Icon search 36px

転職メッセージで贈る言葉の書き方は?

転職メッセージの贈る言葉・書き方のポイント①丁寧な言葉で

上司・先輩

贈る言葉の転職メッセージを書く時の一つ目のポイントは、丁寧な言葉で感謝の気持ちとエピソードを書く事です。特に上司や先輩には、お仕事でお世話になった事、相談に乗ってもらった事、助けてもらった事などを中心に書いていくといいでしょう。同僚や後輩にも贈る言葉は丁寧に伝えましょう。

改まって転職メッセージを上司・先輩に贈る場合は、考え過ぎてしまってどのように書けばいいか迷うこともあると思います。だけど、転職のメッセージは感謝や敬意がしっかりと伝わればいいのです。その感謝と敬意の中でお互いのエピソードを寄せ書きに書くとオリジナルのメッセージになり喜んでいただけます。

転職メッセージの贈る言葉・書き方のポイント②感謝の言葉

同僚

贈る言葉の転職メッセージを書く時の二つ目のポイントは、感謝の気持ちとエピソードを書く事です。長年一緒に働いた方には、特にエピソードと一緒に感謝の気持ちを伝えるのが効果的です。仲の良かった相手は、相手を思いやる内容であれば堅苦しい言葉を使うよりも砕けた言い回しの方が、気持ちが伝わりやすいでしょう。

失礼のない程度に砕ける事を心がけてください。同僚・後輩なら一緒に達成した仕事、一緒に頑張り続けた日々の事を思い出しながら書くといいでしょう。上司や先輩には、教えていただいた事などを書くといいですね。

転職メッセージの贈る言葉・書き方のポイント③ご苦労様は避ける

悩み

贈る言葉・書き方のポイント三つ目はご苦労様という言葉は避けるということです。特に上司・先輩など目上の方には厳禁です。転職のメッセージだけではなく、ビジネスマナーとしてもおすすめしません。ご苦労様は、目上の方が目下の方に使う言葉になります。

転職のメッセージでは、同僚・後輩であってもきちんと敬意を払う必要性があります。ご苦労様を使用するのは避けましょう。その後の祝いの言葉でいくら丁寧な言葉を使っても、受け取る側が不快になる可能性が高くなります。

転職メッセージで贈る言葉・書き方のポイント④転職否定はしない

否定

転職メッセージの贈る言葉・書き方のポイント四つ目は、転職否定をするメッセージは避けるということです。これから転職をして前向きに頑張ろうとしている方に対して、大変失礼なメッセージになります。

悪気がなくても相手は気分を害すことがあります。後ろ向きな言葉遣いやメッセージではなく、新しい門出を祝うような前向きなメッセージを心がけましょう。

【上司・先輩】転職メッセージ祝いの言葉の書き方や例文・文例は?

転職メッセージ祝いの言葉の書き方①今後のご活躍をお祈り申し上げます

上司・先輩

祝いの言葉をで書く時のポイントは、「今後のご活躍をお祈り申し上げます」などの新しい門出の言葉が何よりも喜ばれるでしょう。新しい門出の言葉は、今後の未来を祝う言葉になります。新たに事業を始める上司や先輩に伝えると大変喜ばれます。

今後何かを始めたり、夢に向かって頑張ろうとしている方は既に未来に想いをよせています。そういった方々にとって新しい門出の言葉は、どんな言葉よりもうれしい言葉になるでしょう。

感謝の気持ちを伝えた後に、新しい門出を祝うメッセージを贈るといいかもしれません。転職者にとっては、もしかしたら職場を離れ他の仕事をする事をよく思っていない人もいるかもしれない、という不安もある事でしょう。これから頑張ろうとしている事に対して、応援してもらえると、転職者にとっては心強い言葉となります。

転職メッセージ祝いの言葉の書き方②大変お世話になりました

同僚

祝いの言葉を書く時のポイントは「大変お世話になりました」などの感謝の言葉を書くのがおすすめです。どんな上司や先輩であれ、仕事内容などでアドバイスを受けたりご指導いただくなどしているはずです。直属の上司や先輩であればなおさらです。

関係性によって内容の深さは変わるかもしれません。お世話になった内容などを盛り込みながら感謝の言葉を伝えていく事をおすすめします。

POINT

転職メッセージ①上司・先輩【例文・文例】

〇〇さん、転職おめでとうございます。 仕事では沢山の事を教えていただきました。 同じ職場で働く事ができて本当に感謝しています。 今後のご活躍をお祈り申し上げます。

POINT

転職メッセージ②上司・先輩【例文・文例】

転職おめでとうございます。これまで大変お世話になりました。今まで沢山のご指導ありがとうございました。新天地でのご活躍心よりお祈り申し上げます。

【同僚・後輩】転職メッセージ祝いの言葉の書き方や例文・文例は?

転職メッセージ祝う言葉の例文・文例①今までお疲れさまでした

メッセージカード

祝いの言葉を書く時のポイントは「今までお疲れさまでした」など、今までの仕事に対して一言伝えましょう。同僚や後輩ならあまり堅苦しくならない文面から始めるのがおすすめです。

同じチームやプロジェクトで一緒に頑張っていた同僚や後輩なら、一緒に頑張った内容を入れ込みながら伝えるようにするのがおすすめです。具体的な内容があると、二人だけのオリジナルなメッセージになるので大変喜ばれると思います。

転職メッセージ祝う言葉の例文・文例②これからも応援してます

同僚

祝いの言葉を書く時のポイントは「これからも応援しています」など、これからの新しい門出の言葉を綴りましょう。上司や先輩の時ほど堅苦しい言い方はしなくてもいいですが、敬意を払う言い回しは必要です。

転職をする相手ですので、今後に対して祝う言葉も必要になります。同僚で仲のいい相手で、次どんな事をするかを知っている相手なら、その内容に触れてもいいでしょう。寄せ書きなど皆が目にするものであれば控えた方がいい場合もありますのでご注意ください。

POINT

転職メッセージ③同僚・後輩【例文・文例】

今までお疲れさまでした。プロジェクトでは、二人で考えた内容が選ばれたことあったよね。お互い成長できたよね。〇〇さんとお仕事ができて本当に良かった。今後も元気で頑張ってください!

POINT

転職メッセージ④同僚・後輩メッセージカード【例文・文例】

〇〇さん。今まで沢山の出来事があったね。仕事終わりに仕事の悩みをたくさん聞いてくれてありがとう。○○さんがいなくなるのは本当に寂しいです。でも、○○さんに負けないくらい私も頑張るよ!これから応援しています。

【手紙・メール編】転職メッセージで送るときのポイントや例文・文例は?

手紙編|転職メッセージを送るポイント①普段言えない言葉

手紙

特にお世話になった上司・先輩に手紙でメッセージを贈りたい時の一つ目のポイントは、普段言えない言葉を綴る事です。手紙でメッセージを伝える場合、他の誰よりも感謝の気持ちやお世話になったという気持ちがあるからこそだと思います。そんな大切な上司・先輩には普段言えない言葉を手紙に綴る事をおすすめします。

新しい門出の祝いのメッセージを書くのもおすすめです。レターセット選びもこだわりましょう。上司・先輩であれば熨斗を使用する事をおすすめします。ですが、お互いの関係性が砕けても大丈夫であれば、和紙・ボンド紙を使用すると堅苦しすぎずに高級感が出ます。

手紙編|転職メッセージを送るポイント②普段言えない感謝の気持ち

手紙

特にお世話になった同僚・後輩に手紙やメールで贈りたい時の二つ目のポイントは、普段言えない感謝の気持ちやエピソードを入れ込んだ思い出を手紙に綴る事です。同僚や後輩であっても手紙を渡す相手となれば、かなり仲良くしていた相手になります。普段なかなか言えない感謝の気持ちは是非手紙の中に入れ込みましょう。

そして、仕事での思い出やエピソードをしっかりと入れ込み、二人の思い出を綴るといいでしょう。新しい門出を入れて、会社は違うけど同志としてのエールを送るのもおすすめです。レターセット選びは、基本は何でもいいですが、和紙やボンド紙を使用し少し高級感を持たせると特別な感じがして喜んでもらえるかもしれません。

メール編|転職メッセージを送るポイント③一言添えたい時・転職先の場合

メールでメッセージ

寄せ書きやメッセージカードだけでは、物足りない方へのポイントはメールで一言添えるのをおすすめします。手紙を書くほどではないけれど、もう一言伝えたいなという思いがある方にメールがおすすめです。転勤先でなかなかすぐには伝えられない方にメールはおすすめです。

転勤先では寄せ書きやメッセージカードは書く事ができません。そんな方にはメールがおすすめです。メールでのメッセージは、先ずは感謝の気持ちを伝える事をおすすめします。転勤前の二人のエピソードもオリジナルなメールが書けます。最後に新しい門出を伝える祝いの言葉を贈るのがおすすめです。

POINT

転職メッセージ⑦普段言えない言葉【例文・文例】

いつも〇〇先輩に相談にのってもらいありがとうございました。いつも先輩のお言葉に励まされていました。今後、先輩がいなくなると不安になります。今までのアドバイスを思い出しながら頑張っていきま!(エピソードを書く)先輩も頑張ってください。

【寄せ書き編】寄せ書きに転職メッセージを書く時のポイントや文例は?

寄せ書き編|書き方のポイント:多くの方が目にするので気遣う

寄せ書き

転職者に贈る転職メッセージを書く時の具体的な文例・例文をご紹介します。寄せ書きの際、気を付ける事があります。寄せ書きは多くの方が目にします。あまりに個人的な事は避けた方がいいでしょう。そして寄せ書きはみんなで書くものです。あまりスペースを取りすぎないように気をつけましょう。

寄せ書き編|転職メッセージの例文・文例:短く端的に言う

贈り物

寄せ書きで転職メッセージを書く時のポイントは、短く端的に書く事です。寄せ書きはみんなで書くものです。おめでとうの言葉と感謝の気持ちを端的に書くのがおすすめです。

POINT

転職メッセージ⑧短く端的書く【例文・文例】

転職おめでとうございます。これから夢をかなえるために頑張ってください。応援しています。

【メッセージカード編】メッセージカードに書く時のポイントや文例は?

メッセージカード編|書き方のポイント:少し具体的に書く

メッセージカード

メッセージカードを使用して転職メッセージを書く時のポイントは、寄せ書きのようにみんなが見るものではありません。ですので、エピソードなどを少し具体的に書くのもおすすめです。

おめでとうの言葉と感謝の気持ちを伝えた後は、二人だけの具体的なエピソードを考えて、オリジナルのメッセージカードに書き込むのもいいかもしれませんね。

メッセージカード編|転職メッセージの例文・文例:沢山の出来事

出来事

メッセージカードで転職メッセージを書く時のポイントは、沢山の出来事の中から具体的なエピソードを書く事です。寄せ書きでは書きにくい事などもかけると思います。しかし、どんな間柄であっても、感謝と敬意を払うことを忘れずに書きましょう。

POINT

転職メッセージ⑨沢山の出来事【例文・文例】

転職おめでとうございます。プロジェクトでは○○さんと同じチームになり、沢山のアドバイスをいただきました。特にプロジェクトの時にご相談した時のアドバイスは今も心に響いています。○○さん、今後のご活躍お祈り申し上げます。

素敵な転職メッセージで気持ちよく送り出そう!

転職メッセージなど普段は考えない言葉を伝えるとなると迷ってしまう事もありますよね。転職メッセージは相手を思いやる気持ちの中で丁寧に書く事が一番のポイントとなります。そして、誰に向けた言葉なのか、TPOをわきまえて書く事が必要になります。

転職する方を気持ちよく贈り出せるような、素敵な祝いのメッセージをオリジナルで作れるのが理想です。今回の記事を参考にしてオリジナルメッセージを考えてみてください。関連記事として退職する方へのメッセージの例文をのせていますので、合わせて参考にしてみてください。きっといいヒントが隠されています。

関連記事

退職する人へ贈るメッセージの例文17選!定年退職や寿退社の際に使える!

退職する人に対して、今までのお礼やこの先の激励を込めてメッセージを贈る

Small thumb %e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%a8%e6%89%8b%e7%b4%99

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事