Icon search 36px

意地悪する人の心理や特徴10選!

意地悪する人の心理や特徴①劣等感が強い

頭を抱える男性

意地悪する人の心理や特徴1つ目は、劣等感が強いことが挙げられます。人と自分を比較して、劣っていると感じるために、意地悪をするという場合があります。妬ましい気持ちや羨ましい気持ちを、意地悪をすることで晴らそうという心理でもあります。

劣等感が強いと心の余裕が持てなくなるので、人に対して攻撃的な態度をとりやすくなります。誰からもバカにされているわけではないのに、周りからバカにされているという被害妄想を持つこともあり、さらに攻撃的な態度が強まります。

意地悪する人の心理や特徴②向上心がない

仲間はずれ

意地悪する人の心理や特徴2つ目は、向上心がないことが挙げられます。意地悪をする人は、相手より劣っていると感じても、努力をして自分を高めようとはしません。相手の足を引っ張ることで、相手を陥れて、相対的に自分の地位を向上させようとします。

逆に言えば、向上心のある人は、自分を高めることにエネルギーを使うので、人に意地悪をしている暇などありません。自分磨きに余念がない人や周囲と自分を比べることがない人は、意地悪をすることがないと言えるのではないでしょうか。

意地悪する人の心理や特徴③自信がない

困っている様子の女性

意地悪する人の心理や特徴3つ目は、自信がないことが挙げられます。自分に自信がないけれども向上心もないので、自分の地位を脅かすような優秀な人物が現れると、意地悪をして排除しようという行動に出る場合もあります。

意地悪する人は、自信がないにも関わらず、プライドだけは高いという特徴もあり、プライドを傷つけないように注意する必要があります。自分の立場を脅かす存在に敏感ですから、あなたの立場を奪うつもりはないという姿勢を示すと、安心して意地悪をしなくなる可能性があります。

意地悪する人の心理や特徴④裏表がある

意地悪する人の心理や特徴4つ目は、裏表があることが挙げられます。意地悪をする人がターゲットにするのは、言い返してきたりしないような気弱な人であったり、立場上逆らうことができないような人です。目上の人に対しては媚を売りますので、裏表が激しい人だと言えるでしょう。

意地悪する人の心理や特徴⑤人の幸せを喜べない

そっぽを向く女性

意地悪する人の心理や特徴5つ目は、人の幸せを喜べないことが挙げられます。人の幸せを自分のことのように喜べる人は、自分自身も幸せな人です。自分が満たされていないと、人の幸せを喜ぶことは難しいのではないでしょうか。そう考えると、意地悪する人は不幸な人であると言えます。

意地悪する人は、人の不幸は蜜の味と思っているところがあり、自分より不幸な人を見ては「あれよりマシだ」「下には下がいるから自分は一番下ではない」と考えて、自分を慰めるようにしています。自分より幸せそうな人からエネルギーをもらうといった発想はなく、自分より不幸な人を見て、見下すことを好みます。

意地悪する人の心理や特徴⑥想像力が足りない

心配そうな女性

意地悪する人の心理や特徴6つ目は、想像力が足りないことが挙げられます。意地悪される側の気持ちを想像できないことは、言うまでもありません。それだけではなく、幸せな人が努力をして今の状況を築き上げたのだといった、物事の背後にある部分を想像できないのです。

物事の上っ面の部分だけを見て、「羨ましい」「妬ましい」「恵まれている」といった捉え方をします。途中にある努力という過程が大切だということに、気づくことができないのです。苦労している人に対しても、想像力が足りないところがあり、配慮に欠けた発言をすることも多くなります。

意地悪する人の心理や特徴⑦悪口や陰口が多い

仲間はずれ

意地悪する人の心理や特徴7つ目は、悪口や陰口が多いことが挙げられます。人を陥れるために、ありもしないような噂話を意図的に流すこともあります。面と向かってはっきりと意見を言うことができずに、悪口や陰口を言うタイプの人もいます。

上司の目の前では媚を売っておきながら、本人のいないところで悪口や陰口を言うようなタイプの人もいます。基本的に、本人が精神的に満たされていない人ですから、不平不満は募るばかりでしょう。不平不満の対象となっている人物に真っ向からぶつかっていく勇気がなく、関係のない人に文句を言うのです。

意地悪する人の心理や特徴⑧困った顔を見るのが好き

不敵な笑みを浮かべる女性

意地悪する人の心理や特徴8つ目は、困った顔を見るのが好きだということが挙げられます。人の不幸は蜜の味だと思っているようなタイプの人は、困った顔を見るのが好きな傾向にあります。困った顔をさせるために、嫌がらせをしたり、無理難題を押し付けたりします。

同じお給料もらうのであれば、できるだけ楽をして稼ぎたいと思う人もいるでしょう。同僚や部下に仕事を押し付けられるだけ押し付けて、自分は楽をしているような人は、人を困らせるためというよりは自分が楽をするために行動しています。結果的に、周囲を困らせるということにつながっている場合もあります。

意地悪する人の心理や特徴⑨人の粗探しが好き

怒鳴る男性

意地悪する人の心理や特徴9つ目は、人の粗探しが好きだということが挙げられます。人の粗探しをしてミスを見つけることで、優越感に浸りたいという心理があります。部下のミスを見つけてあげられた自分に酔いしれている場合もあります。優秀な人の粗探しをすることで、プライドを保っている場合もあります。

ただ粗探しをして揚げ足をとっているだけにも関わらず、「これはお前のためだ」「できない部下を持つと大変だ」といったように、部下のためを思ってやっているかのような態度をとる上司は面倒です。対処法や付き合い方については後述しますので、参考にしてみてくださいね!

意地悪する人の心理や特徴⑩かまってちゃん

意地悪する人の心理や特徴10こ目は、かまってちゃんだということが挙げられます。小学生が好きな子にちょっかいを出すように、意地悪をすることでしか人とコミュニケーションを取れないような不器用な人もいます。この場合は、意地悪をしているという自覚や悪気がない場合もあります。

悪気はなくても、受けた側が意地悪をされていると感じたのなら、それは意地悪と呼べるでしょう。嫌な気持ちになっているということを、しっかりと本人に伝えるべきです。かまってちゃんな男性の心理や特徴、対処法については、下記の関連記事もあわせて読んでみてくださいね!

関連記事

かまってちゃんとは?かまってほしい男性の心理や特徴・対処法も

あなたの周りにかまってちゃんはいませんか?ここではかまってちゃんとはど

Small thub shutterstock 524899408

底意地の悪い上司や先輩の対処法や付き合い方3選!

底意地の悪い上司や先輩の対処法や付き合い方①相手を立てる

笑顔で話す男性

底意地の悪い上司や先輩の対処法や付き合い方1つ目は、相手を立てることです。意地悪をしてくる上司や先輩は、部下や後輩から一目置かれたい、認められたいという気持ちを持っています。自分の方が仕事ができるという自信があっても、上司として先輩として相手を立てることは必要です。

上司や先輩に媚を売りたくないと考える人もいるかもしれません。しかし、媚を売るのと相手を立てるのとは違います。気に入られるように振る舞うのが媚を売ることであり、目上の人に対して敬意を払うのが相手を立てることだと言えるでしょう。仕事の実力はどうあれ、立場が上の人をないがしろにするのは失礼です。

底意地の悪い上司や先輩の対処法や付き合い方②ミスを減らす

仕事熱心な女性

底意地の悪い上司や先輩の対処法や付き合い方2つ目は、ミスを減らすことです。意地悪な上司や先輩は、粗探しをするのが好きです。どんなにミスを減らしても、粗探しをされることに変わりはありませんが、指摘できる場所を極力減らす努力だけはしておいて損はないでしょう。

また、ミスを指摘された時に嫌な顔をするのではなく、「ご指摘ありがとうございます。勉強になります!」「自分では気づけなかったので、助かります!」といった受け答えをするのも効果的です。嫌がらせのつもりで指摘したのなら、困った顔が見れずにがっかりするでしょう。認めてほしい上司や先輩なら、満足してくれます。

そんな受け答えをしたら、余計に粗探しされるようになるのではないかと心配する人もいるでしょう。嫌がらせしたい人からすると、こういう受け答えをする人はやりづらいですよね。認めてもらいたい人は、感謝の言葉や助かりますという言葉で満足しますので、それ以上粗探ししなくなります。

底意地の悪い上司や先輩の対処法や付き合い方③自分の情報を与えない

会話する男女

底意地の悪い上司や先輩の対処法や付き合い方3つ目は、自分の情報を与えないことです。意地悪な上司や先輩を敵に回してしまった場合、あることもないことも悪口や陰口として言われる可能性があります。本当の情報が含まれていれば含まれているほど、噂の信憑性が高くなってしまいます。

裏で何を言われるかわからないことを考慮して、自分の情報を極力与えないことが大切です。本当はできるだけ距離を置きたいところですが、距離をおける関係にないという場合が多いかと思います。日常会話など当たり障りのない話はしつつ、個人的な情報は一切出さないでおくことをお勧めします。

意地悪な職場の同僚男性や女性の対処法や付き合い方3選!

意地悪な職場の同僚男性や女性の対処法や付き合い方①目立たないようにする

意地悪な職場の同僚男性や女性の対処法や付き合い方1つ目は、目立たないようにすることです。「出る杭は打たれる」ということわざがあるように、目立っている人は叩かれやすいです。妬まれたり羨ましがられたりする対象になりますので、ターゲットにされたくないのであれば、目立たない方が良いでしょう。

仕事の実力だけではなく、恋人とうまくいっているかどうかや家族との関係など、羨ましがられるような話を不用意に出してしまうと、劣等感を逆なでする可能性があります。職場でプライベートな情報を発信するのは、どこで誰に妬まれるかわからないリスクのあることだと自覚しておきましょう。

意地悪な職場の同僚男性や女性の対処法や付き合い方②同じ土俵には立たない

意地悪な職場の同僚男性や女性の対処法や付き合い方2つ目は、同じ土俵には立たないことです。売られた喧嘩をいちいち買っていては、疲れてしまいます。意地悪をされたらやり返したくなる気持ちはわかりますが、同じ土俵に立たないことが一番です。適度に聞き流して、やり過ごすのが無難です。

意地悪な職場の同僚男性や女性の対処法や付き合い方③毅然とした態度をとる

断る様子

意地悪な職場の同僚男性や女性の対処法や付き合い方3つ目は、毅然とした態度をとることです。嫌がらせをするのはやめてほしいとはっきり伝え、毅然とした態度をとるのも一つの手です。意地悪をする人は、気弱な人をターゲットにする傾向にあり、はっきり物を言う人には近づかないことが多いです。

嫌がらせする人の悲しい末路やエピソードは?

嫌がらせする人の悲しい末路やエピソード①左遷される

嫌がらせする人の悲しい末路やエピソード1つ目は、左遷されることです。部下に対して意地悪をするような上司の下には、なかなか人が定着しません。あまりにも部下の離職率が高いと、部下を育てる素養がないと判断され、左遷されることもあります。因果応報ですね。

嫌がらせする人の悲しい末路やエピソード②孤独になる

嫌がらせする人の悲しい末路やエピソード2つ目は、孤独になることです。意地悪をする人は、似た者同士でつるむ傾向があります。しかし、絆はあまり強固なものではなく、自分にとって都合が悪くなれば簡単に切ってしまうような関係です。そのため、なかなか信頼し合える友人ができず、孤独な人生を送ることになります。

意地悪な人の心理や特徴を知ってうまく付き合おう!

今回は、意地悪する人の心理や特徴、意地悪な上司や先輩、同僚との付き合い方について見てきました。劣等感が強く自分に自信はないけれども、努力で何とかしようという発想や向上心のない人が多いとおわかりいただけたのではないでしょうか。人の粗探しをする時間があったら、努力した方が自信がつきますよね。

意地悪する人がどういう心理を持っているのか知っておくことで、意地悪された時の対処がしやすいのではないでしょうか。また、意地悪したくなるような気持ちにさせないという予防にもつながります。意地悪する人の心理を知って、うまく対処していきたいところですね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー