Icon search 36px

女性用スーツのマナー

女性用スーツのマナー①ビジネスシーン(営業)

ビジネスシーン画像

女性がスーツを着る場面でもっとも多いのはやはりビジネスシーンです。交渉などを必要とする営業などは特にそうです。ビジネスシーンではその業績や働きぶりが評価されることはもちろんですが、服装マナーがきちんとしている、相手に与える印象がよい、信頼感を持ってもらえるなど、服装はとても重要なポイントです。

特に「営業職」などは、相手方の職場やご家庭などまで出向き、商品を販売したり、高額な商談を取りまとめたりすることも多いはずですので、そのマナーも判断の重要なポイントとなりえます。扱う商品や商材に見合う服装…つまりそれを扱うに値するか、の判断が身なりやマナーで判断されてしまします。

ビジネススーツのマナーとして、やはり第一は清潔感です。きちんとクリーニングがなされているか、パンツの折り目はピシッとついているか、シミやしわがないかなどは事前にしっかりチェックしておきましょう。スーツのお手入れ方法についてまとめたサイトがありますのでご参考になさってください。

関連記事

大人の仕事髪型アレンジ15選|ビジネス向けの簡単きっちりまとめ髪も

オフィスで映える仕事髪型アレンジを知りたくありませんか?ビジネスシーン

Small thub shutterstock 383405170

女性用スーツのマナー②結婚式

結婚式画像

また女性がスーツを着る場面として結婚式も多くあります。結婚式ではもちろん花婿・花嫁は主役ですので、そちらを引き立てつつ自分の個性を光らせるおしゃれをしたいものです。結婚式などのフォーマルな場での服装マナーは多くありますので、そちらを踏まえたおしゃれをしていきましょう。

ビジネスシーンよりはややくだけた印象のスーツがよいでしょう。パンツ・スカートはその人の個性と好みで選ぶとして、マナーをきちんと考えた服装でもはやり小物や色で十分華やかなファッションを楽しめると思います。結婚式の服装マナーに関するサイトがありますので、そちらも参考になさってください。

女性用スーツのマナー③結婚式以外のフォーマルな場

結婚式以外画像

またビジネスや結婚式以外でもレディースフォーマルな服装が活躍する場というのがありますね。例えば子どもの入学式や上司のホームパーティーなど。そういった場面にもスーツはとても重宝するファッションです。初対面の場も多く、ある意味営業の場としてもとらえることができるチャンスです。

こういった場というのは、どちらかというとパーティーや会合など「お祝い・親交深める」目的の場が多いと思います。このようなときには、オールブラックやモノトーンのみといった硬い印象よりも、女性ならではの華やかな色や着こなしが喜ばれるものです。きちんと華やかに、きめていきましょう!

女性用スーツの選び方

女性用スーツの選び方①フォーマル(営業・ビジネス)な服装

フォーマル画像2

女性用スーツの選び方1つ目は「フォーマルスーツの選び方」です。まずは「どこの、どんな場面に着ていくスーツか」という目的を考えて選んでいきまましょう。上下とも黒であれば冠婚葬祭に活躍しますね。

フォーマルスーツのいちばん活躍できる場面としてはやはり営業などのビジネスシーンだと思います。男性が多い場合、できる限り周りとなじんだスーツが好ましいでしょう。職場の男性の服装や着こなしをよく観察することをおすすめします。色はやはり黒・グレー・ネイビー・ベージュ・カーキなどがよいでしょう。

また就職活動や面接などの場面では、女性はパンツスーツよりスカートスーツのほうが好まれる傾向にあるようです。以前よりは「パンツスーツもあり」といった傾向も強くなったようですが、やはりスカートスーツを着ている際の所作や振る舞いに女性らしい柔らかい印象がでるからかもしれません。

女性用スーツの選び方②インフォーマルな服装

インフォーマル画像

女性用スーツの選び方2つ目は「インフォーマルスーツの選び方」です。こちらは営業職以外のあまり服装規定の厳しくない職場などで活躍します。いわゆる「リクルートスーツ」ではなく、自分の個性や好みを大事にした「おしゃれスーツ」という視点で選んでいきましょう。

こちらは色やデザインとともに、その質感にもこだわって選んでみてもよいと思います。おすすめは軽やかに見える光沢感のある素材や、洗濯機で洗えるタイプのウォッシャブルスーツなどです。秋冬はウール地厚めのものや、かのこ織りなどのあたたかみのある質感を選びましょう。

女性用スーツのインナーの選び方やポイント

女性用スーツのインナー選びや着こなしポイント①サイズ・色選び

サイズ・色画像

女性用スーツのインナー選び・着こなしポイントの1つ目はサイズ・色選びです。まずサイズに関してはどうしても「インナー」ということからそのシルエットにこだわる必要があります。タイトめのスーツの場合、腕周りやウエスト周りのつくりが細くなっていることが多いです。来た時にごわっとならないかチェックしましょう。

また色選びに関しては、そのスーツの色や見せたい印象によって選ぶとよいでしょう。スーツ自体が「正装」であまり色味が強くない分、インナーにもあまり派手目な色味はあまりなじみません。地味になりすぎず、かつ浮き立ってしまわない色を選びましょう。関連サイトもご参考になさってください。

女性用スーツのインナー選びや着こなしポイント①首回りのデザイン選び

インナーデザイン画像

女性用スーツのインナー選び・着こなしポイント2つ目は「首回りのデザイン選び」です。選ぶポイントの1つ目はそのスーツのカラー(衿)デザインです。普通のスタンダードな形なのか、それがシングルかダブるか、ノーカラーなのか、で胸元の印象は大きく変わってきます。

スーツの衿がスタンダードな形であれば、インナーにUネックのTシャツやカットソーなど、シンプルな形が合うでしょう。逆にスーツ自体がノーカラーデザインであれば、ボタンダウンのシャツやリボンタイがついたブラウスなどがしっくりきます。

またもう1つは「あまり開きが大きすぎない」ことです。ファッションの一部とはいえ、ビジネスの場にふさわしくないものはマナー違反です。避けましょう。程度としては「程よく鎖骨が見えるくらい」までではないでしょうか。鎖骨下、もしくは胸元がのぞくほど開いているのはやりすぎです。

女性用スーツの着こなしおすすめ10選

女性用スーツの着こなしおすすめ①カラーデザインスーツ

女性用スーツ着こなしコーデ1つ目はカラーデザインスーツです。黒やグレーではなく、やや深めのダークチェリーカラーが個性的ですね。パンツのデザインも少し短めで足首が見えているあたりが女性らしさを強調しています。

ジャケットの丈感がやや長めの場合、腕をまくって手首を細い部分をだしたり、バッグはやや小さめのものを選び軽さをだしたりの工夫は大事ですね。

女性用スーツの着こなしおすすめ②ビジネス仕様グレーパンツスーツ

女性用スーツ着こなしコーデ2つ目はグレーパンツスーツです。ぐっとビジネス仕様になり、営業などバリバリこなすかっこいいキャリアウーマンイメージがでますね。インナーと靴、バッグがすべて黒でそろっているので全体的にまとまりがあり、きちんと感がでます。初対面の多い営業などのお仕事にもってこいコーデです。

またこういったきちんと感が強めのスーツコーデの際は、ヘアスタイルをあえて無造作に崩して組み合わせるものよいと思います。スーツに「着られている感」がでない、あくまで自然体の印象を創り出していきましょう。

女性用スーツの着こなしおすすめ③ビジネス仕様ネイビーパンツスーツ

女性用スーツ着こなしコーデ3つ目はネイビーパンツスーツです。こちらもビジネス仕様となっており、黒よりもやや柔らかい印象がネイビーででています。靴とバッグをチャコールグレーの質感のあるもので揃え、インナーは淡いベージュにしてさらに柔らかい印象を与えます。「脱・黒」を目指す方へおすすめです。

女性用スーツの着こなしおすすめ④チェック柄スーツ1

女性用スーツ着こなしコーデ4つ目はチェック柄スーツです。近年の流行柄のひとつチェックはスーツやジャケットにも多く活用されています。丈が短いジャケットとワイドパンツのバランスがよく、重たい印象がありませんね。胸元の開き方とネックレスのバランスも絶妙です。

カラーとしては全体的にモノトーンですので、バッグのスタッズやアクセサリー(ネックレス・ピアスなど)で光のあるもの、やや明るめのメイクを選ぶとよいでしょう。

女性用スーツの着こなしおすすめ⑤チェック柄スーツ2

女性用スーツ着こなしコーデ5つ目は同じくチェック柄のスーツです。先ほどのものよりややチェック柄の大きさが違うのと、ジャケットの丈感が違うので印象が大きく変わりますね。こちらのほうがよりマニッシュなイメージが強調されます。インナーとパンプスのベージュピンクが女性らしさを足しています。

こちらやや丈長めのジャケットですので、手首みせ、そしてそれをより女性らしくみせるアクセサリーの重ね付けがよくコーデされていますね。

女性用スーツの着こなしおすすめ⑥withバッグコーデスーツ

女性用スーツ着こなしおすすめ6つ目はバッグとの相性◎コーデです。インナーもシャツスタイツで肩幅広めのマニッシュスタイルに、ボストン型のレザーバッグがよく合います。重量感がでやすいデザインのバッグですが、ややつやのあるダークブラウンで少し軽さとカジュアル感を演出しています。

女性用スーツの着こなしおすすめ⑦withスカーフコーデ(営業向き)

女性用スーツ着こなしおすすめ7つ目はスカーフとの相性◎コーデです。深めのV字開きのデザインのジャケットの首元に、近年流行のアニマルプリント柄の長めのスカーフがコーデされています。もしスカーフがなければ胸元が強調されすぎるデザインで、品をよさをプラスしているコーデとなっています。

女性用スーツの着こなしおすすめ⑧ノーカラージャケット&タートルネック

女性用スーツ着こなしおすすめ8つ目はノーカラー&ハイネックコーデです。衿の形があえてないノーカラーも胸元をよりすっきり見せてくれるデザインです。しかしそれに普通の丸首タイプやV字タイプを組み合わせるとややさみしい感じがでてしまいます。タートルネックの形との相性が◎です。

女性用スーツの着こなしおすすめ⑨インナーベストコーデ

女性用スーツ着こなしおすすめ9つ目はインナーベストコーデです。ややデザイン性の強いブラウンチェックのスカートスーツのインナーに黒のベストを組み合わせています。ウエスト周りに締まり感がでるのと、チェック柄のラインのブラックとの相性が◎ですね。胸元のブローチもかわいいです。

こうやってインナーにベストを仕込む際はあえてジャケット前のボタンは開けて、インナーをみせて着るようにしましょう。ぐっとおしゃれ感が強くなります。

女性用スーツの着こなしおすすめ⑩カジュアルモノトーンコーデ

女性用スーツ着こなしおすすめ最後はモノトーンデザインスーツコーデです。ジャケットの襟元と腕部分、ポケットの口がブラックでデザインされており、個性的な印象が残ります。あえて靴やバッグ、サングラスをシンプルなブラックで合わせ、主役をスーツに持っていったコーデになっています。

女性用スーツに合わせるといいアイテム5選

女性用スーツに合わせるおしゃれアイテム①パンプス

パンプス画像

女性用スーツに合わせるおしゃれアイテム1つ目はパンプスです。タイトスカートスーツの場合、その脚の形や細さも女性ならではの魅力となります。特にフラットシューズではなくパンプスは、女性の女性らしさを強調する最強アイテムのひとつではないでしょうか。

選ぶポイントとして、まず色選びです。スーツの色である黒やグレーなどにあわせて同系色で合わせるとセット感が増し、きちんとした印象となります。また逆にオールブラックスーツに、カラーパンプスを合わせるとワンポイントとしてとても個性が光るコーデになります。

ヒールの高さはだいたい3~7㎝ほどが多いのではないかと思います。自分の身長に合わせ、また試着し少し歩き回ったときにしっくりくる高さを選びましょう。ヒールの太さもピンヒールのような華奢なタイプや近年流行のチャンキーヒールのような太目なタイプもありますので、吟味しましょう。

女性用スーツに合わせるおしゃれアイテム②バッグ

バッグ画像

女性用スーツに合わせるおしゃれアイテム2つ目はバッグです。こちらもパンプス同様、スーツの色味と合わせたものがよりきちんと感がでます。特にハイブランド物などはやはり高級感がでますが、そうでなくても個性的なものもたくさんあります。

バッグ選びで大事なポイントは、携帯しているものがゆとりをもって入るサイズ感と、その重さ・大きさではないでしょうか。近年は小さめバッグが各ブランドからもだされ流行していますが、ビジネスシーンなどでは書類や手帳などかさばるものも多く、ある程度サイズが大きめのほうが重宝します。

あまりにパンパンで締まりきらないようなバッグはかっこ悪いですよね。また常に持ち歩くアイテムですので、その重量も要注意です。やたらに重いものは肩が凝りやすく、歩く姿勢が悪くなります。必要最低限のものがきれいに入り、持ち歩きたくなるようなバッグを選びましょう。

女性用スーツに合わせるおしゃれアイテム③スカーフ

スカーフ画像

女性用スーツに合わせるおしゃれアイテム3つ目はスカーフです。無難なモノトーンコーデになりやすいスーツスタイルに花を添え、かつ営業などでの第一印象UPアイテムです。男性で言えばネクタイと同じようなイメージになりますので、逆に男性スーツスタイルともマッチしますね。

スカーフ選びのポイントはそのサイズと巻き方でしょう。首元にくるくるっと巻き付ける感じであればやや小さいサイズ、首回りを大きく2周ほどしてタイの様に結びめをつくるのであれば大きめサイズを選ぶとよいでしょう。スカーフのまき方に関する関連記事を載せますので、そちらも参考になさってください。

関連記事

春夏秋冬のスカーフコーデ20選!スカーフの使い方やベルトの巻き方も

今回は、春夏秋冬に使えるスカーフコーデをまとめました。スカーフの使い方

Small thub shutterstock 417353392

女性用スーツに合わせるおしゃれアイテム④ストッキング

ストッキング画像

女性用スーツに合わせるおしゃれアイテム4つ目はストッキングです。たかがストッキング…と思う方ももしかしたらいるかもしれません。しかしこのストッキング次第で脚の見え方が大きく違いますので、しっかりこだわっていきたいポイントです。特に営業などでは全身を見られることも多いので大事です。

最近は手軽にコンビニでも購入できますので、いろんなメーカーを試してみて、鏡に映った自分の脚をチェックしてみるとよいでしょう。普通の色味を選ぶとやや明るめに肌色がでる方が多いと思います。実際のそのストッキングの見た目がややダークなものを選ぶと実際の肌色に近くなり、より自然になります。

また冬になると、ストッキングというよりタイツ派という方も多いでしょう。各種ブランド・メーカーより、その柄やワンポイント・色などでたくさんのかわいいタイツが毎年売りだされます。結婚式やややカジュアルが許される場であればそういったものにチャレンジしてみても楽しいですね。

女性用スーツに合わせるおしゃれアイテム⑤ネックレス

ネックレス画像

女性用スーツに合わせるおしゃれアイテム5つ目はネックレスです。こちらも女性ならではのおしゃれが楽しめるアイテムですね。シンプルなインナーやブラウスに合わせて、胸元に光を集めましょう。

ネックレス選びのポイントは、そのデザインと長さです。そのネックレスの背景(バック)がインナーの色になるか、自分の肌の色になるかでその見え方や輝き方が違ってきますよね。比較的長めのものであればインナーはタイト目にして、そのチャームを目立たせたほうがインパクトがあります。

また逆に短めのものであれば、タートルネックやハイネックにしてインナーをバックに付けるか、やや大きめに胸元を開け自分の肌バックに付けると女性らしさが際立ちます。一人ひとり首の太さも違いますので、実際に付けてみてよりきれいに見える組み合わせを見つけていきましょう。

女性のパーティー用スーツおすすめ2選

女性のパーティー用レディーススーツ①モノトーンシック

女性のパーティー用スーツ1つ目はモノトーンコーデです。いわゆる「スーツ」といった硬い印象ではなく、しかし大人のきちんとした感じもでていてよいですね。モノトーンであれば、胸元にレースなどのデザインがあるものや、ノースリーブなどで適度に肌みせできるとよりセクシーに仕上がります。

また秋冬などであれば、その上にコートを羽織ったり、ファーをまいたりなどすればぐっとパーティー仕様となり雰囲気がでてきますよ。

女性のパーティー用レディーススーツ②カラフル

女性のパーティー用スーツ2つ目はカラフルコーデです。その年の流行色であれば見つけやすいと思いますし、また自分に絶対に似合う定番カラーを持っていればそれで勝負するのもありですね。カラフルスーツの時は逆に靴やバッグなどの小物をオールブラックにするとまとまりとしまりがでてきますよ。

たかが服装されど服装【スーツは大人の女性の勝負服】

パンプス画像

女性用スーツのマナー・選び方、インナーや小物選びのポイント、おすすめコーデなどご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?これから営業職などで活躍するフォーマルスタイルもそれ以外のインフォーマルも、服装とはその人の個性や意思を表現できるアイテムとしてスーツの着こなしを身に付けたいものですね。

普段はあまりスーツなどは着ない…結婚式くらいしか…という職業や環境の方でも、マナーを踏まえてぜひぜひトライしていきましょう。自分なりの着こなしポイントがつかめたり、男性の良いところ(マニッシュさ)と女性の良いところ(フェミニンさ)をうまく組み合わせると、おしゃれ上級者の仲間入りです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー