Icon search 36px

プチプチを使うと冷気・寒さ対策になる理由

プチプチが寒さ対策になる理由①窓ガラスから熱を逃げにくくする

窓

プチプチを窓ガラスに貼ると寒さ対策になる理由の一つ目は、窓ガラスから熱を逃げにくくする作用があるためです。壁であれば断熱のものがすでに入っていますが、窓は断熱性の素材が入っていても、冬場は特に冷たく感じるはずです。実はせっかく温まった空気も、窓ガラスに触れることで5割が流出してしまいます。

プチプチを窓ガラスに貼ることによって、部屋の中の空気が直接窓に当たらなくなります。最近では窓ガラスが2枚構造になっているものもありますが、なっていない場合には是非試してみてください。早く温まったり、暖房を切っても暖かい状態がキープされやすくなります。

プチプチが寒さ対策になる理由②空気に守られる

部屋

また、プチプチを貼るとどのくらいのの効果があるかというと、2~4度くらい変わってきます。もちろん外の温度にもよりますが、お風呂の湯舟のお湯が40度から37度くらいに冷めてしまうとかなりぬるく感じますよね。真夏の暑い時期に2~4度違うとかなり過ごしやすさも変わってきますよね。

プチプチを窓に貼ると寒さ対策になる理由は、ダウンや魔法瓶などと同じ原理になります。例えばダウンであれば、羽毛の中にたくさん空気が含まれています。魔法瓶は2層構造になっており、間に空間があります。間に空気があることにより、断熱性があがります。

プチプチを貼る寒さ以外の効果とは?

プチプチを窓ガラスに貼る効果①結露防止対策

冬

プチプチを窓ガラスに貼る効果の1つ目は、結露の防止効果です。結露とは外の冷たい空気によって冷やされた窓ガラスに、室内の暖かい水蒸気が触れ水滴になることをいいます。水滴はカーテンについたり下に流れてしまったりすると、カビやダニが発生する原因にもなります。

結露になると、窓の水滴がカーテンや下に流れてしまい、カビが生えやすくなってしまいます。またその水分により、ダニも増えやすくなってしまうんです。ここにプチプチを貼ることによって結露ができにくくなります。レースカーテンは白を使っているという方も多いと思いますので、カビが生えてしまうと目立ってしまいます。

冬場はカーテンもなかなか乾かないので、洗うのも大変ですよね。結露を防止することによって、掃除も楽になるのはうれしいポイントですよね。また、カビの胞子を吸ってしまうことは健康的にもよくありません。プチプチを貼ると結露がおきにくくなりますので、こちらも是非試したい効果のポイントですね。

プチプチを窓ガラスに貼る効果②夏もクーラーの冷気を逃さない対策

部屋

プチプチを窓ガラスに貼る効果の2つ目は、夏も涼しく快適にしてくれる効果です。冬場と同様に、プチプチを窓に貼っていることにより、断熱効果があります。そのため、エアコンなどで冷やした空気が、外気の影響を受けやすい窓ガラスから温められにくくなります。

近年では真夏に体温よりも気温が熱くなることも多く、外から帰った時に少しでも早く部屋を冷やしたいですよね。プチプチをつけておくと部屋も冷えやすく、冷たさも保たれますよ。

プチプチを窓ガラスに貼る効果③節電対策

お金

プチプチを窓ガラスに貼る効果の3つ目は、節約できる効果です。上記でもご説明した通り、プチプチをつけることによって夏場でも冬場でも外気の影響を受けにくくなります。断熱効果があると、エアコンが効く時間も短くなります。断熱効果が高ければ、エアコンも少しの時間つけておけばいいようになるかもしれません。

他にも主婦のかたでも楽しく簡単にできる節約術や倹約方法についてまとめている記事があります。こちらも是非参考にしてみてくださいね。

関連記事

無理ない節約術で楽しい節約生活とは?主婦も簡単な倹約方法も

節約生活をしたいと考えている主婦の方が多いと思いますが、節約はしんどそ

Small thumb shutterstock 511771990

プチプチを貼るデメリット

プチプチを貼るデメリット①外から見える

窓

プチプチを貼るデメリットの1つ目は、外から見えてしまうことです。遠くからであれば、白っぽくかすんでいるように見えるかもしれません。ですが、道に面した窓ガラスなど、近所の方にバレると恥ずかしいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらについての対策は、「選び方」詳しく載せています。柄の入っているプチプチもあるので、そちらを貼るとプチプチだと分かりにくいですよ。

プチプチを貼るデメリット②太陽光が入りにくい

太陽

プチプチを貼るデメリットの2つ目は、太陽光が入りにくくなってしまうことです。プチプチを貼ると真っ暗になることはありませんが、元々太陽光が入りにくいお部屋だと暗く感じてしまうことがあります。室内で服を干しているという方は、少し乾きにくくなってしまうことがあるかもしれません。

プチプチを貼るデメリット③窓の開け閉めがしにくい

ベランダ

プチプチを貼るデメリットの3つ目に窓の開け閉めがしにくくなることがあります。プチプチには空気が入っているので、少し厚みがあります。その為、窓の開け閉めの時に引っかかってしまい取れてしまったり、詰まって開け閉めできないことがあります。

ベランダに出るようなガラスドアであれば、貼る前に一度仮に貼ってみて、開くかどうか確認してみると安心ですね。また表面がデコボコしているようなガラスなどで、はがれやすいものがあるので注意してください。

窓ガラスに貼るプチプチを選ぶポイント

窓ガラスに貼るプチプチを選ぶポイント①冷気などの断熱性が優れているもの

部屋

窓ガラスに貼るプチプチを選ぶポイントの1つ目は、断熱性に優れているものです。プチプチであれば空気が含まれていますが、一般的には包装で使われることが多いですよね。ですが製品によっては、断熱性を重視し作られているものがあります。

プチプチであればそんなに高価なものでもないので、窓ガラスに貼るときには断熱性に優れているものを選ぶようにしてみてください。

窓ガラスに貼るプチプチを選ぶポイント②かわいい柄の入ったものを選ぶ

花

窓ガラスに貼るプチプチを選ぶポイントの2つ目は、可愛い柄の入ったものを選ぶです。上記でもご説明しましたが、窓ガラスに貼ってしまうと、プチプチを貼っていることが外からも見えてしまうことがありますよね。そんなときには柄の入ったプチプチを選ぶようにしましょう。

デコボコした方を内側にし、柄がついている面を外から見えるように貼り付けましょう。柄もいろいろなものがあるので、部屋の雰囲気にあったものを選んだり、イメージチェンジにも使うことが出来るのもうれしいポイントですね。

窓ガラスに貼るプチプチを選ぶポイント③サイズの大きいものを選ぶ

ベランダ

窓ガラスに貼るプチプチを選ぶポイントの3つ目はサイズです。一般的にプチプチは包装用に作られているものが多いです。100円ショップなどでも、小さめのサイズが売っています。ですが、小さいサイズだと貼る時に時間がかかったり、テープでとめている箇所が増えると見栄えもよくないことがあります。

特にベランダなどへ行く大き目な窓ガラスなどは貼るのも大変ですので、ロールで購入すると簡単に貼り付けることが出来ますのでおすすめです。

窓ガラスにプチプチを貼るやり方【両面テープ】

両面テープを使うプチプチの貼り方①下準備

掃除

プチプチを貼る前に、まず窓ガラスを綺麗に掃除しておきましょう。ほこりや油分がついていると、せっかく貼ったプチプチが剥がれてしまうことがあります。油分は拭いただけでは取れにくいので、窓ガラス用の洗剤を使い掃除するようにしましょう。

また、掃除をした後に窓ガラスが濡れている場合も、両面テープが剥がれやすくなってしまいます。濡れた布で拭くか、乾くまで時間をおいてからにしましょう。

次にプチプチのサイズを決めましょう。プチプチを窓ガラスに当て、はさみやカッターを使って切りましょう。一度印をつけてから切るとやりやすいですよ。

両面テープを使うプチプチの貼り方②両面テープをつける

部屋

次に両面テープをプチプチにつけていきます。このときに、空気の入っているデコボコしている面ではなく、つるんとした面に両面テープはつけましょう。両面テープをつけるときはなるべく外枠のぎりぎりにはってください。開け閉めしたときに引っかかりにくくなります。

また、外から見えやすい窓の場合には両面テープの幅が半分くらいのものがあります。そちらを使って貼ると、テープで貼っているのが分かりにくくなりますので、是非試してみてください。

両面テープを使うプチプチの貼り方③プチプチを貼りつける

窓

では最後にプチプチを貼っていきます。このときに始めに両面テープをはがしておくと、移動するときにプチプチについてしまったり、窓ガラスに貼る時にも難しくなってしまいます。はがす時は一面ずつはがすとやりやすいですよ。

ピンと引っ張った状態で貼らないと、開け閉めをしたときに引っかかってしまいますので、注意しましょう。綺麗に貼ることができたら完成です。念のため、プチプチが引っかからないか窓を開け閉めして確認しておきましょう。外に出て閉めたときに、ドアが開かないと大変なことになってしまいますので、注意してください。

窓ガラスにプチプチを貼るやり方【水】

水を使うプチプチの貼り方①下準備

水

プチプチは両面テープではなく、水を使っても貼ることが出来るものがあります。両面テープを使うと、外から貼っているのが分かりますが、水であれば目立たないのでおすすめです。

手順としては窓ガラスの掃除と、プチプチの切り方は同じです。ですが、水で貼りますので、水分は拭きとらなくても大丈夫です。霧吹きを使うと、まんべんなくつけることができるのでおすすめですよ。

水を使うプチプチの貼り方②プチプチの貼り方

窓

最後にプチプチを貼っていきましょう。一気にプチプチを貼ってしまうと、隙間に空気が入ってしまうことがあります。剥がれる原因になりますので、一方向から貼るようにしましょう。

貼り方は下から貼っていったり、ベランダのドアなどの大きい窓ガラスは、プチプチを背負うように持つとやりやすくなります。最後にドアを開け閉めして、引っかからないか確認しましょう。これで完成です。

プチプチで寒さや冷気対策!快適なお部屋にしよう

いかがでしたでしょうか。プチプチを貼ると冬の寒い外気から守ってくれたり、夏のエアコンの冷気も逃さず、快適なお部屋を作ってくれます。昔は「外から貼っているのがばれて恥ずかしい」と思った人もいるかもしれませんが、最近では可愛らしい柄付きのものも売っていますのでおすすめですよ。

他にも断熱効果の高いものが売っていたり、水で貼れるタイプも販売しています。また貼り方も載せていますので、こちらも是非試してみてくださいね。断熱効果で節約できて一石二鳥でうれしいですね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事