Icon search 36px

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴10選!

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴①自分の言っていることが全て

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴1つ目は、自分の言っていることが全てだということです。キレやすい人は、自己主張が強い傾向にあり、自分の言っていることが全て正しいと思っています。ですから、周りの意見を聞こうともしません。周りに否定されたら、自分が否定されている気がして、キレやすいのです。

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴②冗談が通じない

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴2つ目は、冗談が通じないことです。親しくしている間柄なら、時には冗談を言ったりして、からかったりすることもあるでしょう。しかし、キレやすい人は、何でも本気で受け取ってしまうため、キレやすいのです。

相手は馬鹿にしているつもりはなく、冗談で言っているのに、キレやすい人は、自分を馬鹿にされたと思い込んで、プライドが許さないと思っているのです。

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴③ちょっとしたことでも気にかかる

ちょっとしたことでも気にかかる

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴3つ目は、ちょっとしたことでも気にかかることです。キレやすい人は、神経質な一面もあります。周りから見たら、こんなことでキレるのかと思うほど、ちょっとしたことでも気にして、キレやすいのです。周りは、キレる理由がわからないと思うことでしょう。

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴④自分を強く見せたい

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴4つ目は、自分を強く見せたいことです。自分が実は臆病者で弱い人間だから、自分は周りからいじられキャラになってしまうだろうと考えています。いじられたりすると、馬鹿にされているような感じがして、許せないのです。

ですから、周りに目をつけられないように、キレやすい性格を演じて、周りを怖がらせているのです。キレることによって、「自分が一番強いんだぞ」ということを表現しています。

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴⑤キレていないと思っている

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴5つ目は、キレていないと思っていることです。周りから見ると、明らかにキレているというのがわかるのに、自分は至って普通に接していると思っている場合もあります。キレやすい人は、それが自分にとっては普通の話し方で、何で周りが怖がるのかわからないと感じています。

キレやすい人は、本当は周りの人達と仲良くしたいと思っているのです。しかし、キレやすい人には、話し下手で付き合いが下手な人が多い傾向にあります。ですから、周りを怖がらせて、自然に振る舞うことができないということもあります。

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴⑥これぞ男だと勘違いしている

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴6つ目は、これぞ男だと勘違いしていることです。キレやすい性格で、相手を怖がらせることを「これぞ男だ!」とかっこよく見えると、勘違いしている男性もいます。男は、相手を怖がらせてなんぼだと思っているのです。

自分に惚れ惚れしてしまうナルシストな男性に多いです。自分が一番可愛い、もしくは、かっこいいと思っているので、キレることで、自分の心を満たしているのです。

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴⑦キレやすいがすぐ冷める

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴7つ目は、キレやすいがすぐ冷めることです。キレやすい人は、急に興奮しだして、いきなりキレます。しかし、言いたいだけキレて伝えたら、後は急に熱気が冷めて、いつも通りの人に戻ります。キレていることさえ忘れて、何もなかったかのように、話しかけてくるのです。

周りとしては、このキレやすい人の変わりようが、怖く感じるのです。何事もないように接しているので、周りもどのように対応して良いのかわからなくなることもあります。

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴⑧自分が被害者だと思い込んでいる

自分が被害者だと思い込んでいる

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴8つ目は、自分が被害者だと思い込んでいることです。すぐキレても、自分は悪くない、全て相手が悪いと思い込んでいるのです。女性の場合は、悲劇のヒロインを演じて、嘘も平気でつくことができ、自分は常に被害者面をして、キレているのです。

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴⑨周りの評価が異常に気になる

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴9つ目は、周りの評価が異常に気になることです。キレやすい人は、周りからよく思われたいという気持ちがあります。キレることによって、自分は正しいことをやっているというのを周りに評価してもらいたくて、行動しているのです。

本当は、キレることでより周りの評価を悪くしているのに、逆効果だっていうことに気づいていません。いつも周りの評価を気にしながら、生活をしているのです。

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴⑩せっかちで心に余裕がない

キレやすい男性と女性の性格や言動の特徴10つ目は、せっかちで心に余裕がないことです。何に対しても、短気な性格で、我慢ができないということがあります。いつも焦りながら生活をしているので、周りから見ると、せかせかしすぎだと感じます。

例えば、車の運転が荒い人もせっかちだと言えます。前に走っている車が遅いと思ったら、どんどん追い越しをしたり、イライラして、暴言を吐いたり、キレる人もいます。ハンドルを握ると、普段は穏やかな性格なのに、急にせっかちな性格に変身して、心に余裕がない行動をすることもあります。

キレやすい男性と女性の心理5選!すぐ怒る人の原因は?

キレやすい男性と女性の心理|すぐ怒る人の原因①イライラから来ている

イライラから来ている

キレやすい男性と女性の心理で、すぐ怒る人の原因1つ目は、イライラから来ていることです。イライラすることは、誰でもあることです。現代の日本は、ストレス社会だと言われています。ですから、ストレスが溜まって、うまく解消する術が見つからない人もいるのです。

お腹がすいた時にもイライラするし、疲れている時にもイライラするので、イライラする原因にはいろいろあります。イライラすることが多くなると、その感情をコントロールできなくなり、感情が表に爆発してしまうのです。

キレやすい男性と女性の心理|すぐ怒る人の原因②何でも考えすぎてしまう

キレやすい男性と女性の心理で、すぐ怒る人の原因2つ目は、何でも考えすぎてしまうことです。考えすぎて、頭がパニックになってしまい、それが爆発し、キレやすい原因となるのです。いつまでも昔のことを引きずったり、失敗を恐れる完璧主義者であることによって、考えすぎてしまう傾向にあります。

考えすぎる傾向にある人は、時間を忘れてまで考えることに没頭しがちです。ですから、暇な時間をなるべく作らないようにして、考える時間がないように毎日過ごすことが大切です。それには、自分の好きなことや趣味など、熱中できるのを見つけることです。

キレやすい男性と女性の心理|すぐ怒る人の原因③我慢が足りない

キレやすい男性と女性の心理で、すぐ怒る人の原因3つ目は、我慢が足りないことです。ちょっとしたことに対しても、キレやすいというのは、我慢が足りないのです。周りに合わせることも大切です。自分だけが良ければそれでいいというのは、周りからも嫌われてしまいます。

素直に感情を出すことも時には必要ですが、人間、生活をしていくうえで、感情を抑えなきゃいけない場面も出てきます。キレやすい人は、感情のコントロールがうまくできないので、体は大人ですが、精神年齢が低く、心は大人になりきれていないのです。

キレやすい男性と女性の心理|すぐ怒る人の原因④自分が悔しい

キレやすい男性と女性の心理で、すぐ怒る人の原因4つ目は、自分が悔しいことです。相手に対しては何とも思っていなくて、自分がしたことに対して、悔しい思いをすることもあります。時には、自分の不甲斐なさに嫌になることもあり、自分にキレる原因となるのです。

すぐ怒るキレやすい人との付き合いで困ったことは?

すぐ怒るキレやすい人との付き合いで困ったこと①職場の雰囲気が悪くなる

すぐ怒るキレやすい人との付き合いで困ったこと1つ目は、職場の雰囲気が悪くなることです。職場にキレやすい人がいたら、「またか…」と思うこともあったり、いつキレるかわからない状態で、毎日ビクビクしながら、仕事をしなくてはいけないので、職場の雰囲気が悪くなります。

キレた本人は、自分の欲求をさらけ出して、気持ち良いかもしれません。キレやすい人は、心理的に職場の雰囲気が悪くなるとか全く気にしないのです。自分さえ良ければいいと思っているので、自分が職場の雰囲気を乱していることに、気づいていないということもあります。

すぐ怒るキレやすい人との付き合いで困ったこと②こちらのストレスが溜まる

ストレスが溜まる

すぐ怒るキレやすい人との付き合いで困ったこと2つ目は、こちらのストレスが溜まることです。キレやすい人は、自分の気持ちを口に出してキレることで、自分のストレスを解消しているかもしれません。しかし、キレられることの不安や恐怖に、こちら側は常にビクビクして、気を遣っていなくてはいけなくなります。

キレている人は、こちら側のストレスなんて、微塵も感じてないのです。煩わしい人間関係もあるけれど、うまく付き合いながら、楽しんで仕事をしたいと考えているのに、和を乱すような行為をするキレやすい人に対して、ストレスがどんどん溜まっていきます。

キレやすい人の対処法5選!

キレやすい人の対処法①放っておく

キレやすい人の対処法1つ目は、放っておくことです。キレやすい人には、言いたいだけ言わせておいて、気にしないのが一番です。キレやすい人は、キレてもすぐに冷めます。明日になったら忘れていて、ケロっとしていることもあるので、放っておいたら、自然と元に戻っています。

キレやすい人の対処法②必要最低限の関わりにとどめる

必要最低限関わらない

キレやすい人の対処法2つ目は、必要最低限の関わりにとどめることです。必要なことを伝えただけでも、自分が気にくわないとキレてしまうこともあります。必要なことは、働いていたら、仕事上伝えなくてはいけないこともあります。ですから、キレやすい人とは、親しくならずに必要最低限の付き合いだけにしておきましょう。

キレやすい人の対処法③自分も同じようにキレて返す

キレて返す

キレやすい人の対処法3つ目は、自分の同じようにキレて返すことです。キレやすい人は、キレても大丈夫だと思う人を選んでいます。キレても反抗してこない人にキレたりするので、もしキレられたら、自分も同じようにキレて返してみてください。

今までキレても何も反抗しなかったのに、いきなり逆ギレすることで、相手もひるむでしょう。キレやすい人は、自分を強く見せたいと思っている気の弱い人間もいます。自分が上に立ちたいので、相手に逆ギレされたことによって、落ち込む可能性もあります。それから、その人の対してはキレなくなることもあるでしょう。

キレやすい人の対処法④冷静に対応する

冷静に対応する

キレやすい人の対処法4つ目は、冷静に対応することです。相手が興奮状態にある時に、自分も感情的になったら、逆効果の場合もあります。そんな時は、冷静に対応することです。キレている本人に対して、冷静な態度で接することによって、「1人でキレていて、何だか恥ずかしい」という気持ちになる場合もあります。

また、冷静を装おうことで、何も反応しなくてつまらないという気持ちになり、キレなくなる可能性もあります。冷静に対応して、キレやすい人の反応を見てください。

キレやすい人の対処法⑤気持ちに寄り添ってみる

気持ちに寄り添ってみる

キレやすい人の対処法5つ目は、気持ちに寄り添ってみることです。キレやすい人は、自分の言っていること全てが正しいと思い込んでいます。否定されたら、余計にどんどんエスカレートしていき、興奮状態になります。ですから、否定するのではなく、「そうですね」と気持ちに寄り添ってみるというのも、ありです。

キレやすい人は、「自分の気持ちをわかってくれるんだ」と思い、それを境にキレなくなることもあるでしょう。興奮状態を抑えることができるので、効果的だと言えます。

自分がキレやすい性格で困ることは?

自分がキレやすい性格で困ること①キレた後自己嫌悪に陥る

自分がキレやすい性格で困ること1つ目は、キレた後自己嫌悪に陥ることです。その場では感情的になってしまい、キレてしまっても、後から考えると、「キレるところではなかったのではないか?」と自己嫌悪に陥ることがあります。キレることに対して、反省する人もいるのです。

以下の記事には、自己嫌悪とは何なのか、自分が嫌いになる心理や原因と克服方法が紹介されています。自己嫌悪になって、自分を責めたりしたことも1度はあるでしょう。自分を好きになって、明るく生活をしたいものです。自己嫌悪の克服方法が知りたかったら、この記事を読んで、参考にしてみてください。

関連記事

自己嫌悪とは?自分が嫌いになる心理や原因5選と克服方法7選は?

皆さん、一度は自己嫌悪になったことはありませんか?または、「これって自

Small thumb shutterstock 506191480

自分がキレやすい性格で困ること②周りから嫌われる対象になる

自分がキレやすい性格で困ること2つ目は、周りから嫌われる対象になることです。キレやすい人は距離を置かれることが多いので、自分だけ浮いているように感じることもあります。相手のことよりも自分が一番なので、そういう人間は、一般的に嫌われる傾向にあります。

カッとなるキレやすい性格を治すには?治したい時にすることや注意点3選!

カッとなるキレやすい性格を治す時にすることや注意点①日頃の生活を見直す

カッとなるキレやすい性格を治す時にすることや注意点1つ目は、日頃の生活を見直すことです。朝食を食べない習慣の人もいるはずです。しかし、朝食を食べないことで、お腹がすいてイライラしてしまい、カッとキレやすい性格になります。一日の始まりは、朝食を食べることから始めて、一日の活力をつけましょう。

また、血糖値が低くなると、イライラする原因にもなります。血糖値を安定させるためにも、食生活を気をつける必要があります。キレやすい性格を治したいと思っている人は、まず食生活を気をつけてみてはいかがでしょうか。

カッとなるキレやすい性格を治す時にすることや注意点②ストレスを解消する

カッとなるキレやすい性格を治す時にすることや注意点2つ目は、ストレスを解消することです。日々の生活の中で、イライラすることがあり、ストレスが溜まることもたくさんあります。そのストレスを解消することができないと、イライラが募り、やがて爆発してしまうことにもなります。

ストレスを解消するためにも、自分の好きなことをしましょう。ストレスが解消されることによって、ストレスフリーの状態になり、イライラしないで気持ち良く一日を迎えることができるはずです。

カッとなるキレやすい性格を治す時にすることや注意点③怒る理由を考える

カッとなるキレやすい性格を治す時にすることや注意点3つ目は、怒る理由を考えることです。「何で怒る必要があったのか?」というのを思い出してみましょう。実際に、メモに書き出してもみるのも良いです。そうすることで、ここは怒る必要はなかったというのが、わかるようになり、次第に怒る回数も減ってくるはずです。

キレやすい人とうまく付き合う方法を見つけましょう!

キレやすい人が身近にいると、どう付き合っていけば良いのか悩むところです。まずは、キレやすい性格の人というのは、どういう心理や特徴があるのかということを、知っておく必要があります。キレやすい人とうまく付き合うことで、自分もストレスを溜めなくてすみます。キレやすい人とうまく付き合う方法を見つけましょう!

以下の記事には、絶対怒らない人の心理、怒らない人でも静かに怒る・キレることはあるのかということが紹介されています。絶対に怒らない人は、人前で感情をコントロールし、うまく抑えることができる人です。怒らない人の心理が知りたかったら、この記事を読んで、参考にしてみてください。

関連記事

絶対に怒らない人の心理12選|怒らない人でも静かに怒る・キレることはある?

絶対に怒らない人はどのような心理にもとづいて、人前での怒りを抑えること

Small thumb shutterstock 517327357

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事