら後に、パウダーファンデーションなら前に使います。メイクの順番としては、油分が多いものから使い、油分が少ないものを後に使います。クリームタイプのハイライトは使う順番に気をつけましょう。

ナチュラルメイクのベースメイクのNG例4つ!

ナチュラルメイクのベースメイクのNG例①使うアイテムが多い

たくさんのコスメ

ナチュラルメイクのベースメイクのNG例1つ目は、使うアイテムが多いことです。ナチュラルメイクにしたいのに使用するアイテムが多いとそれだけで厚塗り感が出てしまうので注意です。簡単にナチュラルなベースメイクに仕上げるなら、日焼け止め入りの下地を使うなどして使用アイテムを減らすのもありでしょう。

ナチュラルメイクのベースメイクのNG例②ファンデーションの厚塗り

濃いメイク

ナチュラルメイクのベースメイクのNG例2つ目は、ファンデーションの厚塗りです。肌をきれいに見せようとファンデーションを重ねて塗ってしまう方は多いことでしょう。気になる肌悩みはコンシーラーでカバーし、ファンデーションは基本ひと塗りで完了することを意識してみましょう。

ナチュラルメイクのベースメイクのNG例③チークの入れすぎ

濃いチーク

ナチュラルメイクのベースメイクのNG例3つ目は、チークの入れすぎです。大人可愛い印象といえば程よい血色感が大切ですが、ほんのり入れただけでは物足りないと感じる方は入れすぎてしまうことがあります。チークは見えないくらいが程よい仕上がりなので、ナチュラルメイクにはふんわり入れて血色感をプラスしましょう。

ナチュラルメイクのベースメイクのNG例④肌が乾燥している

肌トラブル

ナチュラルメイクのベースメイクのNG例4つ目は、肌が乾燥していることです。朝しっかり保湿ケアをしても日中肌が乾燥してメイクが崩れてしまうことがあります。肌が乾燥しやすい方は、日中も化粧水ミストなどを肌につけて乾燥から肌を守りましょう。保湿性に優れた下地やファンデーションを使うのも効果的です。

大人可愛いナチュラルメイクにおすすめ下地3選!

ナチュラルメイクにおすすめ下地①皮脂くずれ防止化粧下地

ナチュラルメイクにおすすめ下地1つ目は、プリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地です。汗や皮脂に強く化粧崩れを防いでくれる下地です。時間がたっても崩れにくくファンデーションのノリもアップします。保湿成分も含まれているので乾燥肌の方にもおすすめです。

ナチュラルメイクにおすすめ下地②ドラマティックスキンセンサーベースEX

ナチュラルメイクにおすすめ下地2つ目は、マキアージュのドラマティックスキンセンサーベースEXです。みずみずしい使用感でまるで美容液のような感覚で使える化粧下地で、テカリを防いで美肌をずっとキープしてくれます。優しいつけ心地で大人肌も自然な美肌に仕上げてくれるおすすめの化粧下地です。

ナチュラルメイクにおすすめ下地③CCベースカバー

ナチュラルメイクにおすすめ下地3つ目は、エスプリークのCCベースカバーです。気になる毛穴を自然とカバーし、色ムラやくすみも一瞬でなかったことにしてくれます。CC効果で肌色を補正してワントーン明るい美肌に仕上がります。SPF50+と高い紫外線防御指数で紫外線からもお肌をしっかり守ってくれる下地です。

ナチュラルメイクのベースメイクで大人可愛いを演出しよう!

ブラシでメイクをする女性

ナチュラルメイクのベースメイクは、シンプルを意識して仕上げると大人可愛い印象が簡単に作れます。使うアイテムでも左右されるので、ナチュラルメイクのベースメイクのやり方をマスターして大人可愛いを演出してくださいね。関連記事の「簡単可愛いナチュラルメイクのやり方」も合わせて読んでください!

関連記事

簡単可愛いナチュラルメイクのやり方・コツは?おすすめメイク道具も

簡単で可愛いナチュラルメイクのやり方やコツについてまとめました。アイシ

Small thumb shutterstock 248906611

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事