Icon search 36px

【減量中編】空腹を紛らわす方法

①気分を変える

体重計

気晴らしに外に出てみましょう。家の中でじっとしていると 余計に空腹感に気持ちがフォーカスしてしまいます。ウォーキングもいいですね。外の景色を見たりおいしい空気を吸うことで気を紛らわすことができます。コツはお金を持って出ないことです。ついついコンビニや自動販売機に立ち寄ってしまうことを防げます。

家の掃除もおすすめです。特に拭き掃除は体も動かせるので減量中には適しています。好きなアロマオイルを垂らした水を使うと気持ちも紛れ、より空腹感を抑えることができるでしょう。グレープフルーツなど酸味のある香りは食欲を抑える効果も期待できます。

夢中になれる趣味に集中してみましょう。大好きな事をしていると不思議と空腹感も感じないものです。現在特に趣味がない、という方は「やってみたかったこと」を書きだして片っ端からチャレンジしてみましょう。空腹を忘れるほど夢中になれることに出会える可能性がありますね。体を動かす趣味なら一石二鳥です。

②歯を磨く

歯磨き

空腹を抑える方法としておすすめなのが、歯磨きです。さわやかなミントの歯磨き粉を使うことで食欲を抑えることができます。また子供用のイチゴ味の歯磨き粉を使い、甘さで満足感を得ることもできます。

空腹の対処法として歯磨きをするときには ぜひ時間をかけて丁寧に磨いてみてください。歯磨きに気持ちを集中することによって、さらに空腹感を紛らわすこともできます。

そしてそのあとまた空腹感を感じても「あんなに丁寧に磨いたんだから、歯を汚したくない」とか「食べたらまた歯を磨かなきゃいけない」と思うと、食べたい欲求の抑止力になります。

③リップクリームを塗る

リップクリーム

仕事中など人目につかずに空腹を紛らわしたい方におすすめなのが、リップクリームを塗ることです。甘い香りのリップクリームを使うと、脳が満足感を得られ 食べたい欲求が抑えられます。

最近では甘いバニラの香りや、ストロベリー・ピーチ・グレープといったフルーツの香りがついたおいしい匂いのリップクリームもたくさん売られています。

一番効果があると言われているのが、メントール系のリップクリームです。唇以外にも、眉間と鼻の下にも塗りましょう。満腹中枢を刺激するツボがあるため空腹感をぐっと抑えることができます。気軽にできるので夜中の空腹時にもおすすめです。

【仕事中編】空腹を紛らわす方法

①軽い運動をする

ストレッチ

仕事中にできる程度で、体を動かしましょう。軽いストレッチなら気軽に行えます。できるならお手洗いに行くふりをして少し歩くなど 運動強度が高い方が効果的です。

②飲み物で紛らわす

コーヒー

いつでも飲み物を飲めるような職場であれば、軽く何かを口にした方が 仕事への集中力も上がり効率も良いでしょう。コーヒーやお茶なら仕事中でも違和感なく飲むことができます。またポケット菓子やミントタブレットなどを常備しておくのもコツです。

【夜中編】空腹を紛らわす方法

①ハーブティーを飲む

ハーブティー

ノンカフェインの温かいハーブティーを寝る前に飲んでおくと良いでしょう。カモミールが有名です。一時的に空腹を抑えることもでき、またリラックス効果も期待できるので夜中に空腹で目が覚めることもなく朝までぐっすり眠れます。ほとんどがノーカロリーなのでダイエット中も安心です。

②瞑想をする

瞑想

最近話題の瞑想も夜中の空腹を紛らわすのに効果的です。呼吸に集中することで空腹から意識をそらせることができます。様々な瞑想の方法がありますので、ご自分に合った方法で行うのがコツです。

空腹時間をなくすコツ

①規則正しい食事

食事

ダイエットのため!と無理やり食事を抜いたり、極端に量を減らしたりしていませんか?1日3食きちんと食べることによって耐えがたいほどの空腹時間は避けることができます。

ポイントは食べる内容です。柔らかく食べやすいものばかり選ばずよく噛んで食べるような食材を取り入れることにより、毎回の食事に満足感を得ることができます。

さらによく噛まなければならない食べ物は消化に時間がかかるので、腹持ちが良いのが特徴です。白米よりも雑穀米や玄米を選ぶなどのコツを掴むと、ダイエットにも効果が期待できます。

②体を動かす

運動

運動をするとかえってお腹がペコペコになりそうなイメージがあります。実際に人間の体は運動によって消費されたエネルギーを取り入れようとします。

しかし実は運動の後は、食欲が抑えられるのです。実際に激しいトレーニングをしたスポーツ選手はその後長時間にわたり食欲が低下するということも起こります。また、運動をして汗をかき 水分を摂ることでも、空腹感を紛らわすことにつながります。

いつも夜中など同じ時間帯に空腹感を感じるという方は、その少し前に体を動かしてみると空腹を紛らわすことができるでしょう。しかしダイエット中の方は水分補給に糖分の多いスポーツドリンクなどを飲みすぎないように注意が必要です。

③適度な間食

食事

減量中、ダイエット中の方は、間食をしてはいけないと思っていませんか?逆に適度な間食はその後の食事のドカ食いを防ぐ効果があるんです。上手に間食をとるコツは、何を食べるか?とどのくらい食べるか?です。基本は3食をきちんと食べることなので、次の食事に影響が出ては本末転倒です。

空腹を抑える対処法なので量は少しにしておきましょう。糖分や脂肪分の多いお菓子ではなく、せっかくなので体に良いものや美容に効果がありそうなものを選びたいですね。

空腹感に耐えられないときのおすすめ食材

①水

水

お茶やコーヒーではなく、無味無臭の「水」をたくさん飲むことは、慣れない方にはなかなか大変です。しかし空腹を紛らわすこともでき、減量中でも仕事中でも気軽にできる対処法なので試してみる価値は十分あります。

ポイントは常温の水または白湯を飲むことです。特に空腹感を感じているときに冷たい水を飲むと、空の胃に負担をかけてしまいます。いろいろな銘柄のミネラルウォーターを飲み比べてみるのも楽しいですね。

いきなり1.5~2リットルの水に挑戦すると挫折してしまい、胃液が薄まるので食べた物の消化に影響が出る可能性もあります。まずは空腹を抑えたいときにコップ1杯から試してみることをお勧めします。

②シュガーレスガム

ガム

ガムを噛むことによって満足感が得られ、空腹を紛らわすことができます。甘みもあるのでダイエット中でスイーツを我慢している人にも強い味方です。手軽に手に入れることができ、持ち運びも楽なので、仕事中の移動時や減量中の辛い時期にバッグに入れておくと 急な空腹感にも対応できて便利です。

さらにシュガーレスガムは低カロリーであり、歯に優しい成分の入っているものもあるので、夜中に空腹感を感じたときの対処法としても最適です。

③ナッツ

アーモンド

コリコリとした歯ごたえや香ばしい風味で、少量でも満足感が得られます。また携帯しやすいので仕事中に空腹を紛らわす対処法としても有効です。ビタミンEや食物繊維も摂取できます。

空腹を紛らわすだけでなく、美容や健康にも良いので、ダイエット中でも罪悪感なく食べることができます。ただしおつまみ用は塩分や油分が多いので、無塩で素焼きのものをおすすめします。

さらに、おいしくて体に良いからといって食べ過ぎてはいけません。ご存知の通りナッツは高カロリーです。空腹を紛らわすためなら、とりあえず2~3粒をゆっくりよく噛んで味わうようにしてみましょう。

④野菜スティック

野菜

野菜スティックは、コンビニでも気軽に手に入ります。きゅうり、ニンジン、大根など目にも楽しいカラフルな野菜スティックは、味覚だけでなく視覚からも満足感を得ることができます。

わざわざお店に買いに行かなくても、野菜を切るだけなので料理の苦手な人でも家で簡単に作ることができます。冷蔵庫に常備しておけば空腹感を感じたときにすぐに食べることができます。

低カロリーなので夜中の空腹の対処法としても有効です。ただしマヨネーズをベースとしたディップは高カロリーなので、減量中の方はつける量を減らしたり、カロリーカットのマヨネーズやノンオイルドレッシングで代用するのがコツです。

空腹を紛らわす方法をいろいろ試してみよう!

ハッピー

空腹感を上手に紛らわすことで、仕事の集中力も持続できたり 減量中のイライラを静めることもできるでしょう。きっと、ご自分のタイミングや状況にピッタリな対処法があるはずなので、どんどんいろいろな方法を試してみて 毎日をハッピーに過ごしましょう!

関連記事

お腹の音が鳴らない対策3選と止める方法3選!空腹で鳴る原因は?

今回は「お腹の音が鳴らない対策と止める方法」をテーマに、空腹で音が鳴る

Small thumb shutterstock 247427434

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事