Icon search 36px

イタリア語の有名なことわざ7選!

イタリア語の有名なことわざ①良すぎるものはゴミで終わってしまう

落ち込む女性

イタリア語の有名なことわざ1つ目が、「La troppa bonezza finisce nella monnezza」です。「良すぎるものはゴミで終わってしまう」と訳されることわざです。これは、「正直者は馬鹿を見る」と似たような意味のことわざです。

イタリア語の有名なことわざ②いい母は100人の教師に値する

親子

イタリア語の有名なことわざ2つ目が、「Una buona mamma vale cento maestre」です。「いい母は100人の教師に値する」という意味のことわざです。イタリアでの「ママ」は非常に偉大な存在です。そんな母親をイタリア人がどのように考えているかがよくわかることわざですね。

イタリア語の有名なことわざ③~⑦

ドーナッツ

イタリア語の有名なことわざを3つ目から7つ目までご紹介していきます。美食国家であるイタリアらしく、食べ物に例えた表現のものが多いのが特徴です。

    ③すべてのドーナッツに穴が開いているわけではない(Non tutte le ciambelle riescono col buco.)

  • イタリア語の有名なことわざ3つ目が、「すべてのドーナッツに穴が開いているわけではない」です。ドーナッツと言えば真ん中に穴が開いていますよね。これが開いていないということは、「すべてのことが完璧や計画通りにいくわけではない」という意味になります。

    ④働く人は食べるだけ。働かない人は食べて飲んで眠ることができる(Chi lavora mangia. Chi non lavora, mangia, beve e dorme.)

  • イタリア語の有名なことわざ4つ目が、「働く人は食べるだけ。働かない人は食べて飲んで眠ることができる」です。仕事と遊びのワークライフバランスを重要視しているイタリアでは、働くことだけを美徳とはしていません。人生は楽しんでこそのものだと思っています。

    ⑤すべての鳥は自分の巣を美しいと思うものである(A ogni uccello il suo nido è bello.)

  • イタリア語の有名なことわざ5つ目が、「すべての鳥は自分の巣を美しいと思うものである」です。自分で巣を作る鳥と、家の建築や内装などにこだわるイタリア人を掛け合わせたことわざです。どんな人も自分の家を気に入るという意味です。

    ⑥樽いっぱいのワインと酔っぱらった妻を同時に手に入れることはできない(Non si può avere la botte piena e la moglie ubriaca)

  • イタリア語の有名なことわざ6つ目が、「樽いっぱいのワインと酔っぱらった妻を同時に手に入れることはできない」です。男性にとって樽いっぱいのワインと、酔っぱらってご機嫌な妻はどちらも手に入れたいものなんです。ですがどちらも同時に手に入るなど都合のいいことはそう起きません。このことから、いいものを同時に手に入れることはできない、という意味のことわざになります。

    ⑦パンはパンと呼び、ワインはワインと呼ぶ(Dire pane al pane e vino al vino )

  • イタリア語の有名なことわざ7つ目が、「パンはパンと呼び、ワインはワインと呼ぶ」です。そのままではないかと思われた方も多いのではないでしょうか。このことわざの意味も、「ありのままに正直に言う」という意味なんです。

イタリア語のかっこいいことわざ7選!

イタリア語のかっこいいことわざ①小さい樽に良いワインが入っている

ワイン

イタリア語のかっこいいことわざ1つ目が、「Nella botte piccola c’è il vino buono」です。直訳すると「小さい樽に良いワインが入っている」という意味になります。「大きいものだけがいいものとは限らない」という意味のことわざです。

イタリア語のかっこいいことわざ②ワインの中に真実あり

ワイン

イタリア語のかっこいいことわざ2つ目が、「In vino veritas」です。直訳すると「ワインの中に真実あり」という意味になります。ワインで酔っぱらうと、本性や本音が出るというように意訳されます。日本でも、酔うと本音が出ると言いますよね。

イタリア語のかっこいいことわざ③~⑦

ワイン

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード