Icon search 36px

レディースダウンのきれいめコーデ7選

ダウンコーデ①トレンチ風ダウン×デニムできれいめカジュアル

ダウンコーデ1つ目は、トレンチ風ダウンコートとデニムのきれいめカジュアルです。もたついて見えやすいダウンですが、トレンチコートの形でスマートな着こなしにできます。デニムを合わせてもカジュアルになりすぎず、パンプスを合わせることですっきりときれいめに仕上げています。

コートの前を開けて足首や手首を見せているので抜け感があり、デニムの切り替えで足が細く見えます。ブルー系カラー多めのコーデにピンクのバッグがアクセントになって映えます。

ダウンコーデ②ダウンコート×タイトスカートできれいめ

ダウンコーデ2つ目は、ダウンコートとタイトスカートを合わせたきれいめな着こなしです。カーキのダウンはカジュアルな印象ですが、タイトスカートとショートブーツを合わせてきれいめに落とし込んでいます。ダウンは前を開け、スカートはハイウエストのものを選んでバランスの良い見え方になります。

トップスはボーダーですが細めできれいめに使えるアイテムです。ブーツは黒を合わせてコーデを引き締めています。もっときれいめにするならヒールが細い靴を選びましょう。暗い色が多くなる冬服ですが、このコーデはオレンジやベージュで明るい印象を与えます。

ダウンコーデ③ショートダウン×ニットパンツ

ダウンコーデ3つ目は、ショートダウンとニットパンツのトレンドレディースコーデです。落ち着いたグリーンなので、カラーダウンでもきれいめに着れます。ボトムに合わせたニットパンツは流行のスリット入りです。ワイドパンツですが、ダウンがショート丈なので小柄な方でもスタイル良く見えます。

足元はバレエシューズで肌の分量を増やして抜け感をプラスします。グリーンとレッドの組み合わせは、どちらも同じくらい暗めのトーンなのとトップスや靴が黒なので派手さは全くなく、大人でも挑戦できるカラーコーデとなっています。

ダウンコーデ④黒ダウン×チュールスカートでレディースらしい着こなし

ダウンコーデ4つ目は、黒ダウンとチュールスカートのレディースらしいファッションです。黒ダウンは重く見えるアイテムですが、襟抜きした着方とグレーのタートルネックで抜け感ばっちりな着こなしです。合わせてチュールスカートが軽さを出してくれるので、手以外の露出がないのにもっさり感はゼロです。

このスカートはプリーツの形状なので、ボリュームのあるチュールでも縦の線でスマートに見せてくれます。タイツとショートブーツは黒で統一しています。今年らしい着こなしにするなら、脚にぴったり沿うロングブーツを合わせるのがおすすめです。

ダウンコーデ⑤白ショートダウン×フレアスカートでホワイトコーデ

ダウンコーデ5つ目は、白のショートダウンとフレアスカートのホワイトコーデです。白は膨張して見える色なので、コンパクトなショート丈を選んで小さく見せます。フレアスカートを合わせると白の面積が多くなりますが、プリーツスカートなのとトップスが縦のリブタートルなのでそこまで太って見えません。

全部違う白でグラデーションのような色合いなのでぼやけた印象にならず、おしゃれな着こなしです。小物で部分的に反対色の黒を入れてピリッとさせます。フレアスカートなのでたるませるロングブーツと相性が良いです。白のタートルネックは顔が大きく見えるので、気になる方はVネックを合わせましょう。

ダウンコーデ⑥黒ダウン×黒スキニーのブラックコーデ

ダウンコーデ6つ目は、黒ダウンと黒スキニーのブラックコーデです。ボリュームのある黒のダウンを大きく襟抜きして、スキニーパンツを合わせてスリムに見せています。ボトムにタイトなアイテムを合わせて逆三角形を作ることでスタイル良く見せられます。

オールブラックにすると重すぎるのでボーダーで中和させます。服はカジュアルな印象ですが、ミニバッグとヒールのショートブーツを合わせてきれいめ要素をプラスしています。ケミカルデニムなのでもっと黒っぽいデニムにするか、デニム以外のパンツにするとよりきれいめになります。

ダウンコーデ⑦ロングダウン×ニットワンピースで冬服ファッション

ダウンコーデ7つ目は、ロングダウンとニットワンピースの冬服スタイルです。ロングダウンはウエストが絞られているのできれいめに着こなせます。ニットワンピースはフェミニンなアイテムなので、ダウンと合わせてもレディースらしく着こなせます。ワンピースの丈がダウンより少し長くバランスが取れています。

ロング丈なのでフレアスカートなどのボリューミーなアイテムとは合いません。タイトスカートか、パンツの方が合います。前を開けて着る場合はワイドパンツも使えます。ワンピースとブーツが黒なので、タイツを合わせるときは薄手にするか、チャコールグレーを合わせて軽さを出します。

ダウンコートのコーデはこちらの記事で詳しく紹介されています。流行りのデザインや着こなし方が載っているので参考にしてください。

関連記事

【冬服】ダウンコートのレディース流行りコーデ|2019年のトレンドは?

暖かい冬服レディースファッションにかかせない人気アウターが、ダウンコー

Small thumb shutterstock 551195980

レディースダウンのコーデに取り入れやすい色3選

レディースダウンの色①白

レディースダウンで使いやすい色1つ目は、白です。カジュアルなダウンでも白を選べば女性らしい印象になります。どんな色とも合うので使い勝手の良い色です。袖口が汚れやすいので気をつける必要がありますが、家で洗えるダウンを購入して洗ったり、袖を一折りして着ることできれいな状態を維持できます。

画像のダウンはホワイトコーデのダウンと同じでZARAのものです。白にスリット入りの水色のロングスカートが映えます。白なので、ボトムに黒を合わせても暗すぎない着こなしにできます。その上パステルカラーとも合わせられるので春らしい格好にもはまります。

レディースダウンの色②黒

レディースダウンの使いやすい色2つ目は、黒です。ダウンをシックに見せてくれる色です。一番出回る色でもあり、色んな形のダウンが見つかります。黒いので迫力がありますが、ショート丈を選んだり、前を開けて着ることで軽減できます。白と同様に合わせやすい色で、瘦せて見える色でもあります。

黒いダウンには白のパンツを合わせるときれいめコーデになります。黒のパンツを合わせるときはスキニーなどの細いタイプを選びましょう。太いボトムだと威圧感を与えます。フレアスカートなど女性らしいアイテムを合わせても可愛くなりすぎず着こなせます。

レディースダウンの色③ベージュ

レディースダウンの使いやすい色3つ目はベージュです。ダウンを上品に見せてくれます。温かみのある色で、カジュアルにもきれいめにも着れます。落ち着いた印象ですが、野暮ったく見えることもあります。ファー付きのものやスリムな形のダウンを選んでスタイリッシュに見せましょう。秋色と相性の良い色です。

白や黒のボトムに合わせるとナチュラルな印象です。特にボトムの形は選ばないので何にでも合わせられます。ニットは特に相性の良いアイテムですが、ほっこり感が強くなります。きれいめに着る場合は編み目のないものを選びましょう。前を閉めて着ても着ぶくれ感はあまりありません。

レディースダウンの選び方は?

レディースダウンを選ぶポイント①ベルト付きを選ぶ

レディースダウンを選ぶポイント1つ目は、ベルト付きです。ウエストの位置にあるのでペプラムのようなシルエットになり、細く見せられます。画像のような結んでリボンにするようなタイプはガーリーにも着れます。スカートでもパンツでも合います。

レディースダウンを選ぶポイント②ファー付きを選ぶ

レディースのダウンを選ぶポイント2つ目は、ファー付きです。ファーがあるだけでカジュアルなダウンもゴージャスな印象になります。フードについているものがほとんどですが、襟にファーがあるタイプは首元を温めてくれ、ストールいらずです。

メンズおしゃれなダウンコーデ3選

メンズダウンコーデ①迷彩ダウン×スキニーパンツ

メンズダウンコーデ1つ目は、迷彩ダウンと黒スキニーのコーデです。頑強なイメージのある迷彩は男性によく似合う柄です。ダウンにすればスポーツ感が加わってよりカジュアルに着られます。アウターがどっしりしているのでスキニーデニムでスマートに。ムートンブーツで下半身が貧相にならないようにボリュームを加えます。

ダウンに量感があるのでリュックを背負ってもたつきをなくします。ショルダータイプはダウンの邪魔になるので向いていませんが、前を開けてボディバッグを合わせると見た目もすっきりします。ダウン以外は黒で迷彩柄を目立たせたコーデです。

メンズダウンコーデ②ファー付きダウン×スラックスできれいめな着こなし

メンズダウンコーデ2つ目は、ファー付きダウンとスラックスのコーデです。スマートな形のダウンは通勤用にも使え、カジュアルにも合います。シャツやスラックスと合わせて爽やかな冬のきれいめスタイルに。ネイビーのダウンは黒ほど重すぎず、清潔感を与えてくれます。

足元は白のスニーカーで雰囲気を軽くします。かっちりした革靴はやりすぎになるので向きません。前を閉じても着ぶくれしないのでバッグは何でも使えます。

このダウンはピレネックスのものです。スーツの上からも着られるように凝った細工がしてあり、フードが取り外せるので場面に合わせた使い方ができます。セレクトショップで取り扱いがあり、同じ形のレディースダウンも販売されています。

メンズダウンコーデ③ショートダウン×ジャケット

View this post on Instagram

おはようございますTomoです。 ・ 子供がピカチュウのDVDを一日中流すので、同じ歌が頭の中でリピート再生されます(-.-;)(ヒトーデマン、ヒトーデマン...っていうやつ) ・ ・ 本日は冬のジャケパンコーデです♫ ・ 全体的にネイビー×黒でまとめて落ち着いた大人コーデにしました。足元だけロールアップで抜け感を出しているのがポイントです。 ・ ダウン #タトラス ジャケット #ナノユニバース タートルニット #ユニクロ ジーンズ #シップス ローファー #berwick ・ ・ ****************************************** ∞ファッションのポリシー∞ ****************************************** ・大人の男性に合う、シンプルで品のあるスタイル ・きれい目とカジュアルバランス良く ・PPE(person/place/event)に合わせてコーディネート ・オシャレ過ぎないオシャレ(上級者受けというより幅広い人に受ける) ・定番に時々トレンド要素もMix ・アイテムは「質」「見た目」「機能性」とコストが見合っている(と感じた)物をチョイス(「オシャレは我慢」は年齢的にはキツイから機能性(暖かさ/涼しさ、動き易さ、丈夫さ、扱い易さ)も大事にします) ・ ・ ****************************************** ∞この様な方に見て頂けると嬉しいです∞ ****************************************** ・ファッション好きな方(コメント頂けると嬉しいです) ・ファッションから遠ざかっちゃったけどまたオシャレしたい方(参考になれば嬉しいです) ・自分のファッションは得意だけど旦那さん、彼氏の洋服選びの為にメンズ情報も参考にしたい女性 ・ ・
#ootd
#coodinate
#今日のコーデ ・ 〜ジャンル〜 #mensfashion #menscoodinate #papafashion
#パパコーデ #旦那コーデ 
#40代ファッション #大人カジュアル #大人コーデ #きれいめコーデ #シンプルコーデ ・ 〜季節〜 #冬コーデ ・ 〜シチュエーション〜 #おでかけコーデ #デートコーデ #ショッピング #休日コーデ ・ 〜カラー〜 #ブラックコーデ #ネイビーコーデ

A post shared by Tomo (@cab7202017) on

メンズダウンコーデ3つ目は、ジャケットにショートダウンを重ね着したコーデです。こちらはボトムがデニムなので、革靴を合わせると丁度良いきれいめカジュアルになります。インナーはハイネックでジャケットのVと合わせてすっきりと。デニムをロールアップして足首を出しているので抜け感があります。

ダウンの前開きに合わせてジャケットのボタンを1つ外すと、ウエスト部分が見えるのでバランス良く見えます。ネイビーと黒でまとめて落ち着いたコーデです。

ダウンはタトラスです。スマートな形のダウンが多いので男女問わずきれいめファッションに向いたブランドです。細身なので厚着には向きません。

メンズダウンの選び方は?

メンズのダウン選び①ショート丈を選ぶ

メンズのダウン選びのポイント1つ目は、ショート丈です。メンズに多いボリュームのあるダウンはショート丈のほうがバランスが良くなります。細身のパンツが一番合いますが、ルーズな形のボトムでも違和感がないので、ボトムを選びません。

メンズのダウン選び②落ち着いた色を選ぶ

メンズのダウン選びのポイント2つ目は、落ち着いた色です。派手な色はダウンのボリュームが目立ち、野暮ったくなります。黒などのトーンが暗い色ならアウトドアブランドのダウンでも引き締まった印象で、スマートに着こなせます。

ダウンコーデでおしゃれに細見え

ダウンは太って見えると敬遠している方も多いアイテムですが、着こなし方や色でスリムに見せることができます。トレンドのボリュームダウンには細身のパンツやスカートを合わせて、おしゃれで細見えするコーデにしましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事