Icon search 36px

東京の7月の天候状況は?

東京の7月の最高気温・最低気温・平均気温と降水量

東京の7月の気候は、前半部分と後半部分で大きく異なります。6月から続く梅雨の影響で、7月の前半部分は雨の日も多く、ジメッとした梅雨ならではの天気が続きます。東京の梅雨明けは、平均をすると7月20日前後が多く、この辺りから気温もグッとあがり、本格的な夏を感じる季節になることでしょう。

東京の7月上旬の気温は、30℃を越える真夏日になる日は多くはありませんが、雨の影響で湿度が高まり、実際よりも蒸して暑く感じる日もあるでしょう。中旬ぐらいから平均気温も上がり、真夏日を記録する日もあります。下旬からは本格的な夏が訪れ、日によっては35℃を越す猛暑日になるでしょう。

東京の7月の気温・降水量

(1981〜2010年のデータ) 上旬 中旬 下旬
平均気温(℃) 23.6 25.1 26.2
降水量(mm) 61.7 44.9 46.9
最高気温(℃) 27.6 29.2 30.6
最低気温(℃) 20.3 21.9 23.0

7月の夏服レディースコーデの最新トレンドは?

7月の夏服の最新トレンド①:ドット柄アイテム

今年の夏のトレンドといえば「ドット柄」です。今年のドット柄は、大小様々な柄や、色の豊富さなど、デザインも豊富なのが特徴です。またドット柄は、女性らしさも引き立つ柄になるので、可愛らしいレディースコーデに仕上げる時にはおすすめです。柄物初心者の方には定番の白黒ドットがおすすめです。

7月の夏服の最新トレンド②:デニムアイテム

毎年いろいろなブランドから発売されるデニムですが、今年の夏服のトレンドの1つでもあります。特に夏はデニムショーツやライトカラーのデニムがおすすめです。簡単におしゃれが出来る上に、着回しのきくデニムは、東京の7月の服装には欠かせないアイテム。お気に入りのデニムを見つけてコーデを楽しみましょう。

7月の夏服の最新トレンド③:カゴバッグ

今年の夏のトレンドといえば「カゴバッグ」は外せません。特に今年は、小さめな丸い形のカゴバッグは要チェックです。どんな服装にも合わせやすく、夏服コーデには簡単に取り入れやすいアイテムです。おしゃれさんの多い夏の東京の街にはぴったりなアイテムです。

7月の夏服の最新トレンド④:ロングドレス

今年のトレンドといえばロングドレスです。1枚で簡単におしゃれができる上に、どんな体型の方でも合わせやすい優れもの。さらにおしゃれに見えるポイントとしては、合わせる靴とのバランスを取ることです。特に今年の夏はドット柄、花柄、スーパーロング丈がキーとなります。

晴れ|東京の7月上旬の服装・夏服コーデは?

東京|7月上旬の服装①:ドット柄ドレスとTシャツ重ね着コーデ

7月上旬の東京におすすめな服装は、今年のトレンドのドットからのドレスに、シンプルな白いTシャツを合わせるカジュアルな大人の夏服コーデ。足元にはスニーカーを合わせるのがポイントです。ロング丈のドレスを選ぶと、さらに今年のトレンド感が増しますよ。

東京|7月上旬の服装②:デニムのナチュラルおしゃれコーデ

定番中の定番といえばデニム。どんな服装に合わせようかとお困りのあなたにオススメなのは、ワイドレッグのハイウエストデニムにシャツをタックイン。小物は流行のカゴバッグを合わせて、フレンチガール風夏のデニムコーデの完成です。靴はカゴバッグと似た素材のエスパドリーユを選ぶと、軽やかな印象に仕上がります。

東京|7月上旬の服装③:ボタニカル柄で女性らしい夏服コーデ

今年も大きな花柄は流行の兆しです。女性らしく見える上に、季節感の出る夏服にはぴったりの柄です。7月の東京におすすめのコーデは、ボタニカル柄のフレアなロングスカートに、タンクトップを合わせるカジュアルスタイル。ポイントは、柄の中にある1色をトップスに使う事です。まとまり感のあるコーデに仕上がります。

東京|7月上旬の服装④:ロンパースで楽ちんコーデ

東京の7月上旬は梅雨の影響でじめじめっとした気候。そんな気候には、1枚で楽ちんにおしゃれを楽しむアイテムが必須です。そこでおすすめのアイテムは、ショート・ロンパース。股の部分が繋がっているため、ドレスのようにアンダーウエアが見えてしまう心配も要りません。Tシャツと合わせるコーデもおすすめです。

天気別|東京の7月上旬の服装・夏服コーデは?

曇り|7月上旬の服装⑤:マムデニムでシンプルに

曇りの日はシンプルにおしゃれを楽しみましょう。ハイウエストのマムデニムに白Tを合わせ、足元にはカジュアルなスニーカー、小物はおしゃれ系のバックパックを選べば、7月上旬の東京の街に合うシンプルさの引き立つレディースコーデの完成です。デニムの丈はくるぶし丈を選ぶ事で、全体の印象がスッキリするでしょう。

雨|7月上旬の服装⑥:雨の日を思いっきり楽しむ服装

東京の7月上旬といえば、まだまだ本格的な梅雨真っ只中。憂鬱になりがちな服装も、雨の日を思いっきり楽しむ服装で乗り切りませんか。おしゃれなレインコートはにデニムショーツとインパクトのあるTシャツを合わせ、小物は今年流行のPVC素材のアイテムを。傘もPVC素材(透明傘)で合わせると統一感が出ます。

雨|7月上旬の服装⑦:長靴で雨でも安心ファッション

まだまだ梅雨の影響を受けて雨の多い7月上旬の東京では、おしゃれな長靴が大活躍。ショートパンツと合わせれば、雨でも安心な上に、おしゃれにも見える服装に仕上がります。ポイントは長靴にバックルなどのデザインがある事。おしゃれ度がアップします。

晴れ|東京の7月中旬の服装・夏服コーデは?

東京|7月中旬の服装①:1枚でさらっとドット柄ロングドレス

今年流行のドット柄を、これまた今年流行のロング丈ドレスでさらっと1枚でおしゃれを楽しむのはいかがですか。足元は夏だけどブーツを合わせる事で、おしゃれ上級者に見えるレディースコーデに仕上がります。オススメは黒地に白のドット柄ドレスと黒のブーツを合わせる事です。引き締まった縦長効果の期待できる服装です。

東京|7月中旬の服装②:Tシャツドレスで快適な夏服

何と言っても7月中旬の東京には簡単でおしゃれに見える服装が1番、というあなたにおすすめな夏服は、ずばりTシャツワンピースです。丈の長めなオーバーサイズのTシャツドレスは、1枚でさらっと着こなせるアイテム。小物でさりげないおしゃれ感を出すのがポイントです。

東京|7月中旬の服装③:カジュアルなスポーティーコーデ

デニムショーツは夏の定番。そんな定番をセクシーになり過ぎず、どこかアメリカ西海岸のL.A.ガール風に着こなすには、トップスには去年から流行しているボディースーツを合わせ、足元はコンバースやバンズなどのカジュアルスニーカーを合わせるコーデが東京の7月中旬にはおすすめです。

東京|7月中旬の服装④:小物でさり気ない流行取り入れコーデ

毎年着ているお気に入りの夏服を、ぜひ今年っぽい着こなしを目指してみませんか。ポイントは小物の取り入れ方です。トレンドの丸い形のカゴバッグを合わせるだけで、一気に今年っぽさが現れ、お気に入りのドレスもマンネリ化しません。簡単なおしゃれ技なので、ぜひ今すぐトライしてみてください。

天気別|東京の7月中旬の服装・夏服コーデは?

曇り|7月中旬の服装⑤:トレンドのデコルテ開きドレスでおしゃれに

東京の7月中旬ごろは、まだまだ梅雨の影響で曇りの日も多い時期です。そんな時こそトレンドアイテムを身に付けて気分をあげましょう。デコルテ部分が大きく開き、太めのヒラヒラがついた夏服は、今年のトレンドのデザインです。特にワンピースの場合は、1枚でおしゃれが楽しめるのでおすすめです。目指せ、デコルテ美人。

雨|7月中旬の服装⑥:雨でも花柄ドレスで華やかに

東京の7月中旬は、梅雨の最後の時期。雨の日も少なくはありません。そんな雨の日には、気分をあげるためにも華やかな柄のドレスの服装はいかがですか。黒地に小花柄のドレスは、柄物に抵抗のある方でも取り入れやすいアイテム。インナーに白いTシャツを、足元にはブーツを合わせるのが、雨の日おすすめコーデ。

雨|7月中旬の服装⑦:おしゃれ雨合羽で雨の日も気分を上げて

実は雨合羽を1つ持っていると非常に使えるんです。最近では色やデザインが豊富に発売されており、自分好みの雨合羽を探すことができるでしょう。夏用に素材が薄く、通気性のいいものもあります。おすすめはポータブルの機能を併せ持ったビタミンカラーの雨合羽。東京の7月中旬の雨の日でも気分が上がること間違いなし。

晴れ|東京の7月下旬の服装・夏服コーデは?

東京|7月下旬の服装①:ドット柄エレガントドレスでお出かけ

トレンドのドット柄は、梅雨が明け本格的な夏突入の7月下旬の東京では欠かせないマストアイテム。大小様々なドット柄が散りばめられたドレスは、人と差をつけるおしゃれを目指すあなたにおすすめ。エレガントなワンピースに、あえてカジュアルなフラットサンダルで合わせるのが、東京の街に合うシティーガールな着こなし。

東京|7月下旬の服装②:人と差をつけるカゴバッグのレディースコーデ

今年のトレンドのカゴバッグは、丸型が主流ですが、実は角ばった形もトレンドの1つ。ワイヤー入りで、形がキープされているので、角ばったデザインのまま持ち運べるバッグです。人と差をつけた夏服のレディースコーデを目指すあなたには、ぜひおすすめのトレンドアイテムです。

東京|7月下旬の服装③:暑い夏はオールホワイトコーデで決まり

東京の7月下旬ごろには、いよいよ本格的な夏が訪れます。そんな暑さの中でも、爽やかで涼しくなるような服装といえば、やはりオールホワイトのコーデでしょう。ポイントはトップスとボトムスの素材の相性です。もしも相性を見極めるのが難しい場合は、最近流行りのオールインワンでかっこ良く決めましょう。

東京|7月下旬の服装④:ボディースーツで快適デニムショーツコーデ

真夏のデニムといえば、デニムのショートパンツでしょう。水着のようなデザインのボディースーツを合わせれば、お腹周りもスッキリ見える上に、座った時に肌が見えてしまう心配もないレディーには嬉しいアイテム。速乾性のある生地を選ぶと、汗をかいてもベトベトしにくく、真夏にはおすすめの夏服アイテムです。

天気別|東京の7月下旬の服装・夏服コーデは?

曇り|7月下旬の服装⑤:花柄ドレスで気分を上げよう

ロングドレスは今年のトレンドでもあります。東京の7月下旬の曇りの東京には、トレンドを意識したファッションで楽しみましょう。小花柄のロングドレスにスリッポンタイプのローファーサンダルを合わせ、カジュアルだけど少しキレイさの残るレディースファッションはいかがですか?曇りの日の気分も上がりますよ。

雨|7月下旬の服装⑥:やっぱりカジュアルが1番

梅雨の開けている東京の7月下旬には、比較的天気の日が続きますが、突然の雷雨など夏特有の雨が降る日もあります。そんな日はデニムショーツにロゴTシャツでシンプルに元気なカジュアルな服装はいかがですか。足元にはハイカットのスニーカーがおすすめです。ソックスにもこだわりを見せるとおしゃれ度アップです!

雨|7月下旬の服装⑦:これで安心!スコールも大丈夫なパーフェクトコーデ

東京の7月下旬はスコールのような夏特有の激しい雨が降ることもあります。そんな日はレインコートにレインブーツ、お気に入りの傘を持ち、どんな雨でも安心なパーフェクトコーデはいかがですか。ポイントはレインコートとブーツの隙間でおしゃれ感を出すこと。おすすめはショートパンツにスポーティーなハイソックスです。

東京の7月のレディースコーデはこれで決まり

東京の7月は、6月から続く梅雨の気候から始まり、梅雨の開ける後半には真夏の気候に変化するという、色々な天気を楽しめる季節です。それぞれの天気に合わせて、今年らしいトレンドを取り入れたファションを楽しめる季節でもあります。

東京の街は、ファッションを楽しむおしゃれな人が多い事でも知られています。自分自身のお気に入りのおしゃれで、お気に入りの東京の街を巡るのもいいでしょう。晴れの日も、曇りの日も、雨の日も、東京の7月の天気に合わせておしゃれな服装を楽しみましょう。

関連記事

東京の安い古着屋おすすめ27選|都内の人気・有名ショップを完全網羅

東京都内にあるおすすめの安い古着屋を厳選して27選ご紹介します。都内に

Small thub shutterstock 583442647

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー