Icon search 36px

手作りスカートのおすすめポイントは?

手作りスカートのおすすめポイント①サイズ調整が自由にできる

自分に合ったサイズで

手作りスカートのおすすめポイントの1つ目は、サイズ調整が自由にできることです。市販のスカートでは、サイズが合わないという経験をされた方もいらっしゃるかと思います。

手作りスカートだと、ウエストの長さと腰から膝までの長さのバランスが、ご自身の体にぴったりくるものが作れるところが魅力です。体のサイズに合っているほうが、当然おしゃれな印象になりますね!

手作りスカートのおすすめポイント②直線縫いだけで作れるものもある

ミシンで直線縫いしよう

手作りスカートのおすすめポイントの2つ目は、直線縫いだけで作れるものもあることです。洋裁と言えば確かに、ブラウスの腕周りなど曲線の部分がある衣服もあります。

しかしスカートは、大人サイズであっても直線縫いだけで作れるものもありますので、洋裁にハードルを感じる方も、基本のポイントを抑えると、チャレンジできるのではないでしょうか。

ギャザースカート作りのアイデア4選

ギャザースカート作りのアイデア①リネンの生地1枚でマキシ丈

ギャザースカート作りのアイデアの1つ目は、リネンの生地1枚でマキシ丈に作ることです。カジュアルコーデには着回しが効くアイテムになることでしょう。手作りスカートの中でも最も基本になる作り方なので、覚えて様々な生地で応用できる点でおすすめです。

単色の生地で作ると、シンプルで大人っぽい印象になりますが、もちろん、可愛い柄の生地で作っても良いでしょう。普段着として何着か作る事もおすすめです。

ギャザースカート作りのアイデア②2色使いのロング丈

ギャザースカート作りのアイデアの2つ目は、2色使いのロング丈で作ることです。スカートの両サイドの部分にメインの生地とは違う生地を持ってくることで、素敵なアクセントになることでしょう。

サイドの部分の生地が少ないと、比較的大人っぽくシンプルな印象になります。反対にサイドの部分が多くなると、華やかになるので、お好みの生地のバランスを探してから作りましょう。

ギャザースカート作りのアイデア③生地を重ねてマキシ丈

ギャザースカート作りのアイデアの3つ目は、生地を重ねてマキシ丈に作ることです。3種類以上の生地を集めて、段になるように組み合わせましょう。生地が2色でも、ボーダーのように組み合わせると可愛いですね。

同じ柄で少しずつ色の濃さを変えてグラデーションにしてみたり、同じ色で柄の大きさを変えてみたりすると、大変おしゃれになります。もちろん、テイストが似たいろんな布をランダムに組み合わせても良いでしょう。

ギャザースカート作りのアイデア④たくさんの生地でマキシ丈

ギャザースカート作りのアイデアの4つ目は、たくさんの生地でマキシ丈に作ることです。縦に生地を組み合わせても、おしゃれなスカート作りは可能です。写真のように白を基調にしたカラフルな生地で作っても楽しいですね。

ポイントは、スカートの上部のゴムを通す部分の生地の接続です。ここがガタガタになってしまうと、スカート全体のバランスや履き心地が悪くなってしまいます。初心者の方はゴムの部分に近いところだけ、1種類の生地だけで仕上げてしまうこともおすすめです。

フレアスカート作りのアイデア3選

フレアスカート作りのアイデア①リネンでもキャンパス地でも1色でロング丈

フレアスカート作りのアイデアの1つ目は、1色でロング丈に作ることです。生地の種類は選びませんが、縫い方がギャザースカートに比べて少し複雑になります。しかし、ギャザースカートに比べてしっかりした印象になるので、おしゃれの幅も広がることでしょう。

ギャザースカートのようにゴムだけで作ることも基本的には可能ですが、少ししっかりしたものが作りたい方は、コンシールファスナーをつけることにも挑戦してみてはいかがでしょうか。もっと詳しい作り方は、以下のリンクをご覧ください。

関連記事

フレアスカートの簡単な作り方は?生地・型紙や子供スカートの参考も

大人気のフレアスカート。手芸初心者でも作れる方法や、型紙を使ったフレア

Small thumb shutterstock 607492355

フレアスカート作りのアイデア②お揃いのリボンをつけて

フレアスカート作りのアイデアの2つ目は、お揃いのリボンをつけることです。シンプルなフレアスカートに、同じ生地でできたリボンをつけましょう。大人用にも子ども用にも使えるアイデアなので、親子お揃いで作ってみても良いかもしれません。

基本の作り方は、大人用も子ども用も変わりませんが、子ども用はスカートのリボンを比較的大きく作ると可愛いです。大人用は少しリボンを小さめに作った方がおしゃれな印象になりますね。

フレアスカート作りのアイデア③全体をパッチワーク

フレアスカート作りのアイデアの3つ目は、全体をパッチワークすることです。同じテイスト、または同系色の布を同じくらいの大きさの四角形にカットし、繋げていきましょう。使う布の組み合わせがおしゃれさを左右するアイデアです。

スカートの脇の部分は少し複雑に感じるかもしれませんが、基本の作り方は同じなので、しっかり生地を合わせて作りましょう。チクチクしないために裏地をつけておくことも、押さえておきたいポイントですね。

スカートの脇の部分は少し複雑に感じるかもしれませんが、基本の作り方は同じなので、しっかり生地を合わせて作りましょう。チクチクしないために裏地をつけておくことも、押さえておきたいポイントですね。

シフォンスカート作りのアイデア3選

シフォンスカート作りのアイデア①たっぷりのシフォンでロング丈

シフォンスカート作りのアイデアの1つ目は、たっぷりのシフォンでロング丈に作ることです。ふんわりと可愛いという印象が強いシフォンスカートですが、色やサイズを考えて作ると、大人の女性でもおしゃれに履きこなすことが可能です。

シフォンスカートを作る際は、生地をしっかり寄せて作ることがおしゃれになる基本です。惜しまずにたっぷり生地を使ってスカートをふんわりさせましょう。また、透けやすいので裏地をつけることをお忘れなくお願いします。

シフォンスカート作りのアイデア②丈を変えて生地を重ねて

シフォンスカート作りのアイデアの2つ目は、丈を変え生地を重ねて作ることです。裏地の上につける生地を何段か段差をつけると、ふんわりした印象を出すことが可能です。

写真のスカートのような段差をつけると、大人可愛いスカートが作れることでしょう。写真のスカートよりも大きく段差をつけると、少しゴージャスな印象になりますね。

シフォンスカート作りのアイデア③アシメ丈で

シフォンスカート作りのアイデアの3つ目は、アシメ丈で作ることです。シフォンの生地でアシメ丈にチャレンジすると、一層ひらひらさせられて可愛いですね。写真のように大きめの柄の生地を使えば、アシメでも大人っぽくておしゃれな仕上がりになります。

型紙がなくても、大きな生地の真ん中にウエストが通るだけの穴を空けて、その部分を縫ってゴムを通すという方法もあります。裏地が見えないように作ることがポイントです。

おしゃれな大人のスカートにおすすめな生地の種類は?

スカートにおすすめな生地の種類①マキシでもロングでも使えるリネン

リネン

おしゃれな大人のスカートにおすすめな生地の種類の1つ目は、リネンです。シーツなどでもおなじみのリネンは、丈夫で長持ちするのでスカート作りにおすすめです。さらっとした履き心地がお好みの方は、ぜひリネンでのスカート作りをお試しください。

スカートにおすすめな生地の種類②マキシでも柔らかいコットンリネン

ベビー用品によく使われるコットンリネン

スカートにおすすめな生地の種類の2つ目は、コットンリネンです。コットンリネンは、柔らかなコットンと、通気性が良いリネンの両方の特徴を持っています。また、汚れが落ちやすく、よく吸水するので子どもやベビー用品に使われることが多いです。

もちろん大人用の夏服でも、柔らかくて通気性がよいものになるのでおすすめです。洗濯しやすいので、普段使いにちょうど良い生地の種類とも言えるでしょう。

スカートにおすすめな生地の種類③プリント生地なら綿シーチング

プリントの種類が豊富

スカートにおすすめな生地の種類の3つ目は、綿シーチングです。手芸洋品店では、プリントされているものがメインで取り扱われています。花柄やシンプルなパターンのプリントはおしゃれな大人用のスカートにも活用できるので、ご自身に合ったプリントを見つけてみてはいかがでしょうか。

大人のスカートをおしゃれに作るポイントは?

大人のスカートをおしゃれに作るポイント①ゴムの部分に注意する

ゴムの部分に注意

大人のスカートをおしゃれに作るためのポイントの1つ目は、ゴムの部分に注意することです。ゴムを通す部分がガタガタだと、見栄えだけではなく、履き心地も悪くなります。そのため、初心者の方には、ゴムの部分の作り方がシンプルなものがおすすめです。

また、ゴムが入れ替えできるように穴をゴムを通す穴を空けたままにしておくことが、お気に入りのスカートを長持ちさせられる点で、おすすめの作り方です。

大人のスカートをおしゃれに作るポイント②スカートの形に適した生地を選ぶ

ふさわしい布はどれか?

大人のスカートをおしゃれに作るためのポイントの2つ目は、スカートの形に適した生地の種類を選ぶことです。たとえば、ギャザースカートを硬い生地で作ると、履きにくくなります。トレンチスカートをシフォンの生地で作ると、形が保てません。

このように、履きやすさや出したい印象に合わせて使う生地の種類を選ぶことは、おしゃれにおいても大切なポイントになってきます。スカートを長く活用するためにも押さえておきましょう。

大人にもおすすめな手作りスカートでおしゃれの幅を広げよう!

スカートのおしゃれを楽しむ

ここまでで、大人にもおすすめな手作りスカートのアイデアと、おすすめの生地をご紹介しました。お気に入りの生地でスカートを作っておしゃれの幅を広げて楽しみましょう!

どんなスカートでも基本で抑えるポイントはあまり変わらないので、少しでもやってみたいと感じた方は、ぜひチャレンジしてみてください。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事