Icon search 36px

ネイルオイルがネイルケアに必要な理由は?

①乾燥で傷んだ爪を効果的に保湿するような使い方ができる

ピンクのネイルをした手

爪の甘皮部分に塗る事で、爪の成長に必要な美容成分を短時間で浸透させる事ができます。これから生えてくる爪はもちろん、ささくれができてしまった手でも効果的に保湿してくれます。ネイルオイルは継続して使用する事により、健康な爪の成長を促してくれるオススメのアイテムです。

しかし、ネイルオイルも使用するタイミングを間違うと、意味がありません。ネイルオイルを塗ってもすぐに手洗いをしてしまったり、手作業をするという場合にはせっかく塗ったネイルオイルも落ちやすくなります。その為、使用するタイミングを見極めるというのは大事なポイントです。

②ネイルオイルはハンドクリームよりも保湿効果が高い

ネイルをしている女性

乾燥する季節に、ハンドクリームは使っていてもネイルオイルは使っていないという人も多いでしょう。しかし、オイルはクリームよりも粒子が小さいので、皮膚に浸透しやすいというメリットがあります。甘皮部分であるキューティクルを、短時間で効果的に保湿ケアしたいのであれば、断然ネイルオイルがオススメです。

また、ハンドクリームでは行き届かないような爪の根元部分も集中ケアできますので、集中的にネイルケアするにはやはり、ネイルオイルが最適です。

③爪の成長を良くする効果が期待できる

ネイルした指を口元に持って行く女性

ネイルオイルは浸透力があるので、保湿成分が浸透するスピードが早いです。その為、爪が割れやすい・二枚爪になっている、またジェルネイルをしている時やマニキュアをよく使う人にもオススメです。爪の成長を良くする効果が期待できますので、爪に油分や栄養分を効率的に与えるという点でも、ネイルオイルは最適です。

こちらに、ガサガサになった甘皮処理についてセルフでできる方法を紹介している記事がありますので、セルフで簡単にできるネイルケアの方法を学んでみましょう。

関連記事

がさがさの甘皮の処理ってどうする?簡単セルフで出来るネイルケアの方法

乾燥してガサガサになった爪周りの甘皮って気になりますよね。ネイルを綺麗

Small thumb shutterstock 547046794

ネイルオイルの効果とは?

①指先の乾燥を防ぐ

水色のネイルをした指

ネイルオイルは、指先や爪の乾燥を防ぐ効果が期待できます。ネイルオイルは、浸透力が高いので、保湿成分を瞬時に浸透させる事も可能です。乾燥の季節に、指先のささくれに悩む人も多いでしょう。そんな時にも新たなささくれが目立つのを防ぐ事ができるだけでなく、時間を掛けずにケアできるのもネイルケアの魅力です。

②爪の状態を健康な状態へと導いてくれる

ネイルを施してもらっている女性

ネイルオイルの保湿成分が爪の内部に浸透していく事で、爪の縦筋や割れにくい健康な爪へと導いてくれます。ジェルネイルを繰り返し行っていると、必然的に爪が薄くなってしまいます。そうなると、爪が割れやすくなったり、丈夫な爪とは言えない状態になってしまいます。

そんな時にも、ネイルオイルを使用すれば、割れにくい健康な爪へと成長を促してくれるだけでなく、見た目にも健康な状態にしてくれます。

③ネイルの持ちが良くなる

赤いネイルをした女性

ネイルを繰り返し行っていると、爪が割れやすくなったり、甘皮部分から剥げやすくなってしまう事も多いものです。また、ネイルが長く持たないという状況に陥ってしまう事も、少なくありません。そんな時にも、爪の気になる部分にオイルを塗る事で、様々な爪の悩みを解決してくれる事も期待できます。

また、マッサージをプラスする事により、自爪を強くする事もできますので、あらゆるネイルケアに効果を発揮してくれるオススメのアイテムです。トリートメント効果の高いアイテムなので、どんな爪の悩みにも1本持っておけば、いざという時にも重宝するでしょう。

こちらに、ネイルオイルの効果について紹介している記事がありますので、使い方と併せて学んでみましょう。ネイルオイルの効果を知る事で、様々な使い方ができますよ!

関連記事

ネイルオイルの効果とは?使い方や人気のブランド・おすすめのブランドも

爪が割れてしまったり、ささくれが気になったりしませんか?爪の健康気にな

Small thumb shutterstock 281827754

ネイルケアに最適なネイルオイルの使い方は?

①ネイルオイルの使い方の基本は清潔な手で行う事

手洗いをしている様子

ネイルオイルを使う際の基本は、清潔な状態で使用するという事です。日々、色々なものを触る手指ですので、そのままネイルオイルを使用してしまうと雑菌増殖の懸念もあります。

特に、ペンタイプのネイルオイルを使用する際には、そのまま使用すると、ペン先に雑菌が付いてしまい、オイルの中で雑菌が増殖してしまいます。それを避ける為にもしっかり手洗いをした状態でネイルオイルを使用する事により、オイルの浸透を良くする効果も期待できます。

②爪の周りや爪の際にしっかり塗りながらマッサージするのも使い方の一つ

オイルやクリーム

ネイルオイルを使用する場所は、爪はもちろん、爪の際や周りにもしっかり塗りこむというのが使い方のポイントです。爪の際はささくれができやすいので、ささくれそうな爪と皮膚の間に塗り込み、甘皮部分がささくれている時には爪の付け根に塗るようにしましょう。

際などに塗る際には、ペンタイプの物が使用しやすいです。健康な爪を生やしたい場合にも、爪の根元部分に塗り込む事で、効率的に健康な爪を成長させる事ができます。

また、オイルを付けた際には、マッサージをするように爪先や指先に塗り込むというのもポイントです。オイルを塗った手と反対側の親指と人差し指で挟み込むように指を押しながらマッサージすれば、綺麗な爪が生える効果も期待できます。

③オイルを塗った後に手全体の保湿をしっかり行うのも使い方のポイント

クリームを塗る女性

ネイルオイルを使用した後、手全体の保湿を行う事で、オイルの有効成分の蒸発を防ぐ事もできます。広範囲を保湿する時には、ハンドクリームを使用するようにしましょう。ネイルオイルよりも先にハンドクリームを使用してしまうと、ハンドクリームの油分がオイルを弾いてしまうので、オイルを先に使用するのがポイントです。

また、両方が香料を含むものを使用してしまうと香りが強すぎたり、香りが重なってしまうので、片方は無香料のものを使用するのが良いでしょう。

    ネイルオイルの正しい使い方

  1. 1オイルを適量出す
  2. 2爪の際に塗り込む
  3. 3指に馴染ませて、マッサージしながら揉み込む

こちらに、男性が綺麗だと感じる爪や指の形の特徴について紹介している記事がありますので、綺麗な指を目指す際の参考にしながらご覧ください。

関連記事

女性で手が綺麗な人の性格5選|男性が綺麗だと感じる爪や指の形の特徴も

女性で手が綺麗な人の性格について5選にまとめました。手が綺麗だと感じる

Small thumb shutterstock 345434435

ネイルオイルを使うおすすめのタイミングは?

①入浴後

保湿クリームを塗る女性

お風呂上がりの時間帯は、爪が柔らかくなっているのでネイルオイルの有効成分の浸透を高める事のできるオススメのタイミングです。また、手自体も温まっているので、それだけ指先や爪への馴染みも良くなります。入浴後全身の保湿ケアを行う流れで、そのままネイルオイルでのマッサージを習慣付けるというのもオススメです。

②寝る前の時間帯

ベッドでくつろぐ女性

寝ている間というのは案外、乾燥しやすくなっています。その為、寝る前の時間帯にネイルオイルを塗り込んでおけば、爪を労わりながらネイルケアする事も可能です。

③家事や料理をした後の時間帯

料理をする女性

家事や料理をした後というのは、水に触れる機会も減るタイミングです。指先が水に濡れると、どうしても爪がダメージを受けやすくなってしまいます。

特に、食器洗いなど台所仕事を終えた後は、爪へのダメージが大きいので、そのタイミングでネイルオイルを塗るのもオススメです。水仕事をする人は、小まめなケアで効果的にネイルケアをする事も可能です。

④ネイル後やマニキュアを塗った後

ゴールドのマニキュアをした爪

マニキュアが乾いた後やネイルの施術後にネイルオイルを塗ると、ネイルの持ちを良くする事もできてオススメです。マニキュアを塗る前やジェルネイルの施術前にネイルオイルを塗ってしまうと、ネイルの馴染みが悪くなってしまいます。

また、ネイルオフする際にも、除光液などによる爪のダメージを軽減する事ができますので、ネイルオイルで保湿しましょう。こちらに、マニキュアが乾いたかどうかを見分ける確認方法を紹介している記事がありますので、セルフネイルをした後にネイルオイルを使用するタイミングを見分ける際の参考にしましょう。

関連記事

マニキュアが乾く時間はどのくらい?セルフネイルが乾いたか確認方法6選も

マニキュアでセルフネイルする方、多いと思いますが、ジェルネイルと違って

Small thumb shutterstock 620709983

ネイルケアにおすすめのネイルオイルのタイプや種類は?

①ペンタイプ

ネイルオイルの箱

ペンタイプは、必要な量を必要なだけ出す事ができますので、細かい箇所にネイルオイルを塗るにも最適です。ペン先が刷毛のようになっていますので、細かい箇所を塗るにも適しています。ペンタイプは、ペンのようなスマートな形状ですので持ち運びにも便利で、気になった時にすぐに使用できるのも魅力です。

②マニキュアタイプ

マニキュア

マニキュアのボトルと同じ形状をしたマニキュアタイプのネイルオイルは、ボトルに刷毛状の筆が付属していますので、爪に広範囲に塗るにも便利なオススメアイテムです。ボトルタイプですので量が多いという事もあり、量を気にせずに塗りたい人に最適です。

マニキュアタイプは、マニキュアを塗るのに慣れている人にもおススメです。また、マニキュアタイプは量が多いという事もあり、持ち運ぶというよりも自宅でネイルケアするのに適しています。

③ロールオンタイプ

白いネイルをした女性の手

初めてネイルオイルを使用するという人にオススメなのが、ロールオンタイプです。ロールオンタイプのネイルオイルは、先に付いている丸いボールを転がす事で、塗る事ができるネイルオイルです。ペンタイプと同様、スマートな形状ですので携帯にも便利です。

また、広範囲を塗るにも適しており、マッサージに使用したいという方にも便利なアイテムです。ペンタイプとマニキュアタイプの良いとこどりなのが、ロールオンタイプのネイルオイルという事もあり、使い勝手の良さを重視して選びたいという時にもおすすめです。

④スポイド・チューブタイプ

スポイドでオイルを出す女性

ネイルオイルに慣れている方には、スポイト・チューブタイプのオイルがオススメです。直接、液を垂らしながら塗る事ができますので、直接塗るタイプであるロールオンタイプやペンタイプ・マニキュアタイプに比べても、衛生面で安心感があります。素早く塗る事も可能ですので、ネイルケアの時間を短縮したい方にも最適です。

こちらに、爪が割れた時や折れた時の対処法・治し方を紹介している記事がありますので、ペンタイプやマニキュアタイプ・ロールオンタイプなど自分が使いやすいタイプのネイルオイルを使用してみましょう。

関連記事

爪が割れた時や折れた時の対処法・治し方10選|割れ爪の対策も

爪が割れた時、みなさんはどう処置していますか?普段から間違ったお手入れ

Small thumb shutterstock 341036996

ネイルオイルの使い方をマスターしてネイルケアを効果的に行おう

ネイルオイルは、健康な爪を育てる為にもオススメのアイテムです。ネイルオイルには、ペンタイプやマニキュアタイプ・ロールオンタイプなど様々な形状のアイテムがあります。その為、まずはいつ・どこでネイルオイルを使用したいかで、ネイルオイルの形状を決めるというのも大事なポイントです。

また、アイテムによっては、ネイルケアに掛ける時間を短縮する事も可能です。ネイルケアに慣れている方には、一度に大量のオイルが出るようなアイテムがオススメです。初心者の人には、ペンタイプとマニキュアタイプの良いとこどりであるロールオンタイプが最適です。

自分好みのネイルオイルのタイプを選び、ネイルオイルでケアする習慣を付けるというのがネイルケアには、欠かせません。ぜひこの機会に、ロールオンタイプなどのネイルオイルを使った自分でできる爪のセルフケアを実践してみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事