Icon search 36px

ヘアオイルの役割は?

①髪の毛をサラサラにしてくれる

ヘアオイルの役割1つ目は、髪をサラサラにすることです。サラサラになるということは、髪のダメージを補修し、健康な髪になるということです。オイルと言ってもべたつかないものを選べば、髪がぺたんこになることもなく、重たく見えないのでおすすめです。

画像はジュレームのファンタジスト。オリーブオイルやバオバブオイルが配合されています。ヘアオイルは天然由来の成分がほとんどで、頭皮にも優しいのが特徴です。頭皮をケアすることは健康な髪にも繋がるので、トリートメントとしてはとても役に立つ存在です。

②髪の毛を保護する

ヘアオイルの役割2つ目は、髪の毛を保護することです。紫外線やドライヤーといった熱から髪がダメージを受けないようにします。長時間熱や日光にさらされていると髪のキューティクルが剝がれて組織がボロボロになってしまいます。ヘアオイルでコーティングすることで、髪の成分が流出することを防ぎます。

画像はココンシュペールのヘアオイル。この商品のような紫外線や熱に強いタイプのものを使えばより安心です。べたつかず、軽い仕上がりです。ドラッグストアで2000円弱で手に入ります。スタイリング剤として使えるヘアオイルもあり、ドライヤーやヘアアイロンを使う際に便利です。

ヘアオイルの使い方のコツは?つけるタイミングは?

ヘアオイルの使い方①アウトバストリートメントとして

ヘアオイルの使い方1つ目は、アウトバストリートメントとして使うことです。髪の毛の水気を拭き取ってから1、2プッシュし、髪の上の方から先までまんべんなくつけます。頭のってっぺんのほうにはつけません。地肌にオイルが届きやすく、毛穴が詰まるもとになるためです。毛先に重点的につけるようにしましょう。

ヘアオイルの使い方②スタイリングするときに

ヘアオイルの使い方2つ目は、スタイリング剤として使うことです。熱に反応してうるおいを閉じ込めるタイプのものや熱から髪の毛を守るタイプのものがあります。これがあれば、ドライヤーやヘアアイロンを使っても髪のダメージが怖くありません。スプレータイプが使いやすいのでおすすめです。

ヘアオイルの使い方③オイルパック

ヘアオイルの使い方3つ目は、オイルパックをすることです。お風呂の前にするのがおすすめです。オイルパックのやり方は、髪全体にオイルをまんべんなく塗ってラップでぐるぐる巻きにし、5分ほど放置した後流すだけ。シャワーキャップでもできます。

オイルパックをするにはヘアオイルの他に、専用のオイルを使う方法があります。エルセーヴにはヘアパック用のオイルがあります。お金をかけたくないという方はエクストラバージンオリーブオイルを使うと安上がりです。オイルパックは特に髪が傷んでいる方がやると髪のまとまり感が段違いです。

ヘアオイルの使い方④髪のパサつきが気になったときに

ヘアオイルの使い方4つ目は、髪のパサつきが気になったときに使うことです。特に冬の乾燥している時期には、髪がパサついていることが多いです。その都度ヘアオイルでケアすれば、髪の修復ペースが速まります。おすすめはエリップス。1回分サイズになっているので持ち運びに便利です。こちらの記事でも紹介されています。

関連記事

ellipsは100均で買えるヘアオイル!エリップスの種類・使い方も

100均のキャンドゥで人気のヘアオイルであるellips(エリップス)

Small thub shutterstock 534963766

ヘアオイルの種類と選び方は?

ヘアオイルの種類①レディース用

ヘアオイルの種類、1つ目はレディース用です。ヘアオイルはレディース用か兼用のものがほとんどですが、メンズ用もあります。成分は天然のオイルを使用していてあまり差はなさそうですが、香りが違います。香りが控えめか、メンズ独特の香りがするので、女性らしい甘い香りが好きな方はレディース用を選びましょう。

ヘアオイルの種類②クリームタイプ

ヘアオイルの種類2つ目は、クリームタイプです。ヘアオイルというだけにオイル状のものが多く販売されていますが、クリームタイプはオイルより濃厚で、髪の保護能力が上がります。髪の毛にコシがなかったり、まとまりづらいタイプの方はクリームタイプを選ぶと髪の毛が元気になり、扱いやすくなります。

ヘアオイルの種類③スプレータイプ

ヘアオイルの種類3つ目は、スプレータイプです。直接手に取らなくて済むので、手のべたつき感に悩まされないですむことと、手を洗う必要がないことがメリットです。髪の毛を修復するというよりはコートして守るという効果があるので、スタイリング剤として使われることが多いです。

画像はジェノスのオイルスプレー。ローズヒップオイルとホホバオイルが主体のヘアオイルで、細かい霧状になって出てきます。UVケアもできるので、屋外を出歩く日に使うのがおすすめです。

市販のプチプラヘアオイルおすすめ15選

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ①大島椿

市販の人気プチプラヘアオイル、おすすめ1つ目は大島椿です。椿油100パーセントでできているので、不純物が全く入っていないというのが魅力です。女性だけでなく男性にも使われているヘアオイルです。

大島椿にはヘアオイルの他にクリームタイプ、スプレータイプ、オイルシャンプーとコンディショナーなど幅広く展開しています。値段は高くなく、ヘアオイルの小さいもので800円ほどと手頃です。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ②安いゆず油無添加ヘアオイル

市販で人気があるプチプラのヘアオイルおすすめ2つ目は、ゆず油無添加ヘアオイルです。濡れた髪にも乾いた髪にも使え、オイルパックもできるということなので使い勝手の良いヘアオイルです。

ヘアオイルには2種類あり、画像のオイルタイプとミストタイプがあります。どちらも安いので700円弱で購入できます。ミストのほうにはお得な詰め替え用があります。べたつき感が残りやすいので、最初は様子を見ながら使いましょう。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ③安いあんず油

市販の人気プチプラヘアオイル、おすすめ3個目はあんず油です。ヒートプロテクト効果があり、ドライヤーなどを使うときに使用すると熱から髪を守ってくれます。静電気にも強いので、冬場に便利なヘアオイルです。

木のつげ櫛に染み込ませる方が多いようです。やり方は、あんず油を木の櫛に染み込ませてラップなどでコーティングし、日に当てて乾燥させます。この櫛で髪の毛をとかしてから洗うとサラサラになります。値段は安いと700円ぐらいで購入できます。ヘアオイルの他にスプレーやクリームタイプがあります。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ④モイストダイアン

市販で人気のある、プチプラのヘアオイルおすすめ4個目は、モイストダイアンです。ヘアオイルにもアルガンオイルが使われています。ヘアオイルは3つあります。

リッチは髪がうるおってサラサラに、エクストラシャインはつやのある髪に、エクストラダメージケアは傷んだ髪の毛を復活させてくれます。値段は1000円を超えるので安いとは言い切れませんが、少量で済むのでコスパの良い商品です。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑤ロレアル

市販の人気があるプチプラヘアオイル、おすすめ5個目はエルセーヴです。エルセーヴは色々な種類があるので、髪の状態に適したヘアオイルが選べます。値段は1000円しない安いものからあります。

おすすめなのは艶髪と言われるエクラ・アンぺリアルのヘアオイル。髪がツヤツヤになり、輝きがアップします。サラッとした感触で軽い仕上がりになります。小さいものは1000円を切り、持ち運びに便利でおすすめです。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑥ヘアレシピ

市販の人気でプチプラなヘアオイルおすすめ、6個目はヘアレシピのヘアオイルです。ヘアレシピにはサンフラワーシードオイルとグレープシードオイルの2種類があり、それぞれ花の香りと果物の香りがします。

このヘアオイルの特徴は、トリートメントと混ぜて使うことです。ヘアレシピは、シャンプーからこのヘアオイルと揃えて初めて効果が出ます。値段は安いところでは800円ほどで購入できます。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑦ラックス

市販で人気がある、プチプラのヘアオイルのおすすめ7個目はラックスです。ラックスは髪を補修する効果の高いヘアオイルが多く展開されています。値段は安いもので1000円以下ぐらいです。

おすすめはスーパーリッチシャインのヘアオイル。ラックスの中では安い方で、800円で買えるときもあります。付け心地は軽く、髪がサラサラになります。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑧安いいち髪

市販で人気のプチプラヘアオイル、おすすめ8個目はいち髪です。ヘアオイルは2種類。安い和草オイルは600円程度、高いダメージリペアで1000円しません。

髪の状態が良くない方にはダメージリペアがおすすめです。和草オイルは軽い付け心地でサラッとしますが、より濃度の高いダメージリペアの方が髪に効きます。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑨マシェリ

市販の人気がある、プチプラなヘアオイルのおすすめ9個目はマシェリです。マシェリは甘い香りとパール成分やロイヤルゼリーが入っているのが特徴で、最近リニューアルしました。通常のヘアオイルの他にスプレータイプとワックスタイプがあります。

マシェリのヘアオイルは熱に強く、スタイリング剤にもできます。付け心地は軽く、サラサラと指通りの良い髪になります。値段はヘアオイルが安いと900円弱で購入できます。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑩安いエッセンシャル

市販でプチプラの人気があるヘアオイル、おすすめ10個目はエッセンシャルです。このブランドのものは安い商品が多く、気軽に使えます。ヘアオイルはオイルタイプとスプレータイプがありますが、どちらも600円未満で購入できます。

一番人気があるCCオイルは熱や乾燥、静電気に強く、ダメージから髪を保護します。ヘアオイルには珍しく湿気に強いものがあり、梅雨どきに大助かりです。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑪サラ

市販のプチプラで人気がある、おすすめのヘアオイル11個目はサラです。スタイリング剤でおなじみのサラ、ヘアオイルもスタイリングに便利な商品が揃っています。

ヘアオイルは巻く用、ストレート用と分かれており、スタイリングによって選ぶようになっています。熱に反応して成分が染み込み、使うたびに髪の毛がツヤツヤに。値段は1000円前後と多少割高なオイルです。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑫ツバキ

市販のプチプラ、人気があるヘアオイルのおすすめ12個目はツバキです。こちらも最近リニューアルしたヘアオイルがあり、以前と比べてさっぱりした使い心地で人気です。普段使い用とマッサージ用のヘアオイルに分かれています。

普段使い用は7つの効果があり、高機能です。熱や紫外線から守り、保湿や補修、ボリュームを抑えます。これ1つで事足ります。値段は安いと1000円ほどで手に入ります。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑬パンテーン

市販の人気のプチプラで、ヘアオイルのおすすめ13個目はパンテーンです。パンテーンも安い値段で買えるものが多いです。ヘアオイルは高価なものもありますが、安いものはドラッグストアによく並んでいるので、手軽に手に入れられます。

おすすめは集中補修オイル。髪の毛を1本1本コーティングする感じで、ダメージヘアによく効きます。600円以下で買えてコスパも良いので人気です。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑭ルシードエル

市販で人気、プチプラのヘアオイルのおすすめ14個目はルシードエルです。ヘアオイルは3種類あり、アルガンオイルとEXオイル、リッチモイスチャーがあります。

一番売れているのはEXオイル。髪の毛を軽くてサラサラにしてくれます。通常のアルガンオイルより伸びやすく少量ですみます。値段は安いと900円ほどです。

市販の人気プチプラヘアオイルおすすめ⑮ディアボーテ

市販で人気なヘアオイル、プチプラのおすすめ15個目はディアボーテ。ひまわりシャンプーでおなじみのこちらのヘアオイル、トリートメントタイプとオイルセラムがあります。

どちらも髪をまっすぐに整えてくれます。トリートメントタイプは髪のパサつきを治し、オイルセラムは熱に強いタイプです。トリートメントの方が安い、オイルセラムは多機能というメリットがあります。

プチプラヘアオイルで髪を元気に

プチプラなのに質の高いヘアオイルが多く販売されています。値段が安いとオイルパックなど贅沢に使えるのが良い所ですよね。種類がたくさんあるので合ったものを見つけて活用して、パサついた髪をサラサラで元気な髪にしましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー